登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
春を迎えに八ヶ岳 硫黄岳・赤岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

yo2jijii さん
  • 日程

    2019年5月10日(金)~2019年5月11日(土)

  • 利用した登山口

    美濃戸  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:金曜であること、残雪がおおいこと、小屋が開いていない事、花が咲いていない事などからどこも貸し切り状態でした。美濃戸口から美濃戸への道は夏の状態です。凸凹ですが!

  • 天候

    初日:晴れ、無風、2日目:晴れ・曇り・小雨
    [2019年05月10日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
美濃戸(09:40)・・・堰堤広場(11:00)・・・赤岳鉱泉(12:00)・・・行者小屋(13:00)・・・赤岳鉱泉(14:30)

【2日目】
赤岳鉱泉(05:40)・・・赤岩ノ頭(07:30)・・・硫黄岳(08:30)・・・大ダルミ(09:00)・・・横岳(10:20)・・・三叉峰(10:50)・・・行者小屋(14:00)・・・美濃戸(17:00)

総距離 約16.1km 累積標高差 上り:約1,668m
下り:約1,668m
コースタイム 標準:10時間11分
自己:16時間10分
コースタイム倍率 1.59
赤岳鉱泉のテント場はグチャグチャであまりお勧めできません。行者小屋はすべて雪(ただし水場は無し)どちらを取るかですね。朝4時で2℃でした。赤岳鉱泉まではチェーンアイゼン。赤岳鉱泉から硫黄への登りは12本(これしか持っていないので)雪がくさっているので、爪が長くないと効きません。そんなわけでピッケルも同様に効きが悪いので、日の岳から地蔵の頭への雪渓部の下りは滑ったらケガでは済まないですね。あとは地蔵尾根の始めのリッジ上の所、ここは鎖ががっちりありますがぶら下がってしまったら・・・・
あと昨年12月の始めに行った時もなんとなく感じていたのですが、南沢のルート・コースタイムが山と高原地図やYAMAP地図データーと実測GPSデーターが合っていません。自然災害や堰堤建設などで変わってしまったのかもしれません。下りは30分ほど余計にかかると思われます。

登山中の画像
登山画像
北沢の様子。赤岳鉱泉までは大体こんな感じです。
登山画像
アイスキャンデーも崩落寸前です。
登山画像
硫黄への登り。暗い樹林帯、急こう配のジグザク…
登山画像
森林限界からの阿弥陀です。
登山画像
有名な爆裂火口。いつ見ても迫力ありますね。な…
登山画像
日の岳からの雪渓の下り部分です。怖いですね!
登山画像
行者小屋のキャンプ場。11日に小屋開けの準備の…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器、テント、シュラフ、シュラフカバー、テントマット、マット(個人用)、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、アウタージャケット、オーバーパンツ、冬山用登山靴、アイゼン、ピッケル、環付きカラビナ、スリング(シュリンゲ)、ヘルメット
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

  • 高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    昨日は朝は雪でしたが昼過ぎから雨になりました。登山道の雪はバリバリのモナカ状です
    20年01月24日(金)
    硫黄岳山荘~硫黄岳・横岳
    硫黄岳山荘
    横岳は全体的に積雪コンディション良好。雪が固く締まりアイゼンが良く効く感じです。
    20年01月22日(水)
  • 黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    渋ノ湯登山口の積雪は40〜50cm程度。登山道は雪が締まって歩きやすい状態になりました
    20年01月17日(金)
    北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    山麓の天気予報は参考程度にしかなりません。晴れ予報でも天候急変への備えを万全にして入山を
    20年01月16日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

yo2jijii さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年1月28日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開 5名のモニターが背負った感想をレポート! 1人目は東北から関東甲信越の山を精力的に登った「こう」さんです
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 「日本百名山」完登に関するアンケート
「日本百名山」完登に関するアンケート 『ワンダーフォーゲル』2020年4月号の企画のためのアンケート調査です。日本百名山を完登された方はぜひご協力ください
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?