登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
火打・妙高山 火打山、妙高山(上信越)
img

記録したユーザー

tok009 さん
  • 日程

    2020年9月21日(月)~2020年9月22日(火)

  • 利用した登山口

    笹ヶ峰  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:登山口と駐車場は隣接している。入山料¥500。駐車場は無料。
    駐車場にトイレあり。キャンプブームのためか、4:00AMに到着も満車状態。
    溢れた車の路駐でバスの通行に支障が生じたと聞いた。
    交通整理等なし。基本的に無管理状態。
    下山時には数台が停まっていただけだった。

  • 天候

    初日:晴れ後曇り、濃いガス。火打山頂14時の気温15℃、南南東の風3m/s、気圧764 hPa 2日目:曇り時々晴れ、後濃いガス、妙高山頂10時の気温13度、西南西の風1m/s、気圧764 hPa

この登山記録の行程

【1日目】
笹ヶ峰(05:47)・・・黒沢橋(06:39)[休憩 6分]・・・富士見平(09:08)[休憩 5分]・・・高谷池ヒュッテ(10:19)[休憩 50分]・・・天狗の庭(11:51)・・・火打山(13:26)[休憩 40分]・・・天狗の庭(15:01)・・・高谷池ヒュッテ(15:22) 幕営

【2日目】
高谷池ヒュッテ(04:55)・・・黒沢池ヒュッテ(06:22)[休憩 12分]・・・大倉乗越(07:06)[休憩 13分]・・・長助池分岐(08:01)[休憩 6分]・・・妙高山北峰(09:32)[休憩 17分]・・・妙高山南峰(10:00)[休憩 6分]・・・妙高山北峰(10:15)[休憩 12分]・・・長助池分岐(11:34)[休憩 6分]・・・大倉乗越(12:30)[休憩 10分]・・・黒沢池ヒュッテ(13:02)[休憩 19分]・・・富士見平(14:18)[休憩 3分]・・・黒沢橋(15:37)[休憩 10分]・・・笹ヶ峰(16:25)

総距離 約23.2km 累積標高差 上り:約2,359m
下り:約2,359m
コースタイム 標準:14時間20分
自己:17時間30分
コースタイム倍率 1.22
笹ヶ峰駐車場登山口~黒沢橋
支障なし。前半は木道が整備されている。樹林の中をひたすら黙々と歩く。
途中、携帯トイレブース(一人用テント)があった。携帯トイレは登山口の自販機で¥500/個。

黒沢橋~富士見平
支障なし。富士見平の手前は緩やかな涸れた沢のような丸まった岩だらけのところを通る。
雨後のためか、泥濘、水溜まり多数。

富士見平~高谷池ヒュッテ
支障なし。湿原地帯のためか、泥濘が多かった他は印象が薄い。
高谷池ヒュッテのテン場は、キャパ30張に前日80人超が幕営。場所がなく下山した人も居たとのこと。当日も満杯だったが、見知らぬもの同士が互いに譲り合い、張ったテントでも場所をずらしたりしてなんとかしていた。素晴らしい人達。

高谷池ヒュッテ~火打山
支障なし。蕾を鈴なりにつけたリンドウの株が多数。開花したときを見てみたい。
天狗の庭(=湿原)に沿って木道を歩き、やがて開けた笹原の道を登る。
火打山頂は広くほぼ平らで30分くらい昼寝をした。

高谷池ヒュッテ~黒沢池ヒュッテ~大倉乗越
支障なし。黒沢ヒュッテまでは山(茶臼山)を越える。黒沢ヒュッテで重荷をデポする。
黒沢ヒュッテは今季は休業中。外トイレと思われる建物を建築中だった。

大倉乗越~長者池分岐~妙高山
一部に難あり。大倉乗越から長者池分岐までは相当な急斜面。適当にロープがあって助かるが、急斜面につけられた巾の狭いトラバース道は、倒木を跨ぐ個所や、崖に向かって倒れた竹笹の根の上を歩く個所、落ちたらサヨナラの崩れかけた段差もあって、悪路。
長者池分岐から妙高山へは、カスケードなガレた沢をひたすら延々と登る。
妙高山頂北峰は広く、多くのハイカーが休憩していた。
南峰は晴れていれば眺望が素晴らしいだろうと思う。

黒沢池ヒュッテ~富士見平
支障なし。広大な湿原の中につけられた木道を歩く。木道は付け替え工事が行われるようで木道に沿って新しい木材が用意され、作業小屋も設置中だった。
今回、この区間が最も印象的だった。尾瀬沼に匹敵すると思う。

写真、パノラマ動画
https://www.flickr.com/photos/tok2009/albums/72157716105371148

登山中の画像
  • 色づき始めている
  • 左奥から焼山、影火打、火打
  • 左奥から焼山、影火打、火打
  • リンドウ
  • リンドウ
  • 火打への登りから天狗の庭方面を見返す
  • 火打山頂ではナナカマドの実が真っ赤になっていた
  • 黒沢池
  • 大倉乗越から妙高山
  • 大倉乗越から中央下に長者池
  • 妙高山頂近くから雲の向こうに後立山
  • 妙高北峰から南峰を望む
  • 妙高北峰から南峰を望む
  • 妙高北峰から南峰の彼方を望む 中央やや左下に斑尾山
  • 妙高北峰から南峰手前。雲の向こうに北ア~後立山
  • 妙高北峰から南峰手前。雲の向こうに北ア~後立山
  • 妙高北峰から火打、影火打、焼山
  • 妙高南峰から北峰を見返す
  • 妙高南峰
  • 妙高南峰から雲の向こうに北ア~後立山
  • 黒沢池の湿原
  • 黒沢池の湿原
  • 黒沢池の湿原
この山行での装備
長袖シャツ、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、テント、シュラフ、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

tok009さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

tok009 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年10月31日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。