登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
秋の大岳山 御嶽から千足へ 大岳山(関東)
img

記録したユーザー

ムラチャン さん
  • 日程

    2018年10月21日(日)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:青梅線御嶽駅からバス。7時30分発。ケーブルカーは7時55分発。
    帰りは千足発14時23分バス、武蔵五日市駅行き利用。千足発のバスは少ないので注意。

  • 天候

    快晴
    [2018年10月21日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

ケーブル御嶽山駅(08:10)・・・神代欅(08:30)・・・御嶽神社(08:35) [休憩 05分]・・・長尾平(08:45)・・・綾広ノ滝(09:05)[休憩 10分]・・・鍋割山分岐(09:35)・・・大岳神社(10:15)[休憩 05分]・・・大岳山(10:30)[休憩 40分]・・・馬頭刈尾根分岐(11:25)・・・富士見台(12:00) [休憩 05分]・・・千足分岐(12:35) ・・・綾滝(13:30)[休憩 10分]・・・天狗滝(13:40)[休憩 05分]・・・千足(14:15)


総距離 約9.9km 累積標高差 上り:約963m
下り:約1,508m
 今年の9月は天候不順。やっと天気も安定してきた模様だ。天気に誘われ奥多摩の大岳を目指した。御岳山では紅葉まつりが開かれていたが、やはり台風の影響があったのだろう、木々の葉が落ちたり、傷ついたりしていて目当ての紅葉はもう一つ。しかし快晴に恵まれて展望は最高、楽しい山歩きが楽しめた。
 ケーブルカーの御嶽山口駅からは、関東平野を挟んでくっきりと筑波山が望め、東京のビル群の上にスカイツリーがその姿を見せていた。旅館街を抜けて御嶽山神社参道へ。早朝のこともあり静かな参道。御嶽山神社のお参りして大岳山に向かった。
 快晴の大岳山頂からは雪をいただいた富士の姿をたっぷり堪能した。丹沢から道志、御坂の山々も一望のもと。休んでいるうちの次々と登山者が登ってきて山頂は賑やかになった。
 下山は馬頭刈尾根から千足に向かうこととした。本欄のヤマタイムには出ていないし、山頂からの道標もないが、山頂からまっすぐ南へ降りる登山道がある。大岳山頂周遊路南側の踏み跡が下山道入口で、大岳神社から馬頭刈尾根縦走路との合流点の近くまで一気の下りが続く。踏み跡と、ところどころについている赤いリボンが目印である。なお、縦走路からこの登山道への入り口にも道標はないので逆コースのときは分岐に注意が必要である。
 馬頭刈尾根は気持ちの良い縦走路である。富士見台の他にも富士の好展望地がある。千足への分岐に近いつづら岩はロッククライミングのゲレンデ。多くのクライマーが岩登りを楽しんでいた。
 分岐からしばらくは急降下の連続で疲れた足にきつい。傾斜が緩やかになると綾滝、そして渓流沿いを下ると天狗滝に着く。さらに小天狗滝を合わせたこの3つの滝に出会えるのが本コースの楽しみである。
 千足バス停のバス本数は少ない。バス停2つ先の払沢の滝入り口からはバスの本数も増えるので、待ち時間が多いようなら払沢の滝入り口まで歩くといいだろう。

登山中の画像
  • ケーブルカー御嶽山駅からの筑波山
  • 東京のビル群の上にスカイツリーがくっきり
  • 御嶽山へ向かう。紅葉はいまいち
  • 神代欅
  • 御嶽神社参道
  • 御嶽神社
  • 東京湾が見えた。御嶽神社から
  • 長尾平。この茶店ではワインが楽しめる
  • 大岳山荘あと。茶店を営業している模様
  • 大岳山頂
  • 富士アップ
  • ススキ越しの富士
  • みんな富士を眺めながらゆっくり
  • 馬頭刈尾根の縦走路。落ち葉がいっぱい
  • 富士見台から
  • 縦走路から大岳山を振り返る
  • 綾滝
  • 天狗滝
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ムラチャンさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ムラチャン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2019年4月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
NEW 甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山
甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山 南ア・甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳・赤岳、奥秩父・金峰山のほか、名山に囲まれた自然豊かな北杜市の、街と山の魅力を紹介!
NEW 連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!