山ノ鼻ビジターセンターからの現地情報 尾瀬ヶ原・至仏岳周辺の情報

草紅葉が進んでいます。まだまだ紅葉は薄い感じはしますが、濃淡のコントラストを満喫できる時期です。

山ノ鼻ビジターセンター

▲至仏山から見下ろす尾瀬ヶ原(17.09.27 山ノ鼻ビジターセンター)

若松の天気予報
明日

曇時々晴
- / -
明後日

曇時々雨
14℃ / 8℃
(日本気象協会提供:2017年10月17日 17時00分発表)
会員登録すると、付近の山の天気予報を見たり、メールによる天気や山岳情報を受信できたりするようになります。これを機会に、ぜひ会員登録しましょう。

⇒ログイン/会員登録

天気・気温

09/28(木) 雨、07:00の気温15.1℃、昨日の最高20.9℃、最低9.9℃

周辺状況

尾瀬ヶ原では草紅葉が進み、もう少しで全体が色鮮やかになるでしょう。よく見ると草の根元はまだ緑色ですが、湿原を全体的に見ると紅葉してきました。まだまだ紅葉は薄い感じはしますが、これから段々と濃くなって行くでしょう。紅葉の濃淡のコントラストを満喫してください。

今、いちばんはやい紅葉はヒツジグサヒツジグサの葉で、池塘に彩りを添えています。草の紅葉よりも少し早く色付き、赤くなった葉は私達を楽しませてくれます。
また、存在感を放っているのが「ヤマドリゼンマイ」ですが、黄色から、赤、そして茶色に変化しています。
また、赤田代地区には木にツタウルシが巻き付き、木の幹が赤く染まりとても綺麗です。

樹林の紅葉は、全体的にまだ早めですが、徐々に秋色に移り変わって来ています。

ちなみに、一般的に「こうよう」と呼ばれる現象は、葉っぱの緑色の色素が分解されることで起こります。黄色に染まる黄葉と、赤色に染まる紅葉、そして褐色になる褐葉(かつよう)がありますが、これらを総称して「紅葉」と呼ばれます。
黄色の葉は緑色の色素が分解され、元々葉の中にある黄色の色素が目立ち黄葉します。
赤色の葉は緑色の色素を分解する過程で、葉の中の栄養を使って赤色の色素を合成する事で紅葉します。

このように「紅葉」するメカニズムはわかっているのですが、赤く染まる紅葉に関しては、なぜ、エネルギーを使ってまでわざわざ赤くなる必要があるのかという具体的な理由は未だに明確になっていません。
害虫に対する誇示のためや、有害な物質を幹に溜め込まない為という説が有力視されています。

紅葉が綺麗になる条件には、きれいな空気、適度な湿度、朝晩の冷気と日中の日当たりが必要です。
今年は夏の日当たりが少なかったので、少し心配していましたが、このまま綺麗になっていって欲しいと思います。

登山道

鳩待峠から山の鼻までは、とくに問題なく歩けます。尾瀬ヶ原では木道でのスリップに注意してください。

至仏山は7/1より登山可能となっています。紅葉が進み、森林限界までは色づき始めた紅葉のトンネルをくぐり抜けていきます。森林限界付近では紅葉が鮮やかに色づいていました。
現在hあ、至仏山の紅葉と尾瀬ヶ原の草紅葉を一度に眺める贅沢な時間を過ごせます。

装備

寒暖差は20度を超える日もあります。急な天候の変化に対応出来るように防寒着や雨具などをお持ちください。

注意

ミズバショウの実が熟してきているので、クマが食べに来ているようです。 最近クマの目撃情報が増えてきているので、ミズバショウが群生している場所などを通る際は注意して通行してください。
尾瀬はツキノワグマの生息地なので、クマ鈴をつけるなどのクマ対策をして、もしクマに出会っても、写真を撮ったり大声を上げるなどの刺激を与えないようにしてください。
出会ってしまったら、背中を向けたり、走ったりせずに、目を合わせないようにゆっくり後ずさりして立ち去ってください。

シカの植生被害度を調査するための柵を設置をしました。近年、尾瀬ではシカの問題が起こっています。シカがミズバショウを荒らしたり、ミツガシワの根、ニッコウキスゲの新芽や蕾等を食べます。
花が咲く前に食べられてしまうと言うことは、種(子孫)を残せなくなるので、次の年には数が減少してしまいます。
シカ柵設置作業への、ご理解ご協力を、お願いいたします。

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

山ノ鼻ビジターセンター周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 至仏山から見下ろす尾瀬ヶ原
  • 湿原の草紅葉は、まだ薄めですが進んでいます
  • ヤマドリゼンマイの紅葉が異彩を放っています
  • ヤマドリゼンマイの黄葉が見ごろ
  • ヤマウルシの紅葉が見事
  • 草紅葉がだいぶ進んだ尾瀬ヶ原
  • 色づきの早い草から紅葉が始まっています
  • アヤメ平の草紅葉は、だいぶ進んでいます
  • キンコウカの花は終わりかけです
  • 至仏山ではヒメシャジンが多く咲いています
  • カラスアゲハの美しい姿
  • ベニヒカゲ
山ノ鼻ビジターセンター

連絡先:
営業期間
5月~11月
関連山域

ユーザーからの尾瀬ヶ原・至仏岳周辺の情報

もっと見る

周辺の現地最新情報

  • 会津駒の小屋~会津駒ヶ岳
    会津駒の小屋
    小屋周辺の草紅葉も見ごろとなり秋山シーズン開幕。山頂~中門岳方面が特に美しくなっています。朝は2℃!防寒装備は必携です。
    17年09月28日(木)
    尾瀬沼ビジターセンター~燧ヶ岳
    尾瀬沼ビジターセンター
    ブナの黄葉をはじめ、モミジなどの美しい木々の紅葉と、広大な湿原の草紅葉のコントラストが見事な時期です
    17年10月12日(木)

関連のモデルコース

  • 山ノ鼻から高天ヶ原、至仏山 日帰り
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 4時間45分 日帰り
    鳩待峠・・・山ノ鼻・・・至仏山・・・小至仏山・・・オヤマ沢田代・・・鳩待峠
  • 尾瀬を代表する高山植物と展望の山
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 5時間 日帰り
    鳩待峠・・・笠ヶ岳分岐・・・小至仏山・・・至仏山・・・小至仏山・・・笠ヶ岳分岐・・・鳩待峠
  • 可憐な花々が咲き競うワイドな湿原を散策する
    体力度: ★★ 危険度: 5時間20分 日帰り
    鳩待峠・・・山ノ鼻・・・竜宮十字路・・・ヨッピ橋・・・牛首分岐・・・山ノ鼻・・・鳩待峠
  • 燧裏林道 1泊2日
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 6時間30分 1泊2日
    【1日目】御池・・・上田代・・・天神田代・・・兎田代分岐・・・赤田代・・・東電小屋分岐・・・見晴(下...
  • お花畑に彩られた尾瀬の別天地
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 6時間45分 日帰り
    鳩待峠・・・笠ヶ岳分岐・・・小笠・・・湯ノ小屋分岐・・・笠ヶ岳・・・湯ノ小屋分岐・・・小笠直下・・・...
  • 富士見下から富士見峠、竜宮 日帰り
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 6時間50分 日帰り
    富士見下・・・富士見小屋・・・長沢ノ頭・・・竜宮十字路・・・牛首分岐(尾瀬ヶ原三又)・・・牛首・・・...

山ノ鼻ビジターセンター周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2017年10月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 鍋が美味しい季節も「ジップロック」が活躍!
鍋が美味しい季節も「ジップロック」が活躍! 連載「山ジップロック研究所」。今回のテーマは、秋こそ山で食べたい「鍋料理」。3つのレシピ&「ジップロック」活用術!
NEW 雲海出現ナビでパーフェクトな雲海撮影!
雲海出現ナビでパーフェクトな雲海撮影! 「雲海出現NAVI」で、出現確率88%の美ヶ原へ。雲海の上に浮かぶ北アルプス大展望の撮影に成功! 動画もチェック!
NEW 身体の脂肪を登山の味方に!
身体の脂肪を登山の味方に! 脂肪を登山の味方に。医療用新薬メーカーのサプリメント「WINZONE」を、登山中のシャリバテ、スタミナ対策として新提案。
NEW 山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
NEW 高照度のヘッドランプでナイトハイクに挑戦
高照度のヘッドランプでナイトハイクに挑戦 長距離・耐久レース仕様のヘッドライト、最大光量600ルーメンの「LED LENSOR MH10」をナイトハイクでテスト。
NEW 縦走用と登攀用のザック 違いわかりますか?
縦走用と登攀用のザック 違いわかりますか? 縦走用と登攀用・雪山用のザックって実は違うんです。その理由をグレゴリークルーの山岳ガイド島田和昭さんに聞きました。
NEW 青木達哉 × マムート「アイガーエクストリーム」
青木達哉 × マムート「アイガーエクストリーム」 若くしてK2最年少登頂、第21回ピオレドール賞受賞というビックタイトルを獲得したクライマー青木達哉のインタビュー掲載!
NEW 岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感!
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感! 御嶽山トレッキングと小坂のシャワークライミングを体験! 岐阜県の山旅ルポ、第2弾。今回は飛騨小坂駅から出発!
NEW 透湿値の高いアウター 秋冬版登場!
透湿値の高いアウター 秋冬版登場! ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。その秋冬版が登場。細かい仕様をチェックしよう!
NEW こんな紅葉に出会いたい! を教えます
こんな紅葉に出会いたい! を教えます 「こんな絶景が!」という紅葉の山を、過去の紅葉写真コンテストからチョイス。いつ、どこで、どんなタイミングか、教えます!
NEW 紅葉シーズン、いよいよ到来!
紅葉シーズン、いよいよ到来! 9月も下旬、いよいよ山は紅葉に染まり始めた! 冬に向かう一歩手前の高山では、ピークに差し掛かりつつある
NEW 「ソニー アクションカム」で、思い出の山行を映像に残そう!
「ソニー アクションカム」で、思い出の山行を映像に残そう! 山仲間と簡単にシェアできる! 「ソニー アクションカム」で美しく鮮やかな映像に残しましょう。あなたの山行の思い出と一緒に
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く 日本の原風景を求めて岐阜県・飛騨エリアへ。「岐阜の宝」と称される自然と懐かしい里山の暮らしに触れた山旅ルポ掲載!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ!
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ! 登山の著名人に「山の本」の思い出を取材。初めて触れた本、感銘を受けた本など、本から知る山の世界。ぜひ参考に!
水と滝のコースで涼を感じませんか?
水と滝のコースで涼を感じませんか? 首都圏からのアクセスの良さと季節ごとに魅力たっぷりの自然で、多くの登山者が訪れる奥多摩を徹底紹介!