登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
2020年8月 雲取山(七ツ石山・三条ノ湯) 1泊2日 雲取山(関東)
img

記録したユーザー

むう さん
  • 日程

    2020年8月9日(日)~2020年8月10日(月)

  • 利用した登山口

    鴨沢   お祭  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:行き:鴨沢バス停、帰り:お祭りバス停
    いずれも奥多摩駅発着。

  • 天候

    初日:晴れ、二日目:晴れ

この登山記録の行程

【1日目】
鴨沢(09:02)・・・小袖乗越(09:24)・・・堂所(10:52)・・・七ツ石小屋(11:43)[休憩 13分]・・・七ツ石山(12:28)[休憩 9分]・・・ブナ坂(12:47)・・・雲取奥多摩小屋(13:16)・・・小雲取山(13:49)・・・雲取山(14:18)[休憩 13分]・・・雲取山荘(14:52)

【2日目】
雲取山荘(05:30)・・・雲取山(06:05)[休憩 28分]・・・三条ダルミ(06:52)・・・三条ノ湯(08:32)[休憩 48分]・・・後山林道終点(09:51)・・・塩沢橋(10:42)・・・お祭(11:52)

総距離 約26.7km 累積標高差 上り:約2,926m
下り:約2,910m
コースタイム 標準:11時間15分
自己:10時間21分
コースタイム倍率 0.92
(1日目)
鴨沢バス停から堂所辺りまでは平らに近いゆるやかな道。途中の小袖乗越の村営駐車場は9時半前でいっぱいだった。この道は平将門一行が歩いた道らしく、随所にエピソード付きの案内板が立っている。今回は初めてテントを担いで登っていたためペースもゆっくりで、この山はトレランの人も多くてどんどん抜かされていくとこのペースで良いのか不安になったが、堂所、七ツ石小屋では予定よりむしろ早く到着して安心する。七ツ石小屋のゆずはちみつのドリンク(400円)と、小屋の先の水場のきんきんに冷えた水がとても美味しかった。
七ツ石小屋から先はだんだん急登になってくる。七ツ石山からはこれから歩く稜線が見えるがなぜかずいぶん下の方に見え、七ツ石山から一気に100mほど下ることになる。この辺りからだんだん重い荷物の影響が出てきて、下りでふくらはぎがつりそうになったり、かかといまめができたりと経験したことのない異変が現れ始める。特にふくらはぎはここでつるとまずいなと思っていたが、なんとかやり過ごせて一安心。とはいえ前半は木陰の中だったがだんだん日差しの中を歩くことになり、小雲取山への急登はなかなかこたえた。
それでもなんとか雲取山山頂へ。晴れてはいたがあいにく遠くは霞んでしまい富士山は見えなかったが、野生のシカが遊びに来ていてしばらく眺めていた。山頂から20分ほど下って雲取山荘のテント場へ。かかとがやぶれそうだったので、今回新調したワークマンのかかとが踏めるスリッポンがとても重宝した。晩御飯は無印良品のレトルト(この日は中華系)をアルファ米にかけて食べる。ちょっと重いけどドライ品よりずっとおいしい。山小屋で冷えたビールとハイボールが調達できるのがうれしい。
(2日目)
夜中に目が覚めると猫系の動物の怒ったような声や、すぐ近くでシカのこえなどしてなかなかワイルドだった。結局4時前におきて朝食とって撤収して予定より早めに出発。
30分ほどで山頂まで戻ると、この日は遠くまでばっちり見え、富士山、南アルプス、北アルプスまで見える。先客の若い男性二人組は初めての登山が今日のテント泊だそうで、なかなかすごいところから入っている。東京、神奈川方面の山々が薄い雲の中に浮かんでいる様子もなかなか幻想的で、しばらく眺望を楽しんだ。
ここから三条の湯まではひたすら降りていく。途中崩落した斜面に迂回路が設けられているところがあったが、迂回路への入り口が分かりにくくて間違えて微妙に踏み跡がある崩落した方の道に入ってしまい、急に道が悪くなって不安になったが無事に合流。
三条の湯では風呂が沸いていなかったが、親切なスタッフが30分くらいで沸かしてくれるとのことで一番風呂に入れた。ありがとう。
少しさっぱりしてお祭りへの道を下り始める。この辺りは東京都の水源地域で、30分ほどは沢沿いの山道でとても気持ちがいい。問題はその先の林道で、自動車のための退屈な道を延々と2時間ほど歩かされることになりなにかの罰ゲームのようだった。この道はもう歩きたくない。
今回は重い荷物で長時間歩くと上半身より脚にくることがよく分かった。こんどはどこに行こうかな。

登山中の画像
登山画像
オタカラコウ?あちこちに群生してました。
登山画像
七ツ石山山頂からの眺め。いちどぐっと下ってこ…
登山画像
七ツ石山。1757.3m。
登山画像
有名なダンシングツリー。
登山画像
小雲取山から振り返ると歩いてきた稜線と七ツ石…
登山画像
雲取山山頂には野生のシカがいました。
登山画像
雲取山。2017.1m。
登山画像
ヤナギラン?
登山画像
山頂と雲取山荘の間の道は苔生す森の中。
登山画像
これ担いでここまで登ってくるのはきつかった・…
登山画像
おはようございます。
登山画像
雲取山山頂から。南アルプスもばっちり。一番右…
登山画像
雲取山山頂から。今日はばっちり見える。手前は…
登山画像
さらに遠くに北アルプスも?
登山画像
この日は吊るし雲、笠雲がかかったとニュースに…
登山画像
東京・神奈川方面の山々。
登山画像
一番風呂をいただきました。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、テント、シュラフ、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、カップ、コッヘル、ローソク・ランタン
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

むうさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    春の陽気のような日もありますが、防寒対策は万全にしましょう。週末は天気が崩れる予想です
    21年01月22日(金)
    雲取山荘 ~雲取山
    雲取山荘
    凍結箇所あり。念のためアイゼンの準備を
    21年01月12日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

むう さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2021年1月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...