登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
長野 VOL.13 奥穂高岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

たかじゅん さん
  • 日程

    2018年10月4日(木)~2018年10月6日(土)

  • 利用した登山口

    上高地バスターミナル  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:長野自動車道の「松本IC」を出て右折し、国道158号線(野麦街道)を西に向かいます。そのまま「梓川」に沿って西に登って行くと「稲核ダム」「水殿ダム」「奈川渡ダム」と超えて、いくつものトンネルを抜けると山の中の開けた街「沢渡(さわんど)温泉」に着きます。市営駐車場は4か所(1204台)、民間駐車場は10か所(730台)の駐車場タウンです(600円/日)。「松本IC」から約32km・50分ですが、シーズン中は1本道なので渋滞します。「沢渡」から「上高地」へはシャトルバスかタクシーで入ります。

  • 天候

    【1日目】晴れ後曇り、至軽風 【2日目】霧雨後曇り、和風 【3日目】晴れ後小雨、軟風
    [2018年10月04日(木)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
上高地バスターミナル(08:10)・・・河童橋・・・明神池(09:20)[休憩 10分]・・・明神(09:50)・・・徳沢(10:40)[休憩 10分]・・・横尾(11:45)[休憩 10分]・・・本谷橋(12:55)・・・涸沢(14:25)

【2日目】
涸沢(06:10)・・・南稜取付(07:20)・・・南稜テラス・・・北穂高岳(08:40)[休憩 20分]・・・南稜テラス・・・南稜取付(10:10)・・・涸沢(11:00)[休憩 50分]・・・ザイテングラート取付(12:50)・・・穂高岳山荘(13:40)

【3日目】
穂高岳山荘(06:15)・・・奥穂高岳(06:50)[休憩 10分]・・・最低コル(08:10)・・・紀美子平(08:40)・・・前穂高岳(09:10)・・・紀美子平(09:35)・・・岳沢パノラマ(10:20)・・・岳沢小屋(11:35)[休憩 15分]・・・河童橋(13:15)[休憩 5分]・・・上高地バスターミナル(13:30)

総距離 約31.0km 累積標高差 上り:約3,349m
下り:約3,349m
コースタイム 標準:21時間25分
自己:18時間50分
コースタイム倍率 0.88
【1日目】沢渡バスターミナルに近くて24時間無料の足湯施設がある、静かな第2駐車場に
前泊して、ゆっくりスタートしました。1日目は登山というよりは「涸沢」までのアプローチです。
「明神池」で「穂高神社奥宮」にお参りして、体力を使わず、汗をかかずの歩行で「涸沢」です。
途中ですれ違った多くの団体さんは、「涸沢」1泊の紅葉ピストンツアーだそうです。
【2日目】山頂にガスがかかる霧雨の中、「涸沢ヒュッテ」で知り合った方達の忠告を無視して
「北穂高岳」を目指しました。すれ違った下山者は「奥穂高岳」への縦走を中止していました。
「南稜取付」からテンポよく登った「北穂高岳」の山頂は、ガスで白く、風雨が強い状態でした。
個人的には「槍ヶ岳」~「北穂高岳」の「大キレット」の縦走より、「北穂高岳」~「奥穂高岳」の
縦走ルートの方が難路と思っています。どのみち3日目は「奥穂高岳」から「吊尾根」を抜けて
「前穂高岳」登頂から「重太郎新道」での下山の予定なので、2日連続の難路は中止しました。
霧雨の中、滑る岩場の下山はちょっとビビリました。登ってきた方は3パーティ4人だけでした。
しっとり美しい「涸沢」の紅葉を見ながら「涸沢小屋」でゆっくり昼食を取り、ガスが晴れるのを
待って、今夜の宿「穂高岳山荘」に登り返しました。夕方から雨が降り始め、「穂高岳山荘」は
紅葉のシーズンですが、ガラガラの状態でした。「穂高岳山荘」の床は揺れてうるさいです。
【3日目】朝起きると晴れていました。モルゲンロートを観賞して、朝食後、絶好の快晴の中を
気持ち良く「奥穂高岳」を目指しました。2日間青空を見ていなかったので足取りは軽いです。
誰もいない「奥穂高岳」山頂から「槍ヶ岳」さらには「富士山」まで見渡して「吊尾根」突入です。
しかし「奥穂高岳」登頂から30分後にはガスが出て、小雨が降ってきました。良い時間帯に
登ったと思いながら、悪天候の中、引き返せない状況で険しい「吊尾根」を進んで行きました。
途中の岩壁の鎖場は途中で鎖が途切れる難所で、ターザンで鎖を左右に振りながら足場を
探して下ります。雨の中、黙々と登り下りしながら「紀美子平」に着いて、ザックをデポします。
次は切り立った岩場を「前穂高岳」に向かってガンガン登って行きます。とても雨が邪魔です。
「前穂高岳」山頂での景色は登る前から解っていますが、止められない自分が悩ましいです。
「前穂高岳」から雨の岩場を下り「紀美子平」に戻り、さらにそこから垂直の岩壁を鎖で下りて
「重太郎新道」の急勾配を一気に下りました。「岳沢小屋」で「穂高岳山荘」で作ってもらった
お弁当を食べて、ここからは普通の登山道を緩やかに下って行き、「岳沢登山口」を出ると
賑やかな世界に変わり、「河童橋」に到着です。

登山中の画像
登山画像
上高地バスターミナルで0セットです
登山画像
「明神池」に向かい「岳沢湿原」を進みます
登山画像
「明神池」で「奥穂神社奥宮」に無事をお願いし…
登山画像
明神 25m
登山画像
「横尾」まではほとんど勾配の無い道を歩きます
登山画像
徳澤 55m
登山画像
横尾 110m
登山画像
「横尾大橋」を渡り入山します
登山画像
やっと登山道らしくなってきました
登山画像
「屏風岩」も紅葉しています
登山画像
本谷橋 285m
登山画像
もうすぐ紅葉の美しい「涸沢」です
登山画像
涸沢ヒュッテ 790m
登山画像
おでんとビールで1日目は終了です
登山画像
晴れてはいませんが紅葉の美しい「涸沢」です
登山画像
2日目の朝は小雨でスタートです
登山画像
涸沢ヒュッテ 785m
登山画像
「北穂高岳」へ向かい登って行きます
登山画像
霧雨の中「南稜」に取り付きます
登山画像
高度感抜群の梯子です
登山画像
きれいな形状の「涸沢カール」です
登山画像
振り返るとガスがかかる涸沢も素敵です
登山画像
北穂分岐 1505m
登山画像
目指す「北穂高岳」山頂はガスの中です
登山画像
まだ朝なので開店準備前の「北穂高小屋」です
登山画像
北穂高岳山頂 1535m
登山画像
強風・降雨で「穂高岳山荘」への縦走は中止です
登山画像
沸き立つ雲の中を再び「涸沢」へ下って行きます
登山画像
霧雨で濡れる岩場を鎖で慎重に下ります
登山画像
この「南稜取付」の岩場はツルツルでかなりビビ…
登山画像
ガスの下に「涸沢」が見えてきました
登山画像
涸沢小屋 815m
登山画像
「涸沢小屋」で昼食後に「穂高岳山荘」に出発です
登山画像
「ザイテングラート」まで道が続いています
登山画像
ザイテングラート取付 1125m
登山画像
「ザイテングラート」から見下ろす「涸沢」は見…
登山画像
事故の多い「ザイテングラート」を登って行きます
登山画像
「ザイテングラート」の勾配はこんな感じです
登山画像
穂高岳山荘 1440m
登山画像
台風接近ですいている「穂高岳山荘」です(スト…
登山画像
3日目の朝は以外にも快晴でスタートです
登山画像
「穂高岳山荘」からのモルゲンロートです
登山画像
穂高岳山荘 1460m
登山画像
いきなり「奥穂高岳」に向かいガンガン登ります
登山画像
HPみたいに眼下に「穂高岳山荘」です
登山画像
快晴の中「奥穂高岳」の山頂を凝視します
登山画像
右手に「ジャンダルム」が現れました
登山画像
「穂高岳」山頂の向こうに「槍ヶ岳」です
登山画像
奥穂高岳山頂 1655m
登山画像
「富士山」も確実に見えます
登山画像
中央の「槍ヶ岳」が美しいです
登山画像
難路の「吊尾根」に向かいます
登山画像
難路ですが天気が良いので楽しいです
登山画像
この鎖場は途切れているのでターザンで苦労しま…
登山画像
時々見下ろす「涸沢」は相変わらず見ごたえがあ…
登山画像
最低コル/分岐点 1400m
登山画像
この岩場を必死に下りたら迂回路がありました
登山画像
逆勾配の岩棚を通過したら「紀美子平」です
登山画像
紀美子平 1390m
登山画像
ザックをデポして「前穂高岳」の岩の急斜面に取…
登山画像
前穂高岳山頂 1565m
登山画像
登ったので雨で滑る急な岩場を慎重に下ります
登山画像
紀美子平 1395m
登山画像
「紀美子平」からいきなり垂直に下ります
登山画像
雨で滑るため本当に緊張する岩場を真剣に下ります
登山画像
こんな道ですが急勾配でないので楽です
登山画像
岳沢パノラマ 1155m
登山画像
「岳沢パノラマ」からは急勾配の「重太郎新道」…
登山画像
梯子の彼方に赤い屋根の「岳沢小屋」が見えます
登山画像
「岳沢」の紅葉もこれまた美しいです
登山画像
岳沢小屋 690m
登山画像
「穂高岳山荘」で作ってもらったお弁当で昼食です
登山画像
「岳沢小屋」からはやっと普通の登山道になります
登山画像
岳沢登山口 85m
登山画像
賑やかな「河童橋」に帰ってきました
登山画像
上高地バスターミナルに無事下山です
登山画像
お疲れ様でした
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器、ライター
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

たかじゅんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 西穂山荘 ~西穂高岳
    西穂山荘
    現在の積雪185cm。湿った雪が積もったため歩行中の靴底のケアをこまめに
    19年03月05日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

たかじゅん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2019年3月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山
甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山 南ア・甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳・赤岳、奥秩父・金峰山のほか、名山に囲まれた自然豊かな北杜市の、街と山の魅力を紹介!
NEW 小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル 
小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル  通気性を重視したグレゴリーの「ズール(ZULU)」がアップデート。背面やポケットなど、小雀陣二さんがチェックしました!
NEW カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
NEW 軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット
軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット マーモットからこの春に登場する「サンダージャケット」は、90年代のモデルを元に、最新の素材・技術で復刻! 詳しくはこちら
NEW 週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅
週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅 香港が「トレイル天国」って知ってましたか? たった3日間の休みで海外トレッキングを堪能できる香港の山旅、その魅力を紹介!
NEW MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!
MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!	高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今月は、ラチェット式で着脱便利、登り下りも良好なMSRのスノーシューを湯ノ丸山で試す...
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!