登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 5
大峯北奥駈 弥山から山上ヶ岳へ 弥山 行者還岳 大普賢岳 山上ヶ岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

犬山好人 さん
  • 日程

    2020年10月4日(日)~2020年10月7日(水)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:

  • 天候

    1日目 くもりのち雨 2日目 くもりのち晴れ 3日目 晴れ 4日目 晴れ

この登山記録の行程

1日目
天川川合バス停(9:22)・・・登山口(9:28)・・・林道出合(11:13)・・・栃尾辻(12:09)・・・高崎横手出合(14:02)・・・狼平(14:20)・・・弥山(15:50)・・・弥山小屋(15:55)
2日目
弥山小屋(7:46)・・・聖宝宿跡(8:50)・・・奥駈道出合(10:06)・・・一の垰(10:34)・・・天川辻(12:06)・・・行者還避難小屋(12:11) このあと山頂と水場の往復約50分
3日目
行者還避難小屋(7:04)・・・無双洞分岐(8:35)・・・七曜岳(8:38)・・・大普賢岳(11:09)・・・柏木の女人結界門(阿弥陀ヶ森分岐)(12:40)・・・小笹宿(13:17)
4日目
小笹宿(6:56)・・・大峯山寺(7:57)・・・洞辻茶屋(8:55)・・・お助け水(9:13)・・・一本松茶屋(9:39)・・・清浄大橋(10:15)・・・母公堂(10:35)・・・洞川温泉バス停(11:00)


総距離 約35.0km 累積標高差 上り:約2,763m
下り:約2,545m
大峯奥駈道を何回かに分けて、テント泊で歩く。6月に前鬼から釈迦ヶ岳、八経ヶ岳を歩き、今回はその続きである。まずは天川川合から植林帯の登りは長くて辛いが我慢するしかない。およそ3kmで600mの登り(平均勾配20%)が二時間以上続く。登るにつれて霧で視界が悪くなり夕刻には雨模様となる。週間予報のAマークが暗転し、弥山小屋のテント場で明日以降の計画を見直す。

2日目は大峯らしい濃霧の中を、いきなり300mの急降下。霧に烟る深い森の中では、同じ所を歩いているような不思議な感覚にも捉われる。どこからともなく巡礼の鈴の音が聞こえるようだが空耳なのかなぁと思うと間もなく人影が現れる。登山者の熊鈴であった。突然、頭のすぐ傍で木の枝がパシッと鳴って驚く。なんのことはない、自分のザックで枝がしなっていただけだった。普段よりも感覚が鋭敏になっているのだろう。

飽きるほどのアップダウンを繰り返し、天川辻の標識を過ぎるとログハウスの建物が見えてくる。開けた場所では相変わらず風が強く、やはり本日はここまでとする。行者還(ぎょうじゃかえり)避難小屋はトイレもあり、定員20人で室内もきれいに使われている。山頂への往復に小一時間、水場はやや急な斜面を10分ほど行者還岳の方へ行くと、ガケ地にちょろちょろと流れている。小屋内の蛇口(貯水タンク)からの水は出なかった。

3日目も早朝は風が強かったが7時頃には回復して、いよいよ大普賢岳へと続く岩稜地帯に突入。七曜岳の手前からは容赦なく梯子と鎖が連続する。以前に軽装で来たときとは勝手が違い、テント泊装備では骨が折れる。昨日とは打って変わり、からっとした秋晴れの申し分のない天気。こんな空の下ならどこまでも歩いて行きたくなる。だが今回の目的のひとつである小笹宿でのテント泊は外せない。女人結界を通過し、ゆっくり歩いて13時過ぎに到着。

小笹(おざさ、小篠とも)の宿(しゅく)は豊かな水源がある、大峰で数少ないキャンプ地でもあるが、本来は巨岩と清閑な森に包まれるように行者堂など宗教施設が並ぶ当山派の聖地である。祈祷が行われるときには大勢の山伏が集うのだろう。そのような場所を使わせてもらうのだから、心して行かねば、と思っていた。キャンプ者の不始末や仏像などを破損させられる被害もあったらしい。翌日下山途中には、今年になって役行者像が盗難にあったとの張り紙も見た。なんと罰当たりなことをするのか。

4日目は台風の影響もあり午後から下り坂というのが信じられない好天のもと、初めての山上ヶ岳・大峯山寺である。日本の山岳信仰を代表し、修験道の根本道場として1300年以上の歴史がある。5月から9月が開山期間で、すでに戸閉式を終えて誰もいない。それがかえって厳粛さを増しているように思えた。高野山や比叡山と比べて立地や佇まい、そこに至る道程の険しさは並大抵ではない。いちどは修行体験に再訪したいと思いながら下山の途についた。

洞川温泉から天川川合まで、今回のゴールとスタートの間はバスで15分、これをぐるっと四日間かけて歩いてきたことになる(早い人は二日程か)。衣食住一切を担いで自分のペースで山を歩く。不自由不便をも楽しむつもりで、自然の中で過ごす時間を大切にする。60代となった自分の登山スタイルを確認し、実践することができた山行であった。

登山中の画像
登山画像
バス停近くのつり橋を渡る
登山画像
まずは植林帯の長い登り
登山画像
視界が開けると…どんより
登山画像
本日のテントからの眺め
登山画像
2日目 大峯らしい濃霧の森を行く
登山画像
木登り蛙
登山画像
弁天の森はかなり黄葉が進んでいた
登山画像
…晴れていればなぁ
登山画像
今夜は行者還避難小屋に泊まる
登山画像
行者還岳山頂は木に覆われている
登山画像
岩に生えたような樹木
登山画像
コケもいい
登山画像
3日目 避難小屋と行者還岳
登山画像
八経ヶ岳と弥山(右)
登山画像
七曜ヶ岳の山頂は巨岩の上
登山画像
水太覗からの眺望
登山画像
山頂へ最後の急登
登山画像
大普賢岳山頂より、歩いてきた山々を振り返る
登山画像
山上ヶ岳方面
登山画像
阿弥陀ヶ森に佇む女人結界門
登山画像
小笹宿
登山画像
小笹宿
登山画像
小笹宿
登山画像
小笹宿
登山画像
小笹宿
登山画像
小笹宿
登山画像
大峯山寺
登山画像
洞辻茶屋
登山画像
清浄大橋へと無事に下山
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

犬山好人 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年11月29日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...