登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
谷川連峰縦走(平標登山口~平標山~谷川岳~茂倉岳~朝日岳~土合駅) 平標山~谷川岳~朝日岳(上信越)
img

記録したユーザー

cozy さん
  • 日程

    2018年7月14日(土)~2018年7月15日(日)

  • 利用した登山口

    土合駅  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:JR越後湯沢駅から8時20分発の南越後観光バスの湯沢~三俣~貝掛温泉~浅貝~西武クリスタル線。元橋バス停まで590円。
    Suicaは使えず現金のみ。乗車時に両替をおすすめ。
    3連休の初日ということもあり、座席はすべて満席で、10名ほどは立ち。

  • 天候

    初日は仙ノ倉山以降は少々ガスがかかる程度で基本は晴れ。2日目は快晴。
    [2018年07月14日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
元橋(09:08)・・・松手山(10:23)[休憩 6分]・・・平標山(11:26)[休憩 8分]・・・仙ノ倉山(12:08)[休憩 3分]・・・エビス大黒ノ頭(12:50)[休憩 4分]・・・毛渡乗越(13:30)・・・万太郎山(14:21)[休憩 8分]・・・大障子避難小屋(15:11)・・・オジカ沢ノ頭避難小屋(15:52)[休憩 6分]・・・中ゴー尾根分岐(16:25)・・・谷川岳肩ノ小屋(16:35)[休憩 16分]・・・トマの耳(16:56)・・・オキの耳(17:05)・・・一ノ倉岳(17:46)・・・茂倉岳(17:59)

【2日目】
茂倉岳(05:49)・・・武能岳(07:00)[休憩 10分]・・・蓬ヒュッテ(07:31)[休憩 2分]・・・分岐(07:41)・・・七ツ小屋山(08:12)[休憩 7分]・・・清水峠(08:52)[休憩 5分]・・・ジャンクションピーク(10:28)・・・朝日岳(10:43)[休憩 31分]・・・笠ヶ岳(12:10)・・・白毛門(12:49)・・・松ノ木沢ノ頭(13:18)[休憩 5分]・・・土合橋(14:37)・・・土合駅(14:45)

総距離 約35.6km 累積標高差 上り:約4,225m
下り:約4,518m
コースタイム 標準:23時間38分
自己:15時間56分
コースタイム倍率 0.67
初日は天気が良く、気持ちいい稜線歩きができました。
はじめは樹林帯を登っていくが、しばらくすると森林限界となり、景色が開けてきます。
松手山を過ぎると平標山が見えてきます。登っている最中に苗場山も見えてきます。平標山から仙ノ倉山はアップダウンもきつくなく、気持ちいい稜線歩きが楽しめます。
仙ノ倉山の先は一気に人が少なくなり、1時間に一人すれ違うかどうかくらい。登山道は草刈りがされていたが、刈り取られた草によって若干滑りやすいため注意が必要。
ここらへんからガスがかかってきました。雲の通り道だろうか。ところどころ雲の切れ間で晴れ間が見え、途中、色とりどりの高山植物が沢山咲いていました。
行程が長く、万太郎山あたりで集中力が切れてきた。
ところどころで、ガレ場があったりして足場が悪い箇所がありました。万太郎山を過ぎると若干道がわかりづらい箇所があり、周囲を見渡してペイントがないかどうか確認が必要です。特にガスがかかって視界が悪いときは注意が必要です。
肩の小屋が見えてくると、群馬県警の救助ヘリが飛んでいた。救助活動のため、肩の小屋の中に一時退避するように言われて小休止。
オキノ耳までは一般登山客も多いため登山道も整備が行き届いており歩きやすいが、オキノ耳から一ノ倉岳までは岩が多く道も狭く歩きづらい。
一ノ倉岳から茂倉岳は比較的平坦で道も広くなり歩きやすかった。一ノ倉岳から避難小屋までは10分程度下るようになります。

2日目も天気が良く、朝から快晴。
ただ、朝露が草木を湿らせていたため、靴がびしょ濡れになっってしまった。ゲイターかレインウエアを履いていればよかったと思った。
茂倉岳から七ツ小屋山までは急勾配や足場の悪い箇所はほとんどないため、比較的楽に進める。結構平坦に近く武能岳から蓬ヒュッテまでは特に歩きやすかったです。
七ツ小屋山から清水峠までは少し急な下り坂のため、足元滑らないように注意が必要です。土が湿っていて滑りやすい箇所や、小石がところどころあった。
清水峠から朝日岳方向を見上げると、ここを登るのかという感じになるが、思ったほどきつい登りではなかった。ただ、足を滑らすと滑落する恐れのある場所もあったので慎重に進みます。
ジャンクションピークを過ぎると緩やかな登りになり歩きやすく途中に池塘や雪渓が見られました。
朝日岳の先は小ピークを何回か超える必要があり、登りも下りも岩の場所が多く注意が必要でスピードも上げられない。暑さのピークを迎え体力的にも辛くなってきた。
白毛門からの下りは体力を消耗しているのもあり、岩が多く注意が必要です。鎖やロープの箇所も多く、下りだが時間がかかった。
松ノ木沢ノ頭から土合まではかなり長い樹林帯を進む。いつになったら終わるのかというような心が折れるような下りが続く。結構急なため、ひざを痛めないように注意が必要。途中で休憩している人たちもちらほら。
途中で川が見えてくるが、なかなか近づいてこない。目的地のJR土合駅も見えたりするがかなりこちらも近そうで遠い存在。このコースは土合から登るとかなり大変だと思う。
今回、通常なら3泊4日コースを1泊2日にしたため、かなり長距離コースでした。水分補給のペース配分にも気を遣いました。
また、途中で体力が持たない場合もエスケープルートや手前の避難小屋で宿泊するのも想定に入れていました。その場合は2日目に土樽方面へ下山し朝日岳はあきらめるということにしていました。
登山計画書の通過時間と照合しながら予定より遅れていないか確認しながら行けたため、ほぼ予定通り行動することができ、土合駅の上越線の乗車時刻に間に合うことが出来ました。
日中は暑いですが、夜間は冷えるため防寒着は必要です。(レインウェアで代用している人もいました)

登山中の画像
登山画像
松手山に向かう手前に鉄塔が見えます。よくぞこ…
登山画像
途中でカブトムシを見つけました。もちろん取ら…
登山画像
松手山から平標山を。このあたりから森林限界と…
登山画像
平標山が近づいてきます。
登山画像
平標山山頂です。
登山画像
平標山から仙ノ倉山をのぞみます。稜線歩きが楽…
登山画像
途中、ニッコウキスゲが満開でした。
登山画像
仙ノ倉山山頂手前は木道となります。
登山画像
歩いてきた平標山方面です。だいぶ進んできまし…
登山画像
エビス大黒避難小屋です。
登山画像
仙ノ倉山から先はガスがかかってきました。土樽…
登山画像
エビス大黒ノ頭です。
登山画像
万太郎山をのぞみます。まだまだ先は長そうです。
登山画像
毛渡乗越まで来ました。万太郎山が近づいてきま…
登山画像
いろいろな高山植物が咲いています。お花畑が広…
登山画像
避難小屋です。天気がいいと中は蒸し風呂状態で…
登山画像
万太郎山山頂です。
登山画像
ようやく谷川岳方面が見えてきました。
登山画像
大障子ノ頭です。この先岩場などがあり、進みづ…
登山画像
関越道の土樽PAや湯沢町方面が見えます。
登山画像
大障子避難小屋が見えます。
登山画像
子障子ノ頭です。
登山画像
水上方面です。
登山画像
オジカ沢ノ頭です。谷川岳までもう少し。このあ…
登山画像
足場も悪く、進む先もわかりづらいです。ペイン…
登山画像
ようやく谷川岳肩の小屋が見えてきました。
登山画像
肩の小屋に近づくと群馬県警の救助ヘリが。熱中…
登山画像
ようやく肩の小屋に到着。救助ヘリがこれから来…
登山画像
トマノ耳に到着
登山画像
オキノ耳です。
登山画像
明日行く予定の朝日岳方面です。
登山画像
ノゾキです。一ノ倉沢が見えます。落ちたら助か…
登山画像
一ノ倉岳です。オキノ耳からここまでは道が狭く…
登山画像
茂倉岳までは打って変わって歩きやすい稜線とな…
登山画像
茂倉岳山頂です。今晩は茂倉岳避難小屋に宿泊し…
登山画像
茂倉岳避難小屋からの夕日。天気がよければ日本…
登山画像
翌日の朝です。朝から天気がよく今日も暑くなり…
登山画像
苗場山も見えます。
登山画像
茂倉岳山頂に上って見る、谷川岳方面です。右側…
登山画像
今度は谷川岳を左に見ます。
登山画像
手前は万太郎山でしょうか。
登山画像
仙ノ倉山方面です。
登山画像
武能岳方面です。雲海が広がっています。周辺の…
登山画像
武能岳方面に進んでいきます。
登山画像
朝日で気温が上がってきたため、雲も取れてきま…
登山画像
武能岳山頂です。びしょぬれになった靴を脱いで…
登山画像
蓬(よもぎ)峠に向かって進みます。これからは…
登山画像
朝日岳を望みます。まだまだ先は長い。
登山画像
緩やかな稜線歩きです。軽快に進めます。
登山画像
蓬峠に着きました。
登山画像
朝日岳が少しずつ近づいてきます。
登山画像
七ツ小屋山山頂です。今まで歩いてきた武能岳方…
登山画像
万太郎山や仙ノ倉山方面です。
登山画像
麓の湯沢町が見えます。
登山画像
高山植物が目を楽しませてくれます。
登山画像
清水峠への下りです。滑りやすいところがあるの…
登山画像
清水峠に着きました。送電線監視所のようで一般…
登山画像
白崩避難小屋です。送電線監視所の少し先にあり…
登山画像
JRの避難小屋から進むと途中に池塘がありました。
登山画像
いろいろな高山植物が見れます。
登山画像
ジャンクションピークを過ぎると傾斜が緩やかに…
登山画像
ジャンクションピークを過ぎ、朝日岳に登る手前…
登山画像
ここまでくると朝日岳山頂までもう少し。
登山画像
朝日岳山頂です。
登山画像
谷川岳方面です。昨日はあそこにいたんだな。
登山画像
東側の至仏山方面です。
登山画像
笠ヶ岳方面に進みます。この先岩場があったり、…
登山画像
途中ではお花畑が広がっています。
登山画像
笠ヶ岳山頂です。谷川岳がよく見えます。
登山画像
白毛門です。一ノ倉沢がきれいに見えます。
登山画像
登ってきた笠ヶ岳方面もきれいに見えます。意外…
登山画像
東側の至仏山方面です。
登山画像
ようやく下山地点のJR土合駅が見えてきました。…
登山画像
下山するにつれて谷川岳が大きく近づいてきまし…
登山画像
ここまできたらもう少しで土合橋です。
登山画像
土合橋の道路まで出ました。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、非常食、行動食、マット(個人用)、ストーブ、燃料、コッヘル
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

cozyさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

cozy さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月12日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。