登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
白雲岳2018.08 白雲岳(北海道)
img

記録したユーザー

tatz さん

この登山記録の行程

4日:銀泉台(10:45)・・・赤岳(13:10-13:23)・・・白雲岳分岐(13:52)・・・白雲岳野営地(14:15)泊 
5日:白雲岳テン場(8:40)・・・白雲岳分岐(9:10-9:18)・・・白雲岳(9:41-10:07)・・・白雲岳分岐(10:30-10:40)・・・赤岳(11:05-11:36)・・・銀泉台(13:05)


総距離 約14.6km 累積標高差 上り:約1,082m
下り:約1,093m
 今回は愈々白雲岳野営地泊のテント山行だ。朝の天気は晴れだが終日安定してくれるだろうか。事前の予報よりは多少好天に向かっているようなので、期待を胸にスタートする。先発2名は既に昨日から上がっているので、後発4名の往路となる。ザックは各々14~20kgくらい。因みに自分は16kg程になり、45Lのザックは満タンだ。駒草平を過ぎる辺りから稜線に雲が下がってきて、気温も下がり始めた。雨の心配もよぎったが、結局降り込まれることはなかった。赤岳まで2時間半位の行程となって、ペースは前回とほぼ同様だ。テン場には2時過ぎに到着。先発組が用意してくれたビールでの安着祝いで喉を潤した後、テントを設営し晩飯の用意に取りかかる。各自が持ち寄った、牛蒡の炊き込み御飯、パスタのバジルソース和え、ベーコンステーキ、豚汁などのマイメニューで大いに盛り上がる。夜は満天の星と大接近中の火星の見学会だ。消灯は20時なのでそこそこに眠り支度。自分はテントに入る予定だったが、荷物置き場に設営したツェルトのスペースに少し余裕があり、降雨の心配も無いようなので、そこで寝ることにした。流石に深夜には気温が下がってきて、カッパを着込み、350のダウンシュラフにシュラフカバーを頭まで被って凌いだ。恐らく気温は4~5℃位まで下がったのでは無いだろうか。翌朝他のメンバーに聞くと、みな同じような状況の様で、ツェルトが特に寒かった訳では無いようだ。ただツェルトは通気性が悪いので、内部に結露が生じて仕舞うのが難点だ。ゴアのツェルトも有るようだが、価格を考えると考えものである。
 翌朝は夫々フリーズドライなどの朝食を摂る。天候は申し分なかったが、高根ヶ原の花の状況が今一とのことなので、白雲岳に向かうこととした。行程に余裕があるので、ノンビリとスタートする。白雲岳のピークでは稜線に湧き上がる雲を下に眺めて、石狩山系やニペソツ山を同定し、遥かな峰に思いを馳せた。前回も感じたことだが、全体に花の数が少ない様に感じる。昨年群落を成していた梅惠草なども随分と少なめだ。やはり7月の天候不順が山にも影響しているのだろうか。復路は往路を辿って銀泉台に下る。晩夏の大雪山を満喫した良い山行だった。

登山中の画像
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、シュラフ、シュラフカバー、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

tatzさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

tatz さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

雨のち曇
(日本気象協会提供:2019年6月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的! 今回のモニター企画で最後を飾るのは、暑い大野山でも背中の汗が気にならなかったという、O.N.さんのレポートです!
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
NEW 登山中の飲料に関するアンケート
登山中の飲料に関するアンケート みなさんは山で何を飲んでいますか? 飲料に関するアンケートにご協力ください。抽選で5名様にプレゼントあり!