登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
石尾根から六ツ石山・鷹ノ巣山→東日原→もえぎの湯 六ツ石山・鷹ノ巣山(関東)
img

記録したユーザー

みち さん

この登山記録の行程

奥多摩駅(07:30)・・・三ノ木戸山分岐(09:35)・・・六ツ石山分岐(10:27)・・・六ツ石山(10:30)[休憩 5分]・・・六ツ石山分岐(10:38)・・・水根山(11:50)・・・縦走路分岐(11:53)・・・鷹ノ巣山(12:15)[休憩 25分]・・・ヒルメシクイノタワ(13:05)・・・稲村岩のコル(14:20)・・・東日原(15:20)

総距離 約15.0km 累積標高差 上り:約1,784m
下り:約1,515m
コースタイム 標準:7時間50分
自己:7時間20分
コースタイム倍率 0.94
前回の雲取山直後、風邪をひいていたけれど
体調も戻ってきて、天気予報も雨0%の晴れだと知って
どこの山へ行こう?と思ったら、奥多摩しか思い浮かばなかった。
奥多摩駅から石尾根を登って、六ツ石山まで行けば
奥多摩駅から雲取山までの道を見たことになる!と思いつき始発に乗る。

ただ、以前からの下調べで、石尾根はきつい。という感想と
緩やかで良い道。という感想を、両方とも読んでいたので
奥多摩駅に到着する迄、ずーっと迷っていた。
せっかく六ツ石山まで行くのなら、鷹ノ巣山からの眺めを見たい。という気持ちと
下山できなくなったらどうする?という不安と。
そこで計画を2つ建てた。
1.六ツ石山まで行って10:30を過ぎていたら、来た道を戻り駅へ下山
2.六ツ石山に10:30前に到着できたら、鷹ノ巣山から東日原へ下山

このコース、どちらもトイレがないので奥多摩駅でお借りして出発。
駅から登山口までは、下調べしてあったので問題なく到着。
登山口あたりで振り返ると、2名の方が見えたので抜いていただく。
ずっと林の中を登って行って、ちょっと開けたところで朝ごはん。
そこから六ツ石山まで、計6組の方に抜かれ、計6組の方とすれ違った。
道は変化が多くて楽しい。でも時々、すごく滑る場所があり怖かった。

六ツ石山分岐は、以前来た時、霧の中だったので
なんとなく暗い林の中にあるイメージだったけれど、今日は明るくて
六ツ石山の頂上までも、楽しみで疲れも忘れて登って行った。
時間は丁度10:30だったけれども、木の間から見える富士山を
もっと近くで見たくなって、休憩もそこそこに出発。
(滑る道を戻りたくないという気持ちもあり)

鷹ノ巣山までは、とにかく早く、雲が出る前に着きたいと急ぐ。
途中、あまりにも辛くなって時計を見ると、1時間以上水を飲んでいなかった。
ゆっくり座って水とオヤツをとって、再出発。
さすがに疲れてきていて、鷹ノ巣山までの上りは辛かった。
やっぱり休憩は大事だなーと、富士山を見ながら食事をとる。

ただ、どうしても苦手な下山が気になってしまう。
バスが多い東日原への下山。一度登った稲村岩尾根。という安心もあるけれど
私の苦手な岩が、ゴロゴロしてたなーと思い出して、早目に出発。
恐る恐る慎重に下っていたら、登山道の先に黒い動物が!
熊かと驚いたら、お尻が赤くてホッとする。
でも、ゾロゾロと通って行ったので怖くて、しばらく見送った。

下りきり、沢沿いに出たところでホッとする。
まだバスまで1時間あるからと、のんびり歩いていたら
3m先にコブシ大の岩が転がってきて驚く。
ダラダラしてたからだー!と、そこからは急いで歩いてバス停へ。
かなり早く着いてしまったけれど、その後、大行列になっていたので
座って帰れたのも、あの岩のおかげだ。と思うことにした。

もえぎの湯は、今日は混んでいたようで男湯が順番待ちになっていた。
この前とは男湯・女湯が交換になっているのに気づかず、
もう少しで男性の脱衣所に入ってしまうところだった。

今回、ちょっと無理をしたけれど、歩きたかった道を歩けて満足した。
ただ前回・今回と緊張する場面が多かったので、ちょっと疲れてしまったかな。
次回の晴れた休日は、もうちょっとリラックスできる山へ行きたい。

登山中の画像
  • 登山口入口 ここで2人の方を見送る
  • 石尾根は楽しい道が多い 晴れているので、更に楽しい
  • この前の霧の六ツ石山とは大違いで 一瞬、別の山へ来てしまったかと思った
  • 晴れた六ツ石山到着!
  • 六ツ石山から、ギリギリ見える富士山 これで元気が出て、鷹ノ巣山へも行こうと決意
  • 富士山が見えてきて、気持ちを奮い立たせる
  • この先が鷹ノ巣山!とわかっていても足が上がらず 青い空を見ながら、頑張った場所
  • 鷹ノ巣山頂上から、ご褒美のような富士山
  • 10日ぶりの鷹ノ巣山は混んでました
  • 今日も水量が多め
  • ここまでくると、ちょっと気が緩む
  • 今日も安全に下山!ありがとうございました
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、登山計画書(控え)、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、ストーブ、燃料、カップ、コッヘル、カトラリー・武器
この山行で使った山道具
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

みち さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年8月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW プレゼント盛りだくさんの大アンケート!
プレゼント盛りだくさんの大アンケート! みなさんはどんな山道具を使ってますか? 情報源は? 購入方法は? プレゼントも当たる大アンケートにご協力お願いします
NEW ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」
ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」 『山と溪谷』の連載「GTR」を担当するホーボージュンさんが、その裏話と、グレゴリーの大型バックパックについて語る!
NEW 移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語
移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語 子育ての環境を優先して長野県大町市に移住したという屋田さんご家族。自然が近く、生活も便利という大町暮らしを聞いた。
NEW トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック
トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック 画期的な新商品が、すべての登山者に快眠を約束してくれる。ニーモの革新的シュラフと高機能マットを紹介。
NEW 760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り
760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載では、ダブルウォール自立式のニーモ「ホーネットストーム1P」をテスト! その実力は?
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
カリマー「クーガー」がアップデート!
カリマー「クーガー」がアップデート! 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
NEW ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...