登山記録詳細

雪山登山
参考になった 3
金峰山 金峰山(関東)
img

記録したユーザー

masa46 さん

この登山記録の行程

瑞牆山荘(08:00)・・・富士見平小屋(08:45)[休憩 10分]・・・大日小屋(09:45)[休憩 10分]・・・大日岩(10:15)[休憩 20分]・・・砂払ノ頭(11:40)・・・金峰山(12:25)[休憩 55分]・・・砂払ノ頭(13:40)・・・大日岩(14:10)・・・大日小屋(14:30)[休憩 10分]・・・富士見平小屋(15:05)[休憩 10分]・・・瑞牆山荘(15:40)

総距離 約10.4km 累積標高差 上り:約1,301m
下り:約1,301m
コースタイム 標準:7時間50分
自己:5時間45分
コースタイム倍率 0.73
 週末の予報が好転したので、久しぶりに奥秩父の金峰山に行った。木曜日の予報では全国的に予報が悪かったが、土曜日の南岸低気圧の通過がなくなったとのことで予報が好転した。しかし、来週中ごろに長野、山梨に大雪の予報が出た。何年か前に甲府で1晩に1メートル近い降雪があったことがある。2月だったと記憶しているが、山梨県下の登山口は雪に埋もれ除雪もされなかったため、バス路線がない登山口には春までアプローチできなくなってしまったことがある。金峰山の登山口も下手すると入れなくなる可能性も出てきたので今のうちにやっておこうかと思い行ってみることにした。
 先週降った雪は登山口では消えておりスタート時点では積雪はなし。富士見平に近づくと湧水が凍結しておりとても歩きにくくなっていたが、滑り止めはつけずにツボ足でかわしながら登り富士見平小屋に到着。富士見平小屋から先もしばらく雪はなかったが、標高1900m位から積雪が出てきた。一旦溶けた雪が凍りついていたため、大日小屋に向かう途中でチェーンスパイクを装着。大日小屋を過ぎると徐々に積雪が増してきた。大日岩に着くと雲海の上に南アルプスが望めるようになりいい眺めだった。標高2300m位まではチェーンスパイクで登ったが、積雪がさらに増してきたためアイゼンに換装した。この時点で積雪は30センチ程度。森林限界に出ると吹き溜まりでは多い所では50センチ程度の積雪があり本格的な雪山になってきた。
 標高も上がり久しぶりに2500m超の稜線を歩くので息も上がってきたが昼過ぎに山頂に到着。山頂では時折雲が流れてきて視界を遮ることもあったがおおむね晴れており、風もさほど強くなかった。雲海の上には富士も望め、南アルプス、中央アルプス、御嶽、乗鞍、北アルプス、八ヶ岳、浅間などの展望を楽しむことができた。風の様子はわかりかねるが今日はどこも天気は良さそうだった。隣の瑞牆山は雲の通り道となっており、山頂からはその姿は一瞬しか見ることはできなかった。下山は大日小屋までアイゼンで下り、富士見平まではチェーンスパイクで下山。
 このルートは標高差が1000m程度だが積雪の状態が登山口から山頂までかなり変化しており、危険な箇所もないので雪山の入門コースとしてはいいかもしれない。
 金峰山は何度か来ているが、自分にとっては節目になる山で、学生のころ初めて自分で企画した山行も金峰山だった。増冨から入山し雁坂峠まで縦走するプランだったが、当時は瑞牆山荘までのバスはなく、瑞牆山荘まで車で入れればいいのにと思った記憶がある。富士見平から雁坂峠まで連日雨になってしまい、今考えるとどうして無理に入山したか不思議ではあるが、その当時は歩ききったことに満足した覚えがある。また、長いこと離れていた山登りを再開するきっかけになったのもこの山で、夏の盛りに大弛峠からのピストンで登った時の風の心地よさも記憶に残っている。
 瑞牆山荘からのルートはコースタイムが往復7時間程度で、美濃戸から地蔵尾根利用の赤岳や渋の湯からの天狗岳が同じくらいの行程なので、そちらに向かう人の方が多いとは思うし、コースとしての魅力もそちらの方が魅力的なのはもっともだとは思うのだが、自分にとっては時々無性に来てみたくなる山がこの金峰山で、今回久しぶりに来てみたがやっぱりいい山だった。

登山中の画像
登山画像
アプローチの道路から望む金峰山と瑞牆山
登山画像
スタート時点では積雪なし
登山画像
富士見平へのルートの展望地から望む瑞牆山
登山画像
富士見平小屋
登山画像
凍結している登山道
登山画像
シャクナゲのトンネル
登山画像
大日小屋
登山画像
大日岩
登山画像
大日岩から望む白峰三山
登山画像
仙丈と甲斐駒
登山画像
大日岩から望む金峰山
登山画像
森林限界の登山道
登山画像
山頂の五丈岩が見えてきた
登山画像
山頂の五丈岩
登山画像
八ヶ岳
登山画像
赤岳、横岳
登山画像
白峰三山
登山画像
御嶽
登山画像
乗鞍
登山画像
浅間、四阿
登山画像
浅間
登山画像
妙高、戸隠
登山画像
白馬
登山画像
鹿島槍、五竜
登山画像
下山路
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、ナイフ、修理用具、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、ライター、カトラリー・武器、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、冬山用登山靴、アイゼン、ゴーグル
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

masa46さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 甲武信小屋~甲武信ヶ岳
    甲武信小屋
    戸渡尾根でハクサンシャクナゲ開花。防寒具+防水性の靴で。宿泊、テント(食事付可)要予約
    20年07月03日(金)
    瑞牆山荘 ~瑞牆山・金峰山
    瑞牆山荘
    濡れた登山道は滑りやすく注意。不動滝ルートはお控え下さい。宿泊(予約制)営業中。
    20年07月01日(水)
  • 金峰山小屋 ~金峰山
    金峰山小屋
    梅雨の時期です。晴れていても雨具は用意してくださいハクサンシャクナゲが咲き始めました
    20年07月01日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

masa46 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月3日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!