登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
名郷から蕨山・有間山からさわらびの湯 蕨山、有間山、藤棚山、大ヨケの頭、金比羅山(関東)
img

記録したユーザー

カズパパ さん

この登山記録の行程

名郷バス停(08:40)・・・林道終点(08:54)・・・支稜下降点(09:22)・・・[途中休憩7分]・・・蕨山分岐(10:18)[休憩2分]・・・橋小屋ノ頭(10:49)[休憩2分]・・・タタラの頭(11:13)[休憩33分]・・・橋小屋ノ頭(12:04)・・・蕨山展望台(12:30)[休憩5分]・・・藤棚山(12:52)[休憩3分]・・・大ヨケの頭(13:26)[休憩3分]・・・金平羅山(13:52)・・・金比羅神社跡(14:01)[休憩3分]・・・さわらびの湯バス停(14:28)


総距離 約13.6km 累積標高差 上り:約1,398m
下り:約1,471m
今日はさわらびの湯にマイカーを駐車して、バスで名郷まで移動、蕨山から有間山まで歩き、引き返し蕨山から藤棚山、金比羅山を経由してさわらびの湯でひとっ風呂浴びてマイカーで帰宅する計画です。
天気が良く(暑い位)、さわらびの湯にはハイカーが溢れています。皆さんはここを始点として蕨山や棒ノ折山へ向かうようですが、ただ一人ここからバスに乗りこみます。バスにはさわらびの湯で下車される方が多いですが、数名は名郷まで引き続き乗車していました。
名郷のバス停で下車、ここからは武川岳や武甲山に向かうことも出来ますが、蕨山を目指して山歩きスタート。15分程林道を歩くと登山道入り口になります。ここからは水平移動距離700M程で250M弱標高を上げます。支稜下降点からは所々奥武蔵の山景を楽しみにながらさらに標高を上げていきます。蕨山原点で分岐しますが、まずは最高点を経由して有間山へ向かいます。いったんわずかに標高を下げ、逆川林道のある広場から二度目の急登、水平移動距離500M弱で160M強標高を上げていきます。橋小屋ノ頭はいくつかある有間山ピークの一つで鳥首峠からの合流点でもあります。ここから南に有間山稜を歩いていきます。地図によればピークを5つ過ぎ6つ目がタタラの頭、有間山の最高点となります。
それほど眺望があるわけではありませんが、ここで昼食のラーメンを食すことにします。30分程休憩していったん蕨山まで戻ります。蕨山展望台には12:30に到着、たくさんの方々がお昼休憩をしていました。北側の眺望は見えますが、南側は木々に囲まれてます。5分程景色を楽しみ金比羅尾根でさわらびの湯へ向かいます。途中途中で棒ノ折山を初めとする奥多摩の山々を眺めながら藤棚山、大ヨケの頭を歩いていきます。最後のピーク、金比羅山は通常の登山道から少し外れることになります。中登坂と金比羅神社跡の間にある名栗湖ネイチャートレイルの案内標識がある場所で右斜め前方が金比羅神社方面ですが、左斜め上方に続く踏み跡があります。これが金比羅山方面かなと思いながら標識を良く見ると柱部分についているピンクリボンにマジックで金比羅山の矢印が見えます。ちなみに山頂は三角点に申訳なさそうに山名表示の板が置いてあるだけです。
そのまま右斜め前方の踏み跡を辿り先程の道に合流しますが、金比羅神社跡側からの分岐は表示が全くなく、知らない人はほとんど分からないと思います。金比羅神社跡にある小さな社で参拝し、展望の無い「見晴らし(昔は木々が刈られて展望があったに違いない)」を過ぎた頃、持参した水を飲み切りました。気温が高かったため、喉の渇きを感じながらさわらびの湯へ到着しました。まずは水分チャージしてから温泉で身体を癒し帰宅しました。

登山中の画像
  • さわらびの湯バス停
  • 名郷観光案内図
  • 名郷バス停
  • 名郷バス停横有料駐車場
  • まずは林道を歩いていきます
  • 林道終点、小川を渡り登山道へ
  • 急登が始まります
  • 結構な傾斜
  • ようやく奥武蔵の山々が見えてきます
  • 武川岳でしょうか
  • ヤマツツジでしょうか
  • 蕨山原、点西(左)が最高点、東(右)が展望台
  • このような分岐になってます
  • 蕨山最高点
  • 蕨山と橋小屋ノ頭の鞍部、広場のようになってます
  • 左は逆川林道、登山道は右斜め上
  • 急登、直登です。先程の広場から一気に160M強登ります
  • 橋小屋の頭、いくつかある有間山ピークの一つ
  • 有間山稜を歩きます
  • 緑が多くなってきてます
  • 有間山稜から西方を望む
  • タタラの頭、有間山最高点
  • ここで一休み
  • タタラの頭から蕨山原点へ戻り、蕨山展望台に
  • 少し見づらいですが展望台にある周辺図
  • 奥武蔵パノラマ
  • 彩り豊かです
  • 南方面は木々に囲まれてます
  • 藤棚山
  • 棒ノ折山
  • 緑に包まれてます
  • 大ヨケの頭
  • 金比羅山分岐、ピンクリボンに僅かに表示されてます、金比羅神社側からの破線路はほとんど分からないと思います
  • 金比羅山
  • 金比羅神社跡
  • 木の鳥居があります
  • 見晴らしとありますが、現在展望はありません
  • 金比羅神社の説明
  • さわらびの湯側からの蕨山登山口
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

カズパパさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

カズパパ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年6月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的! 今回のモニター企画で最後を飾るのは、暑い大野山でも背中の汗が気にならなかったという、O.N.さんのレポートです!
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
NEW 登山中の飲料に関するアンケート
登山中の飲料に関するアンケート みなさんは山で何を飲んでいますか? 飲料に関するアンケートにご協力ください。抽選で5名様にプレゼントあり!