登山記録詳細

その他
参考になった 1
尾瀬-平ヶ岳-丹後山 残雪期縦走:関東地方境-山-群馬県境 大清水 三平峠 尾瀬沼山荘 沼尻 十字路 与作岳 景鶴山 大白砂山 白砂山 平ヶ岳 剱ガ倉山 滝が倉山 にせ藤原山 藤原山 大水上山 丹後山 丹後山避難小屋 三国川 十字峡トンネル 十字峡 三国川ダム 野中バス停(関東)
img

記録したユーザー

山車(dashi) さん

この登山記録の行程

尾瀬-丹後山 縦走:関東地方境-山-群馬県境 2015年4月26日(日)~30日(木)
 ●全歩行距離: 53km  累積標高差:+3,220m -4,134m
 ●群馬/福島県境(沼尻-見晴十字路)歩行距離: 4.4km 累積標高差:+69m -319m
 ●群馬/新潟県境(景鶴山-丹後山)歩行距離:20.9km 累積標高差:+1,461m -1,655m
 ○記号:[--] 交通機関  [・・・] 徒歩
①初日:大清水~十字路 歩行距離: 13.1km 累積標高差:+696m -473m
 沼田駅(7:20)--(8:57)大清水(9:00)・・・(10:20)一ノ瀬・・・(11:20)三平峠・・・(11:50)尾瀬沼山荘・・・(13:24)沼尻・・・(15:28)見晴十字路
②2日目:十字路~平ヶ岳下P1936 歩行距離: 12.2km 累積標高差:+1,122m -605m
 見晴十字路(5:12)・・・(5:30)東電尾瀬橋・・・(6:00)県境C1500・・・(6:40)P1653・・・(8:00)与作岳・・・(9:00)景鶴山(9:35)・・・(10:46)P1898・・・(11:45)大白沢山・・・(12:47)P1920・・・(13:07)C1790・・・(14:20)白沢山・・・(15:20)P1936天場
③3日目:P1936~藤原山下1670P 歩行距離: 9.4km 累積標高差:+642m -905m
 起床(3:00) 天場(4:50)・・・(6:10)平ヶ岳(6:57)・・・(7:35)P2072・・・(9:10)剱ガ倉山・・・(11:04)滝が倉山・・・(11:56)P1740・・・(13:58)にせ藤原山・・・(15:17)C1620・・・(16:00)藤原山下H1670天場
④4日目:1670P~十字峡トンネル 歩行距離: 11.4km 累積標高差:+536m -1,763m
 起床(4:30) 天場(6:00)・・・(6:14)藤原山・・・(7:26)P1610・・・(9:53)大水上山・・・(10:57)丹後山・・・(14:40)三国川・・・(18:08)十字峡トンネル天場
⑤5日目:十字峡トンネル~野中バス停 歩行距離: 6.7km 累積標高差:+223m -388m
 起床(5:00) 天場(6:55)・・・(7:25)十字峡・・・(10:10)野中バス停(10:50)--(11:00)五十沢温泉(13:38)--(14:00)六日町駅


総距離 約52.0km 累積標高差 上り:約3,132m
下り:約4,045m
 このコースに道はないが、残雪のハイウェイを縦走し、藪漕ぎして可憐な花に出合い、縦走路で鶯の鳴き声を聞くなど、残雪の春を謳歌する旅となった。そして何より、丹後山と尾瀬が繋がったことがうれしい――連敗続きの巻機山から尾瀬までの縦走の半分ではあるが――。それで有頂天になった訳ではないが、大水上山で会った逆走者に諌められた三国川(さぐりがわ)に下り、大変な目に遭った。
 鶴舞う形の群馬県、その左翼の先端部県境が今回の旅の舞台である。先端は大水上山で、群馬県の最北端であり、利根川の源流でもある。この流域は矢木沢ダムなど首都圏の水瓶で、県境が分水界になっている。と同時に中央分水嶺(降水が太平洋に流れるか、日本海に流れるかの境界)でもある。今回の旅は景鶴山から大白沢山北峰までは日本海流域を歩き、その先は平ヶ岳、大水上山を経て、丹後山まで、中央分水嶺をトレースする。
 今回の旅は、先週に続いての尾瀬入りである。先週、尾瀬沼の県境横断に成功した。今回の旅で尾瀬沼が渡れなくなることを恐れてのものであった。沼田街道は大清水から、全面雪で、また尾瀬沼が渡れるかもしれない!という淡い期待をもたせたが、空しかった。尾瀬沼は“逆さ燧”を映し込むほどの水溜りができ、とても渡る気にはならなかったが、天気が良かった。群青の空と、白い湖面、くっきり浮き立った端正な燧ヶ岳に会うことができた。尾瀬沼から入山した目的がもう一つある。沼尻から見晴までの県境トレースである。これで群馬/福島県境は20km余りと短いが、完走となった。
 景鶴山には東側の肩から頂上まで、ピラミッドの階段を思わせる、真っすぐなスロープが架かっている。南には白い尾瀬ヶ原が拡がり、竜宮の名の由来になったかのように沼尻川が蛇行している。原の東西には燧ヶ岳と至仏山が尾瀬の守護神の様に鎮座している。否、守護神でもある尾瀬の創造主と呼ぶべきかも知れない。数百万年前には至仏山が隆起して準平原をなし、その後、景鶴山やアヤメ平などの噴火で、堆積と浸食を繰り返していた。最後に燧ヶ岳が噴火して只見川とその源流部を堰き止め、尾瀬ヶ原と尾瀬沼が誕生した(尾瀬保護財団、他の資料より)。そんなことに思いを馳せる眺めである。
 景鶴山の西への下りは山頂から、そのまま進むと、岩と灌木で厄介そうであったので、少し戻り、雪のついた北側を巻いた。ここから平ヶ岳までは、残雪のハイウェイが通っている。広からず、狭からず、見通しが利いて、適度に締り、踏み抜きもない。大した雪庇もなかった。困ったのは景色に見とれ、シャッターチャンスに追われ?!中々進めないことであった。残雪期のメリットを最大限に享受した1日であった。と同時に、大歓迎してくれた山の神様に感謝しなければならない。
 曙色という和色がある。北東の空をその色に染めて、会津駒ケ岳から朝陽が昇った。平ヶ岳の山襞が、ほんのりピンクに色付く。平ヶ岳は特異な山である。山体は花崗岩だそうなので、地下深い所(数km~数十km)で固まったマグマが隆起してきたことになり、もろい花崗岩が浸食に耐えて、大きな丸い山体を維持している不思議である。この時期になると雪が残っている山頂は少ないが、平ヶ岳には推定で70cm位の残雪があり、南東面の雪庇も小さく、崩落の形跡もないことから、雪の浸食が小さいのかもしれない。素人の戯言である。
 剱ガ倉山は平ヶ岳の手前から見上げると、マッターホルンの様に見え、果たして登れるのかと訝った。40年前の夏合宿で平ヶ岳から丹後山は縦走しているが、そのような記憶はなかったからである。平ヶ岳の先の2072mのピークから剱ガ倉山を見下ろすと、登りは問題なさそうであったが、手前のコルの雪の状態が悪く、取付きまでのルートが見いだせなかった。コルの雪は両側共、雪崩れかかり、稜線の中央に残った雪の壁は、万里の長城の側壁のみを高めたように5~60m続いている。幸いにも逆走者の新しい足跡があり、それを辿って、狭い所では蟹の横歩きを強いられたが、登りの岩場に取り付くことができた。
 剱ガ倉山を下ったところから、にせ藤原山まで、藪漕ぎとなった。でも大した藪ではない。灌木なので見通しは利き、そして何よりのご褒美は、藪を掻き分けると、そこに待っていてくれたかのように、咲き頃の可憐な花が微笑んでいる。ショウジョウバカマ(猩々袴)、イワウチワ(岩団扇)、藪が守ってくれたのか、花も葉も、全く傷んでいない。山で咲くマンサク(満作)の花も初めてみた。今日(3日目)は11時間歩いて、距離は9.4km。目標の丹後山は遥か遠い。藪が長かったし、平ヶ岳では50分も長居した。巻機山は諦め、明日は丹後山から下山することにした。
今日(4日目)も昨日と同様、ま~るい山の麓で朝を迎えた。昨日は平ヶ岳、今日はそのミニチュア版のような藤原山である。大水上山の登りにも岩や藪があり、通過するのに難儀したが、ここにも春一番を告げる花と鳥がいた。カタクリ(片栗)の花と鶯(春告鳥)である。こんな雪の中の僅かな藪で恋をさえずる。なんとも風流である。
 大水上山で、ここからは道がある安心感もあって、ゴールしたような達成感に浸っていると、十字峡から上がってきて、尾瀬に向かうという単独行者が現れた。彼曰く、十字峡からの三国川(さぐりがわ)沿いはデブリで通れない。中ノ岳を経由してきた。三国川に下らない方が良いと忠告してくれた。結果的にこの情報を無視することになった。一言で言うなら、情報の選択と判断の誤りであった。今考えると、ハイカーの情報なら、いざ知らず、単独で尾瀬に抜けようとする人が、今、体験してきた情報である。どの情報を選択するかは明白であったはずだ。
 丹後山の下りは快適だった。まだ雪が付いていて、適度に柔らかく、踵から蹴り込むと、衝撃も少なく、真っすぐ下れた。グリセードもできた。楽しい!高度を下げると、橅の若葉とタムシバ(田虫葉)の白い大きな花、雪の上に春がやってきている。
 三国川に降りた。最初はよかった。栃の木橋を渡り、一つカーブを曲がると、すごい光景が目に飛び込んできた。山のようなデブリが対岸まで伸び、ブリッジになっている。デブリに登り、先を見ると道路が見える。抜けたか、と思いきや、その先は林道がデブリに埋まり、すっかり元のV字谷の急斜面となって、雪解けの激流に雪崩込んでいる。雪の表面は10cm位、腐っていて、ステップを2度3度蹴り込まないと、アイゼンの歯は立たない。ピッケルは持ってこなかった。ストックでバランスを保つしかない。滑ったら終わりである。これを延々と2km余り、十字峡に辿りついた時には精も根も尽き果てていた。しかし、よくぞ、ここまで、集中力と体力が保(も)ったものである。自身の能力と体力を越えている。食事もとらずに(とれずに)トンネル内にテントを張り、眠りに落ちた。下山して、鏡を見て驚いた。人相が変わっていた。

関連レポート
○関東地方境一周:群馬県境
 ・尾瀬沼横断:関東地方境-山-群馬県境 2015年4月19日
  < https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=117347>
 ・残雪の景鶴山に登る:関東地方境-山-群馬県境:2014年5月1日(木)~2日(金)
  <https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=117322>
 ・燧ヶ岳・至仏山・尾瀬一周の旅:関東地方境-山-群馬県境:2012年8月19日~20日
  < https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=117269>
 ・尾瀬から日光沢温泉を巡る、夏の終わりの静かな山旅:2006年8月18日(金)~20日(日)
  <https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=117060>
 ・巻機-丹後、縦走 敗退記:2017年04月25日(火)~27日(木)
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=92462>
○日本アルプス縦走~日本弧状列島完全人力横断(御前崎~親不知)~
 ・全体版:2015年6月30日~2016年7月22日
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=72911>
 ・Round.1:御前崎スタート(御前崎~畑薙第1ダム) 2015年6月30日~7月5日
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=72732>
 ・Round.2:南アルプス・南部(畑薙第1ダム~三伏峠)2015年7月19日~25日
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=85112>
 ・Round.3:南アルプス・北部(三伏峠~駒ヶ根) 2015年8月8日~13日
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=85249>
 ・Round.4:中央アルプス・乗鞍岳・焼岳(駒ヶ根~西穂山荘下)2015年9月11日~17日
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=85409>
 ・Round.5:北アルプス南部(西穂山荘下~種池山荘)2015年10月2日~10日(土)
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=112065>
 ・Round.6:北アルプス・北部(種池山荘~親不知) 2016年7月17日~22日
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=115955>

登山中の画像
登山画像
清浄の世界@白沢山:毘盧遮那仏さん、ごめんなさ…
登山画像
沼田街道は大清水から、この通り、1週間前と変わら…
登山画像
燧ヶ岳、三題:この通り、逆さ燧が映るほどに。これ…
登山画像
燧ヶ岳、三題:この通り、渡れそうなところもある…
登山画像
燧ヶ岳、三題:尾瀬沼は渡れそうになく、残念。先週…
登山画像
沼尻休憩所はまだ半分埋まっている。
登山画像
沼尻から長蔵方向。台形は檜高山。こちらから見る…
登山画像
ワサビ(山葵)@段小屋坂:暖かい清水が流れている…
登山画像
見晴十字路到着
登山画像
美しい至仏山の夜明け
登山画像
景鶴山:一番手前の三角、笹山の右のコルから取り…
登山画像
東電尾瀬橋で只見川を渡る
登山画像
大白檜曽の樹間から見る至仏山もいい
登山画像
景鶴が目前に!こちらから見る景鶴が最高!山頂…
登山画像
与作岳:三等三角点。景鶴山には三角点はない
登山画像
景鶴、至仏@与作:景鶴、格好いい!
登山画像
群青の空
登山画像
ま~るい山、第1弾:与作岳を振り返る。左会津駒、…
登山画像
平ヶ岳@景鶴山:ここからの平ヶ岳が一番
登山画像
尾瀬ヶ原を見下ろす@景鶴山:沼尻川の蛇行、円弧…
登山画像
@景鶴山;木の影が平ヶ岳、頭の上が越後沢山、本…
登山画像
燧ヶ岳@景鶴山:景鶴登りのスロープ
登山画像
平ヶ岳への稜線:左から大白沢・P1920・白沢山・平…
登山画像
景鶴を振り返る。溶岩ドームの北側(左)を巻いてき…
登山画像
大白沢山@手前のC1850
登山画像
至仏山@大白沢山手前のC1850
登山画像
景鶴・燧を振り返る@大白沢肩
登山画像
大白沢山:背景は燧・景鶴
登山画像
平ヶ岳@大白沢山
登山画像
平ヶ岳への稜線:P1920・白沢山・平ヶ岳
登山画像
たおやかな会津駒ケ岳@大白沢山
登山画像
振り返る:大白沢・景鶴・燧
登山画像
ハイウェイ 平ヶ岳への稜線@P1920雪庇がないの…
登山画像
ハイウェイ:狭からず、広からず、快適な稜線。景色…
登山画像
絶景に見とれ、なかなか進めない!
登山画像
振り返る@P1895登り:右からススヶ峰・至仏山・P1…
登山画像
振り返る@P1895登り:右から景鶴山・与作岳・燧ヶ岳
登山画像
P1895はそこ。スカイラインはま~るい山、第2弾:…
登山画像
P1895より:ま~るい山、第2弾:白沢山。左はま~…
登山画像
白沢山登りから振り返る:P1895・至仏山・P1920・大…
登山画像
白沢山
登山画像
ま~るい山、第3弾:平ヶ岳@白沢山:雪庇が出て…
登山画像
来し方を振り返る@白沢山
登山画像
景鶴山・大白沢山@白沢山:奥は日光白根山・錫ヶ…
登山画像
燧ヶ岳・与作岳@白沢山:左奥は帝釈山
登山画像
@白沢山:会津駒ケ岳
登山画像
白沢山の雪壁、遠景は景鶴
登山画像
ま~るい山、第3弾:平ヶ岳@H1936天場
登山画像
平ヶ岳下H1936にテントを張る。
登山画像
景鶴山、奥は日光白根・錫ヶ岳・笠ヶ岳?
登山画像
会津駒ケ岳からの日の出
登山画像
平ヶ岳が、ほんのりピンク色に
登山画像
平ヶ岳に陽が差し始めた
登山画像
平ヶ岳の朝:昨日の群青色より、この青が好き!こ…
登山画像
綺麗な模様
登山画像
来し方@平ヶ岳手前H1950辺り:手前から)木立3列…
登山画像
ネットの写真から推定すると積雪は70cm位しかな…
登山画像
空雪の世界
登山画像
中ノ岳・駒ヶ岳@平ヶ岳:体幹が傾いている
登山画像
来し方@平ヶ岳:平行四辺形が白沢山・台形が大白…
登山画像
武尊山・手前は笠ヶ岳@平ヶ岳
登山画像
平ヶ岳から見る。縦走路のピークは手前から、雪の…
登山画像
ま~るい山、第3弾:大きな平ヶ岳西H2120から東を…
登山画像
越後三山@平ヶ岳:手前の縦走路も良く分かる。こ…
登山画像
池ノ岳:玉子石のある稜線
登山画像
P2072:向こうからのトレースがある。まだ新しい…
登山画像
剱ガ倉山へ@P2072下りH2030:柄沢山~巻機山~…
登山画像
剱ガ倉山へ@C1890少し手前
登山画像
P2072を振り返る@剱ガ倉山手前C1890
登山画像
P2072を振り返る@剱ガ倉山手前C1890から少し上…
登山画像
池ノ岳・平ヶ岳・P2072@剱ガ倉山
登山画像
@剱ガ倉山:滝が倉山から”にせ藤原山”間は雪が…
登山画像
小沢山・下津川山、奥は巻機山。小沢山は巻機山に続…
登山画像
行き先)縦走路:滝が倉山・にせ藤原山・藤原山・大…
登山画像
@C1793先:クラック。向こうは荒沢岳
登山画像
剱ガ倉山を振り返る:剱ガ倉山・P2072・平ヶ岳
登山画像
滝が倉山(雪が八の字)@P1790の下り:行き先)縦…
登山画像
滝が倉山(雪形八の字、右丸はげ)@P1790下りH1730…
登山画像
行き先)縦走路:雪目上の丸三角)滝が倉山・その左…
登山画像
滝が倉山(円形はげ)手前の藪:人型はにせ藤原山
登山画像
@滝が倉山:小沢山~越後沢山
登山画像
@滝が倉山:この辺りは標高が1700m位と低いせい…
登山画像
滝が倉山から振り返る:最高が剱ガ倉山・その左の…
登山画像
雪庇には近寄らない。奥のP1740、その右の黒三角P1…
登山画像
行く先@P1740:縦走路:黒三角はP1722か?その…
登山画像
@滝が倉山先P1740:左から)P1720・P1792・丹後山・…
登山画像
越後沢山@滝が倉山先P1740
登山画像
ショウジョウバカマ(猩々袴)@にせ藤原山南P1740…
登山画像
イワウチワ(岩団扇)@にせ藤原山南H1670
登山画像
イワウチワ(岩団扇)つぼみ@にせ藤原山南P1740下…
登山画像
マンサク(満作)@にせ藤原山南P1722
登山画像
藪が続く。行き先@P1722)縦走路:黒最高部がにせ…
登山画像
藪が続く。二つ目がにせ藤原山
登山画像
荒沢岳@にせ藤原山(三等三角点):巻倉山・源蔵山…
登山画像
にせ藤原山(三等三角点)
登山画像
振り返る@にせ藤原山:手前から)P1700・ピラミッ…
登山画像
まだ先は遠い@にせ藤原山:丹後までは行けそう…
登山画像
丹後山・大水上山@藤原山手前C1620:丹後山避難…
登山画像
ま~るい山、第4弾;藤原山
登山画像
来し方@藤原山手前H1660辺り:丸いP1670・にせ藤…
登山画像
ま~るい山、第4弾:藤原山:左の笹の上が今夜の…
登山画像
ま~るい山、第4弾:藤原山:mini平ヶ岳
登山画像
坪入山(左)と窓明山(右)の間から陽が昇る@藤原…
登山画像
My シルエット
登山画像
来し方@藤原山下:縦走路)にせ藤原山・剱ガ倉山・…
登山画像
兎~灰ノ又
登山画像
行く先@藤原山:台形の右が大水上山・左が利根川…
登山画像
越後沢山の勇姿@藤原山
登山画像
行く先@藤原山:右から利根川水源碑・丹後山・P17…
登山画像
大水上山が近づいてきた@P1610南をトラバース
登山画像
@P1610の次のC1590:東西の稜線で北側に雪庇が…
登山画像
@大水上山登りH1650辺り:藪か!と思いきや、藪…
登山画像
カタクリ(片栗):藪は大したことないが、片栗を踏…
登山画像
カタクリ(片栗)一輪:雪が消え、藪に守られて咲い…
登山画像
カタクリ(片栗)二輪
登山画像
カタクリ(片栗)三輪
登山画像
来し方@大水上山登りH1660辺り:縦走路)藤原山・…
登山画像
至仏・笠・武尊・越後沢・本谷山
登山画像
来し方@大水上山登りH1660:縦走路)藤原山・にせ…
登山画像
来し方@大水上山登りH1660:縦走路)藤原山・にせ…
登山画像
笠ヶ岳・武尊山
登山画像
目前の大水上山
登山画像
P1834利根川水源碑:この模様はどのようにしてで…
登山画像
いや、頂上はまだまだでした
登山画像
大水上山登りから来し方を振り返る
登山画像
@大水上山:八海山・中ノ岳・兎岳
登山画像
@大水上山:難関の縦走路突破。此処からは道があ…
登山画像
巻機を正面に土の道を行く
登山画像
難関の縦走路@利根川水源碑:丹後山・本谷山・下…
登山画像
利根川水源碑:バックは越後三山
登山画像
来し方@利根川水源碑:藤原山~平ヶ岳,左奥は…
登山画像
まあるい山第3弾、美しい丹後山@利根川水源碑:…
登山画像
@ま~るい山、第5弾:丹後山
登山画像
丹後山(二等三角点)
登山画像
丹後山(二等三角点)
登山画像
ヒメイチゲ(姫一花)@丹後山
登山画像
来し方@丹後山
登山画像
@丹後山:越後沢山・本谷山・下津川山・小沢山・永…
登山画像
気持ちの良い丹後山避難小屋:ここで一泊しなか…
登山画像
下津川山~ネコブ山の稜線,右に牛ヶ岳・割引岳
登山画像
ショウジョウバカマ(猩々袴)
登山画像
イワウチワ(岩団扇):深く裂け、離れているので離…
登山画像
雪見羊羹:なかなか乙な味
登山画像
大きな雪のブロックが立ちはだかる
登山画像
シャクナゲ(石楠花):まだ開いていないのに雄し…
登山画像
シャクナゲ(石楠花):こちらは色が薄いので白山…
登山画像
オオカメノキ(大亀の木)
登山画像
ブナ(橅)
登山画像
ブナ(橅)の花
登山画像
ブナ(橅)の若葉:開く前の折りたたみ構造は宇宙…
登山画像
ななんだ!
登山画像
ブナ(橅)の若葉にタムシバ(田虫葉)の花が映える
登山画像
タムシバ(田虫葉):コブシ(辛夷)は葉が1枚あり。…
登山画像
タチツボスミレ(立坪菫)
登山画像
シロバナニシキゴロモ(白花錦衣):最初はジュウ…
登山画像
川まで降りてきて、すぐの所、右岸:まだ余裕あり
登山画像
@橋を渡って左岸から:ものすごいデブリのブリ…
登山画像
@デブリの上から:道路が見えるが、その先は???
登山画像
ここは前の写真の道路を左に回り込んだところ
登山画像
山の若葉と青空と、上は天国、足元地獄
登山画像
これはまるで氷河ならぬ雪河である!前の蕗のと…
登山画像
この時はもうトンネルに着くはずだと思えども、ま…
登山画像
まだ着かない!トンネルまで380mを30分位かかっ…
登山画像
十字峡トンネル西側:昨夜はここで天泊
登山画像
十字峡トンネル東側:ものすごいデブリ
登山画像
雪崩の凄まじさが分かる。対岸(南岸)の道路はまだ…
登山画像
桜は散って葉桜だが、地面を見て、花見ができる。バ…
登山画像
三国(さくり)の桜(さくら)で道すがら摘んだ蕗味…
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

山車(dashi)さんの登山記録についてコメントする
  • mizuyokan さん
    とてもこのレベルの山行などできませんが、大変面白く読ませていただきました。ありがとうございました。

  • 山車(dashi) さん
    とんでもない。判断力含めて、実力以上の山行をしてしまいました。拙い文章を読んでいただき、ありがとうございました。

関連する現地最新情報

  • 原の小屋~尾瀬ヶ原
    原の小屋
    濡れた木道は思いのほか滑りやすくなっています。小屋前のレンゲツツジのつぼみがだいぶふくらんできました。
    19年06月17日(月)
    山ノ鼻ビジターセンター~至仏山
    山ノ鼻ビジターセンター
    ミズバショウの時期は終了し、尾瀬ヶ原の湿原は緑色に染まってきました。ワタスゲが顔を出してきました
    19年06月12日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

山車(dashi) さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年6月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...