登山記録詳細

ハイキング
参考になった 7
岩殿山と稚児落し 岩殿山、天神山、稚児落し(関東)
img

記録したユーザー

釣り好き さん

この登山記録の行程

高尾駅(08:02)===大月駅(08:50)・・・岩殿山登山口(09:05)・・・丸山公園ふれあいの館(09:15/09:35)・・・岩殿山(09:58/10:15)・・・筑坂峠(10:30)・・・兜岩(10:50)・・・天神山(11:19)・・・稚児落し(11:40/12:10)・・・浅利登山口(12:40)・・・道草喰いながらゆっくり歩いて・・・大月駅(13:30/13:50)===高尾駅(14:31)

大月駅から間近に見える岩殿山を目指して歩いて行けば10数分で登山口に至る。階段を少し登ると丸山公園があり、城を模したふれあいの館がある。まだ半分も登っていないが結構見晴らしは良く、富士山や大月の街が良く見渡せる。ここから岩殿山頂までは九十九折の階段道が続いて息が切れるが、それ程長くは無いので何とか我慢して山頂に至る。山頂のベンチで暫し休憩の後、少し戻って稚児落しへの分岐を右に行く。急坂を下って筑坂峠に至るとここからは登り返しとなり、やがて鎖場が現れる。もちろん迂回路もあるがそれでは来た意味が無いので迷わずチャレンジ。最初の鎖場はそれ程キツクはない。腕力には殆ど頼らずとも足の力だけで登ることができる。しかし2番目はキツい。狭い岩場をトラバースしたところからの登りになるので高さもあって怖い。さらに足の踏み場が殆ど無いところもあって鎖にしがみついて腕の力でよじ登らなければならず怖い上にキツい。何とか登りきったが呼吸は荒くハーハーゼイゼイがなかなか止まらない。鎖場を乗り切ればあとはそれ程キツいところはない。昼近くなって時々強い風が吹くようになってきた頃、天神山に到達。天神山を過ぎると左前方に稚児落しの絶壁が見えてくる。稚児落しで昼食にしたが、ここにはベンチなどの休憩設備はない。由緒書きなどの説明も無ければ断崖絶壁の岩場というのに柵もなく、滑って落ちても自己責任。愛想無しもここまで徹底すれば却って気持イイ。一休みして下りにかかる。大月駅までは約1時間(普通に歩けば)。急坂をどんどん下って30分程で集落の舗装路に到着、浅利側登山口だ。ここも岩殿山の登山口ではあるけれど、こちら側から登ると鎖場が全て下りになるので怖そうだなと思う。列車の時間までは余裕があるのでゆっくり道草を喰いながらの散歩気分。1時間半かけて大月駅に到着。短いけれどもメリハリのある良いコースでした。

登山中の画像
登山画像
0850 大月駅を出発。改札を出たら商店街を左へ行…
登山画像
0850 駅から直ぐ近くに岩殿山が聳えています
登山画像
0908 少し登ると富士山がキレイに見えます
登山画像
0908 高尾山よりだいぶ近く感じます
登山画像
0908 9世紀の末、天台宗の岩殿山円通寺として開…
登山画像
0915 丸山公園のふれあいの館。2階で富士山写真…
登山画像
0915 丸山公園から岩殿山頂を仰ぎ見る
登山画像
0958 岩殿山頂に着きました
登山画像
1009 NHK大月局の電波塔
登山画像
1010 烽火台(634m)
登山画像
1018 大月の街が一望できます
登山画像
1030 筑坂峠。ここまで急な下りが続きましたが、…
登山画像
1037 最初の鎖場。まだそれ程キツクはありません
登山画像
1041 鎧岩の鎖場。少しキツくなってきました
登山画像
1043 さらに岩登りが続きます
登山画像
1044 なるべく下は見ないようにして渡ります
登山画像
1046 岩の上に出ると視界が開けます
登山画像
1047 後ろには岩殿山がすぐそこに見えます
登山画像
1050 兜岩に差し掛かりました
登山画像
1054 はっきり言ってここはキツかった
登山画像
1110 尾根上に出ると視界良好、気分も良好
登山画像
1119 途中の小ピーク、天神山です
登山画像
1122 浅利神社にお詣り
登山画像
1134 稚児落としが見えてきました
登山画像
1134 あの断崖絶壁の上に行きます
登山画像
1146 稚児落しで岩に座って昼食のNさん。風が強…
登山画像
1207 昼食を済ませて一息つきました。東方向には…
登山画像
1207 あの絶壁の上を歩いてきました
登山画像
1208 南東方向には大月駅付近が見えます
登山画像
1208 大月駅の西側にある跨線橋をズームアップ
登山画像
1209 稚児落しに立つNさん
登山画像
1209 足元は断崖絶壁です
登山画像
1238 稚児落しから急坂を30分も下れば舗装路にで…
登山画像
1249 杉の木には
登山画像
1249 花粉の元が
登山画像
1256 さっき降りてきた途中の見晴らしの良い崖です
登山画像
1258 道端でフクジュソウ(福寿草)が元気に咲い…
登山画像
1258 数少ない冬の花
登山画像
1258 光沢のある黄色がキレイです
登山画像
1259 これは何でしょう?
登山画像
1259 帰宅後に調べたところオウバイ(黄梅)のよ…
登山画像
1307 チュウサギかダイサギか良く分かりません
登山画像
1307 エサ取りに集中しているようでした
登山画像
1311 ヒメオドリコソウ(姫踊子草)
登山画像
1312 葉の色が寒そうですね
登山画像
1314 石垣下の暖かい場所にフユシラズ(冬知らず…
登山画像
1314 小さい花ですが鮮かな色です
登山画像
1323 跨線橋を渡れば大月駅は直ぐそこです
登山画像
1324 大月駅越しに岩殿山を眺めます
登山画像
1325 岩殿山頂をちょっとズームアップ
登山画像
1330 大月駅に到着
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール
参考になった 7

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

釣り好きさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 三つ峠山荘~三ツ峠山
    三つ峠山荘
    感染症対策の上、制限的に営業中。山荘前でミツバツツジ見頃。マスクや距離を保つなど各自でも対策を
    20年06月05日(金)

類似するモデルコース

釣り好き さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 7

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年6月6日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
NEW サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表!
サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表! 5月中旬まで募集した「サーモス山ごはんレシピ」コンテスト。優秀作品3点を発表! 山ごはんレシピの参考に!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?