登山記録詳細

雪山登山
参考になった 0
芦別岳本谷コースに挑戦 芦別岳(北海道)
img

記録したユーザー

スピリットベア さん
  • 日程

    2019年5月19日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:札幌→(道央道)→三笠IC→(道々116)→(国道452)→(道々135)→(国道38)→富良野市→(道々985)→太陽の里→芦別岳旧道コース登山口

  • 天候

    晴れ
    [2019年05月19日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

芦別岳旧道コース登山口(04:45)・・・(07:15)ユーフレ小屋(07:30)
・・・ゴルジュ(08:05)・・・インゼル(08:45)・・・第一稜(10:55)・・・
コル(11:40)・・・(12:30)芦別岳山頂(13:00)・・・半面山(14:00)
・・・鶯谷(14:35)・・・見晴台(15:17)・・・芦別岳新道コース登山口(16:00)


総距離 約11.5km 累積標高差 上り:約1,496m
下り:約1,566m
 いろいろな情報で、芦別岳の本谷コースは相当にハードだと認識して臨んだ。ユーフレ小屋までは、大きな高巻きや一本丸太橋があったりするが、普通の山道であった。ゴルジュを過ぎて本谷コースの核心部に入ると、風景・雰囲気が一変した。谷の両側は急角度で高く立ち上がっていて、その底に大きな雪渓が延々と続いている。雪渓の上はデブリの跡で埋まっていて、氷河の上みたいな感じがする。普段は比較的フラットな山ばかり登っている自分には、これぞ正しく「山岳」と言ったイメージである。本谷コースの最終には、標高差約300mの急登があった。これを登りきると、夏道に出るので山頂までは楽に登れる。辛いの登りのご褒美が山頂直下に待っていた。芦別岳の貴重な花で、雪解け直後に咲く「ツクモグサ」である。
 今回の登山で危険と感じた点を記述する。
・ユーフレ小屋に至る途中にある一本丸太橋は、以前より急な角度になり、立って歩いて渡るのはかなり危険な状態です。自分も他の方達も跨がって這いずりながら渡った。
・標高1100m付近を登っている時、山頂に向かって右側の沢から雪(雪庇?)崩れ落ちて、それが雪の塊となって、本谷の雪渓の上を転がり落ちてきた。大きさはバスケットボールから大型車の車輪ほどで、それは十数個でかなりの速度で落下してきた。自分も周囲の他の方達も、機敏に動いて雪の塊を交わして、大事に至らなかった。
・標高1350m付近を登っている時に、寸前に自分が通過した地点の崖が崩壊して、大きな落石となった。後で、後続のパーティーの方に尋ねたところ、落石のコース上には登山者がいなくて、事故とはならなかったとのこと。

登山中の画像
登山画像
芦別岳旧道コース登山口
登山画像
一本丸太橋
登山画像
ユーフレ小屋
登山画像
ゴルジュ
登山画像
ゴルジュを越えた地点から芦別岳を望む
登山画像
インデル
登山画像
標高1200m付近の本谷
登山画像
標高1200m付近、本谷下流を望む
登山画像
ご褒美のツクモグサ
登山画像
芦別岳山頂
登山画像
雲峰山から望む芦別岳山頂
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール、GPS機器、アウタージャケット、オーバーパンツ、アイゼン、ピッケル、ヘルメット
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

スピリットベアさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

スピリットベア さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月4日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!