登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
終活登山11 尾瀬・笠ヶ岳(関東)
img

記録したユーザー

独りぼっち さん
  • 日程

    2014年9月13日(土)~2014年9月14日(日)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:新宿南口(夜行乗り合いバス)→尾瀬戸倉(3,900円)
    尾瀬戸倉→鳩待峠(930円)

  • 天候

    晴れ時々曇り
    [2014年09月13日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

15)新宿(22:00)夜行バス→尾瀬戸倉(4:20~4:40)
16)鳩待峠(5:09~5:50)→オヤマ沢田代分岐点(6:55)→小至仏山(7:15)→至仏山(7:45~8:00)→オヤマ沢田代分岐点(8:45)→悪沢岳(8:55)→小笠(9:38)→笠ヶ岳(10:07~10:25)→避難小屋(12:00)→ワラビ平(12:23)→湯ノ小屋温泉(14:10~14:40)


総距離 約18.5km 累積標高差 上り:約955m
下り:約1,774m
何度体験しても夜行バスは寝にくい。中途半端な眠りのままバスを乗り換えて鳩待峠登山口に到着。
鳩待峠は最初に訪れた頃と比較して大変な変化。小屋やトイレがきれいになっていた。トイレは最近はやりの料金徴収式、とは言っても「宜しかったら…」という感じ。
大多数の人は「尾瀬が原」に向かうが「至仏山」方面に向かう人も少なからず。「至仏山」は地質のせいか森林限界が低く、1時間少々で周囲が明るくなり「オヤマ沢田代」に到着する。「笠ヶ岳」への分岐点は湿原のすぐ上で「至仏山」へは直進する。道は「小至仏山」直下まで木道が整備されており初心者向けだが、ここから先は岩稜地帯となり一寸歩きにくくなる。余りにも登る人が多く岩が削れて丸くなっている。乾いていれば大したことないのだが、塗れていると滅茶苦茶滑る。下る人が多くなるコースなので要注意。
「オヤマ沢田代」の分岐点から「笠ヶ岳」にかけては緩い下り坂が続く。そして森林限界未満のため眺望には恵まれないが、広葉樹と針葉樹の混交地帯から紅葉の時期は素晴らしいコースになるであろうと予想できる。
「笠ヶ岳」の手前に「小笠」と呼ばれている小ピークがある。展望は期待できないが2~3分で到着できるので話の種に登ってみるのも悪くない。
「笠ヶ岳」までは東側の展望が滅茶苦茶良い。そして分岐点から山頂までは10分位。ちょっとした岩稜コースになるが、「至仏山」ほど登山者が多くないので岩が擦り減っていて滑ることはないが、慣れない人には緊張するかも…。山頂からの展望は素晴らしい。西にはこれから向かう「藤原湖」、その奥には「谷川岳」の雄姿が望める(はず)。
山頂から分岐点までちょっと緊張するが短時間で降りられる。「湯の小屋」方面のみちは更に登山者が少なくなるので若干荒れ気味。けれども笹薮で道が隠れているということもなく慣れない人も安心して歩ける。が、道はかなりぬかるんでおり泥や水を跳ね上げながら歩くことは覚悟しなければならない。この時たどったコースはGPSに記されたルートと異なっていたが、ぬかるんだ道を除けば非常に歩きやすかった。緩やかな道も、水場の分岐を過ぎたあたりから急坂に変わる。滑りやすくじめじめした道だが、荷物が軽かったりバランスの良い人だったら走れるかも。薄暗い樹林の中、蛇に驚かされたりするがちょっかいさえ出さなければ蛇のほうから攻撃してくることはない(種類が分からないのが不気味)。途中に唯一の避難小屋がある。扉は壊れているがブロック製のしっかりした作りで豪雪にも十分耐えられる。中は狭くて汚いが、贅沢さえ言わなければ『いざ』と言う時には黄金の御殿に早変わり。林道の終点らしき所が「ワラビ平」(だと思う)。ここから少し明るくなった樹林の中を緩やかに下っていく。2~3度林道を横断すると「湯の小屋温泉」への最後の下り。
「湯の小屋温泉」のバス停は、日帰り入浴施設の先の広場にある。1時間に1本しかバスがないので要注意。時間によっては温泉に入って疲れをとるのも一興。温度は暑すぎず温すぎずでまぁまぁ気持ちが良い。

登山中の画像
登山画像
鳩待峠にて
登山画像
至仏山山頂 意外と狭い
登山画像
至仏山から燧ヶ岳をバックに
登山画像
至仏山から尾瀬ヶ原を望む
登山画像
至仏山から燧ヶ岳パノラマ
登山画像
たぶんリンドウ
登山画像
たぶん皇海山
登山画像
笠ヶ岳山頂
登山画像
避難小屋入り口
登山画像
中-メタルラックがある
登山画像
コンクリート製 豪雪でも大丈夫
登山画像
湯ノ小屋温泉側の登山口
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ツエルト、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、GPS機器、ストーブ、燃料、カップ
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

独りぼっちさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 山ノ鼻ビジターセンター~至仏山
    山ノ鼻ビジターセンター
    尾瀬ヶ原の現在の主役はヒオウギアヤメとカキツバタです。ニッコウキスゲは、あと1週間ほど先
    19年07月11日(木)
    原の小屋~尾瀬ヶ原
    原の小屋
    尾瀬ヶ原でニッコウキスゲ、ヒオウギアヤメが咲き始めました。朝晩はまだ肌寒いので、薄いダウンやフリースがあると安心です
    19年07月04日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

独りぼっち さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年7月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」を背負った感想は?
サロモン「OUT NIGHT」を背負った感想は? モニターレポート第2弾。装備と山行スタイルを変えて2つの山に登ったflopsy220さんがその使い心地を教えてくれました...
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。