登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 6
双六小屋~西鎌尾根~槍ヶ岳 双六小屋 西鎌尾根 槍ヶ岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

おこじょ さん
  • 日程

    2016年8月11日(木)~2016年8月13日(土)

  • 利用した登山口

    新穂高温泉  

  • パーティ

    2人 (おこじょ さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:夜中の12時過ぎに新穂高温泉の無料駐車場に着いたがすでに満車。
    鍋平駐車場に車を止めて車中泊。
    05:40 鍋平駐車場出発 ~ 06:09 新穂高温泉

  • 天候

    初日:晴れ 二日目:晴れ 三日目:晴れ時々曇り
    [2016年08月11日(木)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
鍋平駐車場出発(05:40)
新穂高温泉(06:20)
笠新道登山口[休憩 10分](07:30)
わさび平小屋[休憩 20分](08:00)
小池新道登山口(08:36)
秩父沢出合[休憩 20分](09:30)
シシウドが原[休憩 10分](11:26)
鏡平山荘[休憩 60分](12:27)
弓折乗越[休憩 20分](14:25)
双六小屋(15:50)
双六小屋でテン場テント泊

【2日目】
双六小屋(07:22)
硫黄乗越[休憩 20分](09:05)
千丈沢乗越[休憩 30分](11:30)
槍ヶ岳山荘(13:30)
槍ヶ岳山荘で素泊まり

【3日目】
槍ヶ岳山荘(05:22)
槍ヶ岳[休憩 20分](05:50)
槍ヶ岳山荘[休憩 120分](06:30)
千丈沢乗越分岐(09:37)
槍平小屋[休憩 60分](11:04)
滝谷出合(12:50)
奥穂高岳登山口[休憩 10分](13:38)
穂高平小屋[休憩 20分](14:21)
新穂高温泉駅[休憩 10分](15:13)
新穂高温泉(15:26)
鍋平駐車場(15:58)

総距離 約32.4km 累積標高差 上り:約3,107m
下り:約3,107m
コースタイム 標準:19時間40分
自己:18時間32分
コースタイム倍率 0.94
※登山をした日が、お盆休みの初日の「山の日」ということもあり、当初の予定していた駐車場所の、新穂高温泉無料駐車場が登山者でいっぱいだった。やむなく、鍋平駐車場に変更。鍋平駐車場は、無料の場所もあるが、今回は一日300円の有料の場所に駐車をした。夜中の12時過ぎに鍋平駐車場についた時は、余裕で車を止めることができたが、朝に近づくにつれて徐々に車が増えていった。四時過ぎには周りが動き出していた。鍋平駐車場から新穂高温泉登山口までは三十分の距離があり、しかも結構高低差がある。この移動が結構辛い。

※天気に恵まれていた分、日焼け対策が全くしていなかった。首元、腕が焦げ付くように日焼けをした。日焼け止め等、日焼け対策は必須だと実感。

※双六小屋のテント場が60張のキャパを超えていた。どこにテントを張るか、探すのに一苦労。水が豊富にある双六小屋もこの日は水不足になったという。テン場利用料金一人1000円。

※二日目の双六小屋から槍ヶ岳山荘までの稜線歩きは、景色がとても良かった。本当に気持ちがいい山歩きが出来た。ただし、二日目の行程は、すべてが稜線歩きの為、水場がもちろん無い。双六小屋で、水の補充は完璧にしたほうが良い。この日は日差しが強く、風もほぼゼロだった為、水を大量に消費する羽目になった。また、荒天時にこの道を歩くとなると結構危険が予測される。特に西鎌尾根周辺。

※槍ヶ岳山荘は予約なしで素泊まりで宿泊。宿泊料金は食事抜きで一人6500円。お盆休みで、人がたくさんいる中でも、宿泊することができた。ただし、テント場は、昼二時に槍ヶ岳山荘についた時点ですでに満員。
 この日、初めて経験する山小屋泊だった。自動販売機もあるし、携帯電話も充電できるし、売店では食料も買える。ただ、夜寝るときに、となりの人との近さに驚いた。一畳に二人寝る感覚。やはり、夜は眠れずに、十二時過ぎに小屋を抜け出し、星を見に行った。星がとても綺麗で、しばらく感動に浸った。

※槍ヶ岳山荘では、夕日、星、ご来光と素晴らしい景色を見ることができた。天気に恵まれると、素晴らしい景色が見ることができる。夕日とご来光を、槍ヶ岳の山頂で見ている人が大勢いた。結構自由度の高い場所だと思った。

※槍ヶ岳山頂アタックをするために、槍ヶ岳山荘でヘルメットをレンタルした。レンタル料500円。登る前、ワクワク感と不安でいっぱいだった。実際登った感想は、危険なところはそれほど無く、危険な場所は、ハシゴやクサリで整備されていて、だれでも登ることが出来る、と思った。しかし、油断は禁物。必ず気を引き締めて登るべきだと思う。驚いたのは、槍ヶ岳の垂直な壁に、女性や、小学校低学年くらいの子供も、普通に登っている、ということ。



一生に一度は富士山に登りたい、というのが登山をしない人の願いであるように、登山に興味を持ち始めた人で、槍ヶ岳の頂上に立ってみたい、と願わない人はいないだろう…と、日本百名山を作った偉人が著書で述べている。

とても素晴らしい山旅になった。天気に恵まれていたおかげかもしれないが、言葉では表せない素晴らしい景色をたくさん見ることが出来た。その分、辛い、とても辛い山歩きもした。すべてを含め、登山は素晴らしい。

登山中の画像
登山画像
新穂高温泉の登山口から山々を見渡す。この日、…
登山画像
わさび平小屋でおいしそうな絵があったので一枚…
登山画像
小池新道登山口を過ぎたら、林道から登山道に変…
登山画像
シシウドが原を眺めながらの休憩。ここまで何度…
登山画像
やっとのことで鏡平山荘に到着。ここに来るまで…
登山画像
鏡平山荘を過ぎてからも急登は続く。だんだんと…
登山画像
弓折乗越から先ほどまでいた鏡平山荘を見渡す。…
登山画像
弓折乗越から双六小屋までの稜線歩きで、少し標…
登山画像
もうすぐで双六小屋。テントがカラフルで綺麗。…
登山画像
今日の目的地、双六小屋に到着。小屋でテント利…
登山画像
二日目。天気は快晴。テン場の人々が動き出す。…
登山画像
この日の始めは、樅沢岳(もみさわだけ)への急登…
登山画像
ゆっくりと坂を上り、振り返ると双六小屋と、双…
登山画像
樅沢岳頂上付近まで登ると、目的地の槍ヶ岳と、…
登山画像
樅沢岳東峰は山頂の南側を巻く。気を付けて歩か…
登山画像
まもなく進むと、硫黄乗越に到着。硫黄乗越周辺…
登山画像
硫黄乗越周辺から見る長野県側の硫黄岳と硫黄沢。
登山画像
まもなく歩くと左俣岳に到着。左俣岳から蛇紋岩…
登山画像
左俣岳から降りてきた道を振り返る。結構な急登…
登山画像
西鎌尾根の核心部が前方に迫ってきた。
登山画像
西鎌尾根の核心部。クサリが掛かり、足下のグサ…
登山画像
クサリ場は、写真では怖そうに見えるが問題なく…
登山画像
千丈沢乗越で長めの休憩をとる。岐阜県側を眺め…
登山画像
千丈沢乗越から急な登りの尾根道が始まる。辛い…
登山画像
途中道が尾根から離れ、ガレ場の斜面をジグザグ…
登山画像
もう少しで二日目の終点。
登山画像
二日目の終点、槍ヶ岳山荘に到着。お盆というこ…
登山画像
槍に挑む人 孫槍に挑む人
登山画像
この日はテン場が一杯。
登山画像
子槍に挑む人
登山画像
夕日を待つ人
登山画像
日が沈む。夕日に見とれて、夕日に照らされた槍…
登山画像
3日目の朝 この日も天候に恵まれた。ご来光も、…
登山画像
昨日夕日を見た方向をみる。笠ヶ岳が頭を出して…
登山画像
ご来光を見た後、待ちに待った槍ヶ岳山頂アタッ…
登山画像
ほぼ垂直の岩場を、ハシゴ、クサリを利用して慎…
登山画像
山頂に到着。三角点が固定されていない。それは…
登山画像
雲海から登る太陽。
登山画像
山頂の祠
登山画像
北アルプスの山々
登山画像
昨日歩いた西鎌尾根。
登山画像
槍ヶ岳山荘と槍ヶ岳の影。
登山画像
穂高岳の方角。いつか行ってみたい…
登山画像
頂上のスペースが狭く十五人ほどしか居れない。…
登山画像
山頂アタック終了。朝飯を山荘のベンチで食べ、…
登山画像
ベンチで朝ごはんを食べながら、望遠で撮影。
登山画像
またゆっくり上りたい。下山開始!!
登山画像
帰りはテント場の中央を突破。ひとまず飛騨乗越…
登山画像
飛騨乗越から槍平山荘を目指す。なんとこの場所…
登山画像
ガレ場を下っていく。帰りは足取りが軽い。つい…
登山画像
気持ちがいい下り。一面お花畑。
登山画像
千丈沢乗越分岐付近は一面のお花畑。
登山画像
千丈沢分岐を過ぎれば、樹林帯に入り、鬱蒼とし…
登山画像
槍平山荘に到着。ここで、この山旅で念願だった…
登山画像
滝谷出合。谷の奥に豪快な滝が見える。槍平山荘…
登山画像
増水時、渡渉が困難になりかねない。
登山画像
奥穂高登山口近くの白出沢の水場で休憩。槍平山…
登山画像
右俣林道途中にある穂高平小屋。ここで本日二度…
登山画像
新穂高温泉登山口に到着。しかしまだ終わりでは…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、コンパス、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、テント、シュラフ、シュラフカバー、テントマット、マット(個人用)、燃料、カップ、コッヘル、カトラリー・武器
参考になった 6

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    槍沢登山道は一部雪渓があり6本爪アイゼン+ストック推奨。落石注意。稜線で高山植物開花
    19年07月11日(木)
    笠ヶ岳山荘~笠ヶ岳
    笠ヶ岳山荘
    7/13(土)より営業開始。今年は雪のとけるのが早く、笠新道、稜線ともアイゼン不要です
    19年07月11日(木)
  • 双六小屋~双六岳
    双六小屋
    7/10(水)より黒部五郎小舎、鏡平山荘、わさび平小屋が営業開始
    19年07月10日(水)
    燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    登山道上の雪はなくなりました。7月に入り燕岳への登山者も増えました
    19年07月03日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

おこじょ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 6

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2019年7月16日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」を背負った感想は?
サロモン「OUT NIGHT」を背負った感想は? モニターレポート第2弾。装備と山行スタイルを変えて2つの山に登ったflopsy220さんがその使い心地を教えてくれました...
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。