登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
20140912-14 槍ヶ岳 (新穂高温泉~双六~槍ヶ岳~南岳~新穂高温泉) 槍ヶ岳、双六岳、大喰岳、中岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

すえぞう さん
  • 日程

    2014年9月12日(金)~2014年9月14日(日)

  • 利用した登山口

    新穂高温泉駅  

  • パーティ

    2人 (すえぞう さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:12日早朝に新穂高温泉に行きましたが、無料の市営新穂高第3駐車場は前夜22時にはいっぱいだったそうで、ちょっと遠い鍋平園地駐車場へ。
    14日昼に下山しましたが、新穂高温泉の道路も、停めた第3駐車場周辺も、スノーシェッドの中まで路駐が大変に酷かったです。

  • 天候

    【Day1】晴れ時々曇り、【Day2】晴れ後曇、【Day3】晴れ
    [2014年09月12日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
新穂高温泉(07:10)・・・笠新道登山口・・・わさび平小屋(08:15)・・・小池新道登山口・・・秩父沢出合(09:35)・・・シシウドが原(10:40)・・・鏡平山荘(11:45)・・・弓折乗越(13:35)・・・双六小屋(14:45)

【2日目】
双六小屋(06:20)・・・硫黄乗越(07:35)・・・千丈沢乗越(10:00)・・・槍ヶ岳山荘(11:35)・・・槍ヶ岳(12:15)・・・槍ヶ岳山荘(12:50)・・・中岳(15:20)・・・天狗原稜線分岐(16:30)・・・南岳小屋(17:00)

【3日目】
南岳小屋(06:00)・・・西尾根のコル・・・槍平小屋(08:20)・・・滝谷出合(09:30)・・・奥穂高岳登山口(10:50)・・・穂高平小屋(11:40)・・・新穂高温泉駅(12:30)

総距離 約34.1km 累積標高差 上り:約3,394m
下り:約3,373m
コースタイム 標準:22時間
自己:20時間15分
コースタイム倍率 0.92
【Day1】
松本に前泊して早朝入りしたのに、登山口に一番近い
駐車場は一杯。なんと!前夜22時には一杯だったというから、
もう車中泊するしかなかったのね。。。

初日は、実は下りで一度歩いたことのある登山道を登り返す道。
前回下っている時は「絶対登りたくね~」って思いながら
歩いた登山道でしたが、なんとか登りきりましたね。
登るしかないんですが。

鏡平小屋までは結構な登りで、そりゃもう登りで・・・
天気が良く、景色が良く、それだけが楽しみでしたね~

双六小屋が見えたときはちょっと達成感!
この小屋は手前に双六池、向うに鷲羽岳が見えて、
めちゃめちゃ良いロケーションです。

テント場が小屋手前なので、先に張ってしまおうと設営
したんですが、メチャクチャ風が強くて、寒いんですよ。
予定していた双六岳ピストンを止めるほどに。。。
残念でしたが、気力体力優先でお休みにしました。

【Day2】
朝起きてみると、結露や夜露といった水分が凍って、
テントがパリパリでした。どおりで寒いわけです。。。
そんな中テントを撤収しましたが、予定よりだーいぶ
時間がかかってしまいました。
しかもちゃんとパッキングできずにザックの嵩が増えるし。
テントの撤収テクニックは今後の課題ですね。

今日は、去年見てとても歩きたかった西鎌尾根を歩きます。
裏銀座コースでもあるこの尾根はめちゃくちゃ景色も良く
歩き甲斐もあります!
徐々に近づいてくる槍ヶ岳にテンションMAXです!!
いや~楽しかった。

(と言いながら、実はかなりヘバリマシテ、
 友人に最後助けてもらったのは内緒です。)

山荘に着いたら、ザックをデポって、槍ヶ岳山頂を
ピストンしました。今年の目標の一つを達成です。ふぅ~

山荘に戻っての昼食後、大喰岳・中岳・南岳を経て
南岳山荘を目指しましたが、いやー想像以上に、
メッチャきつかったですよ!!
こんなにキツいとは思わなかった。。。
こんなキツくていいの!?って本気で思いました。
崖っぷちのトラバースや、尾根を跨いだコースだったり。
正直、写真を撮っておく余裕もないくらいでした。
景色がなかったことも飽きるというか、
つらさを感じた原因かもしれません。

もう今日はテント張る気力もなく、寒そうだし・・・、
ということで小屋泊まりに。小屋は混んでましたが、
テントで寝るよりは良かったと思います。
あまり寝れずに、3時には起きて防寒着も全部着て
星を見に外に出ました。昨日は見えなかった星空が、
この日はとてもきれいに見えました!

【Day3】
さて、この日はひたすら下りです。下りに下り、
2,000mも下ります。しかもめっちゃキツイ!
昨日もこんなにキツくて良いのかと思いましたが、
今日も思いましたですよ。。。
写真じゃぁこの登山道の迫力が伝わらないのが残念。
2800mの両側がキレた尾根に、霜付いた木道って、
軽く死ねます!!
ビビりながらなんとか下りました。
いや~無事でよかった。

この南岳新道「絶対登りたくね~!」って思います。。

なんとか槍平小屋にもたどり着き、一息ついて、
その後は楽かと思いきやまだ半分しか降りてなくて、
さらに1,000mも下りるんでした。
その後も景色はなかなか良いのですが、ホント疲れた。

なんとかお昼に新穂高温泉まで下山したんですが、
予定していた温泉と昼食はあまりの混雑にとりやめて、
ちょっと下ったところで入ることにして出発です。

平湯バスターミナルでお土産も買いたいということで、
そこでお風呂と昼食です。
それまでの自分は気になってなかったですが、
風呂上がりに自分の荷を入れたコインロッカーが、
そりゃもう汗臭いのなんのって。。。ヤバいです!
お風呂に入らずに電車に乗ったら訴えられそうでした。

その後、友人が運転してくれての帰路ですが、
中央道の渋滞がこれまた酷くて。。。
終電に間に合うかドキドキの道中で、八王子の満喫に
泊まることも覚悟しましたが、友人が運転頑張ってくれ、
なんとか各路線の終電を乗り継いで、遅れなどもあり、
最寄り駅に1:00に到着。ありがとう!

すぐに寝たいのを我慢して、洗濯して、干して、
2時にベッドで寝ましたよ。ベッド最高!!

【After】
ベランダにテント張って、フライも干して後片付け。
写真を整理して、登山記録を作成。
ふくらはぎの物凄い筋肉痛と、足首のむくみと戦う。

今回はいろいろな経験値が上がったのではないかと思います。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、カメラ、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール、テント、シュラフ、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、カップ、コッヘル、カトラリー・武器
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すえぞうさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 西穂山荘 ~西穂高岳
    西穂山荘
    ロープウェイ~西穂山荘間は全て冬季ルートに。積雪は160〜180cm
    19年01月24日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

すえぞう さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年2月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!