登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
雪上トレッキング in 上高地 上高地(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

tac さん

この登山記録の行程

平湯温泉バスターミナル(8:45)・・・中の湯(8:55)釜トンネル・・・大正池ホテル(9:55)・・・田代池(10:05)・・・ウエストン碑(10:45)・・・河童橋(11:00)昼食(11:35)・・・明神(12:30)・・・河童橋(13:20)・・・バスターミナル(13:30)・・・大正池(14:15)・・・釜トンネル(14:40)・・・中の湯(15:00)(15:25)・・・平湯バスターミナル(15:35)


総距離 約19.7km 累積標高差 上り:約766m
下り:約787m
 ここ2日晴れの日が続き、12日も富山、松本、高山も晴れの予報に、意を決して平湯温泉に向かう。5:45 自宅を出発し、8:00 平湯に到着する。平湯の気温はマイナス10℃。早く着いたので、窓口で切符(中の湯まで540円)を買い、バスターミナルの奥にある足湯につかり、バスの時間を待つ。8:45 松本行きのバスで、釜トンネルの入口、中の湯へ。バスは安房トンネルを通り、10分ほどで中の湯のバス停に到着し、10人ほどがバスを降りる。
 8:55 閉ざされたゲートと売店の間を通り、釜トンネルに入っていく。トンネル内は、所々に表示灯はあるが、ほぼ真っ暗、ヘッドライトが必要だ。ヘッドライトを持っては来たがリュックの底、先行する人の灯りを頼りにトンネル内を進む。斜度11度、距離1,300m、気温は低いがトンネルを抜けるころには、体がほてってくる。
 25分ほどで暗闇のトンネルを抜けると、雲ひとつない青空が目に痛い。工事用に除雪された道路を進むと、左手には白い雪の間から荒々しい岩肌を覗かせた焼岳が顔を見せる。少し進むと「なだれ発生・危険個所」注意の看板があり、思わず右斜面を見上げる。焼岳を左手に見ながら除雪された道路を進み、カーブを曲がると正面に雪化粧した穂高連邦の雄姿が目に飛び込んでくる。
 9:45 釜トンネルから20分ほどで大正池手前の分岐に到着、ここから雪道に入るが、雪面は踏み固められ、持って来たスノーシューは必要なく、ツボ足で充分進むことができる。9:55 大正池ホテルの裏側から自然散策路に入り、田代池に向かう。
 10:15 田代池では霜で雪化粧した木々が、朝の光に照らされ輝く姿と霞沢岳が水面に映る姿が美しい。田代池から穂高の山々を正面に見て、梓川沿いのコースを進むみ、田代橋を渡り梓川の対岸の道を進む。ここからは、梓川をはさんで六百山や霞沢岳の展望が美しい。ウエストン碑を過ぎると、梓川沿いの道は工事中の為通行止め。約15分ほどホテルの裏、工事車両の通る道を進む。
 11:00 河童橋に到着し「五千尺ホテル」前のベンチに座り、青空に映える焼岳と穂高の山々を見ながら昼食を取る。11:30 これから帰っても、中の湯14:20のバスには余裕がありすぎるためバスを1本遅らせ、15:20のバスに間に合わせるよう、河童橋から3.1km先の明神に向け、小梨平を抜け梓川左岸の道を進む。明神までの道も踏み固められていたが、人通りが少ないせいか所々で足が沈むみ、ゆるい登りも疲れた足に追い打ちを掛ける。
 12:25 明神館前に到着。明神岳五峰が目の前にそびえ、明神岳(2,931m)のピークも顔を覗かせている。明神橋を渡り穂高神社奥宮、そして明神池を通り梓川右岸の道を帰りたかったが、それでは15:20のバスに間に合うはずもない。足の疲れもあり、今来た道を引き返す。13:25 河童橋に到着。中の湯のバス時間まで2時間弱、曲がりくねった自然散策道を避け、バスターミナルから夏場にバスが通る道を進むことにする。
 14:15 大正池ホテルに到着。ホテル前の擬木の手すりの上に2匹の猿が、私が近づく事に気にする素振りもなく、日向ぼっこしながら毛づくろいをしている。14:40 帰りはひとり、釜トンネル前でリユックからヘッドライトを取り出しトンネルに入る。今日は平日なのに、工事用車両も通ることなく、車道を歩いてトンネル内を進み、15:00 20分ほどで中の湯に到着する。
 ゲエートから30mほど松本よりのバス停で、残しておいたおにぎりを食べ高山行きのバスを待つ。15:26 バスが6分遅れで到着し、私より10歳ほど年配の夫婦と私の、3人がバスに乗り込み、15:35 平湯温泉バスターミナルに到着する。 
 

登山中の画像
登山画像
6:00 日の出前の立山連邦、剣岳
登山画像
平湯温泉バスセンターから見るアカンダナ山
登山画像
松本行きの路線バスで中の湯へ
登山画像
釜トンネル内部は真っ暗、ヘッドライトは必要
登山画像
25分ほどで釜トンネルを出る
登山画像
カーブミラーで記念写真
登山画像
大正池越しの穂高連邦
登山画像
大正池ホテルの裏側から散策路に入る
登山画像
大正池からの焼岳
登山画像
霧氷に包まれて幻想的な風景の田尻池
登山画像
六百山(左)と霞沢岳(右)
登山画像
ウエストン碑
登山画像
河童橋からの穂高連邦
登山画像
河童橋越しに見る焼岳
登山画像
小梨平キャンプ指定地を抜け明神へ(約3Km)
登山画像
河童橋から50分、明神館に到着
登山画像
明神館前から見る明神岳五峰(2,726m)、明神岳(2,…
登山画像
バスターミナルからの穂高連邦
登山画像
大正池ホテル前に猿2匹
登山画像
日向ぼっこ、毛づくろい
登山画像
高さ1mほどの雪崩の跡
登山画像
14:40 釜トンネルまで帰る
登山画像
15:00 中の湯バス停に到着
登山画像
中の湯のバス停
登山画像
15:26 6分遅れでバスが到着
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、トレッキングポール、GPS機器、マット(個人用)、ストーブ、燃料、コッヘル
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

tacさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 涸沢ヒュッテ ~涸沢
    涸沢ヒュッテ
    7/15から感染症対策で営業開始(完全予約制)。上高地までの車道が雨量規制中
    20年07月07日(火)
    槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    7/15から感染症対策の上、営業再開。宿泊は予約が必要。大天井ヒュッテは今年休業
    20年07月03日(金)
  • 穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    7/15から営業。感染症対策のため小屋泊もテント泊も1名から予約必要。白出沢通行不能
    20年07月02日(木)

tac さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月8日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。