登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
2017年8月/西鎌尾根・槍・南岳 西鎌尾根、樅沢岳、槍ヶ岳、大喰岳、中岳、南岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

100meizan さん
  • 日程

    2017年8月4日(金)~2017年8月6日(日)

  • 利用した登山口

    新穂高温泉  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他: 新穂高温泉の登山者用無料駐車場(深山荘の近く)まで車。
     午前0時頃、栃尾の交差点から新穂高方面に少し行くと通行止めの表示。警備員の話では、数日前にその先で崩落があり、午後7時から翌日午前5時まで通行止めのこと(8月4日現在)。そのため、近くの道の駅で仮眠することに。午前4時45分頃、再度、新穂高方面に向かったが、通行止めのかなり手前から車の列。午前5時に通行止めが解除。無料駐車場に駐車することができたが、駐車場はすぐ満車。でも、下山時(6日の午後0時過ぎ)には、かなりの空きあり。

  • 天候

    1日目:曇り。2日目と3日目:午前中は晴れで昼頃から曇り、ときどきガスの中。

この登山記録の行程

【1日目】
新穂高温泉(05:35)・・・笠新道登山口(06:30)・・・わさび平小屋(06:40)[休憩 5分]・・・小池新道登山口(07:00)・・・秩父沢出合(07:40)・・・シシウドが原(08:55)・・・鏡平山荘(10:00)[休憩 20分]・・・弓折乗越(11:20)[休憩 5分]・・・双六小屋(12:40)

【2日目】
双六小屋(04:55)・・・硫黄乗越(05:55)・・・千丈沢乗越(07:55)・・・槍ヶ岳山荘(08:55)・・・槍ヶ岳(09:15)[休憩 20分]・・・槍ヶ岳山荘(09:45)[休憩 25分]・・・中岳(11:05)・・・天狗原稜線分岐(11:45)・・・南岳小屋(12:15)

【3日目】
南岳小屋(06:25)・・・西尾根のコル・・・槍平小屋(09:05)[休憩 15分]・・・滝谷出合(10:00)・・・奥穂高岳登山口(11:05)・・・穂高平小屋(11:40)[休憩 15分]・・・新穂高温泉駅(12:35)・・・新穂高温泉(12:40)

総距離 約34.4km 累積標高差 上り:約3,397m
下り:約3,397m
コースタイム 標準:22時間5分
自己:18時間55分
コースタイム倍率 0.86
 7月中旬以降の週末で山行を考えていたが、今年の夏は天気がなかなか安定せず、天気予報とにらめっこの状態。8月3日の夜、帰宅してから山行を決定し、車で出発。
 今回の山行では、新穂高温泉から雲の平方面、または、西鎌尾根を経由して南岳のどちらかのコースを天候等により選択しようと考えていた。
 1日目、曇天の下、新穂高温泉から双六方面に向かったが、1年ぶりの山行ということもあり、小池新道の登りが結構きつく感じられ、シシウドヶ原辺りでかなりへばった状態に。
 鏡平では、槍ヶ岳方面の展望はなし。弓折乗越まで出ると稜線歩き。天気が良ければきっと素晴らしい眺めなんでしょうね。でも、花見平で雷鳥の親子に会えてラッキー。新穂高温泉から双六小屋までの登山道は整備されていてとても歩きやい。
 双六小屋に到着した時点で、曇りで展望もあまり良くなかったので、雲の平方面をあきらめ、西鎌尾根コースに決定。その後は、昼食を食べ、のんびりと過ごす。
 2日目。早朝、ガスが出ないうちに西鎌尾根と考え、双六岳まで往復するのはやめて、樅沢岳へ向かう。樅沢岳では360度の素晴らしい展望。朝は槍・穂高は逆光になるので、晴れた午後はもっと綺麗!?。次の機会に。西鎌尾根の登山道も整備されていて、素晴らしい眺めと稜線歩きを堪能。ただ、最後の槍ヶ岳山荘までの登りはきつかった。
 穂先は混んでいたらパスしようと思っていたが、見るとほとんど人がいない。チャンスとみて穂先に向かう。登りも下りもスムーズに。これまでは混雑した穂先しか経験したことがなかったけれど、今回、人がほとんどいない穂先でのんびりできました。
 その後、南岳へと向かう。槍から穂高方面に歩くのは初めて。ガスが出始めて、あまり視界は開けなかったけれど、この縦走路は最高。
 3日目。朝、天気が良かったので、下山前に小屋付近の眺めの良いところをあちこちと回って、山々との別れを惜しむ。南岳新道で下山。この南岳新道がくせ者でした。ハイマツに囲まれた切り立った尾根に細い木道が渡してあるところが何か所か。スリル満点でした。眼下に槍平山荘が見え始めてから、登山道が雨に洗われ荒れた状態に。長時間の下り、本当に疲れました。登りではあまり使いたくない道ですね。
 下山後、ひらゆの森で温泉に入り、帰宅。今回も充実した山行でした。

登山中の画像
登山画像
無料駐車場から歩いて10分弱で新穂高登山指導セ…
登山画像
左俣林道を暫く行くと笠新道登山口の標識。
登山画像
わさび平小屋に到着。小休止。
登山画像
小池新道登山口の標識。
登山画像
山頂からガスが降りてきた。
登山画像
秩父沢出合を通過。
登山画像
シシウドヶ原。まだ雪がたっぷり。
登山画像
鏡池。槍ヶ岳は?
登山画像
鏡平山荘に到着。休憩。
登山画像
弓折乗越へ向かう途中の登山道。
登山画像
弓折乗越に到着。小休止。
登山画像
ガスの中に一瞬槍の穂先が・・・。
登山画像
弓折乗越を見下ろす。その向こうには鏡池と鏡平…
登山画像
双六岳(右)と双六南峰の稜線が見えてきた。
登山画像
ガスの中に鷲羽岳も。
登山画像
花見平のお花畑で雷鳥の親子に遭遇。
登山画像
双六小屋とその向こうに鷲羽岳。
登山画像
双六小屋に到着。雲の平方面はあきらめ、西鎌尾…
登山画像
本日の昼食。その後はまったりと過ごす。
登山画像
双六小屋を槍ヶ岳に向け出発。
登山画像
双六のテン場と双六池。右奥には笠ヶ岳。よく見…
登山画像
樅沢岳に向かう途中で、双六小屋を見下ろす。
登山画像
樅沢岳に到着。
登山画像
樅沢岳の山頂から、槍・穂の稜線を一望。
登山画像
これから歩く西鎌尾根の向こうに槍ヶ岳。左には…
登山画像
南側には、焼岳と乗鞍岳。
登山画像
その間には、穂高連峰。ジャンダルムもはっきり…
登山画像
右手には、笠ヶ岳。以上、樅沢岳山頂からの眺め。
登山画像
昨日歩いた花見平とその奥に笠ヶ岳。
登山画像
硫黄乗越。
登山画像
いつも見ている笠ヶ岳になってきた。左下には鏡…
登山画像
歩いてきた道を振り返る。黒部五郎岳と薬師岳も…
登山画像
千丈(沢)乗越。
登山画像
槍ヶ岳山荘までの登りの途中で西鎌尾根を振り返…
登山画像
槍ヶ岳山荘までの登りは、さすがにきつかった。…
登山画像
槍ヶ岳山荘(の脇)に到着。ここで穂先を見ると…
登山画像
すいすいと山頂に向かう。槍ヶ岳山荘を見下ろす…
登山画像
穂先から西鎌尾根を眺める。その向こうには、双…
登山画像
穂先の祠。20分程いたけれど、自分を含めて2人だ…
登山画像
穂高方面。雲が出てきました。
登山画像
槍沢。
登山画像
下りもスムーズでした。穂先を見上げてもあまり…
登山画像
槍ヶ岳山荘で昼食と考えていましたが、食堂のオ…
登山画像
大喰岳山頂。ガスで視界不良に。
登山画像
槍沢と奥には常念岳。
登山画像
中岳手前の鉄梯子。ちょっと渋滞。
登山画像
中岳山頂。ここで集団を追い越す。
登山画像
南岳への快適な縦走路。
登山画像
一瞬ガスが晴れて穂先が見えた。
登山画像
慎重に歩く。
登山画像
天狗原分岐。ガスで何も見えない。
登山画像
南岳山頂。ガスが晴れるのを待ったけれど、晴れ…
登山画像
南岳から下る途中で南岳小屋が見えてきた。獅子…
登山画像
南岳小屋に到着。今日はここに宿泊。午後はまっ…
登山画像
夕焼けを期待して大勢の人が。でもガスがなかな…
登山画像
漸く午後7時頃になってこんな風景が。
登山画像
穂高がちょっぴり赤くなった。
登山画像
常念平から。午前5時過ぎ。常念岳の左から朝日が…
登山画像
穂高はガスの中。
登山画像
北を向くと穂先が。
登山画像
常念平から、南岳山頂へ移動。テン場と笠ヶ岳。…
登山画像
南岳山頂から、富士山を望む。その右手には南ア…
登山画像
雲海と笠ヶ岳。
登山画像
槍ヶ岳とここでお別れ。
登山画像
今日は南岳小屋の後方に穂高連峰を眺めることが…
登山画像
最後にもう一度獅子ヶ鼻へ。屏風岩とその左の横…
登山画像
穂高連峰の眺め。大キレットや長谷川ピークもよ…
登山画像
下山途中にあった空中梯子。
登山画像
尾根線の木道。スリル満点。南岳新道は思ったよ…
登山画像
ぐんぐんと高度を下げる。それに反比例して笠ヶ…
登山画像
木々の間から槍平山荘の赤い屋根が見えた。ここ…
登山画像
漸く、槍平小屋に到着。水を補給して休憩。
登山画像
滝谷出合。ガスで滝谷は見えず。
登山画像
奥穂高岳登山口を通過。この後、右俣林道を歩く。
登山画像
穂高平小屋。
登山画像
いちごミルク味のかき氷を食べて休憩。
登山画像
ロープウェイの下を通り、
登山画像
登山指導センターに到着。無事下山、お疲れ様。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

100meizanさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    暖かい日が続き燕山荘周辺の雪は少なくなっています。金曜日は雨の予報が出ています
    20年11月19日(木)
    穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    2020年の営業は終了しました。ありがとうございました。また来シーズンもお待ちしております
    20年10月28日(水)
  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    2020年の営業終了。冬期小屋のみご利用。トイレは利用不可のため携帯トイレを携行ください
    20年10月26日(月)
    双六小屋~双六岳
    双六小屋
    本年の営業を終了。冬期、双六小屋と黒部五郎小舎は避難小屋として開放(1名1泊1,000円)
    20年10月17日(土)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

100meizan さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年11月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド
秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド ウールの弱点を克服したアンダーウエア「メンズ ソリューション150メリノベースレイヤー クルー」の機能とは?
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...