登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
大菩薩嶺~小金沢山~牛奥ノ雁ヶ腹摺山縦走 大菩薩嶺 小金沢山 牛奥ノ雁ヶ腹摺山(関東)
img

記録したユーザー

masa46 さん
  • 日程

    2020年11月8日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:

  • 天候

    晴れ時々曇り

この登山記録の行程

上日川峠(07:15)・・・福ちゃん荘(07:35 休憩10分)・・・雷岩(08:25 休憩20分)・・・大菩薩嶺(08:55)・・・雷岩(09:05)・・・ 親不知ノ頭 (09:35 休憩10分)・・・大菩薩峠(09:50)・・・熊沢山(10:10)・・・石丸峠(10:20 休憩10分)・・・小金沢山(11:30 休憩20分)・・・牛奥ノ雁ヶ腹摺山(12:25 休憩20分)・・・日川林道(13:20)・・・すずらん昆虫館前(13:50)


総距離 約12.8km 累積標高差 上り:約1,070m
下り:約1,286m
 去年の秋にやってみようかと思っていたコースだが、台風の影響で実行が困難になってしまったプランを今年実行することにした。もともとは湯ノ沢峠まで縦走するつもりで計画し、林道の復旧を待っていたが、一時開通を確認したものの、またしても崩落して不通になってしまったので、計画を修正し、牛奥ノ雁ヶ腹摺山からすずらん昆虫館BSへ下山することにした。
 上日川峠へは青梅街道からアプローチ。この道路も去年の台風の影響で崩落した道だが10月初めに復旧し裂石からもアプローチ可能となっている。
 上日川峠からは舗装道路と並行する山道を歩いて行く。舗装道路を使っても所要時間はかわらないので、子連れの家族には舗装道路の方がいいかも。8時前には福ちゃん荘に到着。売店は営業を開始しており、なめこ汁やおでんの提供も始まっていた。福ちゃん荘からは唐松尾根を登っていく。標高もあるので周辺のカラマツの紅葉もほぼ終わりでわずかに残る程度。樹間からは雲海の甲府盆地と南アルプスが望めたので、ペースアップして雷岩へ向かう。雷岩は安定の展望の良さで、雲海の甲府盆地を見下ろす南アルプスや富士の眺望を堪能できた。雷岩からは針葉樹の森を大菩薩嶺山頂へ向かう。山頂は展望がないことからひっそりと静か。いつ来ても雷岩の喧騒とは対照的な感じがして、これはこれでありかなと思う。山頂からは展望のいい稜線を大菩薩峠へ向けて下っていく。相変わらず甲府盆地は雲海の下で幻想的だった。東側の奥多摩側は終始ガスの中で予報より雲は多かった。この稜線は下りで使うのは少しもったいないような感じがして大菩薩だけを周回するならいつも逆ルートを使っているので下りで使うのは久しぶり。大菩薩峠では一番バスで到着したと思われる子供連れのファミリーも多く賑わっていた。
 大菩薩峠からは小金沢へ向けまずは熊沢山へ針葉樹の森を登り、熊沢山からは明るい草原を石丸峠へ下る。石丸峠から狼平までは明るい尾根道だが、そこから先は針葉樹の森を小金沢へ向け登る。それまでのルートよりは倒木も目立ち行き交う人は少なくなり、山深い感じ。石丸峠からは1時間位で小金沢山に到着。ここの山頂は大月市の秀麗富嶽十二景のひとつで富士の眺望のいいところだが、雲が沸いて富士の眺望は見ることはできなかった。小金沢山で昼食にして牛奥ノ雁ヶ腹摺山へ向かう。小金沢山からは明るい尾根道で気持ちのいいところが多く、快適な稜線といったところ。30分程度で牛奥ノ雁ヶ腹摺山へ到着。ここも秀麗富嶽十二景のひとつだが、やはり富士の眺望はお預けだった。ここから黒岳に向かう稜線も明るい稜線だったが、ここからはすずらんバス停に向けて下山する。
 この下山路は少しマイナーな感じがするルート。途中、日川林道へ出るが、この前後の登山道の取り付きがわかりにくく、少し探してしまった。林道の周辺はカラマツの植林が進められており鹿よけの柵がめぐらされ、落葉した落ち葉と相まって少々わかりずらく感じたが、30分ほどでバス停に到着。30分ほどの待ち時間で上日川峠へ戻った。バス停周辺の紅葉も終わりかけで、今週中には落葉する感じがした。
 下山時間帯に上日川峠へ登るバスの乗客は自分以外2名とガラガラだったが、途中のバス停では駅に向かう乗客を把握しながら運行していた。上日川峠へ戻ると待機するバスは3台あり、すずらんバス停で待つ間にも下山するバスは2台通過していったが(少なくとも5台で運行していることになる)いずれの運転手さんからも声をかけられた。上日川峠へ戻る途上もバスを待つ乗客に声をかけながらの運行で上日川峠を発車する際には席を確保してくれているようだったので、下山の際に乗車できないことはなさそう。すずらんバス停では駅に向かう10名ほどの団体もいたが、事前に話をいれておけば、席は確保してくれるようだった。週末は増発しているようだったが、小さなバスで運行するにあたり、きめ細かい配慮を感じた。
 コースに関しては石丸峠から小金沢山の間は朽ち果てた倒木もあり、ややマイナーな感じで、大菩薩の整備された稜線でまったりしてしまったこともあり、頭の切り替えが追い付かない感じがした。小金沢の明るい尾根道を堪能するなら林道が復旧すれば湯ノ沢峠からのピストンでもいいかもしれない。大菩薩峠以南は登山者の数は激減するので、静かな登山が楽しめるように思った。
 
 

登山中の画像
登山画像
福ちゃん荘の売店
登山画像
唐松尾根のカラマツ
登山画像
雲海の甲府盆地を見下ろす南アルプス
登山画像
白峰三山
登山画像
聖、赤石、悪沢
登山画像
仙丈、甲斐駒
登山画像
静かな山頂
登山画像
小金沢への稜線
登山画像
雲海と南アルプス
登山画像
塩見と白峰三山
登山画像
大菩薩
登山画像
石丸峠からの小金沢
登山画像
八ヶ岳
登山画像
奥多摩側からの雲がとれない小金沢
登山画像
小金沢への登山道
登山画像
倒木には苔
登山画像
残念ながら富士の眺望はなし。
登山画像
牛奥ノ雁ヶ腹摺山へ向かう登山道
登山画像
牛奥ノ雁ヶ腹摺山から黒岳への稜線
登山画像
下山道
登山画像
麓の紅葉も終盤
登山画像
バス停取り付き
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

masa46さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    寒い日が続いていて、朝の気温は氷点下です。周辺に積雪はありませんが、アイゼンやチェーンスパイクは必ず持参
    21年01月07日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

masa46 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2021年1月20日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...