登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
榛名山6座を時計回りでぐるり周遊 榛名山、天目山、氷室山、掃部ヶ岳、鬢櫛山、烏帽子ヶ岳、榛名富士(関東)
img

記録したユーザー

カモネン さん

この登山記録の行程

榛名湖ビジターセンター(6:35)⇒ 天目山(7:00/7:05)⇒ 氷室山(7:20)
 ⇒ 天神峠(7:30)⇒ 湖畔の宿公園(7:35)⇒ 掃部ヶ岳(8:10/8:20)
 ⇒ 硯岩(8:40/8:45)⇒ 鬢櫛山(9:15/9:25)⇒ 烏帽子ヶ岳(9:50/10:00)
  ⇒ 榛名富士登山口(10:20/10:25) ⇒ 榛名富士(10:55/11:05)
 ⇒ 榛名湖ビジターセンター(11:25)


総距離 約11.0km 累積標高差 上り:約1,358m
下り:約1,358m
紅葉が始まったばかりの榛名山。湖を取り巻く6座を時計回りで縦走してみました。スタート地点は榛名湖ビジターセンター前の駐車場。到着した時は3台だったのに下山時は満車。3連休初日ですからねぇ。

まずは天目山へ。しかし、この取り付きが分かりにくい・・・。ネット情報を頼りに県道のT字路そばの建物(廃屋)の裏に回り込むとひどい藪。そこで、その建物の横の広い駐車場の南西付近の藪が薄いので、そこから山に入って斜面をガガガッと登ると右下から左上に延びる道を発見。その道をたどると尾根道と合流。これが正解でした。あとは尾根道を辿って急な木段を登り切ると天目山に到着。天目山からは木段の激下り。今日はこういった急な登り下りを繰り返すことになります。

氷室山と天神峠を経由して湖畔の宿公園に到着。ここもネット情報では取り付きが分かりにくいとのことでしたが、モニュメントの奥にあるブロンズ像を右から左に巻いて登るように登山道がありました。ブロンズ像の左上奥にテープも見えていて割と簡単に発見できます。

公園から掃部ヶ岳までは相当な急登。笹で道が隠れている箇所もあるのでテープを目で追います。途中、大岩が立ちはだかりますが、これは左に巻くとOK。ローブもあるしホールドも十分です。さらに斜面を登り切れば道標が立つ尾根道と合流。(自分が登ってきた道は道標で示されてませんてした。)道標から5分で掃部ヶ岳。山頂は少しスペースがあり、南側(妙義山など)がよく見えました。

さて次は硯岩。先程の道標まで戻り、さらにグーッと木段道を下ります。が、この木段が何とも歩きにくく、他の登山者も木段のすぐ脇を歩いてました。で、硯岩に到着。硯岩は榛名湖側に垂直に切り立った絶壁で、湖周辺が一望できる超絶景ポイント。縦走中、ここは外せませんねー。

4座目の鬢櫛山に向かいます。硯岩から下って舗装道路のT字路に出ます。正面の切通しの法面から左20mの所に登山道入口があります。雑草で隠れてますが、そこさえ見つけたら、後は山頂までテープを追って進むだけ。この辺も笹で道が埋もれてますが、マメにテープがあるので迷うことはないでしょう。

地味~な鬢櫛山山頂でひと休みしたら烏帽子ヶ岳へ。赤鳥居のある分岐からは登り返しです。杭とローブに沿って登ると岩穴のある神社。さらに登って笹原を進むと山頂。遠くから見るイメージと違い、烏帽子ヶ岳はのっぺりした山頂でした。

さあ、あと1座。赤鳥居まで戻って榛名湖まで下り、温泉施設「ゆうすげ」奥の登山口から本日ラストの榛名富士へ。急な傾斜に加え、ところどころ道が崩れてローブが張られてました。やや荒れ気味なので下りで使うのはお勧めしません。山頂に着くとロープウェイ利用の一般観光客で満杯。休憩・眺望もそこそこに九十九折の道をビジターセンターに向けて下ります。こちらはしっかり整備された道で子供でも安心。大勢の人とすれ違いました。

というわけで、6座巡りのあっという間の5時間、お天気にも恵まれ快適でした。掃部ヶ岳、硯岩、榛名富士以外は登山者も少なくて静かな山行が楽しめます。ただ、傾斜はかなりキツイので足腰の準備はしっかり必要です。

登山中の画像
登山画像
駐車場のトイレ。
登山画像
奥の建物の裏から左上に登る道あり。
登山画像
尾根に向かう道。
登山画像
天目山に向かう尾根道。
登山画像
榛名湖の奥に左から鬢櫛山、烏帽子ヶ岳、榛名富…
登山画像
天目山山頂。
登山画像
天目山からの下りは木段だらけ。
登山画像
氷室山山頂。山名プレートが割れている。
登山画像
掃部ヶ岳と硯岩の眺望。
登山画像
天神峠からの車道終点にある駐車スペース。ここ…
登山画像
天神峠。湖畔の宿公園へは正面の道に進む。
登山画像
湖畔の宿公園のモニュメントの背後に掃部ヶ岳へ…
登山画像
道標の奥にテープが見える。
登山画像
掃部ヶ岳への登山道から湖畔の宿公園を見下ろす。
登山画像
掃部ヶ岳へは笹原&樹林帯の急登。
登山画像
途中、この岩に出くわしたら左に巻く。
登山画像
左に巻くとロープ付きの岩場。
登山画像
ここで稜線道と合流。しかし、登ってきた湖畔の…
登山画像
掃部ヶ岳への稜線道。
登山画像
掃部ヶ岳から榛名湖を望む。
登山画像
掃部ヶ岳山頂。スペースは広くない。
登山画像
硯岩への分岐。
登山画像
硯岩から榛名湖と天目山方面を望む。
登山画像
硯岩かあ榛名富士を望む。
登山画像
硯岩の威容。
登山画像
硯岩の高度感。
登山画像
硯岩から望む烏帽子ヶ岳(左)と榛名富士(右)。
登山画像
車道合流点。
登山画像
赤丸地点から鬢櫛山への道が始まる。
登山画像
鬢櫛山へはテープを目で追えばOK。
登山画像
鬢櫛山へはこんな痩せ尾根&岩場もあり。
登山画像
鬢櫛山山頂。あまり眺望はない。
登山画像
鬢櫛山から烏帽子ヶ岳に向かって下る。
登山画像
分岐。
登山画像
分岐。
登山画像
烏帽子ヶ岳の入口にある稲荷神社の鳥居。
登山画像
ロープ付きの杭に沿って登る。
登山画像
烏帽子ヶ岳の山頂直下にある稲荷神社。
登山画像
烏帽子ヶ岳山頂。意外と広くて平たい。
登山画像
烏帽子ヶ岳登山口に到着。
登山画像
ここから榛名富士に登る。奥に見える建物は榛名…
登山画像
登山道はところどころ荒れている。
登山画像
榛名富士山頂の神社。
登山画像
榛名富士のロープウェイの先に天目山が見える。
登山画像
榛名富士の登山道。九十九折。
登山画像
榛名湖畔に到着。
登山画像
駐車場から榛名富士を望む。
この山行での装備
長袖シャツ、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、カメラ、修理用具、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

カモネンさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

カモネン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年4月3日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。