登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
五竜岳 ・山行500回記念の山歩き ・八方尾根~遠見尾根 唐松岳2696m ・五竜岳2814m ・大国岳2393m ・白岳2541m ・西遠見山2268m ・大遠見山2106m ・中遠見山2037m ・小遠見山2007m ・地蔵ノ頭1673m (北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

トマトとケチャップ さん
  • 日程

    2014年7月28日(月)~2014年7月29日(火)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他: 白馬第3駐車場から徒歩、ゴンドラリフトで入山。
     遠見尾根を下山後は、ゴンドラリフト、白馬第3駐車場までは、巡回バスを利用した。

  • 天候

    2日間とも晴れ
    [2014年07月28日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

1日目:
 八方第一ケルン9:30…八方池10:30…唐松岳頂上12:40……唐松岳頂上山荘(泊)    
 行動時間 計 3-10 (休憩を含む。)     

2日目:
 唐松岳頂上山荘4:15…牛首の鎖場(日の出)4:45…7:00五竜山荘7:15…8:15五竜岳8:30…9:15五竜山荘(食事)10:00…大遠見山11:45…中遠見山12:30…小遠見山13:00…アルプス平14:00 
   
 行動時間 計 9-45  (休憩を含む。) 


総距離 約20.4km 累積標高差 上り:約1,822m
下り:約2,838m
 去年は、唐松岳を日帰り登山だったので、今回は小屋泊でゆっくり歩きました。
 
1日目: 
 8:00第三駐車場はスペースに余裕があった。 
 ゴンドラリフト乗り場は団体客が多くチケット購入に時間がかかる。 
 八方池までは、観光客が多くゆっくり歩く。 
 
 唐松岳頂上山荘に宿泊を決め、コマクサの咲く唐松岳を往復した。 
 夕方、西日の当たるころ五竜方面への分岐でブロッケン現象が見られた。 大勢の人たちと並んで見学することにーーー。でも見えるのは、自分の姿だけーーー。

2日目: 
 4:15 暑さといびきに悩まされた一晩、ヘッドランプで出発した。  牛首のクサリ場でご来光を迎え、赤く染まる五竜岳や立山、劔がきれいに展望できた。  
 途中、ウサギギク、キヌガサソウなどに癒されながら歩く。 
 
 五竜山荘にザックを預かってもらい、持ち物を軽くして五竜岳を往復する。 
 五竜岳山頂は、歩いてきたルートや鹿島槍ヶ岳など展望抜群で、登山客も数人しかいなくて静かな山頂だった。 
 
 次回は鹿島槍ヶ岳にいきたい。  
 500回記念としては至福の時を過ごし、大満足で山頂をあとにした。 

 五竜山荘のベンチで、登ったばかりの五竜岳を望みながら、ゆっくりと遅めの朝食(弁当)をとった。 
 
 天気が良く、暑かったので、山荘で記念のバンダナを買い、飲み物を追加して下山する。  もっとここで展望を眺めていたい。
 が、9時を過ぎると予定のように、山頂付近にガスがかかり始めた。 

 遠見尾根は木陰での休憩場所が少なく、炎天下で遠く長く感じられた。  一部に残雪もあったがアイゼンは使わずに済んだ。 
 
 小遠見山からアルプス平付近は、観光客が多くなる。  
 色々な高山植物や花が多いので救われる。 

 下山後は、白馬まで電車移動も考えていたが、幸運にも巡回バスがあったので駅まで歩かないで済んだ。
 
 下山後に、余裕があれば入浴施設もあり、バスを待つ間に利用できる。  白馬方面にも入浴施設が多いので、お土産を求めながら利用したいと思いながらも。 
  
 今回は、残念ながら利用できなかった。

登山中の画像
  • 五竜岳への分岐でブロッケン現象
  • ブロッケン現象を見る人たち
  • 唐松岳への稜線
  • 唐松岳から唐松岳頂上山荘を見る
  • 牛首のクサリ場で日ノ出
  • これから登る五竜岳に朝日が
  • キヌガサソウ 上州武尊を思い出した。
  • ウサギギク
  • ニッコウキスゲ
  • 鹿島槍ヶ岳の双耳峰・次の目標
  • 8時過ぎの山頂は登山者が少なく静かだった。
  • 五竜山荘に戻る
  • 五竜岳から、いま登ってきた五竜山荘方面
  • 遠見尾根の残雪・ここだけ
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

トマトとケチャップさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 唐松岳頂上山荘 ~唐松岳
    唐松岳頂上山荘
    八方尾根支障なし、上部は尾根ルート。稜線の気温低下し防寒具雨具必携。マツムシソウなど開花
    19年08月23日(金)
    冷池山荘 ~鹿島槍・爺ヶ岳
    冷池山荘
    季節は秋へ。風冷たくなりチングルマは果穂に、コバイケイソウの葉は黄色に。秋山装備で
    19年08月23日(金)
  • 白馬山荘 ~白馬岳
    白馬山荘
    秋山となりました。秋雨前線のため天候不安定、雷雨、強風に注意。大雪渓は小雪渓から秋道
    19年08月21日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

トマトとケチャップ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年8月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW プレゼント盛りだくさんの大アンケート!
プレゼント盛りだくさんの大アンケート! みなさんはどんな山道具を使ってますか? 情報源は? 購入方法は? プレゼントも当たる大アンケートにご協力お願いします
NEW ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」
ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」 『山と溪谷』の連載「GTR」を担当するホーボージュンさんが、その裏話と、グレゴリーの大型バックパックについて語る!
NEW 移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語
移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語 子育ての環境を優先して長野県大町市に移住したという屋田さんご家族。自然が近く、生活も便利という大町暮らしを聞いた。
NEW 760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り
760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載では、ダブルウォール自立式のニーモ「ホーネットストーム1P」をテスト! その実力は?
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
カリマー「クーガー」がアップデート!
カリマー「クーガー」がアップデート! 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
NEW ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...