登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
天目山 紅葉のミツドッケ ピストン メタボ登山2018 天目山 ミツドッケ(関東)
img

記録したユーザー

野良耕筰 さん

この登山記録の行程

東日原(07:26)・・・一杯水避難小屋(10:45)[休憩 15分]・・・巻道分岐・・・天目山(三ツドッケ)(11:48)[休憩 20分]・・・巻道分岐・・・一杯水避難小屋(12:38)[休憩 40分]・・・東日原(15:55)

総距離 約12.2km 累積標高差 上り:約1,255m
下り:約1,255m
コースタイム 標準:4時間55分
自己:7時間14分
コースタイム倍率 1.47
「3」シリーズの続き第3回は「天目山 ミツドッケの紅葉」。今回も介護の若者が居ない、メタボ本隊の2人山行となりました。 天目山(ミツドッケ)山行計画を立てている時点で「狭い道が続く」と分かり。今回の最重点項目は「絶対にコケない!」としました。そして無事下山できました。山ノ神とメタボ隊ファンクラブの皆様の御蔭です、ありがとう!

朝晩めっきり寒くなった今日この頃。でも下山後の反省会は生ビールが美味しいですよね。体重を気にせず、鍋物をつつきながら反省会をしたいメタボ本隊の二人でした。

【 東日原バス停~九十九折れ上部まで 】 ・・・金網フェンス。
 東日原バス停で、何時ものようにまったりと準備。朝日の当たる「稲村岩」は神々しく、続く尾根は秋色に染まり・・・でも。今回は逆の天目山ミツドッケに向かいます。先行者をバスの中から確認したのでメタボ隊は二番手。バス停から逆走するのはメタボ隊のみ。鷹ノ巣と比べては駄目、山はその日によって違う感動を与えてくれるはず。
 最初から高度を上げる九十九折の山道。でもそんなにキツク感じないのは鷹ノ巣山で鍛えられたから?息は切れるけど呼吸を整えるくらいの休憩。まだ半分くらいと思っていると誰が言ったか「赤松の門」に到着(でも時間はそれなりに掛っていました)。ここから傾斜が緩くなり(地味にキツイやつ)情報では金網が無くなると尾根とのこと。道標19-050を越えると尾根らしき道に変化、尾根に取りついた!

【 九十九折れ上部~滝入りの峰中間 】 ・・・サルの生息地。共同TVアンテナ。
 緩やかな登りの植林地帯を過ぎると広葉樹林へ。この辺りは日本猿の生息地らしいが不在。紅葉もチラホラ見えるが台風の倒木が所々に見られる。4本まとまって倒れた所もある。滝入りの峰の南側辺りから「青空と紅葉と黄葉の秋の景色」、ここで遊んで帰るのもいいなと思う。
 道を塞ぐ倒木を確認・・・写真で見ていた「ねじれ杉(過ぎ)」発見。よく見るとアンテナが出ている!これはきっと「山ノ神の耳」に違いないと認識!今後「山ノ神の耳」と呼ぶことにした(初めて来た山なのに・・・)。
 滝入りの峰中間(倉沢への分岐?)に共同TVアンテナ。ここから東側の眺望がよく(落葉時期限定?)休憩。ここからしばらくの間、道が狭くなり注意が必要と聞いているので長めの休憩を取る。傾斜もあり見た感じはそうでもないのだが。

【 滝入りの峰中間点~一杯水避難小屋 】 ・・・メタボ隊には狭すぎる道。
 すぐに黄色の「この先道狭し 通行注意!」看板。最初は山の傾斜の狭い道が、奥にいくに連れ「崖の狭い道」に変化!メタボ隊には狭すぎる&石の多い怖い道。ここは慎重に進まねば。で、無事通過。
 ヤセ尾根を越えると。楽しい尾根道が・・・長すぎる尾根道が続く(稲村岩の尾根の様なニセピークはなし)・・・紅葉がキレイなので楽しい。所々の倒木が難点。尾根の西側を歩きはじめると一杯水避難小屋が近い?

【 一杯水避難小屋~天目山 】 ・・・巻き道。
 避難小屋前で水休憩。巻道で天目山へ。安全?近い?はずの巻道は、相変わらず狭く。チョッと危険な道を長時間歩く感じがした。酉谷山へ向かうか帰ってくるのにはいいのかも。西側の分岐の道標は倒木に「一本!」取られていて、上部の指標が切り飛ばされていた「台風は怖い」。
 天目山への最後の登りは高度が上がり易いので小股でゆっくりのメタボ隊標準速度。北側の秩父市?の町が見えた。山奥から大都会が見えた感動あり。
 馬酔木のブッシュ?を抜けると天目山の山頂。いきなり視界が開け感動的!晴れていれば、富士山が見えれば・・・(そういえば最初の山では富士が見えたことがない)。

【 天目山にて 】 ・・・埼玉県側の山に感動。石尾根から雲取山。
 山頂から見る景色は、日の出山より、上高岩山展望台より高い分、感動が有りました。特に埼玉県側(秩父の山並?)の山を見たのは初めてなので感動!でも山が深いのでメタボ隊では無理かなとも思いました。
 今まで登った「御岳、大岳、鋸山」「御前山」「鷹ノ巣、六つ石?」「七ツ石、雲取」みんな丸見えでした。富士山は登ってないので見えなくてもいい(負け惜しみですが)!この山はまた紅葉の時期に来たいかな。

【 天目山~東峰?~一杯水避難小屋 】
 下山は急な道があるらしいが東峰経由にしました。巻道は時間がかかるし危険が多いと感じたので。東峰直前に岩場が有りましたが、慎重にホールドを確認しながら行けば問題ありません。でもこの辺りもR15指定山域かも。
 途中で踏み跡が薄い所がありましたが、ピンクリボンで助かりました。避難小屋へ。

【 一杯水避難小屋~滝入りの峰中間点 】 ・・・昼食
 避難小屋前の朽ちかけのテーブルで昼食。午後は雲が多くなり少し寒く、温かい珈琲が美味しかった。この時期は「みかん」が美味しい!
 食事は動かないので体が冷える様です。薄い腹巻をしているので温度変化には鈍感ですが、手は寒くなったのでケガ防止も含めて手袋をして下山。メタボ隊発進!
 秋色の世界を楽しみながら、滝入りの峰中間点へ。狭い道も何とか無事通過。でも山側に体重を掛け過ぎたのか「右膝痛」が微妙に発生。バス停までもつか心配。

【 滝入りの峰中間点~赤松門(九十九折の開始) 】
 「山ノ神の耳」や紅葉地帯、倒木地帯を過ぎ。九十九折の始まる「赤松門」。この辺りで右膝が少し痛くなる(右か左か片方なのが不思議)。赤松門で休憩を取り、一気にバス停へ。

【 赤松門~バス停 】 ・・・最後に石ころ道。逆走ジョギング再び。
 九十九折りの途中で右膝が痛くなったけど登山口まで無事到着。六つ石下山時の「膝痛直し」再びの願いを込めて、逆走登りジョギング約30m!今回も痛みが軽減しました。ホントに右膝は痛かったのだろうか不思議です。
 無事バス停に到着。ヤマケイタイム1.25倍の大体予定通り。万歳~!

【 そして反省会へ  】 ・・・生ビール3杯が2杯に。
 反省会で生ビール3杯予定が、疲れていたので2杯で終了。予想以上に疲れた山行でした。いつも3人で行くのが2人だと気が張っているのでしょうか。でも無事帰れたことに感謝。次は何処へ行こうか・・・紅葉を追うかも。

登山中の画像
登山画像
0601 奥多摩ダッシュ! 鴨沢西行き
登山画像
0605 矢張り「奥多摩小屋」閉鎖か・・・。五十…
登山画像
0617 今日も尖っている!
登山画像
0640 川乗橋での下車8名。少ない!
登山画像
0646 倉沢橋BS
登山画像
0653 東日原BS。ゆっくり準備。
登山画像
0706 BSから戻り、ここから。
登山画像
0709 稲村岩尾根が朝日を浴びてキレイ。
登山画像
0710 ミツドッケ名所① 奥多摩で一番忙しい道標…
登山画像
0711 道標19-020 酉谷山は直登出来ないという…
登山画像
0737 九十九折の勾配。斜度はあるけど舗装路で…
登山画像
0759 誰が言ったか「赤松の門」。左側に金網フ…
登山画像
0800 左側に金網フェンス
登山画像
0805 メタボ分隊にはキツイ登りが続く。
登山画像
0809 道標19-050 空が見える。九十九折は終了。
登山画像
0816 第一紅葉発見!
登山画像
0818 この辺りは野猿の生息地らしいが不在。
登山画像
0819 台風の爪痕。
登山画像
0822 振返り。4本の大きな木が倒れていた。
登山画像
0823 道標19-060 植林地帯はあまり倒れていな…
登山画像
0831 しばらく楽しい紅葉地帯①
登山画像
0833 紅葉地帯②
登山画像
0834 紅葉地帯③
登山画像
0835 紅葉地帯④ カラマツが少し?黄葉してた。
登山画像
0846 植林地帯に倒木。その先に???
登山画像
0846-1 ミツドッケ名所② 「ねじれ杉(過ぎ)」…
登山画像
0852 滝入りの峰の東側前半部の紅葉①
登山画像
0853 滝入りの峰の東側前半部の紅葉②
登山画像
0908 滝入りの峰の中間のTV用共有アンテナ?…
登山画像
0909 東側が木々の間からよく見える。右にTV…
登山画像
0924 メタボ隊には十分狭い道。追い越し禁止?
登山画像
0928 滝入りの峰の山頂の方向。のんびりした空…
登山画像
0929 狭さはこの位です。斜面なのであまり怖く…
登山画像
0931 出た!ここからが一番狭い所です。斜面か…
登山画像
0932 こんな感じ。だけど紅葉と日差しが一番良…
登山画像
0940 一番狭い所の終盤の紅葉。
登山画像
0942 ヤセ尾根。地図でも狭いと分かる場所。
登山画像
0949 道標19-070 ここまでくれば、あとは楽し…
登山画像
0954 楽しいはずが長くて辛くなる。
登山画像
1003 西の方から雲が。風が気持ちいい。
登山画像
1011 紅葉の路
登山画像
1015 黄葉の路
登山画像
1016 狭い道
登山画像
1021 倒木の下を「ヨッコラショ」。
登山画像
1027 ヨコスズ山が分からなかった。
登山画像
1043 やっと一杯水避難小屋へ到着。
登山画像
1051 「ナントかぼっくり」発見! 山の薔薇?
登山画像
1059 水休憩して、巻道で天目山へ。
登山画像
1107 巻道は・・・
登山画像
1108 ・・・長くて狭い道。チョッとリスク有り…
登山画像
1124 倒木の所が折り返し分岐。
登山画像
1127 道標19-100 倒木は見事に上部を切り飛ば…
登山画像
1134 天目山へ
登山画像
1137 北側の町だから秩父市?意外によく見えて…
登山画像
1137-1 最後のアタック!斜度が有るので靴ひと…
登山画像
1148 西側の木々の間から天目山へ。一気に視界…
登山画像
1151 天目山に到着。 奥秩父?がよく見えた(…
登山画像
1153 山の同定が上手くできないけど。大岳山と…
登山画像
1210 今年も雲取へ行きました。雲取山頂だけ雲…
登山画像
1216 下山は東峰コースで。
登山画像
1223 岩場や急坂は在るけど・・注意すればこの…
登山画像
1224 三等三角点??? ポチッとな。
登山画像
1226 唯一迷った所。右が正解、奥にピンクリボ…
登山画像
1233 「バイラス」がいれば正しい道。
登山画像
1237 避難小屋が見えた!ひと安心。
登山画像
1239 避難小屋はキレイ。トイレは狭いけど暗く…
登山画像
1318 昼食を取って下山開始!
登山画像
1334 倒木を・・・
登山画像
1339 全面秋のヨコスズ尾根
登山画像
1402 道標19-070
登山画像
1422 狭い道。無事戻って来ました。
登山画像
1442 山ノ神様の耳に「いつかまた来ます」と挨…
登山画像
1513 「赤松の門」に無事到着・・・右膝が痛く…
登山画像
1532 道標19-030 あと少し
登山画像
1545 最後に石ころゴロゴロ道
登山画像
1546 お疲れ様でした! 右膝が痛いので坂道ジ…
登山画像
1638 地元で反省会!早く帰ろう。
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

野良耕筰さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

野良耕筰 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2018年11月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
NEW 超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト
超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。今回は「ゼログラム」の軽量4シーズンテントを北海道・十勝岳の野営場でチェック!
NEW 『山と溪谷』単独行と遭難に関するアンケート
『山と溪谷』単独行と遭難に関するアンケート 『山と溪谷』2019年2月号の企画のために、読者アンケートを行います。単独行を実践する一般の登山者の意見を募集します。
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ―― 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報