登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
折立から薬師岳、雲の平、鷲羽岳、黒部五郎岳 薬師岳、祖父岳、ワリモ岳、鷲羽岳、黒部五郎岳(稜線道)、北ノ股岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

与一 さん
  • 日程

    2020年9月29日(火)~2020年10月1日(木)

  • 利用した登山口

    折立  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:8:30着、キャンプ場前駐車場、手前路肩残2台スペースの一つに駐車、平日でも朝は満杯で、臨時駐車場の案内があった。熊異常出没注意看板あり、キャンプ禁止で電気柵が設置されていた。車内やゴミとして食べ物を置かないように注意との標識あり。

  • 天候

    初日:晴れ時々曇り 2日目:晴れ午後曇り 3日目:朝雨後曇り

この登山記録の行程

【1日目】
折立(08:40)・・・三角点(10:10)・・・太郎平小屋(11:50)・・・薬師峠(12:11)・・・薬師岳山荘(13:35)・・・薬師岳(14:27)[休憩 15分]・・・薬師岳山荘(14:55)・・・薬師峠(15:45)

【2日目】
薬師峠(04:25)・・・太郎平小屋(04:49)・・・薬師沢小屋(06:35)[休憩 13分]・・・アラスカ庭園(08:25)・・・祖母岳分岐(09:30)・・・雲ノ平(09:39)・・・雲ノ平キャンプ場分岐(09:51)・・・祖父岳分岐(10:25)・・・祖父岳(10:50)・・・岩苔乗越(11:26)[休憩 15分]・・・ワリモ北分岐(11:50)・・・鷲羽岳(12:38)[休憩 8分]・・・三俣山荘(13:25)[休憩 10分]・・・巻道合流点(14:40)・・・黒部五郎小舎(15:35)

【3日目】
黒部五郎小舎(05:22)・・・中俣乗越(09:04)[休憩 15分]・・・北ノ俣岳(上ノ岳)(10:37)・・・太郎平小屋(11:55)[休憩 15分]・・・三角点(13:28)・・・折立(14:17)

総距離 約48.1km 累積標高差 上り:約4,329m
下り:約4,329m
コースタイム 標準:29時間55分
自己:25時間39分
コースタイム倍率 0.86
1日目(晴れ、微風)
よく歩かれている登山道なのでコース上不明瞭なところは無い。見どころとしては薬師平湿原。小さいが鷲羽岳と三俣蓮華岳の奥に槍ヶ岳の展望がよく、不思議と槍が大きく見える。湿原を見下ろせる高さまで登れば、池塘をちりばめた湿原を前景に明後日歩く黒部五郎から太郎兵衛平の稜線が遠く一望できる。薬師岳山頂からの眺めも素晴らしい。水晶岳・赤牛岳、やや遠く剱と立山・後立山、明日歩く雲ノ平や黒部五郎岳が見渡せる。山頂の祠の鐘をつき合掌。

2日目(晴れのち曇り)
よく整備された木道はうっすらと霜がついて滑る。一部には滑り止めが施された桟木が打ち付けてあり歩幅を合わせるのが面倒だが大変ありがたい。歩きながら景色を見ることができないのは残念。薬師沢小屋から雲の平への登りはかなりの急で、標高差450m・平均角度27度はなかなかで後工程に支障が出るほど。取るに足らないと思っていた祖父岳、ワリモ岳の登りがひどく堪えた。霧などで視界が悪いとわかりにくい場所は、祖父岳の登り口から植生保護のロープ沿に進み末端で急に東に向きを変える部分と、三俣蓮華岳巻き道の中間付近の尾根乗越の登り口(奥に雪渓が残っていた)は河原状で踏み跡がほとんどわからず、ペンキマークが頼りなので注意が必要。

3日目(4時ごろから10時頃まで雨、後曇り)
黒部五郎岳は巻き道ではなく稜線を歩いた(コース表示は巻きだがタイムは稜線の物)。登り口は小屋に近い方の天場の奥の西側(小屋から150m位)低い岩にペンキマークがあり(テントで見えないかも)、そこから這松のトンネルに入ると数張りの天場に抜ける。小道が分かれるのでちょっと迷うが右寄りに。約20分間は溝の中を左右からの藪をかき分けて詰まった岩を登る。251.8mピーク周囲は普通の登山道だが、この先黒部五郎岳山頂までは、岩場3割、這松帯6割、普通の登山道1割といった感じ。岩場は慣れていないと怖いかも。這松帯は登山道にはみ出ていてかなり邪魔、数年後には廃道になるのではと思えるほどで歩きにくい。下って黒部五郎の肩では真っすぐが巻き道、直角に西にガレを下るのが中俣乗越方面。勢いで下ると間違うかもしれない。
北ノ俣岳まではアップダウンがあり、緩い登りが疲れる。神岡新道を分けるとなだらかな広い尾根となり、池塘がちりばめられた気持ちの良い緩い下りで、好みによっては雲ノ平や尾瀬よりも気に入るかもしれない。春に来てみたいところだ。

キャンプ場
薬師峠テント場
連休には270張(350とも)りとあったが、どこにそんなに張れるのか?といった感じ。平らな場所はあまりない。今回は20張りもなかったと思うのでより取り見取り、張り綱は石を利用したが混んでるときはペグが必要かも。基本砂地。管理は太郎平小屋。水はホースでコンクリートの長い流しに引いてあり豊富。トイレは2ブースだったっと思うが洋式便座があり綺麗。匂いもほとんどなし。

三俣蓮華テント場
28日で終了のため閉鎖中。這松帯の開けた砂地、天場の中を幅が40cm位の小川が流れていて、上流が小屋の水源。際に張ればテントから手を伸ばして水が汲めそう(上流注意)。小屋閉鎖中は幕営禁止で水場も片付けるそうだが、水はこの小川から補給ができる。

黒部五郎テント場
30張りと少ない。小屋から150m位に一つの広場(上の天場)とその下にもう一つの広場(下の天場)。いずれも砂地。上の天場は比較的平、下の天場は水の流れた跡が砂についているので要注意、微妙に傾斜。水とトイレは小屋を利用。トイレは屋内の外用2ブースを使用する。洋式便座で綺麗、匂いなし。

雲の平の感想
憧れていた場所。黒部川の支流祖母沢の源頭、キャンプ場は祖父沢カール内。這松と池塘と日本庭園のような小川の岸に岩を並べて配置したような景観が独特。どこからも遠く2500m前後の標高(尾瀬は1400m)は時間と体力を要求される。今回は東西に延びる木道を歩いただけで一部しか見ていない、余裕をもってアルプス庭園や高天ヶ原まで行きたいところだ。景観としては北ノ俣岳から太郎山までの見渡す限りの池塘交じりの草原を眺めて歩く稜線の方が好み。ただし、アラスカ庭園、奥日本庭園などは周囲の景観(眺められる山々)のスケールが大きくここにしかない絶景。奥の平も雲ノ平山荘が良いアクセントになっていて、小川とともに趣のある景観となっている。通過しただけで雲の平に行ってきましたと言えるかどうかというのが本音。

登山中の画像
登山画像
駐車所入り口。奥は満車、さらに奥の臨時は空き…
登山画像
登山口。2年前の夏より植物が伸び放題で裏寂しい…
登山画像
やっと抜けるか樹林帯
登山画像
展望台で一息
登山画像
薬師平のキャンプ場到着
登山画像
今日はガラガラで選び放題(真ん中)
登山画像
いざ薬師岳に、キャンプ場から上は紅葉が綺麗
登山画像
薬師平は池塘のある湿原。霞む槍ヶ岳
登山画像
北ノ俣岳も黒部五郎岳の稜線の一部のよう
登山画像
薬師小屋と薬師岳。見えているのは実は山頂手前…
登山画像
奥が薬師岳
登山画像
山頂から立山方面
登山画像
山頂から赤牛方面
登山画像
雲の平と祖父岳の奥に槍ヶ岳
登山画像
薬師岳山頂、お堂の左に鐘
登山画像
太郎平小屋から薬師小屋への木道。霜がついて良…
登山画像
休憩ベンチ脇には水源がある
登山画像
紅葉が始まっている。といってもほとんど黄色
登山画像
紅葉したワタスゲの葉に霜の縁取り
登山画像
霜がついている怖い橋、渡渉しようかとも思った…
登山画像
吊り橋を渡って薬師小屋を振り返る。ここから先…
登山画像
道標の傾きに意味があるんだよ
登山画像
急登
登山画像
急登をやっと抜けるか、前方から光が差し込んだ
登山画像
傾斜が落ちてもしばらくは樹林帯を歩き、視界が…
登山画像
憧れの黒部五郎様とその稜線
登山画像
双耳峰は水晶岳
登山画像
笠ヶ岳はあんなにきれいにとがっていたのか
登山画像
右はなだらかな祖父岳、その左肩奥ににワリモ岳…
登山画像
ここらでちょっとティータイム
登山画像
奥日本庭園でカロリーメイトを頂きながらのコー…
登山画像
やや?!、怪しい巻雲が、急がねば
登山画像
雲ノ平の主峰祖母岳の麓を回って雲の平(奥の平…
登山画像
雲の平山荘には寄らずキャンプ場との分岐で振り…
登山画像
キャンプ場、降りてみたかったが時間と体力の余…
登山画像
祖父岳の麓から振り返る。薬師岳が似合う
登山画像
さくっと片付けよう祖父岳、と思っていたが、登…
登山画像
次はお前かワリモ岳、道が良いのがせめてもの救い
登山画像
やっと念願かなって鷲羽岳、でもなんであんなに…
登山画像
やっと山頂に来てみれば殺風景ではあるが感激。…
登山画像
お決まりの鷲羽池と槍ヶ岳。さっきの巻雲の効力…
登山画像
お気に入り、小川流れる三俣山荘キャンプ場、今…
登山画像
三俣蓮華は巻き道で。余力と時間があれば登って…
登山画像
うるさい這松やガレ場もあるがナナカマドの紅葉…
登山画像
黒部五郎小屋が見えてきた。キャンプ場は小屋か…
登山画像
雨の中テントを畳み稜線道への藪っぽい道を辿っ…
登山画像
稜線に出た時はよさそうな道だったが
登山画像
巻き道の通るカールを見下ろす。
登山画像
三角の岩が乗っている。バランス岩か
登山画像
岩陰の紅葉、チングルマかな
登山画像
こんな岩が続く
登山画像
這松がかぶった道も続く
登山画像
岩っぽくなったと思ったら、山頂はすぐ上だった
登山画像
写真用の山名板と不動明王。不動明王に合掌
登山画像
道端の紅葉
登山画像
草紅葉
登山画像
一瞬の雲間から雲の平見納め
登山画像
こんなやつも。キアゲハ。蛹で越冬する。(冬型…
登山画像
池塘がある山頂草原。とにかく広い。尾根にある…
登山画像
オレンジ色のグラデーション、ネバリノギランの…
登山画像
太郎平小屋が見えてきて、草紅葉鑑賞は終了となる
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、GPS機器、テント、シュラフ、シュラフカバー、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

与一さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

与一 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2021年1月20日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...