登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 8
にゅうと白駒池 にゅう(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

yasuhiro さん
  • 日程

    2018年8月11日(土)

  • 利用した登山口

    麦草峠  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:麦草峠の駐車場までマイカー

  • 天候

    曇り、時々晴れ、朝濃霧と強風

この登山記録の行程

麦草峠(06:50)・・・白駒池分岐(07:20)・・・白駒池北岸(07:25)[休憩 30分]・・・白駒池南岸(08:15)・・・にゅう(09:30)[休憩 50分]・・・にゅう分岐(11:10)・・・中山(11:25)[休憩 15分]・・・高見石(12:20)[休憩 30分]・・・丸山(13:10)・・・麦草峠(13:50)

総距離 約9.1km 累積標高差 上り:約628m
下り:約628m
コースタイム 標準:5時間17分
自己:4時間55分
コースタイム倍率 0.93
「麦草峠」から、「白駒池」~「にゅう」を時計回りにトレッキングしました。早朝暗いうちに駐車場に到着しましたが、激しい雨と強風。あたりがうっすらしてきても濃い霧がかかっています。気温は15℃くらいで、寒いです。雨は上がったものの霧がいつまでも晴れませんでやきもきしました。
それでも7時近くにようやく霧が取れてきたので出発しました。

ここは国道が通っていますが、八ヶ岳を東西に貫く唯一の自動車道路です。その最高地点の麦草峠に、東から有料の「白駒池駐車場」、麦草ヒュッテ宿泊者専用の駐車場、そして無料の駐車場の三つの駐車場があります。多くの方が白駒池まで10分で行ける有料の駐車場に停めますが、今回私が停めた駐車場からもそんなに遠くないし、途中「白駒の奥庭」という、まるで日本庭園のようなとても美しい場所を通ります。白駒池だけの方も、こちらのほうがオススメです。

白駒の奥庭を超えるとすぐに有料駐車場からのルートと合流します。苔の森がとても美しいです。歩き始めて30分ほどで白駒池に到着。実はこの前日、茅野市では記録的短時間大雨情報が出ていまして、ここでも降ったのでしょう、「青苔荘」前の湖畔の桟橋は先端が水に浸かっていました。ここに泊まった人たちも、一夜明けてすっかり水かさが増えた湖水にビックリしていました。山荘の隣にあるキャンプ場にもたくさんのテントが張ってありましたが、昨日は大変だったことでしょう。ただ、とても水はけが良いらしく、土はすでに乾き始めていました。
さらに池の東岸を進みます。白駒池と高見石だけの人はこちら側にはあまり来ないと思いますが、この先にはこのあたりでも最も美しい苔の森が広がっています。白駒池に来てここを見ないのはちょっともったいない。しっとりして、幻想的に苔が輝いていました。

にゅうの登山道は急斜面はほとんどなく、小さな子供でも問題なく歩けます。この日もたくさんの子供たちと出会いました。白駒池から1時間半で最後の坂道を突破した稜線上に忽然と巨大な岩が現れました。それを登ると、山頂です。「にゅう」という名は、刈ったあとの稲を円錐状に積み上げた「にう」から来ているといわれています。その岩が「にう」に似ているということでしょうか。高度感満点の岩で、東と南側はほとんど垂直に落ち込んだ崖になっています。北には北八ヶ岳の広大な森が広がっています。その中に、白駒池が青く輝いています。南は天狗岳とその向こうに硫黄岳の爆裂火口が屏風のように聳えています。
山頂ではたくさんの人が白駒池がよく見える場所の争奪戦。写真を撮るのも一苦労。ここまでは晴れていましたが周囲には雲が多く、さらに私がいる間にガスがどんどん上がってきて、最後は南方向はまったく見えなくなりました。岩の下では休憩している人がたくさんいました。

さらに中山峠のほうに向かいました。アップダウンがほとんどない森を歩くこと1時間で峠の手前にある「にゅう分岐」に到着。それを峠ではなく中山のほうに向かいます。このあたりは北八ッ特有の縞枯れの森が広がっていました。やがて登りになりますが、すぐに中山の山頂に到着。眺望がまったくありませんが、そのすぐ先に広々した展望台があり、数組の人が食事中でした。残念ながらガスがかかり眺望はまったくありませんでした。晴れていれば北アルプスや御嶽山が見えるのでしょう。
そこからはややハードな下りになり、1時間ほどで「高見石」に到着。この時点ではすっかり曇りになっていましたが、たくさんの人が「森の宝石」の眺望を楽しんでいました。山荘のテラスでもたくさんの人が休んでいます。
そこから「丸山」を超え、麦草峠まで下山しました。

この日は女神湖の花火大会があります。女神湖の花火大会は祝日になるずっと前から毎年8月11日に開かれています。昨年は湖水を見下ろせる高台から見たのですが、時折激しい雨が降るあいにくの天気でした。今日もちょっと心配な空模様ですが、これから行きたいと思います。

登山中の画像
登山画像
麦草峠の無料の駐車場。午前4時前に到着しまし…
登山画像
5分ほどで麦草ヒュッテに到着。
登山画像
すぐに森に入ります。特有の苔が広がっています。
登山画像
それを超えると「白駒の奥庭」という標のある場…
登山画像
歩き始めてから30分くらいで白駒池に到着。ここ…
登山画像
山荘の隣のキャンプ場では、たくさんのテントが…
登山画像
その先は池の東岸。このあたりの苔の森は、一段…
登山画像
高見石だけの人の多くがこちら側には来ませんが…
登山画像
ほどなく「にゅう」の登山口。
登山画像
それを少し歩くと「白駒湿原」に到着します。
登山画像
大きな岩がゴロゴロしています。これも北八ヶ岳…
登山画像
それが前日の雨で濡れていて、ちょっと滑りやす…
登山画像
後半は傾斜がきつくなります。
登山画像
すぐに稜線に出ます。標を左に曲がるとすぐに山…
登山画像
それを登ると山頂です。広大な森の中に青く輝く…
登山画像
白駒池が後方に写る場所は、記念撮影の争奪戦。
登山画像
にゅうの山頂で休憩したあと、中山に向かいまし…
登山画像
それを少し行くと、この展望台。ただ、空は一面…
登山画像
そこからは少しきつい下り。岩が濡れていて滑り…
登山画像
中山から1時間ほどで「高見石小屋」に到着。た…
登山画像
青空はほとんど隠れてしまっていましたが、白駒…
登山画像
ここから見る白駒池を「森の宝石」と呼んだ人が…
登山画像
この反対側、中山方向はすっかりガスがかかって…
登山画像
さらに「丸山」に向かいました。ここは、なんに…
登山画像
丸山からは、急な下り。
登山画像
午後2時に麦草峠に到着。これから女神湖の花火…
参考になった 8

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

yasuhiroさんの登山記録についてコメントする
  • チャリおやじ さん
    ポイントごとの写真があり、工程の雰囲気を掴む参考になりました。

  • チャリおやじ さん
    ポイントごとの写真があり、工程の雰囲気を掴む参考になりました。

  • yasuhiro さん

    チャリおやじ さん
    ご覧いただき、ありがとうございました!

関連する現地最新情報

  • 北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    ヒュッテ付近の積雪は130cm程度で、吹き溜まりは200cm以上。南寄りの斜面は雪解けが進み、北寄りの斜面では雪が増加しています
    21年02月25日(木)
    高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    乾いた新雪が30cmほど積もり、モフモフの山歩きが楽しめます。小屋までの主要ルートはトレースあり
    21年02月19日(金)
  • 黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    降雪と強風により、先週末までついていたトレースは消えました。明日以降は晴れや曇りが続く予報です
    21年02月17日(水)
    赤岳鉱泉~八ヶ岳・赤岳
    赤岳鉱泉
    赤岳鉱泉周辺の積雪は80cmくらい。美濃戸林道が凍結していますので、チェーンアイゼンの装着を推奨します
    21年02月12日(金)

類似するモデルコース

yasuhiro さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 8

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年3月2日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 浅間山、八ヶ岳連峰に近く、晴天率が高く、暮らしやすい。長野県東部の佐久地域の魅力と先輩移住者のインタビューを掲載。
NEW 雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート
雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート みなさんは雪山に行きますか? 雪崩に遭遇したことはありますか? 雪山登山経験者の方、アンケートにご協力をお願いします。
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。