登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 5
裏の妙義も最高 谷急山まで足を延ばして 裏妙義山(丁須の頭、赤岩、烏帽子岩、風穴尾根の頭、谷急山)(上信越)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2020年3月21日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:妙義湖の奥にある閉館した国民宿舎裏妙義の駐車場(無料、40台規模)を目指す。場所が分かりにくいので注意。自分はGoogleMapに次の緯度経度を入力して向かった。「36.307317 138.734955」。マップコードの場合は「292 508 410*46」。舗装道路。
    トイレは駐車場脇にあるが、冬季(12月~3月末)は閉鎖につき注意。また、ここからの表妙義(鷹戻し)方面の登山は禁止となっていた。

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

駐車場(05:57)・・・丁須の頭(07:32)(休憩~07:52)・・・チムニー(08:07)・・・赤岩(08:33)・・・烏帽子岩(08:43)・・・風穴尾根の頭(09:09)・・・三方境(09:22)・・・谷急山(10:18)(昼食)・・・三方境(11:36)・・・駐車場(12:33)


総距離 約11.1km 累積標高差 上り:約1,799m
下り:約1,802m
三毳山を下山し、3連休最大の目的である「雪山」を目指し、一路、群馬を目指す。ターゲットは谷川岳。ただ、懸念するは天候。元々連休初日の今日に予定していたのを明日に変更したのも週末は春の嵐が吹き荒れるとの予報があったからで、事実、今日も平地ですらものすごい風が吹いていた。昼過ぎには収まることを期待していたが、状況は変わらず。気圧配置を見る限りでは、回復傾向にはあると思うが、高山&雪山のコンディションとしては良くはないだろう。悩んでいても仕方がないので、運転しながら考えを整理して、目的地を谷川岳の手前にある「赤城山」に変更することにした。
途中のスーパーで野宿と登山に備え食事を買い込む。
進路を赤城山に修正し走っている最中に、再び別な考えが頭をよぎる。「中途半端な雪山になるくらいなら一層、春山を縦走した方が良いのでは?」。真っ先に思い浮かんだのは、大好きな「妙義山」。ワクワク、ドキドキが止まらない鎖場の連続はさすが日本でも有数の岩山とされるだけある。折角なので、「行ったことのない裏妙義に行こう!」。既に赤城山の近くまで来ていたが、ハンドルを切って大きく方向転換をする。
山に向かう時、目の前に目的の山が聳えていると。また、近づくにつれどんどん巨大になっていく山容を眺めていると、まるで山が「さぁ、来いと」言っているかのように感じてモチベーションが高まっていくものだ。大好きな八ヶ岳なども心振るえる光景だが、チャレンジ魂をかきたてるという点においては、妙義山ほどシルエットを見ただけでしびれる山は他にはないと思う。ギザギザののこぎり歯のような稜線。時間は17時過ぎ。沈みかける夕陽の中に「槍」のように尖った部分や「ジャンダルム」を思わせるような武骨な岩の塊も見えている。
今見えているのは妙義山でも表妙義と言われるところ。その稜線は鎖場の連続で、特に鷹戻し付近は最高にアグレッシブで面白い。今回目指す裏妙義は、その表妙義の後ろ側にあり、川一本隔てたところに位置している山を言う。それら表と裏の2つの山塊を総称して妙義山と呼ぶ。全体的な難易度は表の方が高いと言われているが、裏妙義には個々の難所としては妙義山最高難易度を誇る「丁須の頭」、それに垂直鎖場で有名な「チムニー」が待ち構えている。また、その奥には妙義山で最も高い谷急山(標高1,162m)もある。
夕陽が沈むころ、登山の起点となる「国民宿舎裏妙義」に到着。国民宿舎と言っても既に閉館されていて、どこかうら寂しい。野宿しようというもの好きも自分だけのようで、ひっそりと静まり返っていた。宿舎の玄関には3月後半には珍しいロウバイが咲いていた。谷合の場所がら冷え込むのだろうか。
宿舎の裏側に聳えていた裏妙義のごつごつした岩壁も、夕陽が沈むとともに夜にまぎれていった。こちらも早々に食事を済ませ就寝とする。事故の多い山で且つ廃屋前での野宿は、人によっては気味が悪いと言われそうだが、幸い自分にはそのような繊細さは持ち合わせていないので気持ちよく爆睡することができた。
4時半に起床。急ぐ必要はなかったので、日の出を待ってから行動を開始する。
準備をしていると一台の車がやってきた。ご夫婦で谷急山を目指されるとのこと。頭からつま先までしっかり装備で固められている。それに対して、緊張感のないだらしない恰好をしている自分が恥ずかしくなった。雪山装備はしっかり持ってきているが、岩山に行くつもりはさらさら無かったので、その関係は一切持ってきていない。
ご夫婦にご挨拶をして出発。忘れずに登山届けを出していく。
国民宿舎の左脇を抜けて林道を登っていく。数分で右手側に登山口が見えてくる。体力と技術に自信のない方は入山を控えるよう注意書きがあった。
大好きな妙義山(岩場&鎖場)と言うことで、ゆっくり堪能しながら歩こうと考えていたが、久しぶりに登山らしい登山なのでつい興奮してギアが上がってしまう。
振り返ると、表妙義のほぼ中央から太陽が登ってきた。ギザギザのシルエットに大きな太陽が顔を出した。周囲を見渡すと、「ここは中国か?」と思えるような巨大な岩壁があちこちに競り立っていた。
斜面を登り切り、ナイフエッジのような稜線に出る。そのまま縦走かと思いきや反対側の斜面をトラバースするように進む。太陽の光が当たりにくいのか、凍った場所や雪が残っている場所が一部あった。ただし、危険なレベルではない。
調子の乗って歩いていたら急に道がなくなった。道を蓮下か?と振り返ってみると、斜面に沿いながら稜線に向かって延びている長い鎖が見えた。そんなところに道があるとは思わず、つい通り過ぎてしまったようだ。更に稜線の方を見上げると、そこに特徴的な岩が見えた。いきなりのメインディッシュ、丁須の頭だ。T字のような岩だが、どちらかと言うとゴジラの頭部のようにも見える。
鎖を伝って岩(ゴジラの首の根元)の所まで登る。「絶景かな、絶景かな」。
白い雪を冠した大きな山が見えた。すぐに浅間山とわかる。ゴジラの頭から垂れ下がっている最後の鎖をつかんでポジションをとってみる。岩場を眺めながら足場を確認してシミュレーションをする。ハングはしているものの、地元のクライミングセンターにある屋外特別コースに比べたらテクニカルな部分はない。ただし、鎖をつかんでぶら下がると完全に崖下に身を晒すことになり、どちらかと言うと精神面が求められる。崖下は100m以上続いていて、ぶら下がっているとお尻がスースーする。登ってみないという欲求は強く、暫く悩んだが、例え自信があっても事故が起きらないとは限らない。装備もなく安全確保ができない状態でここを登るのはルール違反だと自分をたしなめる。今度、きちんと装備をもってきて改めてTRYすることにしよう。
ゴジラの首の部分はちょっとしたスペースがあり展望台のようになっていたので、ドカッと座り込んで水分を補給しつつ表妙義の絶景を眺める。妙義山は冒険心をくすぐる実に面白い山だ。また一段と妙義山を好きになった。
縦走を再開するが、直ぐにコースを見失う。妙義山あるあるだ。予想だにしないというか、ある意味予想を裏切らないというか、ここ妙義山では時々、あり得ない方向と場所にルートが延びていることがあるため、普通の感覚で歩いていると先ほどの丁須の頭の手前のように見落としてしまいがちだ。
振り返ってルートを探してみると、断崖絶壁だと思った岩壁に垂直に走る割れ目があって、そこの隙間に鎖が垂れ下がっていた。しかも相当な高さがある。なるほど、なるほど。ここも期待を裏切らない。
垂直とは言え、岩の隙間を縫うように降りるので、三点確保に加えてお尻も使えるので見た目以上の危険はない。ちなみに後で気が付いたが、ここがかの「チムニー」。看板があるだろうとの固定概念があったので、思わずスルーしそうになった。なるほど、垂直な岩の割れ目を煙突(チムニー)に見立てているのか。
巨大な赤岩が見えてきた。あれを登るのかと思ったが、登山道が左斜面に逸れてそのままトラバースしながら進む。赤岩の真下には工事現場でよく使われる足場(ステップ)で作った空中回廊があった。垂直な壁に沿って延びる空中回廊!それだけでもなかなかスリル感溢れる絵になる光景だが、後半数mはステップそのものが踏み抜けていて土台しか残っていない。「やるなあー裏妙義」。トラップ盛りだくさんだ。
空中回廊の途中で上を見上げると地層をむき出しにした岩壁が見えた。中央部分が特に赤い。なるほど、ここに名前の由来があったのか(たぶん)。
次に烏帽子岩を抜ける。振り返ると烏帽子岩と赤岩。そして遠くに小さなTの文字「丁須の頭」が見えた。これまた絶景だ。
先を進むと、ナイフの刃のような薄く平たい岩があった。横に回るとその刃の部分に大きな穴が開いている。やはり看板はなかったが、これは一目でわかる。「風穴尾根の頭」だ。額縁のような穴の向こうに表妙義の風景が見えた。
三方境まで来るともう普通の山と言った感じ。鎖場がなくなって寂しいい。
当初考えていた予定では、ここから国民宿舎に向けて下山するだけだが、まだまだ歩き足りないので、どうしようかと考えていたら「谷急山」との看板があった。そういえば、出発時にお会いしたご夫婦は谷急山に行くと言われていた。谷急山は妙義山で最も高い山。これは行かずして帰ることはできない。
さすがに一番高いだけあってそこそこのアップダウンを繰り返しながら歩いていく。日頃、険しい山に飢えていたので、体重を押し上げる負荷が嬉しくて仕方がない。
途中で、ご夫婦に追いついた。「えっ、周遊して追いついてきたのですか?」とびっくりされていた。とても穏やかなお二人で、暫し山の話に没頭する。
「お先にどうぞ!」と譲っていただいたので、「では、山頂でお待ちしています!」と分かれる。
最後のコーナーを抜けると、「ゴールまでのストレート」よろしく真正面に山頂を捉えて真っすぐな尾根を登っていく。程よい斜度があって最後の大汗となる。
登りきった瞬間、目の前に一層近くなった浅間山が飛び込んできた。「うぉー!」。
谷急山には眺望がないと聞いていたが、樹々が芽吹く前もあってか、360度を見渡せる素晴らしい眺望があった。箱形の特徴的な山容をした荒船山も見えた。日本二百名山だ。
小さな岩の上に腰を掛け、浅間山の白い雪を眺めながら昼食をとる。結局、雪山には行けなかったが、これはこれで実に面白い休日となった。
ご飯の後もぼーっとしながらご夫婦を待っていたが、帰路の関係もあったので下山を開始。ご夫婦とは少し下ったところですれ違った。「あともう一息ですよ、頑張ってください!」と言って別れる。本当に穏やかで仲の良さそうなご夫婦だ。
三方境まで戻ってきた。ここからは国民宿舎までを一気に降る。コースはこれまでの鎖場と比較したら、気が抜けるほどいたって普通。普通と言うと大変失礼だが、アグレッシブで変化が激しかった妙義だけに、穏やか過ぎるくらい歩きやすい登山道だったので、逆にそのギャップに驚いた。杉林が多かったので花粉症を気にしながら、足早に歩き国民宿舎に戻った。
車に乗り込む前に、もう一度、国民宿舎の後ろに聳える岩壁を見上げ、妙義山を後にした。

登山中の画像
登山画像
日の出とともに出発。国民宿舎の後ろには裏妙義…
登山画像
注意書き。ふむふむ。
登山画像
表妙義の上に太陽が出てきました。
登山画像
落ち葉がふかふか。足が10cmほど潜り込みます。
登山画像
小人の家。なわけなくて、炭焼きかなにかかな。
登山画像
完全に表妙義の上に太陽が昇り切りました。稜線…
登山画像
アップするとこんな感じ・。ストーンブリッジを…
登山画像
周囲にはここは中国かと思うような変わった奇岩…
登山画像
稜線手前の鎖場。写真だとどうしても険しさが変…
登山画像
もう少しで稜線に出ます。
登山画像
軽快に歩いていきます。
登山画像
おつ、ところどころ雪と氷が。。。
登山画像
見上げたらT字野郎が見えました。丁須の頭です。
登山画像
壁が凍っているので注意。
登山画像
鎖を伝っていくとゴジラの首のような部分までは…
登山画像
浅間山が綺麗ですね。
登山画像
鎖を通しての風景。
登山画像
表妙義も楽しかったなあ。
登山画像
ゴジラの首の所には石碑が刻まれています。
登山画像
こんな感じ。
登山画像
降りてきて振り返ると丁須の頭の全景が見えます。
登山画像
垂直な岩の割れ目を伝うように鎖が。。。チムニ…
登山画像
チムニーを下から見上げたところ。
登山画像
赤岩の下にある空中回廊。後半、ステップそのも…
登山画像
こんな感じ。不謹慎ながら楽しすぎる。
登山画像
モアイのような岩。
登山画像
まさしく矢じりのような岩壁。
登山画像
振り返ったら遠くにT字野郎が見えました。なんと…
登山画像
風穴尾根の頭。
登山画像
烏帽子岩がよく見えます。
登山画像
三方境。まだまだ帰りたくない病がでました。
登山画像
谷急山。1時間もあれば十分。
登山画像
車に乗り込む前に、もう一度、国民宿舎の後ろに…
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    北陸にはない感じですね。

  • Yamakaeru さん
    金沢の医王山の鎖場?笑
    雨後のあそこは最強でしたね。多分、ある意味、妙義よりあぶやかった。

  • レオ さん
    妙写真を見るだけでも足がすくみます。でも怖いもの見たさで一度挑戦したいです。

  • Yamakaeru さん
    ぜひぜひ、キスレミさんは翌日、表妙義に来られていましたが、皆さんの遠征お待ちしてます^_^

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年10月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...