登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
終活ハイキング9 武甲山(関東)
img

記録したユーザー

独りぼっち さん
  • 日程

    2015年3月15日(日)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:

  • 天候

    晴れ後曇り

この登山記録の行程

浦山口( 8:53)→林道終点( 9:38)→水場分岐(10:20)→武甲山頂上(11:05~11:40)→シラジクボ(12:02)→小持山(12:35)→大持山(13:00~13:10)→鳥首峠(14:00~14:25)→鳥首峠登山口(15:00)→名郷(15:27~15:53)


総距離 約15.3km 累積標高差 上り:約1,505m
下り:約1,424m
浦山口駅から林道終点まで札所巡りの指導標もあるのでちょっと分かりにくい。鍾乳洞を過ぎれば本当に一本道。登山道入口は沢を渡るので、ここで水を汲むことができる。
出だしのジグザグ道の所要時間は30分位、尾根上の道は緩斜面で非常に歩きやすい。水場の分岐点脇には崩れた掘っ立て小屋は発破をかけた時の待避場所。この掘っ立て小屋が武甲山の過去と現状を如実に物語っている。水場分岐から先、登山道の傾斜も若干増してくるが焦らずに歩けば「大持・小持縦走路」の分岐点。ここまで来れば山頂直下にある「御嶽神社」の社殿まで10分とかからない。社殿の近くにあるトイレは冬は使用禁止(意味ネェと思ったのは私だけではないはず)。
展望台は社殿の真裏、第1と第2があるが個人的には第1の方が良かったと思う。社殿の周辺は割と広く、場所によっては日当たりも良いので大休止するにはもってこい。
「小持・大持」縦走路の出だしは急だが割と短時間で終わるのでキツくは感じない。「小持山」への途中でまさかの雪道に遭遇。何とか切り抜けられるかと思ったが、危なそうなので軽アイゼン装着。「大持山」途中の岩稜ではアイゼンのため一苦労。
「鳥首峠」から先はジグザグ状の峠道らしいコース。地図上で水マークは沢に降りた所。3月中旬のこの時期は水量がないため水を飲むことは断念。水量の多い時期ならきっとおいしい水が飲めたことであろう。左側に石灰の採掘場、その先は廃屋が5、6棟、更にいくと右側にセメント工場。この一角を通過すると車道に出る。登山道の入口が工場の一角というのも珍しい。
車道を歩くこと30分。やっと「名郷」のバス停に到着。
川のせせらぎを聞きながらノンビリしたいという人は、途中にあるキャンプ場で遊ぶことをお勧め。駐車場以外の施設はあまり充実していないのがかえって好ましいかも…。

登山中の画像
登山画像
発破使用時の避難場所
登山画像
第1展望台からのパノラマ
登山画像
第1展望台にて
登山画像
ここまで割と急さかが続く
登山画像
この手前で軽アイゼンを装着
登山画像
このちょっと先で軽アイゼンを外す
登山画像
ここで山用の服から里用の服に着替える
登山画像
コース最後の水場
登山画像
セメント工場の一角に登山道あり
登山画像
目印となるセメント工場
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

独りぼっちさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    久しぶりの晴天、ここ数日は冷えて紅葉が進んでいます。もうダウンジャケット必須の季節です。
    20年10月13日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

独りぼっち さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年10月31日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。