登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
来年の多幸を願って山納めは綿向山 綿向山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2018年12月31日(月)

  • パーティ

    2人 (Yamakaeru さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:目印としてはカーナビには「西明禅寺」をセット。 西明禅寺の手前にバス停の駐車場があり、綺麗なトイレもある。登山口の駐車場は西明寺の前のバス停を右に折れて、道なりに500mほど進んだところに綿向山用の御幸橋駐車場がある(西明禅寺手前で登山口の看板を見落とさなければ直接、駐車場に右折して行ける)。御幸橋駐車場は大きく、その少し上にも駐車場があるので、全体的にかなりの台数が駐車可能。

  • 天候

    曇り
    [2018年12月31日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

御幸橋駐車場(07:54)・・・夫婦松・・・ヒミズ谷出合小屋(08:10)・・・一合目・・・二合目(08:33)・・・三合目(08:41)・・・あざみ小舎・・・・・・四合目(08:50)・・・五合目小屋(08:59)・・・六合目(09:08)・・・七合目・行者コパ(09:15)・・・冬道九合目(09:33)・・・冬道分岐(09:37)・・・綿向山・山頂(09:40)・・・幸せのブナ(09:56)・・・竜王山下分岐(10:10)・・・ 綿向山冬道分岐(10:20)・・・七合目・行者コパ ・・・五合目小屋(10:50)(昼食~11:32)・・・四合目・・・あざみ小舎・・・三合目・・・二合目・・・一合目・・・ヒミズ谷出合小屋(12:08)・・・夫婦松・・・御幸橋駐車場(12:23)


総距離 約9.2km 累積標高差 上り:約1,129m
下り:約1,129m
12月31日、一年の締めとして山に登る。
2018年は、振り返ると総じてろくなことがなかった。特に諸事情が重なり計3ヶ月ほど、山に入れず、とても辛い時期があった。山から離れれば離れる程、改めて山の有難さと素晴らしさを感じた。そんな山に感謝しつつ、また、来年の幸せを祈って選んだ今年最後の山は「綿向山」。
今年は暖冬で樹氷は無理か、と半分諦めていたが、前日辺りからいろんな山サイトで、綿向山からの樹氷の便りが届くようになってきた。ソロで行こうか考えつつ、試しにリーダーに声をかけたところ1つ返事で快諾。かくして2018年の山納めは2人で挑む綿向山となった。
駐車場には、想像以上に積雪があった。スタッドレスタイヤなので全然問題はないが、福井より滋賀の方が積雪があった事に驚いた。
天気が回復することを期待してやってきたが、山頂方面は白いガスの中。上に着く頃には晴れてくれると良いが。。。
林道を上がっていくと暫くしてヒミズ谷出合小屋にたどり着く。立派で綺麗な小屋だ。ここから沢を渡ると九十九折の道が始まる。綿向は意外に急登な山だ。1合目、2合目と看板を数えながら5合目まで進む。一瞬開けたところに赤いメルヘンチックな屋根の避難小屋がある。いつもであれば反対側に竜王山が見えるが、今日は山がある事さえ想像できないほど真っ白な霧の世界。
5合目からは徐々に樹氷をまとった樹々が増えてくる。
7合目で不動明王の石像にご挨拶。雪の中でも凛々しく立って登山者を見守っていた。ここからは尾根沿いに一気に高度を上げて行く。と同時に綿向山で一番の樹氷ゾーンに入っていく。数年前のお正月(1月3日)に登った時は、ほとんど雪がなくて泥だらけの斜面で、ずり落ちる人が続出だった。暖冬の今年も同じ状態だと想像していたが、むしろ豪雪だった去年よりも積雪があるような気がする。
アイゼンは持ってきていたが、そのまま登ることにする。降ったばかりなのか、パウダースノーで全く踏ん張りがきかない。きっとアイゼンでもさほど効果はないだろう。
山頂に到着。残念ながら眺望は相変わらず霧の中だった。ケルンの前で少し待ってみるが回復する様子はなかったので、ブナの変木、通称「幸せのブナ」の方へ回ってみる。
ところが、登ってきた冬道から竜王山方面にかけてはトレースが無く、しかも、尋常じゃないくらいの積雪がある。二、三歩踏み込んだら、ズボッズボッと腰まで埋まってしまう。やはりワカンを持って来れば良かったかと一瞬思ったが、積もりたてのパウダースノーで、ここまで柔らかいと膝で固めようにも力が逃げてしまい、動くたびに逆に身体が沈み込んでしまう。ワカンもスノーシューも役に立たない1番厄介なパターンだ。
この調子だと幸せのブナも雪の下か?と心配したが、幸い幸せの輪っかはしっかり露出していた。「来年こそは良いことがありますように。いっぱい山にも行けますように。海では大物が釣れますように。。。」賽銭もないのに、願いは山ほど唱えて、輪っかをくぐる。これで一安心。
ラッセルに戻って、竜王山の下り分岐までなんとか行ってみる。1m進むのも難儀する。また、ラッセルをしていて気づいたが、負荷をかけると明らかに右足が痛い。普段の登山では何事もなく歩けていたが、先の肉離れがきっと完治していないに違いない。これから雪山というのに、ちゃんと治さないと、雪の中でスタックしたら大変だ。
竜王山の雪の状態もあまり変わりがないようなので、素直に来た道を戻ることにする。樹氷と別れるのは心残りだが、晴れ間の気配もないため5合目まで降って避難小屋で昼食とする。
雪景色の中であったかいものを食べようと今日はおでんを持ってきた。コッフェルにおでんを移し、コトコトと煮込む。ダシの良い香りが小屋の中に広がった。練り辛子をつけて、リーダーと二人で「おでんパーティー」。ダイコンに箸で切れ目を入れてだっぷり辛子をつけて頬張る。ホクホクと身体の芯まで温まった。最後にコーヒーを飲みながら、今年の登山を振り返る。1年は本当にあっという間だ。来年もいろんなことにチャレンジしていこう。

登山中の画像
登山画像
整った杉。美しい。。。
登山画像
白銀の世界。
登山画像
白いロード。
登山画像
白銀の世界その2.
登山画像
綿向山の山頂。なんにも見えない。雨乞やーい。
登山画像
樹氷のロード。
登山画像
雲の向こうに太陽が。
登山画像
輪っかをくぐって幸せになろう。
登山画像
凍っています。
登山画像
縦の世界。
登山画像
とげとげ。
登山画像
海老さん成長中。
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    おおおおでん~。スノーワールドですね。

  • Yamakaeru さん
    あっ、おでんの写真を載せるのを忘れてた。。。

  • レオ さん
    予想以上の積雪に周遊はできなかったけど楽しかったです。おでんご馳走さまでした。

  • Yamakaeru さん
    平成30年、最後の山をご一緒出来て嬉しかったです。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年8月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW プレゼント盛りだくさんの大アンケート!
プレゼント盛りだくさんの大アンケート! みなさんはどんな山道具を使ってますか? 情報源は? 購入方法は? プレゼントも当たる大アンケートにご協力お願いします
NEW ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」
ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」 『山と溪谷』の連載「GTR」を担当するホーボージュンさんが、その裏話と、グレゴリーの大型バックパックについて語る!
NEW 移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語
移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語 子育ての環境を優先して長野県大町市に移住したという屋田さんご家族。自然が近く、生活も便利という大町暮らしを聞いた。
NEW トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック
トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック 画期的な新商品が、すべての登山者に快眠を約束してくれる。ニーモの革新的シュラフと高機能マットを紹介。
NEW 760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り
760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載では、ダブルウォール自立式のニーモ「ホーネットストーム1P」をテスト! その実力は?
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
カリマー「クーガー」がアップデート!
カリマー「クーガー」がアップデート! 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
NEW ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介