登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
終活登山11 尾瀬・笠ヶ岳(関東)
img

記録したユーザー

独りぼっち さん
  • 日程

    2014年9月13日(土)~2014年9月14日(日)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:新宿南口(夜行乗り合いバス)→尾瀬戸倉(3,900円)
    尾瀬戸倉→鳩待峠(930円)

  • 天候

    晴れ時々曇り
    [2014年09月13日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

15)新宿(22:00)夜行バス→尾瀬戸倉(4:20~4:40)
16)鳩待峠(5:09~5:50)→オヤマ沢田代分岐点(6:55)→小至仏山(7:15)→至仏山(7:45~8:00)→オヤマ沢田代分岐点(8:45)→悪沢岳(8:55)→小笠(9:38)→笠ヶ岳(10:07~10:25)→避難小屋(12:00)→ワラビ平(12:23)→湯ノ小屋温泉(14:10~14:40)


総距離 約18.5km 累積標高差 上り:約955m
下り:約1,774m
何度体験しても夜行バスは寝にくい。中途半端な眠りのままバスを乗り換えて鳩待峠登山口に到着。
鳩待峠は最初に訪れた頃と比較して大変な変化。小屋やトイレがきれいになっていた。トイレは最近はやりの料金徴収式、とは言っても「宜しかったら…」という感じ。
大多数の人は「尾瀬が原」に向かうが「至仏山」方面に向かう人も少なからず。「至仏山」は地質のせいか森林限界が低く、1時間少々で周囲が明るくなり「オヤマ沢田代」に到着する。「笠ヶ岳」への分岐点は湿原のすぐ上で「至仏山」へは直進する。道は「小至仏山」直下まで木道が整備されており初心者向けだが、ここから先は岩稜地帯となり一寸歩きにくくなる。余りにも登る人が多く岩が削れて丸くなっている。乾いていれば大したことないのだが、塗れていると滅茶苦茶滑る。下る人が多くなるコースなので要注意。
「オヤマ沢田代」の分岐点から「笠ヶ岳」にかけては緩い下り坂が続く。そして森林限界未満のため眺望には恵まれないが、広葉樹と針葉樹の混交地帯から紅葉の時期は素晴らしいコースになるであろうと予想できる。
「笠ヶ岳」の手前に「小笠」と呼ばれている小ピークがある。展望は期待できないが2~3分で到着できるので話の種に登ってみるのも悪くない。
「笠ヶ岳」までは東側の展望が滅茶苦茶良い。そして分岐点から山頂までは10分位。ちょっとした岩稜コースになるが、「至仏山」ほど登山者が多くないので岩が擦り減っていて滑ることはないが、慣れない人には緊張するかも…。山頂からの展望は素晴らしい。西にはこれから向かう「藤原湖」、その奥には「谷川岳」の雄姿が望める(はず)。
山頂から分岐点までちょっと緊張するが短時間で降りられる。「湯の小屋」方面のみちは更に登山者が少なくなるので若干荒れ気味。けれども笹薮で道が隠れているということもなく慣れない人も安心して歩ける。が、道はかなりぬかるんでおり泥や水を跳ね上げながら歩くことは覚悟しなければならない。この時たどったコースはGPSに記されたルートと異なっていたが、ぬかるんだ道を除けば非常に歩きやすかった。緩やかな道も、水場の分岐を過ぎたあたりから急坂に変わる。滑りやすくじめじめした道だが、荷物が軽かったりバランスの良い人だったら走れるかも。薄暗い樹林の中、蛇に驚かされたりするがちょっかいさえ出さなければ蛇のほうから攻撃してくることはない(種類が分からないのが不気味)。途中に唯一の避難小屋がある。扉は壊れているがブロック製のしっかりした作りで豪雪にも十分耐えられる。中は狭くて汚いが、贅沢さえ言わなければ『いざ』と言う時には黄金の御殿に早変わり。林道の終点らしき所が「ワラビ平」(だと思う)。ここから少し明るくなった樹林の中を緩やかに下っていく。2~3度林道を横断すると「湯の小屋温泉」への最後の下り。
「湯の小屋温泉」のバス停は、日帰り入浴施設の先の広場にある。1時間に1本しかバスがないので要注意。時間によっては温泉に入って疲れをとるのも一興。温度は暑すぎず温すぎずでまぁまぁ気持ちが良い。

登山中の画像
登山画像
鳩待峠にて
登山画像
至仏山山頂 意外と狭い
登山画像
至仏山から燧ヶ岳をバックに
登山画像
至仏山から尾瀬ヶ原を望む
登山画像
至仏山から燧ヶ岳パノラマ
登山画像
たぶんリンドウ
登山画像
たぶん皇海山
登山画像
笠ヶ岳山頂
登山画像
避難小屋入り口
登山画像
中-メタルラックがある
登山画像
コンクリート製 豪雪でも大丈夫
登山画像
湯ノ小屋温泉側の登山口
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ツエルト、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、GPS機器、ストーブ、燃料、カップ
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

独りぼっちさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

独りぼっち さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月21日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?