登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 7
錦秋の仙丈ヶ岳(3C) 仙丈ヶ岳(南アルプス)
img

記録したユーザー

すてぱん さん
  • 日程

    2014年9月27日(土)~2014年9月28日(日)

  • 利用した登山口

    北沢峠  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:竹橋より毎日アルペン号で仙流荘(戸台口)
    南アルプス林道バスで大平小屋

  • 天候

    初日:晴れ、2日目:晴れ
    [2014年09月27日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
大平山荘(07:21)・・・馬の背ヒュッテ(09:18)・・・仙丈小屋(10:25)・・・仙丈ヶ岳(12:00)・・・仙丈小屋(12:40)

【2日目】
仙丈小屋(06:11)・・・仙丈ヶ岳(06:35)・・・小仙丈ヶ岳(07:45)・・・五合目(大滝ノ頭)(08:53)・・・北沢峠(10:00)

総距離 約9.2km 累積標高差 上り:約1,390m
下り:約1,312m
コースタイム 標準:7時間15分
自己:7時間8分
コースタイム倍率 0.98
初めての南アルプス。8月の天候不順もあり、紅葉は半ば諦めていたのだが、どうしてどうして、なかなかの色づき。通常なら日帰りも可能なコースだろうが、快晴にも恵まれ、紅葉と稜線歩きをゆっくり楽しんだ。

紅葉は、仙丈小屋の方曰く昨年よりも馬の背辺りの色づきがいいとのこと。甲斐駒ヶ岳や八ヶ岳はもちろん、稜線からは北アルプスから中央アルプスの全山が見渡せ、仙丈ヶ岳の山頂からは北岳と富士山が並んでそびえる景色を堪能した。

財布をバスに置き忘れ、慌てて登山道から引き返して大平小屋や南アルプス林道バスの方に親切にしていただいたり、御嶽山の噴火の瞬間を偶然遠望したり(被害が小さければいいのだが)、秋には珍しい雲海が広がったり、はたまた雷鳥の親子に出会ったり、今回の登山はイベントが盛りだくさんであった。
紅葉シーズンの休日とあって賑やかではあったが、北アルプスのそれよりはずっと静かな雰囲気を楽しめた。

北沢峠から広河原経由で甲府に出る予定であったが、当てにしていたバスがないとのこと。急きょ、仙流荘行きのバスに飛び乗ったが、帰り方や、車中から帰りの高速バスの手配までしていただき、大変助かった。今回は、小屋やバスの方々の人情や親切が身に沁みた山行でもあった。

今回の反省、財布はズボンのポケットに入れるな

登山中の画像
  • 南アルプス林道バスは、予定よりも1時間早く臨時便の運行開始 高速バスからほぼノンストップで、北沢峠に向かうことに
  • とても親切にしていただいた大平山荘
  • 藪沢でも紅葉が進んでいて、期待が膨らむ
  • 藪沢を登り、高度が上がるにつれて、甲斐駒ヶ岳が姿を現す
  • ナナカマドの紅葉
  • 仙丈小屋が見えてくる
  • 馬の背はダケカンバが黄葉
  • 仙丈ヶ岳頂上より富士山と北岳が並ぶ姿
  • 御嶽山から上がる噴煙を遠望
  • 雲海に覆われていく紅葉の馬の背
  • 雲海に浮かぶ甲斐駒ヶ岳と八ヶ岳
  • 藪沢カールに差し込む朝日
  • 槍穂高連峰を始め、北アルプス、中央アルプスが遠望できた
  • 雷鳥の親子5羽ばかりと遭遇
  • ウラシマツツジが鮮やかに紅葉していた
  • ナナカマドは小千丈尾根の方が鮮やかだった
この山行で使った山道具
参考になった 7

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すてぱんさんの登山記録についてコメントする
  • turukou さん
    御嶽山の噴煙遠望の記録がありました。そのときよもやあのような被害が発生していたとは思わなかったでしょう。写真ののどかな雰囲気にギャップを感じました。火山情報の一つの資料になります。

  • すてぱん さん
    turukouさん、コメントありがとうございます。
    当日は偶然、噴火の瞬間を見ていました。仙丈ヶ岳の山頂付近から「あっちが御嶽山の方向だよなあ」と思ってい見ていたら、雲間から灰色の棒のようなものが突き出てきて、季節外れの入道雲がわくんだったら危ないなあと思っていました。すると、みるみるその雲が大きくなり、あの雲が近づいてきたら雷雨だと、予定を切り上げて小屋に戻りました。音も全く聞こえませんでした。噴火だと知ったのは、小屋に戻ってからです。
    翌日は、噴火との関連はわかりませんが、仙丈ヶ岳から小仙丈ヶ岳にかけての稜線上でも、ときおり硫黄の臭いがいたしました。
    同じ山登りが好きな人たちに多くの犠牲が出てしまったことに、心が痛みます。亡くなられた方々のご冥福を祈ります。

関連する現地最新情報

  • 甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    6月中旬頃の営業再開へ準備中。黒戸尾根は破損した「はしご」修復のため通行止め
    20年05月29日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

すてぱん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 7

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年5月29日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
NEW MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」
MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は、MSR「ウインドバーナー」。気になる燃焼効率や使用感をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック! オールラウンドに使えるグレゴリーの人気モデル「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!
NEW 山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン
山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン 自宅で山を想う時間を過ごすためのスペシャルコンテンツです
NEW みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト
みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト 思う存分、山を楽しめることができる日に向けて気持ちを盛り上げましょう! あなたの“とっておきの山写真”を募集中
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!