登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
大峯奥駈道・熊野三山 縦走 大峯奥駈道 吉野 金峯山寺 山上ヶ岳 八経ヶ岳 釈迦ヶ岳 笠捨山 玉置山 熊野本宮大社 熊野三山・中辺路 大日越 小雲取越 大雲取越 熊野那智大社 熊野速玉大社 神倉神社 ゴトビキ岩(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

山車(dashi) さん
  • 日程

    2014年7月20日(日)~2014年7月27日(日)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:●往路:厚木-<高速バス>-近鉄郡山-<電車>-吉野
    ●帰路:新宮-<高速バス>-横浜

  • 天候

    全日:晴れたり曇ったり
    [2014年07月20日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

大峯奥駈道・熊野三山 縦走: 2014年7月20日(日)~7月27日(日)
●コース距離:159.9km
●全歩行距離: 152.0km  累積標高差:+11,928m -12,078m
●交通機関(バス・タクシー使用距離:7.9km 累積標高差:+259m -318m)
 7/26路線バス(湯峯温泉BS~下地橋BS):6.1km 累積標高差:+257m -311m
 7/27タクシー(速玉大社~神倉神社~新宮駅):1.8km(1.0,0.8km)
○記号:[--] 交通機関  [・・・] 徒歩

[アプローチ]
本厚木(0:35)-<高速バス>-(7:00)近鉄郡山(7:06)-<電車>-(7:38)橿原神宮前(7:47)-<電車>-(8:29)吉野

[縦走]
第1日(7/20):近鉄吉野駅~二蔵ノ宿
歩行距離: 12.8km 累積標高差:+1,331m -466m
近鉄吉野駅(8:45)・・・(9:20)金峯山寺(9:40)・・・(10:52)水分神社・・・(11:28)金峯神社・・・(12:00)青根ヶ峰(12:15)・・・(12:55)林道分岐・・・(13:10) 心見茶屋跡(四寸山JC)・・・(14:34)四寸岩山・・・(15:37)林道クロス・・・(16:15)二蔵小屋

第2日 (7/21):二蔵小屋~行者還小屋
歩行距離: 17.4km 累積標高差:+1,768m -1,421m
 行者還小屋(5:35)・・・(6:49)大天井ヶ岳・・・(7:37)五番関(女人結界門)・・・(8:40)今宿跡・・・(9:35)洞辻茶屋・・・(10:30)鐘掛岩・・・(10:50)西の靡・・・(11:15)大峰山寺・・・(11:37)山上ヶ岳・・・(12:20)小笹の宿・・・(13:10)阿弥陀ヶ森JC(女人結界門)・・・(14:42)大普賢岳・・・(16:40)七曜岳・・・(17:45)行者環岳JC・・・(17:45)行者環小屋

第3日(7/22):行者環小屋~深仙小屋
 歩行距離: 18.4km 累積標高差:+1,612m -1,524m
行者環小屋(5:30)・・・(5:33)天川辻・・・(6:43)しなの木出合・・・(6:51)一ノ垰(多和)(行者小屋荒廃)・・・(7:00)高塚山JC・・・(8:00)弁天の森 ・・・(8:25)聖宝の宿・・・(9:45)弥山(10:05) ・・・(10:55)八経ヶ岳・・・(11:28)明星ヶ岳・・・(13:34)楊子の宿(13:57)・・・(14:55)仏生ヶ嶽・・・(17:10)釈迦ヶ岳・・・(17:22)深仙宿JC・・・(17:32)千丈平かくし水(17:42)・・・(17:55)深仙宿JC・・・(18:25)深仙小屋

第4日(7/23):深仙小屋~行仙小屋
 歩行距離: 15.8km 累積標高差:+1,329m -1,750m
深仙小屋(4:55)・・・(5:32)大日岳JC・・・(5:40)太古の辻・・・(6:43)天狗山・・・(7:06)奥守岳・・・(7:25)嫁越峠・・・(7:48)地蔵岳・・・(8:33)般若岳・・・(8:55) 滝川辻・・・(9:15)乾光門・・・(9:47)涅槃岳(10:16)・・・(10:42)証誠無漏岳・・・(11:13)阿須迦利岳・・・(11:35)持経ノ宿・・・(12:36)両又(中又尾根)分岐・・・(12:50)平治宿・・・(13:28)転法輪岳・・・(14:10)倶利迦羅岳・・・(15:45)行仏岳(16:10)・・・水場・・・(16:30)行仙小屋

第5日(7/24):行仙小屋~玉置神社PA
 歩行距離: 15.1km 累積標高差:+1,462m -1,549m
 行仙小屋(6:10)・・・(7:40)笠捨山(8:15)・・・(9:21)地蔵岳・・・(10:16)四阿宿跡・・・(10:39)巻道合流・・・(10:50)香精山・・・(11:32)貝吹之野・・・(11:37)塔の谷峠・・・(12:14) 古屋の辻・・・(15:08)展望台・・・(15:55)玉置山・・・(16:15)玉置神社・・・駐車場天泊

第6日(7/25):玉置神社PA~熊野本宮~湯峯温泉
 歩行距離: 22.4km 累積標高差:+1,472m -2,356m
駐車場(4:30)・・・(5:00)玉置神社・・・(5:15)本宮辻・・・(6:30)大森山・・・(6:52)大水の森・・・(7:25)切畑辻・・・(8:12)五大尊岳・・・(9:30)金剛多和(9:50)・・・(10:12)大黒天神岳・・・(11:15)山在峠・・・(12:40)吹越峠・・・(12:55)展望台・・・(13:05)七越峰・・・(14:30)大斎原(おおゆのはら)・・・(14:45)熊野本宮(15:15)・・・(15:20)食事(15:46)・・・(15:55)大日越登山口・・・(16:40)大日越・・・(17:20)湯峯温泉てるてや

第7日(7/26):湯峯温泉~熊野那智大社
 歩行距離: 33.9km 累積標高差:+2,690m -2,556m
湯峯温泉BS(6:55)・・・(7:13)下地橋BS・・・(8:28)万歳峠JC・・・(8:49) 百間嵓(小雲取越)・・・(9:44)桜峠・・・(10:40)小和瀬(11:25)・・・(11:40)小口・・・(14:00)越前峠・・・(14:45)石倉峠・・・(15:52)色川辻・・・(16:15)舟見峠・・・(17:40)青岸渡寺・・・熊野那智大社・・・美滝山荘

第8日(7/27):熊野那智大社~速玉大社~神倉神社~新宮駅
歩行距離: 22.8km 累積標高差:+544m -783m
タクシー:1.8km 累積標高差:+2m -7m
美滝山荘(5:43)・・・(5:55)那智大社・青岸渡寺・那智の滝・・・美滝山荘(8:50)・・・(10:14) 補陀洛山寺・・・(14:18)速玉大社-<タクシー>-・・・(15:00)神倉神社・・・-<タクシー>-新宮駅

[帰路]
新宮駅(20:00)-<高速バス>-(5:14)横浜


総距離 約142.0km 累積標高差 上り:約8,787m
下り:約8,988m
吉野から逆峯で奥駈を縦走し、熊野古道、中辺路を辿って熊野三山を巡った8日間、160kmの旅の思い出。
 どこかに行きたい!という欲求に理由など不要なのであるが、大峯奥駈道・熊野三山縦走ほど、その理由に事欠かない場所も少ないのではないか。そもそもの発端はオオヤマレンゲ(大山蓮華)に会うことであったが、コースを検討するうちに、吉野の歴史や文化、修験道、役行者、熊野古道など、興味深い事柄が次々に出てくる。現地でも同様で、奥駈のKobo Trailの標識で弘法大師、空海の足跡を知り、熊野で神武東征、八咫烏、熊野三山の源、自然信仰ゴトビキ岩が御神体の神倉神社。吉野・熊野とはなんともすごい所である。
<白無垢の花嫁の様な大山蓮華>
 大山蓮華。白無垢の花嫁の様に、葉蔭にひっそりと、俯き加減に咲いて、待っていてくれた。遥々関東からやってくる時期を合わせてくれたかのように。同じように白い大きな花を咲かせるタイサンボク(泰山木、大山木)やホオノキ(朴の木)とは同じモクレン属の仲間であるが、いずれも大木で上を向いて咲くのに対し、大山蓮華は、樹高2mにも満たない小木で、控えめに咲く様が好ましかった。
<犬のいない里・吉野和紙の秘伝>
 吉野と言えば、歴史の舞台に度々登場する。その歴史にからんだ面白い話を聞いた。吉野町窪垣内地区に残された伝説によると、壬申の乱(672年)で逃げてきた大海人皇子を、吉野川の河原にいた翁が舟を裏返してかくまい、嗅ぎつけた犬を殺して助けた。以来、犬を飼わない風習が現代まで続き、犬のいない里になっているそうである。話は続き、文化にもなっている。天武天皇となった大海人皇子は、御礼に紙すきと養蚕を教え、紙すきは吉野和紙として今に残る。和紙に関する秘伝を二題。秘伝その一、和紙の作り方。原料はコウゾ(楮)の外皮の下の薄い層を使い、地色は極薄茶色なので、ある顔料で漂泊する。この顔料は先祖代々からの秘密なのだそうである。その二、櫻和紙。現代では吉野と言えば”桜”、その桜と前記、吉野和紙とのコラボがこの櫻和紙。桜は満開から○○週目の翌年の蕾を秋に収穫するそうである。この○○週が秘伝。開店前の女将さんが教えてくれた。
<奥駈道、無料開放小屋・入峯、順峯、逆峯>
 次は奥駈道。一番ありがたかったのは宿泊小屋を無料で開放してくれていたことである。吉野から熊野本宮までの98.4km、5泊6日の内、4泊で無料開放小屋を利用することができた。これも江戸時代以降荒廃した南奥駈道(太古の辻から本宮までの奥駈南部)に三つの小屋-この内の行仙宿を利用させていただいた-を作り、復興に尽力された方々のお陰であり、感謝申し上げたい。7月とはいえ、寒い晩で、同宿した和歌山の青年が、薪ストーブを燃やし、寝ずの番で、暖をとってくれた。山の縦走路としか考えていなかったが、大峯奥駈道は修験の道である。看板によると、行場は75靡(なびき)あり、番号が付けられている。1番の熊野本宮に始まり、75番の吉野、柳の宿となる。山上ヶ岳に修行に入ることを入峯(にゅうぶ)といい、番号順に熊野から吉野に向かうのが順峯(じゅんぷ)、逆を逆峯(ぎゃくふ)という。番号が熊野から始まっているが、これは中世、“蟻の熊野詣”と謂われた熊野華やかし頃、奥駈の主体も熊野だったらしく、その名残らしい。江戸、明治時代以降、熊野詣が衰退すると、吉野から入るのが一般的かつ正統的なものとされているそうである。
<修験道禁止令・神仏習合>
 意外だったのは-というより、全く無知だったのは-修験道禁止令が出されていたことである。神仏分離令や廃仏希釈は知っていたが、修験道の行場は大きな岩や険しい峰、滝など、神宿る場所の自然崇拝であり、神の部類だと思っていた。更に無知をさらけ出すと、日本人は特定の宗教を定めず、時に神様、時に仏様を拝み、これが神仏習合だと思っていた。自然崇拝がやがて社を構えて神社となり、仏教が入ってきても、寺の一角に、元々の神社を祀り、共存する姿が日本だと思っていた。ところが神仏習合とは権現様が登場し、神様は本来、仏様であり、神様という仮の姿-権現様-でこの世に現れたとする本地垂迹説で、神仏両方の名前を持つ。熊野三山は熊野権現で、三山とも三山各々の主祭神を一緒に祀るが、本宮/新宮/那智の本地仏はそれぞれ、阿弥陀如来/薬師如来/千手観音とされる。また、浄土思想も取り込み、それぞれ、西方極楽浄土/東方浄瑠璃浄土/南方補陀落浄土の地であるとされ、平安時代以降には熊野全体が浄土の地であるとみなされるようになった。
<廃仏希釈を免れた青岸渡寺・修験道を主導する密教宗派>
 本宮から那智大社へは熊野古道の中辺路を行く。大日越で湯峯温泉に1泊後、小雲取、大雲取を越えて、青岸渡寺に到着すると、尻皮をつけた8人の山岳修験者が参列していた。那智大社の如意輪堂は廃仏希釈を免れ、青岸渡寺として復興した。修験道も、天台宗系の聖護院により、ここ青岸渡寺を本拠地として復興された。修験道には二派あり、前記のほか、真言宗系の醍醐寺三宝院は吉野金峯山寺を本拠地とする。真言宗はもとより密教であるが、天台宗にも密教部門がある。密教はインドで成立し、道教と影響しあった中国を経由して、日本に伝わった。密教宗派が修験道を主導している。
<熊野本宮は何を祈ったのか>
熊野三山はどのように一緒になったのか、よく分からないが、それ以前に興味がある。本宮は明治24年(1891年)に今の地に遷るまでの1920年余り、現在地の南700m程にある大斎原※1に社殿を構えていた。大斎原は熊野川、音無川、岩田川の中州にあり、明治22年の洪水で上四社を残し、流失した。それにしても不思議なのは1920年もの間、洪水は無かったのか、洪水で流失しても再建してきたのか、永く続いたものである。紀元前33年、大斎原に初めて社殿を構えた時の状況はどうだったのだろうか。どんな気持ちで社を造ったのだろうか。大斎原は地理的には蛇行する熊野川の湾曲した内側の河原にあり、この内側に北と西から、其々小さく蛇行する音無川と小さな岩田川が小さな扇状地を形成して、熊野川に合流している。合流直後、東から備崎が突き出し、流路幅を狭めている。このような地形ではひとたび洪水となれば、水位が上がり易く、音無川の水勢の直撃を受ける可能性があり、洪水被害の懸念は払拭できない反面、水利の得られる数少ない平坦地で、大斎原周辺は稲作に利用されていたと推定される。暴れ川を鎮める祈りの場なのか、熊野川のもたらす豊穣への感謝の場なのか、両方考えられるが、中州に社を構えていることから、前者の気持ちが強かったのではないかと推定される。素人の妄想である。
※1斎く:“いつく”と訓読みし、心身の穢れを清めて神に仕える。の意(岩波国語辞典)
<ゴトビキ岩が御神体の神倉神社・那智の滝が御神体の那智大社>
 新宮と那智大社は明白である。ゴトビキ岩を御神体とする神倉神社は、速玉大社の元宮で、速玉大社を新宮と呼ぶ。ゴトビキ岩は三山共通の熊野大神が初めて降臨したところであり、三山の源である。那智大社は絶壁の一枚岩、日本一の落差130mの那智の滝を御神体とする。
<大規模カルデラ噴火>
 NHKの番組「列島誕生 ジオ・ジャパン」の受け売りであるが、ゴトビキ岩と那智の滝を地学的に見るのも面白い。時は今から1400万年前、日本列島が、大陸から引きちぎられて移動してきて、西日本と東日本が、まだ一本に繋がる前の頃、紀伊半島で大規模なカルデラ噴火が起こり、大量のマグマが噴出して冷えて固まり、やがて隆起と浸食により、硬い岩が残り、巨大な一枚岩が出現した。それが那智の滝であり、ゴトビキ岩であるという。噴火規模の大きさを物語るのは火山灰。なんと一日で、場所によっては2,000mも積もり、全世界の気温を10度も下げたという。しかもカルデラ噴火は熊野1ヶ所だけでなく、紀伊半島だけで他に2ヶ所、九州から東海まで及び代表的なものは四国の石鎚山、九州の大崩山である。巨岩や険しい峯には、神が宿り、人々の心を豊かにし、支えてきたに違いない。
<最後に>
 吉野、熊野に興味は尽きないが、吉野から逆峯で奥駈を縦走し、熊野古道、中辺路を辿って熊野三山を巡った8日間160kmの旅の思い出を閉めることとする。楽しい旅であった。

関連レポート  ☆印:最新レポート
☆雄大な花の回廊:大雪山~十勝岳 縦走 2013年6月30日(日)~7月3日(水)
<https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=128499>
○黒部馬蹄形の魅力:2013年9月17日(火)~2013年9月22日(日)
   <https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=119607>
○日本アルプス縦走~日本弧状列島完全人力横断(御前崎~親不知)~
・全体版:2015年6月30日~2016年7月22日
<http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=72911>
・Round.1:御前崎スタート(御前崎~畑薙第1ダム) 2015年6月30日~7月5日
<http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=72732>
・Round.2:南アルプス・南部(畑薙第1ダム~三伏峠)2015年7月19日~25日
<http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=85112>
・Round.3:南アルプス・北部(三伏峠~駒ヶ根) 2015年8月8日~13日
   <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=85249>
・Round.4:中央アルプス・乗鞍岳・焼岳(駒ヶ根~西穂山荘下)2015年9月11日~17日
<http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=85409>
・Round.5:北アルプス南部(西穂山荘下~種池山荘)2015年10月2日~10日(土)
<http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=112065>
・Round.6:北アルプス・北部(種池山荘~親不知) 2016年7月17日~22日
<http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=115955>
○関東地方境一周:群馬県境
・尾瀬-平ヶ岳-丹後山 残雪期縦走:関東地方境-山-群馬県境 2015年4月26~30日
   <https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=118548>
   ・尾瀬沼横断:関東地方境-山-群馬県境 2015年4月19日
    <https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=117347>
・残雪の景鶴山に登る:関東地方境-山-群馬県境:2014年5月1日(木)~2日(金)
<https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=117322>
・燧ヶ岳・至仏山・尾瀬一周の旅:関東地方境-山-群馬県境:2012年8月19日(日)~20日(月)
<https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=117269>
・尾瀬から日光沢温泉を巡る、夏の終わりの静かな山旅:2006年8月18日(金)~20日(日)
<https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=117060>
・巻機-丹後、縦走 敗退記:2017年04月25日(火)~27日(木)
<http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=92462>

登山中の画像
登山画像
近鉄吉野駅:大峯奥駈道の出発地点、金峯山寺の提…
登山画像
幣掛行者堂:大峯山一之行場とあり、役行者が祀ら…
登山画像
ヤマユリ(山百合):吉野には山百合が良く似合う。…
登山画像
黒門:ここから金峯山の神域となる総門。
登山画像
吉野葛:真っ白な葛粉、原料は葛の根に蓄えられた…
登山画像
金峯山寺銅鳥居:ここから俗界を離れて修行に入…
登山画像
吉野和紙:吉野町窪垣内地区に残された伝説によ…
登山画像
櫻和紙:現代では吉野と言えば”櫻”、その櫻と前記…
登山画像
金峯山寺仁王門
登山画像
金峯山寺蔵王堂:左の石柵の中が四本桜
登山画像
金峯山寺蔵王堂
登山画像
吉野朝(南朝)皇居跡:妙法殿三重塔
登山画像
金峯山寺蔵王堂@四本桜:森良親王が落城する時、…
登山画像
大峰山上の道しるべ:大峯山寺本堂は山上の蔵王…
登山画像
吉野水分神社:通り過ぎようとすると、巫女(では…
登山画像
吉野水分神社:巫女の祝詞が聞こえてきて、辺りの…
登山画像
”大峯奥駈道”の看板
登山画像
金峯神社、修行門:山上ヶ岳までの間に発心・修行…
登山画像
金峯神社
登山画像
青根ヶ峰
登山画像
青き重畳たる紀伊山地
登山画像
ホソバシラガゴケ(細葉白髪苔)?
登山画像
四寸岩山(二等三角点)
登山画像
二蔵宿:貸切の第一夜
登山画像
水場10分は表示通り。水量も十分。
登山画像
大天井ヶ岳(三等三角点):方状節理の岩石が点在…
登山画像
大天井ヶ岳(三等三角点)
登山画像
五番関:女人結界門。ここ五番関から阿弥陀ヶ森分…
登山画像
橅の木陰の快適な道:結構木漏れ日が差し込んで…
登山画像
大峯七十五靡
登山画像
洞辻(浄心門)出迎不動尊:現在は門は見当たらな…
登山画像
@鐘掛岩:来し方)洞辻茶屋(赤屋根)、大天井ヶ岳(…
登山画像
@鐘掛岩:一番奥が稲村ヶ岳、その右の鋭鋒が大日…
登山画像
コアジサイ(小紫陽花)
登山画像
等覚門
登山画像
西の覗
登山画像
西の覗
登山画像
西の覗
登山画像
大峯山寺妙覚門か?
登山画像
大峯山寺妙覚門か?黒門と同様、高麗門と思われる…
登山画像
大峯山寺:大きな屋根の寄棟造り。手前の石囲いは…
登山画像
山上ヶ岳
登山画像
小笹の宿:ここにもストーンサークルが。
登山画像
ヒメシャラ(姫沙羅):山では足元を見て歩くこと…
登山画像
ヒメシャラ(姫沙羅):草の花ではありません!木…
登山画像
女人結界門@阿弥陀ヶ森分岐
登山画像
女人結界門@阿弥陀ヶ森分岐
登山画像
@脇ノ宿跡の先1,500mコルよりP1,687の絶壁。道は…
登山画像
大普賢岳(三等三角点)
登山画像
大普賢岳(三等三角点)
登山画像
@大普賢岳から来し方:中央、一番奥が山上ヶ岳、…
登山画像
@大普賢岳:カブトムシの背中が国見岳、その左の…
登山画像
大普賢岳を振り返る:と書いたが、大普賢ではなさ…
登山画像
大峯奥駈修験者
登山画像
東行者還の宿:後は行者環岳
登山画像
大峰山脈から台高山脈を望む:中央奥が大台ケ原
登山画像
バイケイソウ(梅蕙草)の群落
登山画像
バイケイソウ(梅蕙草)
登山画像
バイケイソウ(梅蕙草)
登山画像
クマシデ(熊四手):ホップみたいな実が気になっ…
登山画像
橅林の草の道、土の道:我が理想の道
登山画像
ヤマボウシ(山法師)
登山画像
ヤマボウシ(山法師)
登山画像
ヤマボウシ(山法師):こんなに赤くても山法師。ア…
登山画像
ヤマボウシ(山法師)
登山画像
ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)
登山画像
弥山
登山画像
苔が美しい@弥山:左)八経ヶ岳、明星ヶ岳
登山画像
オオヤマレンゲ(大山蓮華)
登山画像
オオヤマレンゲ(大山蓮華):この花を見に大峯奥…
登山画像
オオヤマレンゲ(大山蓮華)
登山画像
オオヤマレンゲ(大山蓮華)
登山画像
オオヤマレンゲ(大山蓮華)
登山画像
八経ヶ岳
登山画像
八経ヶ岳
登山画像
@八経ヶ岳:明星ヶ岳への稜線、立枯れ
登山画像
五鈷峰の少し手前より行き先:左から)仏生嶽・釈…
登山画像
仏生嶽
登山画像
仏生嶽:楊子の宿の水場で500cc補給。水場は宿か…
登山画像
鳥の水
登山画像
@孔雀岳巻道:岩が出てきた
登山画像
両部分け?:昭文社の地図によると、もう少し孔雀…
登山画像
橡の鼻:地形図には「椽の鼻」とあり、何と読むの…
登山画像
@橡の鼻:うっすら見えているのが釈迦ヶ岳と思…
登山画像
ミヤマダイコンソウ(深山大根草)
登山画像
釈迦ヶ岳(一等三角点)
登山画像
釈迦ヶ岳(一等三角点)
登山画像
千丈平かくし水
登山画像
興味津津?!鹿:10頭位の群れ
登山画像
深仙ノ宿
登山画像
大日岳:奥駈道を縦走するやまやの発想しかなか…
登山画像
明るい草原:まるで牧草地。どうして藪にならない…
登山画像
草の道:気持ちイ~ッ!
登山画像
天狗山
登山画像
笹が出てきたけど、丈が低いので気にならない。
登山画像
オオバコ:子供の頃の遊びを思い出した。葉柄を引…
登山画像
奥守岳
登山画像
バライチゴ(薔薇苺)
登山画像
ヒカゲノカズラ(日陰鬘、日陰蔓)の胞子:苔か…
登山画像
草の道、好きな道
登山画像
地蔵岳
登山画像
こんなに日当たりが良いのにシダが出てきて、地面…
登山画像
快適な縦走路
登山画像
快適な縦走路
登山画像
シロヤシオ(白八汐):季節を間違えたと思えるほ…
登山画像
朴の木:花は終わり、実をつけている。大山蓮華と…
登山画像
涅槃岳:標識のオンパレード。
登山画像
涅槃岳
登山画像
リョウブ(令法)の大木。花付きがすごい。
登山画像
リョウブ(令法):まだ蕾
登山画像
リョウブ(令法)
登山画像
転法輪岳
登山画像
転法輪岳:下草がないのはどうして?
登山画像
行仙岳
登山画像
行仙岳:このシンボルツリーは何の木だろう
登山画像
@行仙岳から振り返る:一番奥の三角が釈迦ヶ岳、…
登山画像
行仙宿「行者堂」
登山画像
表土が少ないからだろう。踏ん張れないのだ!憐れ…
登山画像
75靡18番「笠捨山」
登山画像
75靡18番「笠捨山」
登山画像
笠捨山(二等三角点)
登山画像
75靡18番「笠捨山」:地面に何本もたつ石柱は何…
登山画像
葛川辻:南奥駈道の表記、佐田辻から南を指すのだ…
登山画像
地蔵岳
登山画像
地蔵嶽本尊
登山画像
@地蔵岳から北東の青い山並み:正面)転法輪岳、…
登山画像
地蔵岳の岩場
登山画像
ヒメシャラ(姫沙羅)の森
登山画像
香精山
登山画像
香精山
登山画像
馬の背JC:右)21世紀の森,古屋宿の水 左)上葛川
登山画像
花折塚:歴史の舞台
登山画像
@玉置山展望台より北東:左から)P1230(双耳峰左…
登山画像
玉置山展望台:旗の右が地蔵岳
登山画像
玉置山(一等三角点)
登山画像
玉置山(一等三角点)
登山画像
玉置山の夕陽
登山画像
玉置神社
登山画像
大森山(1078m)
登山画像
大森山(南峰,大水の森;1045.2m)
登山画像
大森山(南峰,大水の森;1045.2m)
登山画像
五大尊岳
登山画像
大黒天神岳(二等三角点)
登山画像
大黒天神岳(二等三角点)
登山画像
蛇行する熊野川@山在峠少し手前:本宮町大居
登山画像
第4靡「吹越山」
登山画像
大斎原の大鳥居が見える:@吹越峠先。本宮は右端…
登山画像
大斎原:備崎から熊野川を渡れるか偵察した。渡れ…
登山画像
大鳥居と言うだけに巨大:高さ34m、幅42m
登山画像
大鳥居には金ぴかの八咫烏ー神の使い-が:バカ…
登山画像
熊野大権現(熊野本宮大社):八咫烏が迎えてくれ…
登山画像
熊野大権現(熊野本宮大社)
登山画像
熊野大権現(熊野本宮大社)
登山画像
熊野本宮大社 御朱印:奉拝 熊野本宮 平成二十…
登山画像
大日越:足場が深く削れ、歴史を感じさせる。
登山画像
湯峯温泉:小栗判官伝説
登山画像
小雲取越登山口@下地橋BS
登山画像
小雲取越の明るい杉林を行く。
登山画像
百間嵓(小雲取越)から南西を望む:一番奥の山な…
登山画像
桜峠に建つ、齋藤茂吉の歌碑。「まさびしきものと…
登山画像
小和瀬:赤木川にかかる小和瀬橋。渡し場の跡があ…
登山画像
西行が「をくち」と表した小口(今の読み方はこぐ…
登山画像
風流な名前の渡月橋の上から。西川(中ノ川)に映る…
登山画像
大雲取登山口
登山画像
大雲取越:小雲取と同様、手入れの行き届いた明る…
登山画像
越前峠:中辺路の最高所、870m。絡み合った根がす…
登山画像
「紀伊のくに 大雲取の峰越えに 一足ごとにわ…
登山画像
八丁の掘割、花折街道とはまた粋な名前。謂れがあ…
登山画像
舟見峠を過ぎて、尾根道となってきた。
登山画像
那智山青岸渡寺に到着:皆、尻皮をつけた山岳修験…
登山画像
西国一番札所「那智山青岸渡寺」御朱印:奉納 平…
登山画像
那智山 熊野権現:熊野本宮は熊野大権現だった。
登山画像
熊野那智大社(熊野権現)
登山画像
熊野那智大社 御朱印 平成廿六年七月廿七日
登山画像
那智の滝@青岸渡寺
登山画像
那智の滝:滝口は三本
登山画像
三重塔と那智の滝:オリジナルは塔が左に傾いて…
登山画像
青岸渡寺から那智の滝:樹齢700年のタブノキ
登山画像
熊野那智大社(左)と青岸渡寺(右、如意輪観世音菩…
登山画像
青岸渡寺三重塔・那智の滝@青岸渡寺
登山画像
青岸渡寺三重塔・那智の滝@青岸渡寺
登山画像
青岸渡寺三重塔・那智の滝
登山画像
那智の滝@飛龍神社(ひろうじんじゃ)
登山画像
飛瀧神社(ひろうじんじゃ)御朱印:那智御瀧 平成…
登山画像
日本一の落差133m那智の滝
登山画像
大門坂
登山画像
大門坂入口の夫婦杉:幹回り8.5m、樹高55m、樹齢80…
登山画像
補陀洛山寺:補陀洛(ふだらく)渡海船。本来は、自…
登山画像
エノコログサ(狗尾草):花穂が、犬の尾に似ている…
登山画像
神武東征上陸地(三輪崎駅北東250m国道42号線沿い…
登山画像
一般名:デュランタ( Duranta) 日本名:針茉莉(…
登山画像
ハマボウ(浜朴)
登山画像
熊野灘を右に見て、速玉大社に向かう。目の前は新…
登山画像
熊野速玉大社:石柱は熊野大権現、鳥居の額は熊野…
登山画像
熊野速玉大社
登山画像
熊野速玉大社 御朱印:奉納 平成二十六年七月二…
登山画像
神倉神社の石段:お燈まつりでは松明を持ってこ…
登山画像
神倉神社のご神体・ゴトビキ岩:熊野速玉大社の元…
登山画像
神倉神社のご神体・ゴトビキ岩:熊野速玉大社の元…
登山画像
神倉神社 御朱印:熊野三神元宮 平成二十六年七…
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

山車(dashi)さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

山車(dashi) さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月6日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!