登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
笠ヶ岳 笠ヶ岳 (北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

ミーグル さん
  • 日程

    2017年10月7日(土)~2017年10月8日(日)

  • 利用した登山口

    新穂高温泉  

  • パーティ

    2人 (ミーグル さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:新穂高温泉に駐車。6時間当たり500円

  • 天候

    初日:ずっと雨。2日目:晴天
    [2017年10月07日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
新穂高温泉(06:30)・・・笠新道登山口(07:25)[休憩 10分]・・・2000mの草付(10:20)[休憩 30分]・・・杓子平(12:00)[休憩 30分]・・・笠新道分岐(14:00)[休憩 10分]・・・笠ヶ岳山荘(15:40)

【2日目】
笠ヶ岳山荘(05:20)・・・笠ヶ岳(05:45)[休憩 10分]・・・笠ヶ岳山荘(06:05)[休憩 40分]・・・笠新道分岐(08:00)[休憩 15分]・・・杓子平(09:10)[休憩 15分]・・・2000mの草付(10:54)[休憩 15分]・・・笠新道登山口(12:30)[休憩 5分]・・・新穂高温泉(13:10)

総距離 約20.6km 累積標高差 上り:約2,452m
下り:約2,452m
コースタイム 標準:14時間30分
自己:14時間
コースタイム倍率 0.97
初日は終始雨。雨対策はしたものの、稜線に出たころには2人ともびしゃびしゃに。秋の雨は冷たく「北アルプスはサミーよー」と二人で嘆きました。雷鳥が抜戸岩を過ぎたあたりに6羽お出迎えしてくれましたが、2人ともくたくた。
二日目は最高の天候で、北アルプスの山々と、御岳、白山、南アルプスの山と富士山が眺められ最高の天気に。熱いくらいで途中ジャケットを脱ぎ、さらに杓子平からもう1枚脱いで下山しました。
道中の方々、小屋のスタッフさんお世話になりました。濡れた靴用に新聞紙があれば良かった。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ミーグルさんの登山記録についてコメントする
  • 西東京猛虎会 さん
    ミーグルさん、こんにちは!

    予告通りの笠ヶ岳、お疲れ様でした。

    初日雨・2日目晴れは私の8月の穂高山行と酷似していますが、この時期の北アの雨は
    寒かっただろうな!と思います。

    でも初日の間近の雷鳥や2日目の絶景はご褒美ですね!槍からキレットを挟んで奥穂迄、
    笠からは「こう見えるんだ」と見入ってしまいました。

    今年は剱・立山が残念な結果になってしまいましたが、来年アルプスの何処かでタイミングが
    合えば!と思います。

    それにしても、アルピニスト君のグラサン姿は「将来チョイ悪」の気配が漂います(笑)

  • ミーグル さん

    西東京猛虎会さん、こんばんは。
    雨の笠は、はじめこそ我慢できましたが、上に行くに従い「寒みー」でした。予報では午前中の早めの時間にはやむ予定でしたが、終始雨で、杓子平から笠新道分岐の道は小川化し、避けつつ行ったらコースマークを見落とし、ルートに戻るのに15分探してしまう始末でした。
    おかげで、小屋は7割程度の宿泊者で、寝床も広々としてました。息子のちょい悪感は、内面からよく出てます。最近は宿題やった?=やったよ=まだ残っているけど隠す。と小さなズルをするようになってます。
    今年はもうアルプスは行き納です。来月テントで会社の後輩と笊ヶ岳に行こうとしましたが予定が合わず持ち越しに。
    来年末に正月の燕岳に行きたいなぁと息子と企んでます。来年は北アルプス中心に計画しますのでどこかでお逢いできましたら是非。

関連する現地最新情報

  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    槍ヶ岳へはまだアイゼン+ピッケルが必要です。槍沢ロッジまでは春の花が開花中
    19年06月25日(火)
    穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    まだ残雪あり10本爪以上のアイゼンやピッケルが必要。涸沢岳で高山植物が少しづつ出てきました
    19年06月21日(金)
  • 涸沢ヒュッテ ~涸沢
    涸沢ヒュッテ
    本谷~涸沢でエンレイソウなど開花。涸沢は全面雪。涸沢から上は前爪アイゼン+ピッケル必要
    19年06月18日(火)
    双六小屋~双六岳
    双六小屋
    6/10より営業を開始しました。例年並の残雪があります
    19年06月14日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ミーグル さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

雨のち曇
(日本気象協会提供:2019年6月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的! 今回のモニター企画で最後を飾るのは、暑い大野山でも背中の汗が気にならなかったという、O.N.さんのレポートです!
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
NEW 登山中の飲料に関するアンケート
登山中の飲料に関するアンケート みなさんは山で何を飲んでいますか? 飲料に関するアンケートにご協力ください。抽選で5名様にプレゼントあり!