登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
冬期表銀座(No.18) 燕岳、大天井岳、東鎌尾根、槍ヶ岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

ALPEN さん
  • 日程

    2018年10月30日(火)~2018年11月2日(金)

  • 利用した登山口

    中房・燕岳登山口  

  • パーティ

    2人 (ALPEN さん 、ウール先輩 さん)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:バスタ新宿から穂高駅行のバスに乗り、穂高駅前から出ている中房温泉行のバスでアクセス。帰りは上高地から松本駅前までバスで移動、松本駅から大糸線に乗車し穂高駅に向かい、穂高駅からバスタ新宿へ

  • 天候

    【一日目】晴れ時々曇り、【二日目】曇りのち晴れ、【三日目】快晴、【四日目】快晴
    [2018年10月30日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
中房・燕岳登山口(00:00)

【2日目】
中房・燕岳登山口(10:01)・・・第2ベンチ(10:45)・・・合戦小屋(12:10)[休憩 10分]・・・燕山荘(13:13)[休憩 97分]・・・燕岳(15:35)[休憩 10分]・・・燕山荘(16:10)

【3日目】
燕山荘(05:50)・・・大下りの頭・・・切通岩(08:03)・・・大天井ヒュッテ(08:52)[休憩 10分]・・・ヒュッテ西岳(11:15)[休憩 44分]・・・水俣乗越(12:44)[休憩 15分]・・・ヒュッテ大槍・・・槍ヶ岳山荘(16:22)

【4日目】
槍ヶ岳山荘(08:10)・・・槍ヶ岳殺生ヒュッテ・・・グリーンバンド・・・天狗原分岐・・・水俣乗越分岐(10:00)[休憩 10分]・・・ババ平(10:25)・・・槍沢ロッヂ(10:45)・・・一ノ俣・・・横尾(11:46)・・・徳沢(12:31)[休憩 21分]・・・明神(13:25)・・・河童橋(13:52)

総距離 約36.5km 累積標高差 上り:約3,524m
下り:約3,467m
コースタイム 標準:21時間25分
自己:18時間46分
コースタイム倍率 0.88
当初の予定では、初日は移動日で中房温泉に一泊、二日目は燕岳を登り大天荘で一泊、三日目は東鎌尾根経由で槍ヶ岳山荘で一泊、四日目は大キレット経由で穂高岳山荘で一泊、五日目は前穂を登り上高地に下りる予定だった。初日は行程通り、中房温泉でテント泊をした。

次の日(31日)、燕岳と大天井岳上空の風が強く、「てんきとくらす」では晴れではあったものの風速は20mの予想であり、登山指数はCであった。行程を短くして中房温泉に停滞することも考えたが、テント場が東向きにある燕山荘まで行き、風が強く幕営できなさそうなら中房温泉に引き返してくることにして燕山荘に向かった。燕山荘では東向きのテント場で幕営をし、午後まで様子を見たが予想通り風をしのぐことができて、ほぼ無風で一夜を明かすことができた。

三日目、風は穏やかになり(たまに軽いのが西側から吹くくらいで、松本側は無風)、大天井経由で槍ヶ岳を目指した。燕山荘では大天井岳より先は雪が本格的に積もっており、かなり厳しい登山状況になっていることを言われた。元々無理して槍ヶ岳山荘まで行く予定だったため、コースタイムの9時間10分を加味して出発したが、雪の状況と時間次第で、大天井岳を巻き直接大天井ヒュッテに向かうことも考えた。実際に大天井岳の分岐に来た時、時間的に少し押していたため今回は大天井岳を諦め直接大天井ヒュッテに向かうことにした。大天井岳のトラバースルートは、普段では歩きやすいはずだが、雪がかなり積もっているのと、午前中は日陰であることが重なり、通過にかなりの時間を要した。(雪は降ったばっかりの新雪が溶けずに積もっているため、大きく踏み抜きやすく、地面を捕えづらい。アイゼンも効かず、進むのに一苦労した)。大天井岳の分岐からトレースはなく、自分たちで踏み歩いたため大変であった。大天井ヒュッテからは比較的歩きやすく、ビックリ平からの稜線は歩きやすかった。西岳前の常念側に切れたったトラバース道は、太陽熱で少し溶けた雪とパウダースノーがかなりあり、膝の高さくらいまで積もっており、もし谷側に踏み抜いたら滑落するほどであった。その後おおまかな登山道状況が分かったため、ヒュッテ西岳でビバークするか迷ったが、ここの時点で12時前であった為行くことにした。ヒュッテ西岳からの下りは、この山行のなかで一番多く雪が積もっており、多いところでは腰の高さまで埋まった。下りは比較的下りやすかったが、新雪の下に一枚岩などがあり、そこに乗ってしまうと滑って転ぶため、慎重に進んだがかなりの回数滑った。水俣乗越からは新雪よりもアイスバーンがかなり多く存在し、アイゼンなしには歩けなかった(新雪を踏み抜きながら、アイゼンが効いたり効かなかったりするトレースが無い場所を、ただひたすら登っているため、ヒュッテ大槍まではアイゼンを付けずに進んだ)。ここの上りがかなりきつく、ピークを迎えては大休憩を挟むほどであった。またヒュッテ大槍からは、シャリバテのせいでふらふらになりながら登り、最後の300mはかなり時間がかかった。この日はテント泊予定だったが、肉体的にも精神的にもかなり疲れたため、槍ヶ岳山荘に泊まった。

四日目、槍ヶ岳に登るはずであったが、下りてきた人からは12本爪が無いと下りが怖いと言われ、槍ヶ岳をあきらめ、上高地ルートで下ることにした。大曲まではトレースはあるものの雪がそこそこ積もっており、踏み抜く個所も多く存在した。また所々雪が溶け岩が露出しているため、アイゼンよりかは軽アイゼンがかなり役に立った。水俣乗越の分岐にて軽アイゼンを外し、そこからはスピード下山をした。上高地ルートは、日陰の部分が所々凍結しており、特に木星の橋など、凍結した部分を歩くと滑り、川に落ちかねなかった。上高地はこの時期、紅葉と雪山の景色が楽しめるということで、大勢の観光客が訪れていた(夏ほどではない)。

今回かなり前から天気や登山道状況、山小屋のブログなどを見てきたが、それでも予想通りいったのは二日目の上りのみで、他は雪の状況やトレースの有無が確認できなかった為、かなり賭けた登山をしてしまった。登山道の状況がつかめないときは、もしもに備えてエスケープルートでの即時撤退できる行程を組むか、冬期小屋などの利用をするかなどいくつか方法はあるが、それらを全て整えてから向かうことにしないと、いつかは大きく失敗すると感じた。しかしもしもに備え、山小屋に泊まれる用のお金を用意する事や、いつもの予備よりも多めの食料を積んだおかげで、全体的には良い登山であったと感じる。

登山中の画像
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、GPS機器、テント、シュラフ、シュラフカバー、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、ローソク・ランタン、アウタージャケット、オーバーパンツ、ハンマー、ハーネス、ヘルメット
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ALPENさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    一番の冷え込みで-11℃まで下がりました。合戦小屋より上は雪の上です。営業は11/25までです。
    18年11月20日(火)
    槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    2018年の営業は終了しました。ご利用ありがとうございました。
    18年11月04日(日)
  • 双六小屋~双六岳
    双六小屋
    2018年の営業を終了。双六小屋の冬期避難小屋、黒部五郎小舎は、鉄骨三角屋根の建物を冬期避難小屋として開放しています
    18年10月31日(水)
    三俣山荘 ~三俣蓮華・雲ノ平
    三俣山荘
    今シーズンの三俣山荘の営業は終了しました
    18年10月22日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ALPEN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2018年11月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
NEW 超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト
超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。今回は「ゼログラム」の軽量4シーズンテントを北海道・十勝岳の野営場でチェック!
NEW 『山と溪谷』単独行と遭難に関するアンケート
『山と溪谷』単独行と遭難に関するアンケート 『山と溪谷』2019年2月号の企画のために、読者アンケートを行います。単独行を実践する一般の登山者の意見を募集します。
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ―― 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報