登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
一気に山頂へと駆け上がる燧ヶ岳登頂ルート 燧ヶ岳(関東)
img

記録したユーザー

メメントモリノ さん
  • 日程

    2017年6月17日(土)~2017年6月18日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:松本(7:00)・・・上田(8:00)・・・沼田(9:00)・・・戸倉(10:00)・・・尾瀬戸倉スキー場(10:20)

  • 天候

    初日:晴れ、2日目:曇り
    [2017年06月17日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
鳩待峠(10:50)・・・山ノ鼻(11:30)[休憩 10分]・・・牛首(12:10)・・・牛首分岐(尾瀬ヶ原三又)(12:20)・・・竜宮十字路(12:50)[休憩 50分]・・・見晴(下田代十字路)(14:00)
・・・燧小屋(14:10)
【2日目】
見晴(下田代十字路)(04:30)・・・燧ヶ岳分岐(04:42)・・・③(5:24)・・・⑤(5:53)・・・⑦(6:30)・・・⑧(6:49)・・・⑨(7:01)・・・柴安嵓(07:30)[休憩 20分]・・・②(09:30)・・・燧ヶ岳分岐(9:49)・・・見晴(下田代十字路)(10:00)[休憩 80分]・・・竜宮十字路(11:44)・・・牛首分岐(尾瀬ヶ原三又)(12:08)・・・牛首(12:17)・・・山ノ鼻(12:40)[休憩 20分]・・・鳩待峠(13:52)


総距離 約26.1km 累積標高差 上り:約1,359m
下り:約1,359m
見晴新道といえば聞こえはいいが、新道とはまだ人によって踏み固められていない、天気が良くても雪解け水によってぬかるんだ登山道だった。
そのような道を苦労して登りながらある言葉が頭で反芻した。
「吝(やぶさ)かでない」
「吝(やぶさ)か」は後に打消しの意の表現を伴ってもの惜しみすることで、~する努力は惜しまない。~することに躊躇しないことだが、ぬかるんだ道に生えた藪(やぶ)が容赦なく突き刺さる。雪の重みに耐えきれなくなった笹が谷側に向いて茂り、ほとんどが木と同等の固さまで成長している。藪の坂が「やぶさか」に思えてきた。
「藪坂(やぶさか)である」
トレッキングポールを藪に取られ、足元を雪と泥に掬われながら何度も反芻した。
気づいたらポールの先のキャップは取れバスケット部分は破損し、当然ドロミテの靴はまるで泥まみれ、ズボンの膝下は跳ねた泥で汚れていた。
「やぶさかでない、やぶさかである」
ひとりの言葉遊びも限界を感じたとき、ようやく9合目あたりで下界の景色を拝むことができた。
至仏山に向かって、うす茶色い線が一本(実際は木の板が2本)すーっと伸びていた。
あともう少しと深く息を吸い込んだ。
山の稜線に出ると、冷たい風を身体に感じ、半袖シャツの上にミドルレイヤーを着た。
登りに3時間、これから下りに2時間。
さらにベースキャンプの見晴に戻ってから、テントを担いで登山口まで3時間。
群馬県から福島県までよく歩いた。
夏がくればまた思い出すだろうか。

登山中の画像
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、行動食、軽アイゼン、トレッキングポール、テント、シュラフ、マット(個人用)、ストーブ、燃料、カップ、コッヘル
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

メメントモリノさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

メメントモリノ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

(日本気象協会提供:2019年5月19日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」のモニターを5名募集します!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。たくさんのご応募ありがとうございました