登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
奥多摩の沢と滝を満喫!「川苔山」 川苔山(関東)
img

記録したユーザー

きー さん
  • 日程

    2019年4月2日(火)

  • 利用した登山口

    川乗橋   鳩ノ巣駅  

  • パーティ

    3人 (きー さん 、ほか2名)

  • 登山口へのアクセス

    タクシー
    その他:マイカーで鳩ノ巣の無料駐車場に向かい、電車で鳩ノ巣駅から奥多摩駅へ向かう。
    奥多摩駅かへらバスの予定だったが、バスの時刻が合わなかったのでタクシーで川乗橋へ向かい入山。
    帰りは鳩ノ巣からマイカーで帰宅。

  • 天候

    晴れのち曇り
    [2019年04月02日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

川乗橋(09:54)・・・細倉橋(10:45)・・・百尋ノ滝(11:39)[休憩 10分]・・・分岐(12:37)・・・川苔山(13:40)[休憩 50分]・・・東の肩(14:33)・・・舟井戸(14:51)[休憩 10分]・・・分岐(15:15)[休憩 10分]・・・大根ノ山ノ神(16:30)[休憩 10分]・・・鳩ノ巣駅(17:20)

総距離 約12.9km 累積標高差 上り:約1,371m
下り:約1,484m
コースタイム 標準:5時間45分
自己:5時間56分
コースタイム倍率 1.03
見ごたえのある沢沿いの風景や、大小さまざまな滝、登り応えのある岩場の急登の先には、奥多摩の奥地を眺める大展望!
都内近郊のハイカーに人気の山と聞いていたが、それも「なるほど!」と納得できる様々な山の表情を楽しめるコースだった。

バスの時間が合わなかった関係で、奥多摩駅からタクシーで川乗橋へ向かおうと思ったら、タクシーが出払っていて20分ほど足止め…^^;
平日なのでそんなに台数が出てないのかもしれないが、その辺を考えていなかった計画の甘さは今後へ向けた反省点。他のエリア行く時もこれからは気をつけようと思う。

川乗橋から車両通行止めのゲート横を通って入山。
すでに周囲の景色は山モード全開。
所々に桜も見え、春を感じさせる奥多摩の景色を楽しみながら歩く。
しばらくは舗装された林道を進み、細倉橋から山道を行く本格登山の開始!

マイナスイオンあふれる沢沿いの登山道。
沢には大小さまざまな滝や、美しい淵…
深い渓谷の中を右に左に橋を渡りながら上流目指して進んでいく。
橋の上には前日に降ったと思われる雪が少し乗っていたので、滑らないように注意して進んだ。
百尋ノ滝の手前あたりから急な岩場が現れ、それまでの癒し系のコースから、突如急峻な山へと変化し、川苔山が本気を出してくる。
たどり着いた百尋ノ滝は、ここ最近足を運んだ都内近郊の滝の中では、かなり上位にランクインする落差と水量!大迫力の眺めにとてもテンションが上がった!

急登は岩場から樹林帯へと変わっても続くが、それが一段落して一旦少し下ってから沢を渡る。
その周辺で一瞬道を間違えそうになったが、落ち着いて周囲を見渡せばすぐに正解のルートは見つかった。
足毛岩の分岐からは足毛岩方面へ向かったが、日の当らない北側斜面を歩くルートだからなのか、けっこう道に雪が乗っていた。アイゼンの必要はなかったが、油断すると滑るので気をつけて歩く…
足毛岩の肩分岐から左に曲がり、山頂へ向けて最後の登りを行く。
徐々に周囲の見晴らしが広がりだして、奥多摩最深部方面の眺めを楽しみながら、無事に川苔山の山頂に到着!
山頂からは西側方面の展望の他に、木々の合間から富士山の姿も楽しむ事が出来た。

午前中は快晴の中始まった山行も、昼ごろからは雲が広がり、山頂でお昼ご飯を楽しんでいる時間帯はかなり寒かった。少し風が吹いていた影響もあるが、まだまだ防寒対策は油断できないと改めて思った。

下山は山頂から東の肩を経由して、鳩ノ巣方面へ進む。
少しの間は植生の変化の楽しい登山道だが、薄暗い杉(ヒノキ?)の樹林帯に入ってからは、ひたすら長く続く変化の乏しい山道を修行のような気持ちで歩く…
やっとの思いで林道にたどり着いた時は、ホッとした気持ちだった。
大根の山の神で今日の山行の無事を感謝して、鳩ノ巣方面へ最後の下り!
熊野神社の横から無事に下山したら、すぐそばで桜の木が出迎えてくれた。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、ストーブ、コッヘル
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

きーさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

きー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年4月3日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。