登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
御前山2019 御前山(関東)
img

記録したユーザー

きんちょん さん

この登山記録の行程

奥多摩湖(08:20)・・・サス沢山(09:22)・・・惣岳山(10:27)[休憩 9分]・・・分岐(10:39)・・・御前山(10:51)[休憩 44分]・・・御前山避難小屋(11:41)・・・鞘口山(12:23)[休憩 6分]・・・鋸山(13:10)[休憩 4分]・・・愛宕山(14:44)・・・奥多摩駅(15:03)

総距離 約11.3km 累積標高差 上り:約1,316m
下り:約1,505m
コースタイム 標準:6時間
自己:5時間40分
コースタイム倍率 0.94
ひとりで御前山→鋸山を歩いた。前回(昨年11月)に同じコースを歩いたときに、下りの歩き方に開眼(かいげん)し、それ以来下りの膝痛問題は無くなったのだが、さて今回はどうか。

新宿5:38の各停に乗ったところ、席は全部埋まっていて、立っている人もいる。見たところ、ほとんど朝帰りの人。なるほど、土曜の早朝はこうなんだ。次から気をつけよう。

3月16日でバス時刻表が改正されているので、奥多摩駅バス停で「ハイキング時刻表」をまずゲット。今年も1年お世話になります。

登り始め、なかなか調子がでない。結構急でザックも重いので、かなりゆっくり目で脚を慣らした方がいいようだ。

最高気温が20℃を超える予報だったので、ボトムズはタイツなし、トップスは半袖のL1(ドライレイヤ)とメリノウールのL2、L3は薄いものにした。朝は少し冷え、登り始めは少し風があったので、L4(ソフトシェル)をサス沢山山頂まで着た。そこから先も午後になるまではL3を着続けた。

今まで非常用に無線を携帯していたのだが、一度も発信したことがないので、これではいざというときに使えないかもと思い始め、発信するためにまずは作法を学ぼうと、御前山山頂で聞いていた。いわゆる「ワッチ」。アンテナはRH-770で、クリップ基台をミニ三脚に取り付け。ぽかぽか陽気で時間を忘れて聞いていると、あっという間に30分が過ぎてしまった。仕方なく移動再開。無線を楽しむ場合は、これに時間を取れるように計画する必要があるなそのうち発信しよっと。

このコースは鋸山から奥多摩駅までの鋸尾根が結構脚にくる。今回はザックが+5kgだったが、脚に疲れはあったものの、ストックを使うこともなく順調に歩けた。トレーニングの効果だな。うれしい。

<ザック重量>
出発時:ザック 14.5kg、サコッシュ 1.2kg (合計 15.7kg)
(水:水筒 750cc&プラティバス 1000cc、缶コーヒー 350cc)

★★★★★★★★★★★★★★★
ヤマケイの鞘口山→鋸山→愛宕山の標準タイムはおかしいように思う。長めであれば計画を立てる上で問題はないが、短いので困る(帰りのおくたま号に乗れるか冷や冷やしながら歩いた)。
標準タイムは、
 鞘口山-(30分)→鋸山-(70分)→愛宕山
前回の所要時間は、
 鞘口山-(46分)→鋸山-(101分)→愛宕山
今回は、
 鞘口山-(41分)→鋸山-(90分)→愛宕山。
前回は鋸山→愛宕山で膝が痛くなり、鎖場を登った時間があったので気がつかなかったが、今回はザック重量が約+5kgになっているとはいえ、順調に歩けた。天聖神社で一緒になった二人組の方が「ここが愛宕山ですかね」と聞いてきた。
帰宅後『ステップアップ 奥多摩 高尾』付録の地図を見たところ、
 鞘口山-(35分)→鋸山-(70分)→天聖神社-(40分)→奥多摩駅
となっていた。鋸山は登っていないタイムだと思う。ヤマケイでは愛宕山→奥多摩駅が20分なので、鋸山→愛宕山は90分ということになる。これは正しそうだ。
★★★★★★★★★★★★★★★

登山中の画像
登山画像
サス沢山山頂から見下ろす奥多摩湖
登山画像
奥多摩湖
登山画像
サス沢山山頂
登山画像
惣岳山山頂。サス沢山にいたグループが「そうた…
登山画像
御前山山頂
登山画像
御前山山頂
登山画像
御前山山頂で無線を聞く
登山画像
鞘口山山頂
登山画像
鋸山手前の舗装路からの進路。左に登る道、右に…
登山画像
鋸山山頂。大勢の人で賑わっていた。大岳山から…
登山画像
鎖場。前回は見過ごしてしまい、下から登ったが…
登山画像
天聖神社付近は岩山で結構おもしろい
登山画像
愛宕山からの最後の下りで、強烈に長い階段(下り…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール
【その他】 無線機
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

きんちょんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

きんちょん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年9月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に554点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
NEW 山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて大町市に移住した2つの家族。移住の経緯や大町暮らしの魅力を聞いた。移住体験会では参加者を募集中!
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!