登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
白雲岳2018.08 白雲岳(北海道)
img

記録したユーザー

tatz さん

この登山記録の行程

4日:銀泉台(10:45)・・・赤岳(13:10-13:23)・・・白雲岳分岐(13:52)・・・白雲岳野営地(14:15)泊 
5日:白雲岳テン場(8:40)・・・白雲岳分岐(9:10-9:18)・・・白雲岳(9:41-10:07)・・・白雲岳分岐(10:30-10:40)・・・赤岳(11:05-11:36)・・・銀泉台(13:05)


総距離 約14.6km 累積標高差 上り:約1,082m
下り:約1,093m
 今回は愈々白雲岳野営地泊のテント山行だ。朝の天気は晴れだが終日安定してくれるだろうか。事前の予報よりは多少好天に向かっているようなので、期待を胸にスタートする。先発2名は既に昨日から上がっているので、後発4名の往路となる。ザックは各々14~20kgくらい。因みに自分は16kg程になり、45Lのザックは満タンだ。駒草平を過ぎる辺りから稜線に雲が下がってきて、気温も下がり始めた。雨の心配もよぎったが、結局降り込まれることはなかった。赤岳まで2時間半位の行程となって、ペースは前回とほぼ同様だ。テン場には2時過ぎに到着。先発組が用意してくれたビールでの安着祝いで喉を潤した後、テントを設営し晩飯の用意に取りかかる。各自が持ち寄った、牛蒡の炊き込み御飯、パスタのバジルソース和え、ベーコンステーキ、豚汁などのマイメニューで大いに盛り上がる。夜は満天の星と大接近中の火星の見学会だ。消灯は20時なのでそこそこに眠り支度。自分はテントに入る予定だったが、荷物置き場に設営したツェルトのスペースに少し余裕があり、降雨の心配も無いようなので、そこで寝ることにした。流石に深夜には気温が下がってきて、カッパを着込み、350のダウンシュラフにシュラフカバーを頭まで被って凌いだ。恐らく気温は4~5℃位まで下がったのでは無いだろうか。翌朝他のメンバーに聞くと、みな同じような状況の様で、ツェルトが特に寒かった訳では無いようだ。ただツェルトは通気性が悪いので、内部に結露が生じて仕舞うのが難点だ。ゴアのツェルトも有るようだが、価格を考えると考えものである。
 翌朝は夫々フリーズドライなどの朝食を摂る。天候は申し分なかったが、高根ヶ原の花の状況が今一とのことなので、白雲岳に向かうこととした。行程に余裕があるので、ノンビリとスタートする。白雲岳のピークでは稜線に湧き上がる雲を下に眺めて、石狩山系やニペソツ山を同定し、遥かな峰に思いを馳せた。前回も感じたことだが、全体に花の数が少ない様に感じる。昨年群落を成していた梅惠草なども随分と少なめだ。やはり7月の天候不順が山にも影響しているのだろうか。復路は往路を辿って銀泉台に下る。晩夏の大雪山を満喫した良い山行だった。

登山中の画像
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、シュラフ、シュラフカバー、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

tatzさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

tatz さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ