登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
相州アルプス:土山峠~革籠石山~仏果山~高取山~仏果山登山口 革籠石山 仏果山 高取山(関東)
img

記録したユーザー

Virginia さん
  • 日程

    2020年11月29日(日)

  • 利用した登山口

    土山峠   仏果山登山口  

  • パーティ

    2人 (Virginia さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:自宅発6:35・・・所沢IC 関越道・・・鶴ヶ島JCT 圏央道・・・相模原IC・・・県道510号線・・・R412・・・県道514号線・・・県道64号線・・・宮ケ瀬湖畔園地(トイレ)・・・大棚沢広場駐車場着8:25
    バス:仏果山登山口発9:04・・・土山峠9:06(神奈川中央交通、現金180円・IC178円/人)

  • 天候

    薄曇り

この登山記録の行程

土山峠(09:10)・・・旧土山峠(09:28)・・・分岐(10:08)[休憩 2分]・・・仏果山(11:15)[昼食休憩 43分]・・・宮ヶ瀬越(12:24)・・・高取山(12:41)[コーヒー休憩 28分]・・・宮ヶ瀬越(13:26)・・・仏果山登山口(14:10)

総距離 約6.3km 累積標高差 上り:約838m
下り:約843m
コースタイム 標準:3時間
自己:3時間47分
コースタイム倍率 1.26
前回の鍋割山登山で丹沢山塊の魅力を再認識し、今回は東丹沢の相州アルプスのうち「仏果山(ぶっかさん)~高取山(たかとりやま)」へ行ってみることにしました。

宮ケ瀬湖畔の「大棚沢広場」駐車場にはトイレがないので、やまびこ大橋を渡って対岸の「水の郷第2駐車場(営業時間外だったので無料駐車可)」にある公衆トイレに寄ってから、大棚沢広場駐車場へ向かいました。

駐車場近くの「仏果山登山口」バス停から神奈川中央交通の路線バスに乗車して、次の「土山峠」バス停で下車して登山開始。

緩急上り下りのある登山道は一部「関東ふれあいの道」の「神奈川県(12)丹沢山塊東辺のみち」にもなっていて、全体的に歩きやすくて良かったです。登山道には所々ベンチ(テーブル付もあり)があります。

お天気は薄曇りでしたが、山頂からの眺望は素晴らしく、遠くは房総半島や伊豆大島まで見渡すことが出来ました。写真を撮りながらゆっくりと相州アルプスを堪能しました。

下山後は、相模原市内にある「相模・下九沢温泉 湯楽の里」で入浴後、帰路につきました(往復とも交通渋滞なし)。

・公益財団法人宮ケ瀬ダム周辺振興財団「ぐるり宮ケ瀬湖」HP「水の郷第2駐車場」
https://www.miyagase.or.jp/publics/index/20/

・神奈川中央交通「時刻表・運賃案内」HP
https://www.kanachu.co.jp/dia/

・相模下九沢温泉「湯楽の里」HP
https://www.yurakirari.com/yura/sagamihara/

詳細は以下の通り。

【大棚沢広場駐車場】
駐車台数は15台で、私たちは13台目でした。バス停に向かって歩き始めた頃には満車になっていました。バス停は、本厚木駅方面へ1~2分位歩いた所にあります。

【仏果山登山口バス停~土山峠バス停】
神奈川中央交通バス「厚20 本厚木駅行き(市立病院前・宮ケ瀬発)」に乗車。中乗りでICカード利用の場合は機械にタッチ、現金利用の場合は整理券を取ります。前から降車時に運賃を支払います。乗客は私たちだけでした。
バス停から50m位進んだ所に登山口があります。

【土山峠~革籠石山(かわごいしやま)(標高640m)】
バス通りが見えなくなる頃から急登となります。200m位登った先は平坦となり、5分位歩くと旧土山峠となり林道に出ます。そこから少し歩いた先に「仏果山は右へ登る」という案内標識が出て来て、再び登山道に入ります。
しばらく急登が続いた後、また平坦な尾根道に出て、軽く上り下りします。この辺りの紅葉が綺麗でした。
15分~20分位歩くと「半原越・坂尻バス停」方面との分岐に出ます。左に折れて仏果山方面へ向かいます。ここからは階段のある道と平坦な道が交互に現れ、徐々に高度を増して行きます。登り切ったら「革籠石山」到着です。周囲は林で山というよりは通過点といった感じです。

【革籠石山~仏果山(標高747.1m)】
ここからは道が狭くなります。一つピーク超えると「この先道幅狭し注意」の看板もありました。やせ尾根で木の梯子(短い)もあります。仏果山から下ってくる人もいるので、すれ違いは少し道幅が広めの所で待った方が良いです。仏果山山頂の手前は岩が出ていますので、慎重に登って行き、山頂到着です。
山頂は傾斜地にベンチがいくつかあり、私たちはここで昼食休憩を摂りました。
食後は鉄塔の展望台の階段を上り一番上まで行きました。そこには360℃の眺望が広がっていて、山頂自体は林の中なので、よくぞこの鉄塔を立ててくれたと感動しきりでした。

【仏果山~高取山(標高705.7m)】
最初私たちは山頂から高取山方面の道が分からなくて探してしまいました。結局仏果山の山頂から少し戻った所に「関東ふれあいの道」の案内標識があり、「仏果山登山口バス停・宮ケ瀬越え・高取山」方面へ左折して下って行くことが分かりました。20分~25分位で「宮ケ瀬越え」の鞍部を通過し、上り返した先が高取山山頂です。
こちらも傾斜地にベンチがいくつかあり、私たちはコーヒー休憩を摂りました。東側が開けていて、コーヒー&おやつを食べながらまったりと下界を見渡しながら至福の時が過ごせました。
こちらにも鉄塔の展望台があり、360℃の絶景が素晴らしかったです。

【高取山~仏果山登山口バス停~大棚沢広場駐車場】
高取山から宮ケ瀬越まで戻り、「宮ケ瀬・仏果山登山口バス停」方面へ右折して下って行きます。500m位下ったところに「樅の木」の大木がありました。徐々に斜度も緩やかになり、つづら折りの道は土主体で歩きやすいですが、所々木の根が出ているので引っ掛からないように気を付けて。下に平坦な道が見えて来たらバス停までもうすぐです。最後に階段を下りて、車道を横切り、歩道を歩いて駐車場まで無事に戻って来ました。

登山中の画像
登山画像
大棚沢広場駐車場(トイレなし)
登山画像
「仏果山登山口」バス停
登山画像
土山峠登山口
登山画像
旧土山峠 左方向へ
登山画像
右手の登山道へ
登山画像
距離標識が所々あり目安が分かりやすい
登山画像
ここからも急登が続く
登山画像
1.1km登って来た
登山画像
尾根道に薄日が射してきた
登山画像
紅葉が綺麗
登山画像
半原越からの道との分岐 左へ進む
登山画像
急登と平坦な道が交互に現れる
登山画像
1.3km登って来た
登山画像
ここを登った先が
登山画像
革籠石山山頂
登山画像
通過点らしく道が続く
登山画像
所々ベンチがあります
登山画像
「道幅狭し」の案内標識
登山画像
確かに道が細い
登山画像
木の梯子も出て来た
登山画像
仏果山まであと500m
登山画像
ここが一番狭く緊張する
登山画像
岩の急登を登り切った先に
登山画像
仏果山山頂(旧標識)
登山画像
反対側に新標識あり
登山画像
仏果山山頂からこれから行く高取山を望む。下は…
登山画像
鉄塔の展望台
登山画像
仏果山展望台詳細
登山画像
仏果山のいわれ 修験の山であることが分かる
登山画像
山頂から少し戻って高取山方面へ
登山画像
下って行きます
登山画像
木の梯子を下る 段差が大きい
登山画像
宮ケ瀬越
登山画像
旧標識
登山画像
高取山まで500m。鞍部を進む
登山画像
最後の上り
登山画像
こちらも紅葉が綺麗
登山画像
小数点第2位記載の標識は初めて見た
登山画像
高取山山頂
登山画像
東京スカイツリーが見えた
登山画像
高取山山頂から見た仏果山
登山画像
こちらも鉄塔の展望台あり
登山画像
高取山展望台詳細
登山画像
宮ケ瀬越まで戻り「宮ケ瀬・仏果山登山口バス停…
登山画像
ここからは下り
登山画像
仏果山から1.2km下って来た所に
登山画像
樅の木の大木あり
登山画像
ここも小数点第2位まで記載。ピンボケすみません
登山画像
仏果山登山口から少し登った所に登山届入れがある
登山画像
車道まで戻って来た
登山画像
階段を下りて車道を横断
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、行動食、マット(個人用)、カップ
【その他】 スマートフォン、ウェットティッシュ、ティッシュペーパー、日焼け止め、日焼け止め色付きリップ、目薬
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Virginia さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2021年3月2日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 浅間山、八ヶ岳連峰に近く、晴天率が高く、暮らしやすい。長野県東部の佐久地域の魅力と先輩移住者のインタビューを掲載。
NEW 雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート
雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート みなさんは雪山に行きますか? 雪崩に遭遇したことはありますか? 雪山登山経験者の方、アンケートにご協力をお願いします。
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。