登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
八ヶ岳の核心部を行く 美濃戸から反時計回り 赤岳 阿弥陀岳 横岳 硫黄岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

ムラチャン さん
  • 日程

    2018年7月23日(月)~2018年7月24日(火)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:赤岳山荘駐車場利用、一日1000円。ナビで美濃戸を指定すると美高原別荘地の御小屋登山口方面を案内される。赤岳山荘駐車場へは美濃戸口からすぐ左手に入るので現地案内に従うように。

  • 天候

    晴れ
    [2018年07月23日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
赤岳山荘駐車場(06:50) ・・・美濃戸山荘(06:55)・・・行者小屋(09:05)[休憩 10分]・・・中岳のコル(10:25)[休憩 10分]・・・阿弥陀岳(11:15)[休憩 35分]・・・中岳のコル(12:35)・・・中岳(13:00) [休憩 10分]・・・赤岳(14:25)(赤岳頂上山荘泊)
【2日目】
赤岳(05:55)・・・赤岳天望荘(06:15)・・・地蔵の頭(06:20)・・・三又峰(07:20)・・・横岳(07:35)[休憩 15分]・・・硫黄岳山荘(08:30) [休憩 15分]・・・硫黄岳(09:05)[休憩 30分]・・・赤岩ノ頭(09:45)・・・赤岳鉱泉(10:45)[休憩 30分]・・・堰堤広場(12:00)[休憩 05分]・・・美濃戸山荘(12:40) ・・・ 赤岳山荘駐車場(12:45)


総距離 約18.0km 累積標高差 上り:約2,194m
下り:約2,191m
 主峰赤岳をはじめ、阿弥陀岳、横岳、硫黄岳と八ヶ岳の核心部を美濃戸から反時計回りに周回した。この日下界では41.1度の最高気温を更新したそうだが、2900m山頂は別天地。両日とも天気にも恵まれ、最高の2日間を過ごすことができ大満足だった。
 赤岳頂上山荘の泊まるのは24年ぶり。山小屋はとてもきれいになっていた。午後の早い時間に到着したので夕食までの時間、頂上でゆっくり。涼しい風に吹かれ、雲がわく山々を眺めながらまったりと至福のひと時を過ごし、山々が赤く輝く夕日を眺め、夜中には満天の星空、そして御来光と盛りだくさん。2日目の横岳から硫黄岳に至る稜線では、雲海に浮かぶ富士をはじめ、北に浅間山、東に奥秩父の山々、南から西にかけて南アルプス、中央アルプス、そして御嶽山から北アルプス、後立山連峰まで360度の展望を心ゆくまで楽しめた。
 赤岳山荘駐車場から5分ほど、美濃戸山荘前から行者小屋方面の南沢に入る。しばらくは樹林帯。途中突然登山道間近にシカが出現、カメラを構えようとしたが、あっと言う間に走り去ってしまった。白河原に出て眼前に横岳の岩峰が現れると行者小屋である。小屋から南、赤岳方面への道をとり、文三郎分岐を右に中岳道を登る。高度を重ねるに従い展望が開けてくるので飽きさせない。
 中岳のコルから阿弥陀岳へは一気の急登である。一部はしごや鎖がつけられているが崩れやすい岩の登りで、コースタイムでは登り30分とあるがもっと余裕が欲しい。今回のコースの中で一番の難所といってもいいのではないか。
 中岳のコルから中岳を超えて赤岳を目指す。文三郎道の分岐を合わせてから赤岳までは急登の連続。山頂直下の岩場は両手両足で一歩一歩、空気が薄いこと実感した。昔はこんな苦労はしなかったように思うが・・・。
 2日目は6時前に出発、横岳に向かった。ここから硫黄岳までの稜線が八ヶ岳連峰のハイライトコースである。はしごや鎖場が続くが登山道はしっかり整備されているので、慎重に歩けば天気がいい限り大きな問題はない。お父さんと小学高学年の親子連れも元気に歩いていた。硫黄岳山荘に下る道は登山道の両側がコマクサのお花畑。一株の株は小ぶりながら昔より増えているようだ。白花のコマクサにも会え感激した。
 硫黄岳山荘で水を補給(1リットル100円。赤岳頂上山荘では水は500ミリリットルのペットボトルのみ、400円)、ケルンが印象的な硫黄岳に向かった。広い硫黄岳山頂は横岳の各山頂と違った面持ちで、雄大な爆裂火口や天狗岳などの北八ヶ岳の峰々の展望をゆっくり堪能、下山するのが惜しくなるほどであった。
 赤岩ノ頭を過ぎると樹林帯の下りになる。赤岳鉱泉でゆっくり休み、沢伝いの北沢コースをとり美濃戸へ戻った。この北沢などではアブが大発生しているとの情報なので防虫スプレーを用意したが、多少アブはいたもの案ずるほどではなかった。例年だと8月中旬にはアブはいなくなるとのことである。

登山中の画像
  • 赤岳山荘駐車場
  • 美濃戸山荘前の登山道入り口
  • 白河原
  • 行者小屋
  • 文三郎道分岐
  • 中岳のコル
  • 中岳のコルから権現岳を望む
  • 阿弥陀岳山頂。バックが赤岳
  • 阿弥陀岳から南アルプスを望む
  • 中岳のコルで顔を見せた富士
  • 横岳の岩峰
  • 中岳から赤岳を望む
  • 赤岳への登山道
  • 文三郎道分岐
  • 赤岳直下の急登
  • 赤岳山頂
  • 赤岳
  • 赤岳南峰から北峰の赤岳頂上山荘を望む
  • 赤岳頂上山荘入口。階段を降りたところにある
  • この日のスケジュール
  • 山荘の食堂から。雲に山荘の影が
  • 夕日に染まる赤岳南峰
  • 夕日の稜線
  • 山頂からの夕焼け
  • 御来光
  • 雲海の中に浮かぶ富士
  • 赤岳展望荘へのへの下山道から
  • 地蔵の頭分岐
  • 横岳のはしご
  • 横岳から赤岳を振り返る…
  • 横岳から。雲の中に富士が見えている
  • 鎖場
  • コマクサのお花畑
  • 硫黄岳山荘
  • 硫黄岳への登り
  • 硫黄岳山頂
  • 硫黄岳の爆裂火口
  • 硫黄岳から横岳、赤岳、硫黄岳
  • 赤岩の頭
  • 赤岳鉱泉
  • 堰堤広場。ここから車道歩き
  • コマクサ
  • 白花のコマクサ
  • チシマギキョウ
  • タカネツメクサ
  • ジャコウソウ
  • オダマキ
  • オトギリソウ
  • ウスユキソウ
  • ナデシコ
  • フウロ
  • バイケイソウ
  • バイケイソウ
  • ミミナグサ
  • ミヤマダイコンソウ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ムラチャンさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 硫黄岳山荘~硫黄岳・横岳
    硫黄岳山荘
    降雪はやみましたが、お昼には10cmの積雪になりました。冬期入りし 登山口から登山道にかけて滑りやすくなっています
    18年12月14日(金)
    赤岳鉱泉~八ヶ岳・赤岳
    赤岳鉱泉
    稜線はへルメット&軽アイゼンやチェーンスパイクの携行を。冬に近い登山装備が必要。車は赤岳山荘までOK。
    18年11月21日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ムラチャン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年12月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽登山靴に合う登山用靴下の選び方とは?
軽登山靴に合う登山用靴下の選び方とは? 「山の道具研究者所 アウトドアソックス編」をリニューアル! 今回は登山スタイルに合わせた靴下の選び方を特集します。第一弾...
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す
細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。北海道・十勝岳で、凝った作りの寝袋、ニーモの「ラムジー15」をチェック!
NEW 年末年始は山小屋で過ごしませんか?
年末年始は山小屋で過ごしませんか? 冬季・年末年始の山小屋営業情報をピックアップ! 年末年始を年越しで過ごしたい登山者のみなさま、ぜひご活用ください!
NEW 年末年始の山小屋は・・・? 体験ルポ掲載中!
年末年始の山小屋は・・・? 体験ルポ掲載中! ライターの小野泰子さんが山小屋の年越しイベントを初体験! 年末年始の赤岳鉱泉と行者小屋の模様をレポートしました。
NEW 富士登山についてのアンケート
富士登山についてのアンケート 富士登山についてアンケートのお願いです。抽選で富士山グッズをプレゼント! 富士山未経験の方もぜひご参加ください。
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ―― 紅葉シーズンは残り僅か。秋を堪能した人は、その美しい山の情景を紅葉写真コンテストにご応募ください!
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!