登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
西丹沢の名瀑と冬枯れの畦が丸 (3B) 畦が丸(関東)
img

記録したユーザー

すてぱん さん
  • 日程

    2014年11月30日(日)

  • 利用した登山口

    西丹沢自然教室   大滝橋  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:新松田駅より、西丹沢行きバスで終点まで
    本日は丹沢湖マラソンと重なり、朝夕共に大渋滞に巻き込まれて、帰りは通常1時間程度のところ2時間もかかってしまった。

  • 天候

    曇のち霧のち曇

この登山記録の行程

西丹沢自然教室(09:07)・・・権現山分岐・・・善六のタワ(10:48)・・・畦ヶ丸(11:30)・・・大滝峠上(12:33)・・・一軒家避難小屋(13:11)・・・大滝橋(14:13)

総距離 約9.1km 累積標高差 上り:約989m
下り:約1,093m
コースタイム 標準:5時間35分
自己:4時間26分
コースタイム倍率 0.79
11月は週末の好天が続いたのに所用や、気力が充実せずに山から少し足が遠ざかっていた。天気はパッとしない予報だが、日帰りで以前から気になっていた畦ヶ丸と西丹沢の滝を組み合わせた計画を立ててみた。案の定、早朝の車窓から眺めた丹沢には雲が絡みついており、これから切れていくというよりむしろ密度を増していきそうに見えた。

紅葉は中腹から山麓までおりていたが、なお色鮮やかな木があり、滝巡りも楽しめた。西丹沢も大室山や畦ヶ丸方向は檜洞丸方面よりも登山者がさらに少なく、より静かな山行が楽しめるだろう。今回は下棚(しもんだな)、本棚の滝を訪ねたが、本道からそれぞれわずか10分程度で往復できるのに、通過してしまう登山者が多かったように思え、少々もったいなく感じた。距離は短いながらもバリエーションという扱いなのか、下棚、本棚を指し示す道標はあっても、滝に続いているとは明示してなかった(後記:そもそもこの辺りでは滝のことを「棚」と呼ぶそうだ)。それぞれ落差40、60メートルというなかなか立派な滝なので、興味ある方は是非訪ねてみることをお勧めする。もう1−2週間早ければ、紅葉と滝の組み合わせも楽しめたかもしれない。

<晩秋・冬の低山での服装について>
歩き始めは、薄手の上着やウールの手袋をはめるほど寒く感じたが、登り始めると、風がほとんどなかったこともあって、かなり汗をかいた。気温は低いのだから、休憩を取ればかなり寒く感じる。晩秋から初冬は寒さも丹沢辺りでは中途半端(?)なので、脱ぎ着で調整できるように、いつも以上に留意すべきだと感じた。今回、気温が低そうなので、上着を追加して持って行くことばかり考え、汗をかいたときの替えの下着を持っていく発想がなかった。

想定外だったのは丹沢湖マラソンの影響だ。バスは行き帰りとも渋滞に巻き込まれてしまい、予想以上に移動に時間がかかってしまった。帰りはともかく、11月も末のこの時期は日も短くなっており、登山口への到着時間が遅れてしまえば、余裕のない山行になり、そのぶんケガや道迷いのリスクも高まるように思えた。来年のこの時期の西丹沢登山を考える場合は、この様なイベントがないか、少し注意を払うべきだろう。

<個人的備忘録>
大滝橋からブナの湯に下る車道で、右膝裏から外側にかけて痛み。坂道を下る際に膝を曲げる度に痛む。

登山中の画像
  • 西丹沢自然教室から吊り橋を渡って、畦ヶ丸へ。中腹から上はガスに覆われていて、晴天は見込めない
  • 西沢を何度も丸木橋を右岸に左岸に渡りながら、進む
  • 畦ヶ丸へ向かう登山道からすこし寄り道をすると、往復10分程度で下棚の滝に行ける。道標はご覧の通り、下棚(しもんだな)の表記はあるが、この先に滝があることは明示していない。
  • 下棚の滝(落差40メートル)
  • 同様に本道を本棚沢へ少しそれると、往復10分ほどで本棚の滝(落差60メートル)が見えるはずなんだが・・・枯れている??
  • いやいや、手前の岩壁に隠れていただけで、立派な姿。あれ?と思っただけに、少し意表を突かれて「おお!」と思わず歓声。それにしても、下棚の滝にしても本棚の滝にしても、本道をわずかに外れるだけなのだが、通り過ぎていく登山者が多いように見受けられ、もったいない気が・・・
  • 標高7−800メートル辺りはまだ色鮮やかな紅葉が所々残っている
  • 高度を上げ1000メートル辺りからブナが目だち始めるが、さすがに葉はすべて落としている。雲の中に入り、周囲もガスに包まれていく。
  • 畦ヶ丸山頂(標高1292.6)。元々展望はきかない山頂だそうだが、霧に包まれた静かな山頂もいいものだ。
  • 大滝峠上の分岐を大滝橋目指して下る。途中で見かけた木の実。銀色に光っていて、とても目を引いたのだが、無知ゆえ名前がわからない。 (後記)どうも木の実ではなく、ツチグリというキノコのらしい(やぎやぎさん、ご指摘ありがとうございます)。
  • 立ち枯れたブナの巨木
  • 高度を下げると、ガスが切れて、再び鮮やかな紅葉も
  • 予定より早く下山できたので、バスを待つより次のバス停まで歩き、中川温泉につかることに
  • 本日は丹沢湖マラソンと重なり、行きも帰りもバスは渋滞に巻き込まれてしまった。
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すてぱんさんの登山記録についてコメントする
  • やぎやぎ さん
    すてぱんさん こんにちわ…
    銀色のどんぐり、綺麗ですね。コジイかなぁ・・シイノキの仲間でしょうね。
    固い殻を割って出てくるのは、スダジイかツブラジイ(コジイ)みたいです。
    自然の中の色には、いつも本当に驚かされます。花の色はもちろん、春の芽吹きの萌黄色や光苔の蛍光色など…
    きのこも金色に見えるものもあったりして・・・(金峰山で見かけたんですが、採光具合だろうと言われましたが、)
    今年は、暖冬傾向と予報が出ていましたから・・もうしばらく山を楽しめそうです。

  • すてぱん さん
    やぎやぎさん、こんにちは。
    銀色のどんぐり、季節柄そのままクリスマスのオーナメントになりそうです。
    山で出会う美しい色は持ち帰れないし、写真で思い出すきっかけにはなっても、限界がありますよね。
    一期一会で美しさを愛でるべきなのでしょうね。

    今週末は天気も良さそうだし、各地から初冠雪の便りもあったので雪遊びを考えたのですが、宿が取れずに断念。
    冬枯れの山の陽だまりと温泉でも楽しんでこようかなと考えています。

  • やぎやぎ さん
    銀色のどんぐり・・じゃないかも
    新聞の記事に同じような写真が、載っていたんです。
    そしたら…「ツチグリ」きのこの種類って出てました。
    面白いですよね〜

  • すてぱん さん
    なるほど〜、ツチグリですか。たしかに画像検索すると同じものが出てきますね。どんぐりではなくキノコとは驚きました。
    しかも、食用になるようですね。炒めると美味しいなんて記述が出てきます。
    教えていただき、ありがとうございました!

  • やぎやぎ さん
    おじゃましまーす。
    食べられるんだ〜、綺麗だけど‥食べられる色には見えませんね(笑)
    黒斑山は真っ白な雪景色だったんですね。霧氷や樹氷を見ていると‥すっかり厳冬期みたいに見えます。槍ヶ岳見えていいなぁ。幸運に出会えるという彩雲‥も綺麗でした。
    (私の場合はスキー場ですが)雪山へ行くと空がとても青く見えて‥雪の白とのコントラストに驚かされます。

  • すてぱん さん
    いらっしゃいませ〜(笑)
    今回は歩くだけではなく、温泉宿の眺めのいい休憩室から外を眺めている時間も長かったのですが、天気の移り変わりや小動物にも色々なドラマがあるのだなと感じました。
    歩かないと見えないこと、立ち止まらないと見えてこないもの、それぞれあるのだなあというのが実感です。

    黒斑山は、ここにも書いたように温泉だけでも楽しめますし、雪山としてハードルが低いにもかかわらず、満足度は高いところです。マイカーが使えるのであれば、より楽しみ方も広がると思います。次回の企画会議で旦那様にご提案なさってはいかがでしょうか?

  • やぎやぎ さん
    はい。提案してみまーす。
    雰囲気のある露天風呂の写真もいいなぁ…とも思っていました。
    こんな贅沢な時間の過ごし方もあると…子たちにも教えてあげたい・・母でした。

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

すてぱん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年10月25日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...