登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
瑞牆山~金峰山テン泊登山 瑞牆山(関東)
img

記録したユーザー

ボータン さん
  • 日程

    2020年11月7日(土)~2020年11月8日(日)

  • 利用した登山口

    瑞牆山荘  

  • パーティ

    3人 (ボータン さん 、ほか2名 )

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:朝5時に多摩地区を出発、八王子I.Cより中央道を経由、須玉I.Cより一般道利用で瑞牆山荘駐車場へ7時半頃到着。この時点で半分強埋まった状態。
    翌日の下山時は駐車場は満杯で、瑞牆山荘へのアクセス道路脇に駐車している車も。

  • 天候

    初日薄曇り、夕方から深夜に掛け小雨、翌朝から快晴。

この登山記録の行程

【1日目】
瑞牆山荘(07:42)・・・富士見平小屋(08:43)[休憩 97分]・・・瑞牆山(12:35)[休憩 25分]・・・富士見平小屋(14:44)

【2日目】
富士見平小屋(06:26)・・・大日小屋(07:21)・・・大日岩(07:52)[休憩 5分]・・・砂払ノ頭(08:55)[休憩 10分]・・・金峰山(10:25)[休憩 67分]・・・砂払ノ頭(12:20)・・・大日岩(13:02)[休憩 5分]・・・大日小屋(13:30)・・・富士見平小屋(14:06)[休憩 68分]・・・瑞牆山荘(15:50)

総距離 約13.6km 累積標高差 上り:約1,968m
下り:約1,968m
コースタイム 標準:11時間20分
自己:11時間49分
コースタイム倍率 1.04
メンバーの一人が初テン泊登山と言う事もあり、テン場までのアクセスの良い富士見平小屋を選択。

駐車場を出発し、凡そ一時間程度で富士見平小屋へ到着。
ここではテント設営の前に受付をすます。テント場は広く、落ち葉のおかげも有ってフカフカで居心地は良さそう。

とっとと設営と身支度を済ませ、アタックザックに持ち替え瑞牆山を目指す。
30分程下ると名物の桃太郎岩。

せっかくなので今はやりの竈門炭治郎になった気分でトレッキングポールを振り下ろす。
後日写真を見た娘達からはヤバい!!と大絶賛。

桃太郎岩の横の階段を登り、ここから本格的な登山の開始。
台風の影響か、所々悲惨な状況になっている所もあるが、岩場・鎖場の連続で楽しませてくれる。

しばらく進むと高く聳える大きな岩、大ヤスリ岩。
よくもま〜こんな岩が出来たもんだ、しかもこれを登る人がいるのだから驚き。

その先を進み、分岐を右に折れればいよいよ瑞牆山山頂。
下から望む山容の後ろから登る形となり、岩の先端まで行くと真っ直ぐ切れ落ちており、そのまま吸い込まれそう。
さっきまで見上げていた大ヤスリ岩も眼下に。
この日は大ヤスリ岩に挑戦する方はいなかったが、そんな方と居合わせたら是非、賛辞を送りたいですね。

天候はやや薄曇り、八ヶ岳や明日目指す金峰山には雲が掛かり、全容を拝むことは出来なかった。

テン場へ戻り、富士見平小屋の瑞牆ビールで乾杯。
夕食はメンバーの一人が大きな荷物を運んでまで用意してくれた鍋でいただく辛ラーメン。
冷えた身体が温まる、明日も頑張ろう。


翌2日目は金峰山、テントはそのままに今日もアタックザックのみで目指します。

大日小屋、大日岩、砂払ノ頭を抜けるといよいよ稜線へ。
この日は朝から快晴で、八ヶ岳から富士山までバッチリの眺望。

金峰山のシンボル、五丈岩を見ると登っている輩が。
ま、自分は挑戦する度胸もないが。

金峰山の頂上からの景色は素晴らしく、浅間山から雪を被った北アルプス、昨日登った瑞牆山とその後ろに八ヶ岳連峰、中央アルプスに南アルプス、最後は富士山。
この景色をいつまでも眺めていたかったが、惜しみつつも下山をする事に。

富士見平小屋でテントを撤収し、瑞牆山荘へ。
これ以上ないと言えるくらいの素晴らしい山行だった。

登山中の画像
  • テントを背負って、瑞牆山を見上げる。
  • 富士見平小屋に到着。
  • 小屋のメニュー、瑞牆ビールが。
  • 名物、桃太郎岩の前で炭治郎の様に。
  • 大ヤスリ岩。
  • 瑞牆山頂で。
  • 大ヤスリ岩を眼下に。
  • 芯から温まる辛ラーメン鍋。
  • パクチーを載せて。
  • 持参した日本酒で乾杯。
  • 金峰山からの眺めは最高、瑞牆山の後ろに八ヶ岳連峰が。
  • 遥か彼方に北アルプスの姿も。
  • 金峰山のシンボル、五丈岩。
  • 五丈岩を登る度胸も無い。
  • 今回のメンバーと金峰山で。
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ボータンさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 甲武信小屋~甲武信ヶ岳
    甲武信小屋
    2021年度シーズンの宿泊、テント泊の予約受付中。営業再開は4/25頃の予定
    21年01月20日(水)
    金峰山小屋 ~金峰山
    金峰山小屋
    積雪1.2cm、薄っすら白い程度です。稜線は風が強い日が続いています。冬山装備でお越しください
    21年01月03日(日)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ボータン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...