1年の登山の計は元旦にあり、初詣は登山と共に!
2017年12月28日(木)
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
初詣が目的? 登山が目的? 安全登山を山で祈願しよう

年が明けてから初めて、神社や寺院などに参拝する行事、それが初詣だ。有名な神社や仏閣への参拝風景は、日本のお正月の風物詩だ。

初詣に行くなら、登山者であれば「山の神社・寺院」に行って、初登山と初詣を一緒にしてしまうというのもオススメだ。

初日の出を大山・阿夫利神社で待つ(写真:しげ さんの登山記録より)

 

山と信仰は密接につながっていて、山の頂上や山腹には有名な神社や寺院があるケースも多い。そこで年末特集、「初詣+登山」ができる場所をピックアップする。

ぜひ、登山ついでの初詣(もしくは初詣ついでの登山)で、今年の安全登山を祈願し、新年の登山の第一歩としてみよう。

参拝客で賑わう御嶽神社(写真:ニャゴニャゴ さんの登山記録より)

 

Vol.1 阿夫利神社+大山登山は初日の出も楽しめるかも!

丹沢東部にそびえる大山は、「大山詣り」として古くから親しまれている場所で、初詣の人気スポットの1つだ。

 

大山ケーブルカー山頂駅付近にある、大山阿夫利神社下社が一般的な参拝者が行く場所だが、登山者なら山頂付近に鎮座する阿夫利神社本社まで足を伸ばしたい。山頂からは眼下に相模湾、背後に富士山を望むことができる。

なお、大晦日から元旦にかけては、大山ケーブルカーは終夜運転を行っている。

 

■行程
【日帰り】ヤビツ峠から、大山に登り、下社へ下山する
■総コースタイム 2時間10分、標高差+495m、-546m
ヤビツ峠(08:00)・・・大山(09:10)・・・下社駅(10:10)
関連する登山記録


Vol.2 大山からさらに足を伸ばして、日向薬師への参拝もオススメ

丹沢・大山の東側には、大山に勝るとも劣らない有数の古寺、日向薬師(ひなたやくし)もある。大山から日向方面へと下山して、日向薬師への初詣もオススメだ。

日向薬師は西暦716年に開山された由緒ある寺院で、日本三大薬師の1つにも数えられる人気の初詣スポットだ。

周辺は日向薬師ハイキングコースとして整備されていて、のんびりと自然散策をしながら初詣をするにも良いだろう。

■行程
【日帰り】大山から日向薬師へ
■総コースタイム 4時間05分、標高差-1102m(+780m、-1395m)
ヤビツ峠(08:00)・・・大山(09:10)・・・唐沢峠分岐(09:30)・・・見晴台(10:00)・・・日向ふれあい学習センター(10:50)・・・日向薬師登山口(11:30)・・・日向薬師(11:50)・・・日向薬師登山口(12:05)

関連する登山記録


Vol.3 筑波山神社+初日の出+パワースポット巡りと盛りだくさん

関東の有数な登山+初詣の場所として、筑波山を外すことはできないだろう。初日の出を見る、山頂付近のパワースポット巡り、そして筑波山神社への初詣は、登山者にとって魅力たっぷりの場所だ。

なお、大晦日から元旦にかけては、ケーブルカー・ロープウェイともに早朝営業を行っている。また、山頂付近の一部の登山道は、電灯が設置される。なお、初日の出の時間は6時44分頃とのことだ。

また、手前味噌だが、登山地図ヤマタイムでは、12月より筑波山周辺を整備・公開している。この機会に、ぜひご利用いただければと・・・。

 

■行程
【日帰り】 総コースタイム: 4時間25分
総歩行距離: 7,300m  上り標高: 731m  下り標高: 731m
筑波神社前バス停・・・拝殿・・・筑波山神社・・・表登山道入口・・・中の茶屋跡・・・御幸ヶ原・・・男体山・・・御幸ヶ原・・・女体山・・・北斗岩・・・弁慶七戻り・・・弁慶茶屋跡・・・筑波神社前バス停


関連する登山記録


Vol.4 足腰守護の子ノ権現で安全登山祈願を!

奥武蔵エリアの人気の初詣+登山スポットといえば、子ノ権現+伊豆ヶ岳の組み合わせだ。登り応えのある伊豆ヶ岳登山に加え、「足腰守護」の御利益のあるという子ノ権現天龍寺は、まさに登山者にピッタリの初詣スポットだ。

鉄のワラジ、夫婦下駄まど、足腰にまつわる信仰の証で安全登山を祈願すれば、1年間元気に登山を楽しめること間違いないはずだ!

(写真:ジョージ さんの登山記録より)

■行程
【日帰り】 総コースタイム: 5時間5分
総歩行距離: 11,000m  上り標高: 1028m  下り標高: 1080m
正丸駅・・・馬頭さま・・・五輪山・・・伊豆ヶ岳・・・高畑山・・・天目指峠・・・子ノ権現・・・小床・・・西吾野駅


関連する登山記録


Vol.5 東三河のシンボル本宮山+砥鹿神社奥宮

「三河富士」とも呼ばれる三角錐の山容で、東三河のシンボル的な山として知られる本宮山。その山頂付近に鎮座するのが砥鹿神社奥宮だ。

参拝道でもある登山道は、50基の町石が続いていて、途中に奇岩・怪岩屋、歴史スポットが並び、歴史の深さを感じる。その詳細はぜひ、砥鹿神社のホームページで、その道しるべを確認してほしい。

 

■行程
【日帰り】 総コースタイム: 4時間15分
総歩行距離: 9,000m  上り標高: 795m  下り標高: 795m
ウォーキングセンター・・・登山口・・・あずまや・・・お清水舎・・・砥鹿神社奥宮・・・本宮山・・・砥鹿神社奥宮・・・お清水舎・・・あずまや・・・登山口・・・ウォーキングセンター


関連する登山記録


Vol.6 関西随一の初日の出&初詣の山、金剛山

大阪府と奈良県の県境にある金剛山(葛城岳、涌出岳、大日岳の総称)は、関西随一の初詣+登山スポットとして知られる。葛城岳の山頂にある葛城神社および金剛山転法輪寺は、例年多くの参拝客で賑わっている。

また、初日の出目的のハイカーが多いことでも知られる。金剛山ロープウェイは元旦は朝5時から営業しているが、登山者の読者なら、ぜひ登山口から自分の足で登りたい。なお、初日の出の時刻は7時頃だ。

ただし例年、お正月周辺の金剛山の登山道は積雪&凍結があるので、冬装備+アイゼンは必須だ。

(写真:うめぞーさんの登山記録より)

■行程
【日帰り】 総コースタイム: 3時間25分
総歩行距離: 7,100m  上り標高: 737m  下り標高: 590m
金剛登山口バス停・・・千早城跡・・・転法輪寺・・・ダイヤモンドトレール合流点・・・湧出岳(金剛山)・・・ダイヤモンドトレール合流点・・・伏見峠・・・ロープウェイ前バス停


関連する登山記録


Vol.7 高野山を取り囲む女人道を歩いて金剛峯寺へと参拝

高野山は揚柳山・摩尼山・転軸山などの山々に囲まれた場所の総称で、空海が開いた高野山真言宗総本山金剛峯寺をはじめ、116の寺院がある聖地だ。そんな場所を、初詣の地として選んでみてはいかがだろうか?

紹介している「女人道」とは、かつて女性の立ち入りを禁止されていた高野山において、女性たちが女人堂を結ぶ結界線である女人道をたどって奥ノ院へと遥拝した道ということ。高野山の周辺を囲む山々を、ぐるりと一周する道を、正月から歩いてみてはいかがだろうか。

なお、冬は登山道は積雪し、凍結する場合が多い。

(写真:sirou さんの登山記録より)

 

 

■行程
【日帰り】 総コースタイム: 6時間35分
総歩行距離: 15,500m  上り標高: 1065m  下り標高: 1065m
不動坂口女人道バス停・・・弁天岳・・・高野山大門・・・上水峠・・・ろくろ峠・・・円通律寺・・・中の橋・・・摩尼峠・・・摩尼山・・・楊柳山・・・子継峠・・・転軸山登山口・・・転軸山・・・多目的広場・・・黒河口女人堂跡・・・不動坂口女人堂バス停


関連する登山記録


Vol.8 できれば年越しで行きたい! 七面山&身延山

関東随一の初詣の場所として知られる身延山。その隣に鎮座する七面山は、登山者にとって魅力たっぷりの場所だ。

詳しくは、ぜひこちらの記事を御覧いただきたいが、七面山は身延山を守護する七面大明神を奉った敬慎院があり、身も心も清められる素晴らしい体験ができる場所だ。

記事のとおり、参籠修行(宿泊参拝)すると、またとない経験ができるが、登山+初詣だけでも、十分に楽しめるはずだ。

(写真:YK さんの登山記録より)

■行程
【日帰り】 総コースタイム: 8時間25分
総歩行距離: 11,500m  上り標高: 1590m  下り標高: 1780m
羽衣・・・敬槇院・・・七面山・・・敬槇院・・・奥之院・・・角瀬バス停


関連する登山記録


Vol.9 都民が手軽に登山&初詣に行くなら、やっぱり高尾山

都民が最も手軽に登山&初詣をするなら、「やはり高尾山」という話になる。

アクセスの良さ、安全性、周辺のおもてなし――。安心して行くなら、やはり高尾山は便利で手軽だ。大晦日から元旦にかけては、ケーブルカーは終夜運転を実施。周辺の売店なども多くが営業している。

なお、 高尾山薬王院のホームページによると、2018年の元旦は、午前零時から数度にわたり、新春を寿ぎ、特別開帳大護摩供がおこなわれるそうだ。

また下山後の楽しみは、ぜひ、こちらもお楽しみいただきたい。

(写真:釣り好き さんの登山記録より)

■行程
【日帰り】薬王院への表参道を歩き山頂へ
■総コースタイム 3時間10分、標高差+762m、-762m)
高尾山口駅(08:00)・・・高尾山駅(09:00)・・・高尾山(09:50)・・・琵琶滝(10:50)・・・高尾山口駅(11:10)

関連する登山記録
関連する現地情報
  • 高尾ビジターセンター
    2018年07月18日(水)

    熱中症に厳重注意。昨日山頂は38℃!こまめな水分補給を心がけて。ヤマユリ最盛期、イワタバコも咲いています。



[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年7月19日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「究極の全天候型ジャケットを目指したい」
「究極の全天候型ジャケットを目指したい」 ザ・ノース・フェイス大坪さんに、定番レインウェア「クライムライトジャケット」開発に込めた思いを聞く!
NEW グレゴリーの定番ザック「パラゴン」の使い勝手
グレゴリーの定番ザック「パラゴン」の使い勝手 山岳ガイドとして活躍する澤田実さんに、ガイドならではの視点も交えて、その使い勝手を聞きました。
NEW バルトロは「テント泊を研究しつくしたザック」
バルトロは「テント泊を研究しつくしたザック」 グレゴリーのモニターレポート第1弾を公開しました! 一泊二日のテント泊で登る天狗岳でバルトロをチェック!
NEW 温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう 笠・双六・槍・西穂・乗鞍の山々は、温泉、山麓観光も充実した飛騨側から! ライター小林千穂さんのおすすめも掲載!
NEW ライトアルパイン系ブーツを残雪・岩稜で試す
ライトアルパイン系ブーツを残雪・岩稜で試す ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回は、ザンバランのバルトロGTを、まだ雪の残る焼岳でテストしました。そ...
NEW パタゴニア 最新ハイキングパンツの魅力
パタゴニア 最新ハイキングパンツの魅力 国内外のロングトレイルを歩くライター根津貴央さん。独自の用具観から見たパタゴニアのハイキングパンツの魅力について聞いた
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」の田中陽希さんに、身体のケア、リカバリーなど、山を楽しむためのコンディショニング法を伺った
NEW 遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス
遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス 万が一、登山者が動けなくなっても、発信される電波から位置を特定する会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”。詳細はこちら
NEW 山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で! 
山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で!  日本百名山・谷川岳では様々なツアーを用意した「山の日イベント」を開催! ラフティングやキャンプが楽しめるアウトドアの町、...
NEW 今年もスタート! 小岩井大輔さんの山頂日記
今年もスタート! 小岩井大輔さんの山頂日記 シーズン中、毎日、富士山頂でしか見られない絶景を送ってくれる写真家・小岩井大輔さんの富士山頂日記が今年もスタート!
日帰りの山で重宝するデイパック
日帰りの山で重宝するデイパック 連載「山MONO語り」で紹介したグレゴリー サルボ24。高橋庄太郎さんによる、毛無山日帰り山行での使用レポートはこちら
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ 誰でも歩けて、自然の素晴らしさを感じられる尾瀬のシーズンが始まります。イベント、特典も盛りだくさんの尾瀬をご案内!
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。