登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
霊山2016 霊山(東北)
img

記録したユーザー

ブナ太郎 さん

この登山記録の行程

登山口(9:25)・・・宝寿台(9:59)・・・国司沢(10:19)・・・甲岩(10:25)・・・護摩壇(10:52)・・・霊山城跡(11:04)・・・日枝神社(11:36)・・・霊山閣跡(11:43)・・・東物見台(12:09)・・・弁天岩(12:44)【昼食15分】・・・日暮岩入口(13:16)・・・登山口(13:29)

 冬場の山選びは難しい。冬場の雪山に登る技量はないので、歩くのは海に近い低山が中心となる。標高は1000m未満になるだろうか。そのような観点から、今年最後の山に選んだのが福島県の霊山である。この山は、8年半前に一度歩いたが、それは初春だった。山歩きを始めてそれほど経っていない頃で、主要なハイキング道をなぞっただけだった。距離にすれば4kmほどだったようだ。初春ということもあり、華はまったく咲いていなかった。奇岩が目立つ山だった。いや,山というよりも自然豊かで宗教的な色合いに満ちた観光地という印象が強い。

 今日は初冬の山歩きで、今年最後ということもあり、歩きをじっくり楽しもうと思っている。あちらこちらにある展望台は、一通り登ってみる予定である。登山口を9時25分に出発した。舗装道路からすぐに登山道に入り、階段状の道を登って宝寿台に着く。鉄の梯子で岩の上に登り、こどもの村を見下ろす。絶景である。この山は絶景を楽しむところに妙味がある。
 宝寿台を下り、国司沢へ向かう。道には霜が降りている。途中、分岐点に危険箇所の標示がある。登山道の一部が崩落しているらしい。とりあえずそちらへは行かずに、甲岩に登ってから護摩壇へ向かった。護摩壇への道は、いくぶんスリリングだが、柵や鎖がしっかり整備されているので,ハイキング客でもそれほどの危険は感じないだろう。
 護摩壇に着く頃には青空が見え、遠く安達太良の峰も白く見える。眺望を楽しんで先に進むと、11時過ぎに霊山の城跡に着いた。2名の男性が休んでいた。途中でカモシカを見たという。
 ここからは日枝神社に向かい、そこから霊山閣跡を訪ね、引き返して東物見台に12時9分に着く。ここからは太平洋が望める。眺めを楽しんで、12時44分に弁天岩で昼食休憩とした。ここは奥まった場所で、大きな岩の下部に小さな祠が祀ってある。
 15分の休憩後、日暮岩を経由して登山口に戻った。途中、懸念していた崩落個所は、松の木が根元から倒壊していた場所で、一般の登山者ならば「注意して歩くように」という標示で済むのだろうが、ハイキング客まで含めると、「危険」「進入禁止」となるのかもしれない。そこは各人の判断によると思う。

登山中の画像
登山画像
登山口駐車場から
登山画像
宝寿岩が見える
登山画像
宝寿台
登山画像
梯子を下る
登山画像
こどもの村を見下ろす(小雪が舞っていた)
登山画像
国司沢からの眺め
登山画像
護摩壇へ向かう
登山画像
護摩壇へ続く鎖場
登山画像
青空が広がったのは一瞬
登山画像
護摩壇
登山画像
護摩壇から二本松方面を見る
登山画像
霊山城跡
登山画像
冬の吾妻連峰
登山画像
釣瓶落岩から霊山城跡方面を見る
登山画像
日枝神社へ向かう
登山画像
霊山閣跡(テント泊のパーティーがいた)
登山画像
東物見岩(霊山最高点)
登山画像
蟻の戸渡り
登山画像
無線中継所跡方面を見る
登山画像
太平洋が見える
登山画像
霊山城跡方面を振り返る
登山画像
蟻の戸渡りを見上げる
登山画像
五百羅漢岩
登山画像
弁天岩へ向かう
登山画像
崩落地(松の倒木)
登山画像
登山口に戻る
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ブナ太郎さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ブナ太郎 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年12月12日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート!
安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート! 福島県内からの3組の読者と、紅葉の安達太良山へ。山麓の岳温泉や二本松市の観光スポットもチェック!
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!