登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
終わりよければすべて良し 紅葉の栗駒山 (2A) 栗駒山(東北)
img

記録したユーザー

すてぱん さん
  • 日程

    2015年10月3日(土)

  • 利用した登山口

    いわかがみ平  

  • パーティ

    3人 (すてぱん さん 、たけ さん 、しも さん)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:栗原市観光物産協会主催の「まるかじりバス」
    くりこま高原駅9:00発 まるかじりバス(要予約 片道1800円+おにぎり弁当250円)
    いわかがみ平に10:00頃到着

  • 天候

    曇のち風雨のち晴れ

この登山記録の行程

いわかがみ平(10:25)・・・栗駒山(須川岳)[休憩 10分](11:45)・・・いわかがみ平(13:50)

総距離 約5.9km 累積標高差 上り:約518m
下り:約518m
コースタイム 標準:2時間40分
自己:3時間15分
コースタイム倍率 1.22
日本一とも称される紅葉と温泉を楽しもうと、友人を誘って栗駒山へ。初心者もいたので、登山道がよく整備されている中央コースを往復。山頂部分の紅葉はほぼ終わり、いわかがみ平上部まで紅葉が下りてきていた。前日の爆弾低気圧の影響で紅葉が吹き散らされたのか、ピークをやや過ぎた感もあるが、なお鮮やかで、同行者も満足。

<出戻り登山者、初めて山中で雨に見舞われる>
爆弾低気圧の影響で大気が不安定で、強風も残る予報で覚悟していたが、ふもとのくりこま高原駅は快晴無風。予約していた「栗駒まるかじりバス」が登山口のいわかがみ平につく頃には、山にはガスがかかり始めていた。コンクリートで固められている中央コースは、もくろみ通り初心者も無難に登れ、普段着の観光客の姿も。ただ、高度を上げるにつれて風が強まるとともにガスも濃くなり、雨となる。出戻り登山者が行動中にまともな雨に降られるのは復帰以来今回が初めてで、ザックの底の肥やしになりかけていた高価なレインウェアの出番がついに来た。同時に雨に降られなかった連続記録も32でストップ。山頂で、お昼ごはんとコーヒーを楽しむ予定だったが、風雨が強まり手もかじかみ、濃いガスでまったく展望もきかない。展望岩への往復をあきらめ、こんなこともあろうかと用意していたポットのお湯を飲み、行動食を口にして早々に下山することに。

<日差しが戻り眼下に鮮やかな紅葉が広がる>
風で吹き散らされ積もった濡れた笹の葉に滑らないよう、声を掛け合いながら慎重に下る。高度を下げると先ほどと逆に風も弱まり、1時間弱ほどたつと雲に切れ間が出始め、ついには青空に。眼下に日差しを浴びて鮮やかさを増した紅葉が広がり、振り返れば栗駒山の山頂も姿を現した。ここからは紅葉を愛でながら、ゆったり下山。なかでもドウダンツツジやナナカマドの赤が目に鮮やかだ。いわかがみ平に戻ると、全山の紅葉を眺めることができた。わずか数時間の違いで、雨に合わずに登山した人もいれば、雨にたたられた人もいる。われわれは、両方経験して山の天候の変化を趣のあるものとして味わった。

<登山経験者には東栗駒コースの方が面白いかも>
中央コースは、コンクリートで固められた区間も長く、登山靴でなくても登れそう。ただし、ところどころ大きくえぐられているところもあるので、よそ見は禁物。コースの両側は人の背丈ほどの灌木に覆われているので、両側の展望がききにくいのは少々いただけない。沿道に大きな岩があったので試みによじ登ってみると、紅葉が大きく広がっていて感激。これが普通に歩きながら眺められればいうことないのだが。山慣れた人が紅葉を楽しむなら、より展望がききそうな東栗駒コースの方がいいかもしれない。栗駒山には様々な登山コースがあり、その素晴らしさを味わい尽くせていないように思うので、是非また登りたい。ルート定数12.1、主観的なグレードは2A。

<宮城県栗原市の皆さんのおもてなしに感謝>
下山後は中腹のハイルザーム栗駒に宿泊、露天風呂と地元の食材を使ったおいしい料理をたらふく楽しんだ。スタッフから聞いた宮城内陸地震の際の大規模な山体崩壊や、そこから危機一髪で助かった話は自然災害の恐ろしさを考えさせられた。

翌日は、ホテルに平泉の世界遺産中尊寺までほかの宿泊者(こちらも栗駒山登山を楽しんだパーティー)とともに小型バスで送っていただき、登山のおまけというには充実した観光まで楽しめた。ちなみに、中尊寺と毛越寺をむすぶ1時間程度の自然探勝路が整備されており、静かで美しい里山歩き(標高差120メートル程度)が楽しめるので、こちらもおすすめだ。

ホテルのスタッフに良くして頂いただけでなく、「まるかじりバス」を企画した栗原市観光物産協会のスタッフの方にも、予約時から宿泊先や日程変更などについて相談に乗っていただくなど、栗原の皆さんには心温まるおもてなしをいただいた。ありがとうございました。

登山中の画像
  • 栗原市観光物産協会主催の「まるかじりバス」でくりこま高原駅を出発
  • いわかがみ平で早速鮮やかな紅葉のお出迎え。ただし、天気は曇に
  • 良く整備された中央コースは、登山靴でなくても登れそう
  • うーん、確かに紅葉しているのだけど、ピークは少し過ぎているのか、爆弾低気圧の大風で吹き散らされたのか・・・
  • どんどんガスが濃くなり、雨も混じり始める
  • 栗駒山山頂に到着するも、強風で寒い上に、ガスで全く視界も効かず、早々に下山することに
  • うーん、今回はレインウェアデビューを果たしたものの、やや残念な山行になってしまったか・・・
  • しかし、小一時間ほど山を下っていると、雲間に青空が見え始めた!
  • 紅葉しているところに日が当たり、これまで押し黙って下っていた人達も歓声を上げてシャッターを押す
  • 青空の下、日が当たると紅葉はひときわ鮮やかさをます
  • 栗駒山の山頂もガスの中から姿を現す。もう一度登りますか!?
  • いわかがみ平から見上げる栗駒山の紅葉
  • 翌朝、中腹のハイルザーム栗駒からみる、朝日を浴びる栗駒山
  • 秋ですねえ
  • おまけ。ホテルに平泉の中尊寺まで送ってもらい、観光。中尊寺から毛越寺まで自然遊歩道が整備されていて、里山歩きを楽しむことができる。静かで、きれいでお勧め
  • 毛越寺にて
この山行で使った山道具
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すてぱんさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

すてぱん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2020年10月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。