登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 5
祝瓶山(長井・祝瓶山荘)2017 祝瓶山(東北)
img

記録したユーザー

ブナ太郎 さん
  • 日程

    2017年10月9日(月)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:木地山ダムへの道路は一応舗装してあるが、曲がりくねっているだけでなく、対向車とすれ違うことができない。崖から落ちればアウトの道は、なかなか厳しい。さらにその先の林道も一部荒れていて、慎重な走行が求められる。初心者は避けた方が無難かもしれない。

  • 天候

    朝方は晴れていたが、10時以降はガスに巻かれた
    [2017年10月09日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

祝瓶山荘(07:16)・・・桑住平(08:06)[休憩 5分]・・・[途中休憩・写真撮影3回計20分]・・・祝瓶山(11:07)[休憩 33分]・・・赤鼻(12:47)[休憩 5分]・・・桑住平(13:40)・・・祝瓶山荘(14:21)


総距離 約9.2km 累積標高差 上り:約1,053m
下り:約1,053m
 祝瓶山は存在感のある山である。大朝日岳の山頂から見る切り立ったピークは、登高意欲を刺激する。バックに飯豊連峰が連なり、立ち姿が素晴らしい。これまで一度、紅葉の時期に登ったので、今回は二度目である。晴れの予報と思ったが、長井市に入る手前で濃い霧が立ちこめてきた。厳しい山行になりそうな予感がする。

 木地山ダムへの道は二度目だが、道幅が狭く、曲がりくねっているため、運転には神経を使う。暗いうちには走行しない方がよいと思わせるような道をどんどん走っていく。ダムの湖面の向こうに祝瓶山が姿を現す。どうやら天気は何とかもちそうな気配である。
 舗装道路から林道に入り、かなり荒れた道を進んで、7時前に祝瓶山荘の駐車場に車を止めた。すでに十台以上が止めてある。山荘の近くにも駐車スペースがあり、そこにも数台止まっていた。山荘には風力発電の風車が備えてある。

 7時16分に出発する。今日は多くの登山者が祝瓶山を目指している。杉林の中を歩いて吊り橋に出る。この吊り橋には数人しか乗れないようで、結構揺れる。慎重に渡って対岸に着き、ここからブナとミズナラの森に入って行く。左手に一瞬祝瓶山を見て、広い林道を進む。開放感のあるブナとミズナラの混交林が素晴らしい。
 いったん下って沢に出る。そこから登り返して太古の森のような雰囲気の巨木地帯に入る。ミズナラとブナの林の林床にはシダが繁茂していて、その下には岩がゴロゴロしている。岩の間の倒木は苔むしている。荘厳な空気が流れていて、思わず深呼吸をした。

 太古の森を出て、祝瓶山の姿が正面に見えると、今度は沢を渡る。湿地帯を見ながら行くと、8時6分に桑住平に着いた。この分岐点は左に進んで沢を渡る。水量があり、足を置く石も滑るため、慎重に行くが、最後に滑って手をついてしまった。
 沢の先にはブナの大木に囲まれた広場がある。ここでキャンプができそうだ。ブナの巨木を抜け、小さな沢を二回渡ってブナの森に入る。ここから急な登りが始まる。右手には祝瓶山、振り返ると大玉山が見える。青空が広がり、天気が回復してきた。

 この辺りのブナは木肌が美しい。つづら折りの道には光が溢れ、急登の辛さを忘れさせる。時折、祝瓶山が右手に顔を覗かせる。急峻な岩壁が空に突き上がっている。汗を縛られる登りをしばらくしのぐと、やせ尾根に飛び出す。木地山ダムが遠くに見える。やせ尾根は、ところどころ左側が崩れていて、慎重に通過せねばならない。手を使って登る箇所もある。やがて右側も開け、大玉山が見えるようになる。目の前には祝瓶山が行く手を塞ぐように立ち上がっている。山頂はまだまだ遠い。

 やせ尾根の歩きは爽快で、錦に染まった登山道をじっくり登る。ただし、切り立った稜線上を行くコースなので、下を見ると足がすくむ箇所がいくつもある。右手の大玉山が大きくなり、その背後には大朝日岳が鎮座しているはずなのだが、朝日連峰方面はガスで覆われている。振り返ると、祝瓶山荘が遠くに見える。歩いてきた道のりの長さを実感する。

 山頂はなかなか近づかない。途中、オオカメノキの見事な紅葉があり、祝瓶山をバックにいい写真が撮れた。左手にはコカクナラ沢源流部の険しい山ひだが見える。やせた稜線はしばらく続き、祝瓶山の岩稜部が大きくなってくると、山頂部は隠れ、この辺りから草着きの岩稜地帯をトラバースして、小国側に進む。草着きの道は荒れていて、岩を確かめるようにつかんで山頂を目指す。ロープをつかみ、岩を乗り越えると、山頂へのゆるやかな道に出て、数十秒で山頂に着いた。11時6分。3時間半ほどの行程であるが、一気の直登はかなりハードだ。
 山頂には十数人が休んでいて、その一角に腰を下ろす。周囲はガスで何も見えない。晴れていれば、朝日連峰、飯豊連峰の大観を目の当たりにできるのだが、このガスではそれも期待できない。軽く食事をして、コーヒーを飲み、地図を確認してから下山する。

 山頂直下の下りは滑りやすく、木の根がうるさい。ここを下るとガスが薄くなって、色鮮やかな鈴振尾根が一瞬、そのあでやかさを見せてくれた。下って分岐点を右に折れ、ここからはやせた尾根道をずっと下る。正面に見えるはずの大玉山もガスに巻かれている。振り返っても祝瓶山の姿を見ることはできない。
 黙々と下っていると、ガスが薄くなって、標高1000mから下は視界が開けてきた。尾根の紅葉もくっきりとしてきて、大玉山の姿も分かるようになった。右手前方に見えるのは、平岩山だろうか。そこからさらに右に視線を向けると、木地山ダムが見え、さらに右には祝瓶山の峻険な裾野が広がる。

 赤鼻へは二度の登り返しがある。一瞬、道を間違ったかと思ったが、ブナの矮小林の登り返しを耐えて、赤鼻に飛び出した。ここを右に折れ、あとは急な下りをどんどん行く。ザレ場が何カ所もあり、ロープや鎖をつかんで下り、ようやくブナの林が見えるようになる。周囲には樹木がなく、不思議に思って見回すと、この一帯で樹木の倒壊があったようだ。右手には、山頂部がガスに隠れた祝瓶山が見える。

 ブナの森に入り、歩きやすい道を下って沢を越え、シダの群生した道を歩いて桑住平を過ぎる。ここからは太古の森、沢筋の道、吊り橋と、朝に歩いて来た道を戻るだけだ。ガスは相変わらずで、祝瓶山の山頂はすっかり隠れてしまったが、ブナとミズナラの大木地帯を歩くのは気持ちがよい。
 祝瓶山荘には14時21分に到着した。大半の登山者は、まだ戻っていないようで、駐車場には十数台の車が、朝と同じように止まっていた。

登山中の画像
登山画像
木地山ダムの湖面の向こうに祝瓶山を見る
登山画像
祝瓶山のアップ
登山画像
林道から祝瓶山を見る
登山画像
祝瓶山荘の駐車場
登山画像
山荘はエコ
登山画像
吊り橋を渡る
登山画像
揺れる吊り橋
登山画像
山道に分け入る
登山画像
祝瓶山が見える
登山画像
ブナの林を行く
登山画像
ミズナラの巨木
登山画像
沢へ下りて登り返す
登山画像
祝瓶山が見えてきた
登山画像
根に石を抱えこむミズナラ
登山画像
祝瓶山がよく見える
登山画像
山頂部は紅葉が進んでいる
登山画像
ここでも祝瓶山が顔を出した
登山画像
桑住平が近い
登山画像
キャンプできそうな広場
登山画像
ブナの巨木
登山画像
つづら折りの登山道より祝瓶山を見る
登山画像
急登が始まる
登山画像
ブナが美しい
登山画像
祝瓶山の姿が刻々と変わっていく
登山画像
標高を上げる
登山画像
紅葉が混じる
登山画像
やせ尾根に出る
登山画像
大玉山
登山画像
やせ尾根を直登
登山画像
コカクナラ沢源流部の山ひだ
登山画像
祝瓶山荘方面を見下ろす
登山画像
祝瓶山はまだ遠い
登山画像
オオカメノキの見事な紅葉
登山画像
険しい山ひだ
登山画像
山頂を目指す登山者
登山画像
木地山ダムが見える
登山画像
祝瓶山荘
登山画像
大玉山の向こうの朝日連峰はガスの中
登山画像
山頂が近くなってきた
登山画像
険しい山ひだが目の前に
登山画像
祝瓶山荘を見下ろす登山者
登山画像
豪快な岩肌
登山画像
切れ落ちた稜線
登山画像
紅葉は今が盛り
登山画像
岩肌と紅葉のコントラストが素晴らしい
登山画像
峻険な岩稜部
登山画像
稜線の向こうに大玉山
登山画像
山頂にはなかなか着かない
登山画像
迫ってくる岩の稜線
登山画像
この辺りから山腹をトラバース
登山画像
岩をつかんでようやく山頂へ
登山画像
鈴振尾根の紅葉はガスの中
登山画像
周囲はガス
登山画像
紅葉の中を進む
登山画像
ようやく視界が開けた
登山画像
祝瓶山山頂部はガスの中
登山画像
赤鼻への稜線歩き
登山画像
ブナの葉も黄色に
登山画像
紅葉の稜線部
登山画像
ブナの林を桑住平へ
登山画像
太古の森
登山画像
シダと岩と苔
登山画像
見事な紅葉
登山画像
祝瓶山荘に到着
この山行で使った山道具
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ブナ太郎さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ブナ太郎 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年1月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?