登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
針ノ木岳【38年ぶり】:今回は扇沢往復 針ノ木岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

tateshina39 さん

この登山記録の行程

扇沢(06:01)・・・大沢小屋(07:04)・・・針ノ木峠(09:21)[休憩 16分]・・・針ノ木岳(10:29)[休憩 20分]・・・針ノ木峠(11:22)[休憩 5分]・・・大沢小屋(12:51)・・・扇沢(13:37)

総距離 約12.7km 累積標高差 上り:約1,854m
下り:約1,854m
コースタイム 標準:9時間50分
自己:6時間55分
コースタイム倍率 0.70
前回は大学時代。当時の写真を見て針ノ木岳への山行を決めました。
1年未満で退部しましたがWV部に入部、夏合宿で後立山縦走(白馬より入山全テン泊)、雪渓を下り扇沢へ出た記憶だけを頼りに、情報収集もせず出かけました。
山道は台風の影響なく快適に歩行できます。雪渓はいつ頃消滅したのか、沢を数回横断することとなります。早朝時は凍りついているので横断時注意が必要です。
山頂付近に若干の積雪がありました。(念のためチェーンを装着)
360°の展望と眼下の黒部湖。満喫した山行となりました。

登山中の画像
  • 装備・携行品です。
  • 無料市営駐車場出発。
  • ターミナルの横を通り抜け
  • ゲート左脇が山道入り口です。
  • 山道から車道を歩き
  • 山道へ。
  • 横断し、
  • 岩場を越えて
  • また横断。
  • 再び車道に出て
  • 少し先の左側より
  • 登山開始となります。
  • 目指す地点が望めました。
  • ガレ場を横断します。
  • ブナ林です。
  • 枯れることのない湧水だそうです。
  • ちょっとした沢を横切ります。
  • 大沢小屋に到着。
  • 百瀬慎太郎碑。
  • 峠まで4㎞。
  • 沢に出ました。
  • 濡れているように見える石は、氷でコーティングされていました。
  • ピンクリボンを頼りに進みます。
  • ここも凍りついていました。
  • クサリ場です。
  • 振返ると沢がよく見えました。
  • 濡れているように見えますが、きれいに凍っています。
  • ジグザグを過ぎ
  • 峠に到着。
  • 針ノ木小屋で休憩します。
  • テン場と頂方面。
  • 八・富士・南ア。
  • 穂高・槍。
  • 立山方面。
  • 朝飯。
  • 出発します。
  • うっすら雪化粧。
  • 山頂に到着しました。
  • 縦走路が望めます。
  • 蓮華岳。
  • 立山と黒部湖。
  • 剱岳。
  • 38年前より雪が少ない?
  • 1981年8月時の山頂。
  • 下山します。
  • 蓮華岳は次回のお楽しみ。
  • 雪渓下りはまたの機会に。 一気に下ります。
  • 1981年8月雪渓を下り扇沢へ。
  • 登りでは気付かなかった道標。
  • 大沢小屋。
  • 湧水。
  • 車道。
  • 扇沢。
  • 名残惜しいです。
  • 市営駐車場。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、行動食、軽アイゼン、トレッキングポール
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

tateshina39さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 立山室堂山荘 ~立山
    立山室堂山荘
    2019年の営業終了。2020年は4月中旬より営業再開予定。予約は2月から受付
    19年12月02日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

tateshina39 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年12月15日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
NEW 安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート!
安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート! 福島県内からの3組の読者と、紅葉の安達太良山へ。山麓の岳温泉や二本松市の観光スポットもチェック!
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!