登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
来年の多幸を願って山納めは綿向山 綿向山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2018年12月31日(月)

  • パーティ

    2人 (Yamakaeru さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:目印としてはカーナビには「西明禅寺」をセット。 西明禅寺の手前にバス停の駐車場があり、綺麗なトイレもある。登山口の駐車場は西明寺の前のバス停を右に折れて、道なりに500mほど進んだところに綿向山用の御幸橋駐車場がある(西明禅寺手前で登山口の看板を見落とさなければ直接、駐車場に右折して行ける)。御幸橋駐車場は大きく、その少し上にも駐車場があるので、全体的にかなりの台数が駐車可能。

  • 天候

    曇り
    [2018年12月31日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

御幸橋駐車場(07:54)・・・夫婦松・・・ヒミズ谷出合小屋(08:10)・・・一合目・・・二合目(08:33)・・・三合目(08:41)・・・あざみ小舎・・・・・・四合目(08:50)・・・五合目小屋(08:59)・・・六合目(09:08)・・・七合目・行者コパ(09:15)・・・冬道九合目(09:33)・・・冬道分岐(09:37)・・・綿向山・山頂(09:40)・・・幸せのブナ(09:56)・・・竜王山下分岐(10:10)・・・ 綿向山冬道分岐(10:20)・・・七合目・行者コパ ・・・五合目小屋(10:50)(昼食~11:32)・・・四合目・・・あざみ小舎・・・三合目・・・二合目・・・一合目・・・ヒミズ谷出合小屋(12:08)・・・夫婦松・・・御幸橋駐車場(12:23)


総距離 約9.2km 累積標高差 上り:約1,129m
下り:約1,129m
12月31日、一年の締めとして山に登る。
2018年は、振り返ると総じてろくなことがなかった。特に諸事情が重なり計3ヶ月ほど、山に入れず、とても辛い時期があった。山から離れれば離れる程、改めて山の有難さと素晴らしさを感じた。そんな山に感謝しつつ、また、来年の幸せを祈って選んだ今年最後の山は「綿向山」。
今年は暖冬で樹氷は無理か、と半分諦めていたが、前日辺りからいろんな山サイトで、綿向山からの樹氷の便りが届くようになってきた。ソロで行こうか考えつつ、試しにリーダーに声をかけたところ1つ返事で快諾。かくして2018年の山納めは2人で挑む綿向山となった。
駐車場には、想像以上に積雪があった。スタッドレスタイヤなので全然問題はないが、福井より滋賀の方が積雪があった事に驚いた。
天気が回復することを期待してやってきたが、山頂方面は白いガスの中。上に着く頃には晴れてくれると良いが。。。
林道を上がっていくと暫くしてヒミズ谷出合小屋にたどり着く。立派で綺麗な小屋だ。ここから沢を渡ると九十九折の道が始まる。綿向は意外に急登な山だ。1合目、2合目と看板を数えながら5合目まで進む。一瞬開けたところに赤いメルヘンチックな屋根の避難小屋がある。いつもであれば反対側に竜王山が見えるが、今日は山がある事さえ想像できないほど真っ白な霧の世界。
5合目からは徐々に樹氷をまとった樹々が増えてくる。
7合目で不動明王の石像にご挨拶。雪の中でも凛々しく立って登山者を見守っていた。ここからは尾根沿いに一気に高度を上げて行く。と同時に綿向山で一番の樹氷ゾーンに入っていく。数年前のお正月(1月3日)に登った時は、ほとんど雪がなくて泥だらけの斜面で、ずり落ちる人が続出だった。暖冬の今年も同じ状態だと想像していたが、むしろ豪雪だった去年よりも積雪があるような気がする。
アイゼンは持ってきていたが、そのまま登ることにする。降ったばかりなのか、パウダースノーで全く踏ん張りがきかない。きっとアイゼンでもさほど効果はないだろう。
山頂に到着。残念ながら眺望は相変わらず霧の中だった。ケルンの前で少し待ってみるが回復する様子はなかったので、ブナの変木、通称「幸せのブナ」の方へ回ってみる。
ところが、登ってきた冬道から竜王山方面にかけてはトレースが無く、しかも、尋常じゃないくらいの積雪がある。二、三歩踏み込んだら、ズボッズボッと腰まで埋まってしまう。やはりワカンを持って来れば良かったかと一瞬思ったが、積もりたてのパウダースノーで、ここまで柔らかいと膝で固めようにも力が逃げてしまい、動くたびに逆に身体が沈み込んでしまう。ワカンもスノーシューも役に立たない1番厄介なパターンだ。
この調子だと幸せのブナも雪の下か?と心配したが、幸い幸せの輪っかはしっかり露出していた。「来年こそは良いことがありますように。いっぱい山にも行けますように。海では大物が釣れますように。。。」賽銭もないのに、願いは山ほど唱えて、輪っかをくぐる。これで一安心。
ラッセルに戻って、竜王山の下り分岐までなんとか行ってみる。1m進むのも難儀する。また、ラッセルをしていて気づいたが、負荷をかけると明らかに右足が痛い。普段の登山では何事もなく歩けていたが、先の肉離れがきっと完治していないに違いない。これから雪山というのに、ちゃんと治さないと、雪の中でスタックしたら大変だ。
竜王山の雪の状態もあまり変わりがないようなので、素直に来た道を戻ることにする。樹氷と別れるのは心残りだが、晴れ間の気配もないため5合目まで降って避難小屋で昼食とする。
雪景色の中であったかいものを食べようと今日はおでんを持ってきた。コッフェルにおでんを移し、コトコトと煮込む。ダシの良い香りが小屋の中に広がった。練り辛子をつけて、リーダーと二人で「おでんパーティー」。ダイコンに箸で切れ目を入れてだっぷり辛子をつけて頬張る。ホクホクと身体の芯まで温まった。最後にコーヒーを飲みながら、今年の登山を振り返る。1年は本当にあっという間だ。来年もいろんなことにチャレンジしていこう。

登山中の画像
登山画像
整った杉。美しい。。。
登山画像
白銀の世界。
登山画像
白いロード。
登山画像
白銀の世界その2.
登山画像
綿向山の山頂。なんにも見えない。雨乞やーい。
登山画像
樹氷のロード。
登山画像
雲の向こうに太陽が。
登山画像
輪っかをくぐって幸せになろう。
登山画像
凍っています。
登山画像
縦の世界。
登山画像
とげとげ。
登山画像
海老さん成長中。
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    おおおおでん~。スノーワールドですね。

  • Yamakaeru さん
    あっ、おでんの写真を載せるのを忘れてた。。。

  • レオ さん
    予想以上の積雪に周遊はできなかったけど楽しかったです。おでんご馳走さまでした。

  • Yamakaeru さん
    平成30年、最後の山をご一緒出来て嬉しかったです。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年1月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?