登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
養老山地核心部半回遊 三方山、小倉山、養老山、笙ケ岳(養老郡)(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

マローズ さん
  • 日程

    1993年12月1日(水)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:近鉄桑名駅から近鉄養老線に乗り換え、養老駅下車。

  • 天候

    曇りのち晴れ

この登山記録の行程

養老駅(40分弱)養老の滝(30数分)三方山(20分ほど)小倉山(20分弱)養老山(20分弱)笹原峠(30数分)もみじ峠(1時間ほど)笙ケ岳(40分ほど)もみじ峠(50分ほど)養老の滝(30分ほど)養老駅


総距離 約15.7km 累積標高差 上り:約1,317m
下り:約1,317m
養老の滝の知名度に比べ、その背後の養老山地の知名度はあまりにも低い。それは目立ったピークがないことが要因の一つだが、逆に言えば起伏の少ない縦走を楽しめる、ということになる。
山地の全ての山が、展望が優れている訳ではないが、何割かの山からは濃尾平野や美濃・鈴鹿の山並みを望見することができる。縦走路の幅もかなり広い箇所があり、笹原の道等、眺望も比較的いい。
コースは養老の滝から三方山(みかたやま・720m)を越えて養老山地縦走路に登り、山地主峰の養老山(859m)と最高峰の笙ケ岳(しょうがたけ・908m)を別個の峠から往復し、養老の滝へと帰って来る半回遊コース。

 コース起点の養老公園にはみやげ物店が建ち並び、観光リフトもあるが、私が行った午前9時過ぎ位には、観光客の車は一台も止まっておらず、登山客や行楽客も皆無だった。日本屈指の有名な滝周辺であるのに少し意外な気もする。
観光客はリフトに乗る者が多いが、登山者は公園から滝谷沿いを西に一直線に続く道を進む。周辺は11月から12月初旬、紅葉に彩られる。
 水が酒に変わったという伝説が知られる養老の滝は落差30m、幅4mの垂直落下型の滝だが、想像したよりこじんまりしていた。滝壺も形成されてないので、飛瀑の側まで寄っていくことができる。

 滝からは滝谷を北に渡り、旧牧場跡へ続く林道との分岐から左の道に入り、西から南へと進路が変わると支流を渡って南西に向きを変える。再び南向きになると滝谷を渡り直し、斜面を南西に進むとほどなくで、ジグザグの急登に差し掛かるが、林内は比較的明るく、コナラ等の高木落葉樹が多く見られる。
 標高550mまで登ると一旦尾根が平坦になり、ベンチも設置されている。ここはほぼ三方山までの中間位だが、山頂まではここから高度180mを上ることになる。
 T字路を左に少々登った所が標高730mの山頂で、眼下には視界いっぱいに濃尾平野が広がり、揖斐・長良・木曽川から乗鞍・御嶽山まで遠望することができ、いつまでも見入ってしまいそうになる。

 T字路まで戻ると西の笹原峠を目指す。三方山周囲にも笹が茂っていたが、ここからも笹道となっている箇所がある。
 笹原峠はちょっとした開けた広場になっており、峠の風情が感じられる。
 そこから南に尾根道を登り、向きが西向きになり、丸木階段を登るようになると、まもなく三方山からの展望を更に上回るパノラマが広がる標高841mの小倉山山頂。鈴鹿山脈や比良山脈も一望できるが、手前には養老山地最高峰の笙ケ岳が待っている。
山頂には「このながめ、みなさんをまっていました」と書かれた周辺俯瞰絵図や東屋もあるため、食事するには最適。
次は養老山地主峰の養老山を目指す。

山頂から南にアセビが点在するススキの緩やかな尾根を下って、また上ってと繰り返すと、上石津から上がって来た林道に出る。が、すぐまた林道の東に並行する尾根道に入り、それを上り詰めると養老山頂。ここも笹に囲まれているが、これまでの二山ほどの展望ではない。
最後は山地最高峰の笙ケ岳を目指す。
一旦笹原峠まで引き返し、牧場跡へと続く道に入る。意外とアップダウンの続く雑木の道を進んで行くと、牧場跡に着き、養老の滝へと下る林道が分岐しているが、道標に従い、左の道へ進む。
もみじ峠からは西に進み、一旦大洞谷まで下り、再び上って行った先に最高峰が待っている。
笙ケ岳山頂には笹は見られず、周囲は雑木で、私が登頂した時は展望も殆どなかったが、’00年代、北から東にかけての木々が伐採され、ある程度は昔日の眺望が蘇っている模様。

復路はもみじ峠から古道と林道を交互に歩きながら東に伸びる尾根を下って行き、社からは斜面を南西に下り、養老の滝付近まで戻った。
養老公園まで戻ると、またもや人っ子一人いない。登山中、人の声を聞くことは全くなかったので、誰よりも早く公園に来て養老山地に登り、一番遅くまで居た、ということになる。

登山中の画像
登山画像
養老の滝
登山画像
三方山山上の一角
登山画像
三方山からの展望
登山画像
小倉山山頂北の展望舎
登山画像
笙ケ岳方面を望む
登山画像
養老山山頂
登山画像
養老山の稜線からの展望
登山画像
笙ケ岳山頂
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

マローズさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

マローズ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年9月17日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に556点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...