登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
編笠山・権現岳・西岳 (八ヶ岳日帰り登山 富士見高原~編笠山~権現岳~西岳~富士見高原) 編笠山・権現岳・西岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

山が好き! さん

この登山記録の行程

富士見高原(05:25)・・・盃流し(05:59)・・・石小屋(06:11)・・・シャクナゲ公園・・・編笠山(08:26)[休憩 14分]・・・青年小屋(08:59)・・・権現岳(10:17)[休憩 13分]・・・青年小屋(11:18)[休憩 24分]・・・西岳(12:31)[休憩 7分]・・・林道編笠線(中央コース)・・・不動清水(13:42)・・・富士見高原(14:04)

総距離 約13.4km 累積標高差 上り:約1,668m
下り:約1,668m
コースタイム 標準:10時間45分
自己:7時間41分
コースタイム倍率 0.71
富士見高原~編笠山 標高1300mから出発。標高100mおきに標識あり。2000mから急な登りになる。2400mから岩石帯の岩登り。
編笠山山頂は360度の大展望。
編笠山~青年小屋 一気に100m下る。
青年小屋~権現岳 急な登りの連続。クサリ場があちこちある。約1時間30分くらいで山頂
権現岳山頂は、大展望。山頂は岩をよじ登ったところにある。休憩はできない。
権現岳~青年小屋 急な下りの連続。登りより下りの方が怖い。
青年小屋~西岳 軽いアップダウンのなだらかな道を進んでいく。途中水場あり。1時間くらいで西岳に着く。
西岳山頂もかなりの大展望
西岳~富士見高原 最初は急な下りが続くが後半はなだらかな樹林帯の下り。

登山中の画像
登山画像
富士見高原ゴルフ場駐車場夜が明ける前に出発。
登山画像
登山口に一番近い登山者用のB-1駐車場
登山画像
林道ゲート通過
登山画像
登山口
登山画像
暗いが登山道はわかりやすい。
登山画像
編笠山方面へ向かう。編笠山まで220分
登山画像
夜が明けてきた。正面に見えるのは西岳かな?
登山画像
右の編笠山方面へ
登山画像
標高1640mやたらと標識がある。
登山画像
標高1750m
登山画像
石小屋通過
登山画像
標高1800m
登山画像
標高1900m
登山画像
標高2000mこの辺から急な登りになる。
登山画像
標高2100m
登山画像
日が出てきた。
登山画像
標高2200m
登山画像
標高2300m
登山画像
少々岩登り
登山画像
空が青い。
登山画像
シャクナゲ公園
登山画像
ここから森林限界。岩石帯の急斜面。
登山画像
この辺から大展望。南アルプス 中央が北岳
登山画像
御嶽山
登山画像
北岳と甲斐駒ヶ岳
登山画像
富士山も見える。
登山画像
標高2400mあと20分
登山画像
真下に富士見高原
登山画像
矢印に従って進む。
登山画像
西岳の向こうは北アルプスかなり雪が積もってい…
登山画像
標識が「頑張って」に変わった。
登山画像
「もうそこだ。」
登山画像
頂上まであと少し
登山画像
「最後だダッシュ!」ゆっくり行こう。
登山画像
編笠山に到着。
登山画像
ヤマスタチェックイン
登山画像
八ヶ岳の山々阿弥陀岳、赤岳、ギボシ、権現岳
登山画像
蓼科山
登山画像
阿弥陀岳
登山画像
赤岳
登山画像
目的地のギボシと権現岳
登山画像
山頂は大展望
登山画像
富士山と北岳 標高1位と2位
登山画像
西岳の向こうに北アルプス
登山画像
青年小屋に向かう。
登山画像
どんどん下る。
登山画像
青年小屋が見えた。
登山画像
権現岳
登山画像
岩石帯の下り。
登山画像
青年小屋に到着。
登山画像
遠い飲み屋提灯
登山画像
振り返ると編笠山
登山画像
小屋のトイレ
登山画像
権現岳に向かう。
登山画像
再び登り
登山画像
急な登りの連続
登山画像
正面にギボシ
登山画像
のろし場に到着。
登山画像
真正面にギボシ
登山画像
ガレ場の登り
登山画像
富士山を横に見ながらの登り
登山画像
急だ。
登山画像
クサリ場
登山画像
権現岳が近づいた。
登山画像
クサリ場。慎重に進む。
登山画像
かなり怖い。
登山画像
権現小屋が見えた。
登山画像
権現岳の山頂は休憩する場所が無さそう。
登山画像
権現岳と富士山
登山画像
権現小屋に到着。小屋は閉まっている。
登山画像
権現岳に向かう。
登山画像
あと3分
登山画像
権現岳に到着。
登山画像
岩をよじ登って山頂。
登山画像
ヤマスタチェックイン
登山画像
山頂は大展望。
登山画像
赤岳がすぐ近くに見える。
登山画像
下山開始
登山画像
赤岳への分岐。今日はやめとこう。
登山画像
権現小屋通過
登山画像
下山の方が危険だ。
登山画像
慎重に下る。
登山画像
急な下り。
登山画像
のろし場通過
登山画像
正面に編笠山。
登山画像
小屋までもう少し
登山画像
青年小屋に到着。少し早いがお昼休憩。
登山画像
西岳に向かう。
登山画像
テント場通過
登山画像
水場かなり冷たいおいしい水だ。
登山画像
木陰から西岳が見える。
登山画像
樹林帯を進む。
登山画像
横に編笠山が見える。
登山画像
なだらかな道を進む。
登山画像
少々登りになる。
登山画像
西岳に到着。
登山画像
西岳山頂
登山画像
西岳もかなり良い展望だ。
登山画像
富士見高原へ下山開始。
登山画像
富士見高原はかなりの紅葉だ。
登山画像
急な下り。
登山画像
樹林帯をどんどん下っていく。
登山画像
展望のない樹林帯の下りはだんだん飽きてくる。
登山画像
不動清水に到着。この水もうまい。
登山画像
紅葉がきれいだ。
登山画像
登った道に合流。
登山画像
登山口に到着
登山画像
ゲート通過
登山画像
近くにトイレがある。ここのトイレはすごくキレ…
登山画像
富士見高原ゴルフ場の無料駐車場に到着。お疲れ…
登山画像
鹿の湯に寄り道600円
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、健康保険証、ロールペーパー、非常食、行動食
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

山が好き!さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

山が好き! さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年1月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は?
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は? 今回は「ハイキング」、「岩稜・雪山」などアクティビティごとに登山靴、靴下、インソールの組み合わせをご紹介!
NEW ひざのサポーターを実際の山行でテスト!
ひざのサポーターを実際の山行でテスト! 「フェイタス メディカルサポーター ひざ」を、ヤマケイオンライン会員が実際の山でモニター。その使い心地は?
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す!
冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す! 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマムートの冬向けソフトシェルパンツを岩場のある乾徳山でチェック!
NEW 2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
富士登山についてのアンケート
富士登山についてのアンケート 富士登山についてアンケートのお願いです。抽選で富士山グッズをプレゼント! 富士山未経験の方もぜひご参加ください。
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。
全国津々浦々ご当地アルプス8選
全国津々浦々ご当地アルプス8選 その規模や迫力は元祖アルプスには遠く及ばないものの、アルプスらしさが楽しいご当地アルプスの魅力
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!