登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
大菩薩嶺(飯士山のストレス解消、大成功!) 大菩薩嶺(関東)
img

記録したユーザー

misoshiru さん
  • 日程

    2019年11月17日(日)

  • パーティ

    4人 (misoshiru さん 、B さん 、ほか2名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:今回肌お失敗。勝沼インターを出て、国道411合から上日川峠に行くつもりだったが、台風の影響で、通行止め。急いで戻って、国道20号の甲斐大和から入った。要注意!

  • 天候

    快晴
    [2019年11月17日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

ロッヂ長兵衛7:50
福ちゃん荘8:11
雷岩9:17
大菩薩嶺9:29
避難小屋10:15
昼食休憩(カレーメシ)
介山荘11:35
福ちゃん荘12:20頃
ロッヂ長兵衛12:45頃

前回の「飯士山」の登山で散々で、ストレスがたまる登山だったとBが言うので、大菩薩嶺へ向かいました。ここは、以前に1度行ったことがあります。以前と言っても大分昔です。

さて、勝沼インターを降りて、国道411号から入るルートを選びました。ナビも普通に案内したので。天気がいいので、駐車場が満車になってしまうのが怖かったので、やや早めに出て、6時過ぎにつくつもりで行きました。が!、丸川峠登山口で、強制駐車。なにやら、途中の案内で、「全面通行止め」みたいな看板が出ていた気がしたんですが、迷わず、GOしましたが、そこで強制的に駐車場へ入れられてしまいました。(笑)先に入っていた人に聞いてみたら、やっぱり私と同じでした。(苦笑)

さて、Bに聞いてみるとトイレがないとだめだというので、上日川ダムの方へ戻りました。時間は、6時10分。飛ばしていって、6時45分ぐらいに上日川峠・ロッヂ長兵衛に到着しました。よかった、まだ上の駐車場開いていて、トイレも近いところ。よかった。駐車できれば、後はゆっくりでOKです。

以前登った記憶は、投句彼方へ消えて言ってしまっていましたが、所々覚えていて、前回は福ちゃん荘から介山荘へ行った記憶が。正規のルートでしょうか?今回は、天気もいいので、早朝の日本人の心「富士山」を堪能しようと、唐松尾根から入ります。いや~、すばらしい!!!前回は、山登り始めた頃だと記憶していますが、なんだか辛かった記憶があります。が、今回は、快調快調。飯士山の時と同じで、私は快調です。唐松尾根、急登とまでは行きませんが、やや急って感じで、高度を上げていきます。登り始め、快適だったひんやり感は軽く汗が出る感じ、ゆる~い風が気持ちいいです。尾根が開いたところで振り返ると、ど~んと大きな富士山が。すばらしい!!!やっぱり、登山は天気が100%!天気が悪いとただの修行になってしまいます。(笑)
視界良好、雷岩でゆっくり景色堪能。Bも今回の天気といい、景色といい、大満足です。私はと言うと、当然やや物足りない感じです。ただ、景色は大満足です!こればかりは、言葉では書ききれません、か、表現できません。なんちゃって写真家の私がいくら頑張っても、この大満足な景色を皆さんにお伝えできません。ぜひ、自分の足と目で、この感動を感じてください。それが一番いいと思います。

山頂はうっそうとした樹木に囲まれていて、三角点があるだけで、こちらは全くピンときません。前回もそう感じました。

そして雷岩へ戻り、大菩薩峠へ降りていきます。こちらの方は、本などで紹介されているショットなので、皆さんご存じかと。この後も、特に危険な箇所もなく快いそよ風(秋なのに)と秋の日差しを感じながら、歩きやすいハイキングコース(?)を降りていくだけです。

といった山行きでしたが、上日川峠から下りる途中、素晴らしい紅葉に囲まれて、さらに、Bの満足感向上。途中途中で写真撮影しながら、温泉入って帰ろうかと思いましたが、中央高速の渋滞を避けるため、甲斐の道の駅によって、少しだけ土産を買い、帰路につきました。ここで素晴らしい情報があります。現在、国道20号で大月までの区間が通行止めだそうです。なので、中央高速、勝沼~大月間が無料になっているようです。ですから、うちは、無理矢理大月で一度出て、再度中央高速へ。このとき表示板に割り引き・490円って表示されました。今、NEXCO確認したら、表示されるけれど、引き落とされないそうです。ただ、勝沼から入って大月で一度出ないで、そのままその先までいった場合は、加算されるそうです。逆も同じ。知ってれば、行きも一度大月で出たんだけれど。(笑)これ使う場合は、ご自分でご確認ください。問い合わせ先:0120-922-229 料金問い合わせへ。

話変わって、今、Bは山頂スタンプに凝っていて、来週は「安達太良」へ行く予定です。Bが元気なら、翌日短いコースで、磐梯山へ行ってこようかと。これで、山頂スタンプ2個ゲット。その次の週末は、「筑波山」で山頂スタンプゲット。今年の山行きここまでかな。12月は一番いやな大掃除を早く終わらせて、Bはスノーボード、私はスキーを。こっちも楽しみです。

登山中の画像
登山画像
上日川峠・ロッヂ長兵衛出発です。
登山画像
こんな木漏れ日を感じながら、ひんやりした空気…
登山画像
登山道も全く危険な感じはなく、先週とは雲泥の…
登山画像
福ちゃん荘。
登山画像
ごらんのように、素晴らしい青空。
登山画像
福ちゃん荘から「唐松尾根」へ。
登山画像
序盤はこんな感じで徐々に高度を上げていきます…
登山画像
満足度100%。
登山画像
途中で振り返ると、こんな感じでひょっこり見え…
登山画像
日本人の心「富士山」。
登山画像
もう一つ。
登山画像
甲州市方面。朝、フルーツラインを走っている時…
登山画像
山頂。
登山画像
ふじさ~ん。
登山画像
ふじこちゃ~ん。
登山画像
後は下りだけ、大菩薩峠へ向かいます。
登山画像
こんな感じでしょうか?
登山画像
避難小屋手前で振り返って。
登山画像
避難小屋到着です。
登山画像
避難小屋から、降りてきた尾根を。
登山画像
甲州市。
登山画像
少し位置関係が変化した、富士山。
登山画像
大菩薩峠への最後の尾根。
登山画像
皆さんご存じの一枚。
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

  • 七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    本日は朝から降雪で3cmほど積もっています。まだ降り積もりそうなので足元に注意
    20年01月15日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

misoshiru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年1月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?