登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
南アルプス深南部の樹林帯をひたすらに・・・ 池口岳(南アルプス)
img

記録したユーザー

ほり さん
  • 日程

    2020年6月5日(金)~2020年6月6日(土)

  • パーティ

    4人 (ほり さん 、ほか3名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:前日私有車にて  松本市14:30⇒中央道⇒16:30飯田市⇒矢筈トンネル⇒遠山郷 池口集落⇒18:00池口岳登山口避難小屋  で前泊。

  • 天候

    薄曇り
    [2020年06月05日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

登山口4:52→6:38牛首→8:09黒薙→9:03利検沢の頭→9:35ザラ薙→11:32加々森山分岐→11:55山頂12:33→12:48加々森山分岐→14:27ザラ薙→14:50利検沢の頭→15:41黒薙→16:41牛首→17:30登山口


総距離 約15.8km 累積標高差 上り:約1,656m
下り:約1,656m
・昨年11月24日、日帰り登山をしようと麓の公園に前泊して臨んだが、天候に恵まれず断念した。
・今回は梅雨前で天候も気温も良い、リベンジ山行。
・登山口駐車場にテント泊の計画だったが避難小屋を覗くと畳敷き。即決で小屋隣で焼肉宴会。
・朝4時の予定だったが、寝坊して約1時間遅れで出発。
・5時でも寒くない。快適に緩いフカフカの路を登る。
・[徳造平][入野平][山の神][面切][牛首]と、ドンドン登る。昨夜の焼肉は効果抜群。特に牛首から黒薙辺りまで気持ちが良い。開花前だがコバイケイソウの群落は見事。
・「黒薙」は凄い崩壊だ。手の施しようが無いのだろう。崩壊肩はオーバーハングしており大変危険だ。更に後退が進むのだろう。熊伏山の崩壊地は地層が青いので青崩れと名が付いた、此処は確かに黒い地層だ。此処も「中央構造線」の影響か? 目指す「池口岳の双耳」が見える。
・1902m「利検沢の頭」からはコイワカガミ街道だ、花も葉も色が濃く美しい。だが、見惚れて歩いてはいけない、左側の崩壊は要注意だ。オーバーハング肩にクラックが発生している。
・ムラサキヤシオ.ウスズミザクラ.マイズルソウ.カタバミ.バイカオウレン.オサバグサ.オオカメノキ.エンレイソウ.ギンリョウソウ、次々と出現する。イチヨウランも。
・「ザラ薙」も凄い崩壊だ。「双耳峰」が近付く。
・暫くすると辛い登りが続く。2156m小ピークは危険なのか新しい迂回路が巻く。2172mと2245mの岩尾根にはロープ。疲労が蓄積した身体にはきつい。
・だが、2245mでは岩を越して振り向くと岩壁に美しいクモイコザクラ。
・加々森山JCT付近から光岳が良く見える。足元に再びクモイコザクラの群落。
・残雪が見える鋭いコルを過ぎると、やっと北峰山頂。笹原を少し下ると南峰と鶏冠山が良く望める。
・体力が残っていれば南峰もと欲をかいたが「北峰の方が高く本峰だ。向こうは他県だし。」と、バテバテの己を宥める。
・後は、ひたすら下るのみ。朝の快適な路は今度は長い長い。
・コロナ禍で顕著な山は入山自粛の影響か、意外と登山者が多い。
・70歳近い身体では、登り7時間超え下り5時間越え。
・登りごたえのある山だった。相応の満足感と活力を受けた。  まだまだダー。

登山中の画像
登山画像
前泊した登山口の避難小屋
登山画像
登山口
登山画像
前半は快適な樹林帯歩き
登山画像
コバイケイソウ群落
登山画像
もの凄い崩れ「黒薙」中央構造線の影響か?
登山画像
1902m「利検沢の頭」
登山画像
「ザラ薙」も凄い崩壊
登山画像
ザラ薙付近から望む「北峰と南峰」
登山画像
2172mの岩尾根を乗越え
登山画像
2245mの岩尾根を越えて、振り向くと岩場に「クモ…
登山画像
加々森山分岐近くから望む「光岳」
登山画像
山頂直下のコル
登山画像
山頂
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、テント、シュラフ、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、ローソク・ランタン
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ほりさんの登山記録についてコメントする

登った山

関連する登山記録

もっと見る

ほり さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年8月11日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...