登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
霊山2016 霊山(東北)
img

記録したユーザー

ブナ太郎 さん

この登山記録の行程

登山口(9:25)・・・宝寿台(9:59)・・・国司沢(10:19)・・・甲岩(10:25)・・・護摩壇(10:52)・・・霊山城跡(11:04)・・・日枝神社(11:36)・・・霊山閣跡(11:43)・・・東物見台(12:09)・・・弁天岩(12:44)【昼食15分】・・・日暮岩入口(13:16)・・・登山口(13:29)

 冬場の山選びは難しい。冬場の雪山に登る技量はないので、歩くのは海に近い低山が中心となる。標高は1000m未満になるだろうか。そのような観点から、今年最後の山に選んだのが福島県の霊山である。この山は、8年半前に一度歩いたが、それは初春だった。山歩きを始めてそれほど経っていない頃で、主要なハイキング道をなぞっただけだった。距離にすれば4kmほどだったようだ。初春ということもあり、華はまったく咲いていなかった。奇岩が目立つ山だった。いや,山というよりも自然豊かで宗教的な色合いに満ちた観光地という印象が強い。

 今日は初冬の山歩きで、今年最後ということもあり、歩きをじっくり楽しもうと思っている。あちらこちらにある展望台は、一通り登ってみる予定である。登山口を9時25分に出発した。舗装道路からすぐに登山道に入り、階段状の道を登って宝寿台に着く。鉄の梯子で岩の上に登り、こどもの村を見下ろす。絶景である。この山は絶景を楽しむところに妙味がある。
 宝寿台を下り、国司沢へ向かう。道には霜が降りている。途中、分岐点に危険箇所の標示がある。登山道の一部が崩落しているらしい。とりあえずそちらへは行かずに、甲岩に登ってから護摩壇へ向かった。護摩壇への道は、いくぶんスリリングだが、柵や鎖がしっかり整備されているので,ハイキング客でもそれほどの危険は感じないだろう。
 護摩壇に着く頃には青空が見え、遠く安達太良の峰も白く見える。眺望を楽しんで先に進むと、11時過ぎに霊山の城跡に着いた。2名の男性が休んでいた。途中でカモシカを見たという。
 ここからは日枝神社に向かい、そこから霊山閣跡を訪ね、引き返して東物見台に12時9分に着く。ここからは太平洋が望める。眺めを楽しんで、12時44分に弁天岩で昼食休憩とした。ここは奥まった場所で、大きな岩の下部に小さな祠が祀ってある。
 15分の休憩後、日暮岩を経由して登山口に戻った。途中、懸念していた崩落個所は、松の木が根元から倒壊していた場所で、一般の登山者ならば「注意して歩くように」という標示で済むのだろうが、ハイキング客まで含めると、「危険」「進入禁止」となるのかもしれない。そこは各人の判断によると思う。

登山中の画像
登山画像
登山口駐車場から
登山画像
宝寿岩が見える
登山画像
宝寿台
登山画像
梯子を下る
登山画像
こどもの村を見下ろす(小雪が舞っていた)
登山画像
国司沢からの眺め
登山画像
護摩壇へ向かう
登山画像
護摩壇へ続く鎖場
登山画像
青空が広がったのは一瞬
登山画像
護摩壇
登山画像
護摩壇から二本松方面を見る
登山画像
霊山城跡
登山画像
冬の吾妻連峰
登山画像
釣瓶落岩から霊山城跡方面を見る
登山画像
日枝神社へ向かう
登山画像
霊山閣跡(テント泊のパーティーがいた)
登山画像
東物見岩(霊山最高点)
登山画像
蟻の戸渡り
登山画像
無線中継所跡方面を見る
登山画像
太平洋が見える
登山画像
霊山城跡方面を振り返る
登山画像
蟻の戸渡りを見上げる
登山画像
五百羅漢岩
登山画像
弁天岩へ向かう
登山画像
崩落地(松の倒木)
登山画像
登山口に戻る
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ブナ太郎さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ブナ太郎 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年9月29日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
秋田白神 紅葉の森の魅力
秋田白神 紅葉の森の魅力 世界遺産にも認定された白神山地。藤里駒ヶ岳、二ッ岳、小岳など秋田白神の自然の魅力を紹介します。
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
NEW 背面機構が特徴! マムートのバックパック
背面機構が特徴! マムートのバックパック 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。久しぶりの山行テストは、独自の背面機構を持つマムートのバックパック!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...