登山記録詳細

雪山登山
参考になった 0
芦別岳本谷コースに挑戦 芦別岳(北海道)
img

記録したユーザー

スピリットベア さん
  • 日程

    2019年5月19日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:札幌→(道央道)→三笠IC→(道々116)→(国道452)→(道々135)→(国道38)→富良野市→(道々985)→太陽の里→芦別岳旧道コース登山口

  • 天候

    晴れ
    [2019年05月19日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

芦別岳旧道コース登山口(04:45)・・・(07:15)ユーフレ小屋(07:30)
・・・ゴルジュ(08:05)・・・インゼル(08:45)・・・第一稜(10:55)・・・
コル(11:40)・・・(12:30)芦別岳山頂(13:00)・・・半面山(14:00)
・・・鶯谷(14:35)・・・見晴台(15:17)・・・芦別岳新道コース登山口(16:00)


総距離 約11.5km 累積標高差 上り:約1,496m
下り:約1,566m
 いろいろな情報で、芦別岳の本谷コースは相当にハードだと認識して臨んだ。ユーフレ小屋までは、大きな高巻きや一本丸太橋があったりするが、普通の山道であった。ゴルジュを過ぎて本谷コースの核心部に入ると、風景・雰囲気が一変した。谷の両側は急角度で高く立ち上がっていて、その底に大きな雪渓が延々と続いている。雪渓の上はデブリの跡で埋まっていて、氷河の上みたいな感じがする。普段は比較的フラットな山ばかり登っている自分には、これぞ正しく「山岳」と言ったイメージである。本谷コースの最終には、標高差約300mの急登があった。これを登りきると、夏道に出るので山頂までは楽に登れる。辛いの登りのご褒美が山頂直下に待っていた。芦別岳の貴重な花で、雪解け直後に咲く「ツクモグサ」である。
 今回の登山で危険と感じた点を記述する。
・ユーフレ小屋に至る途中にある一本丸太橋は、以前より急な角度になり、立って歩いて渡るのはかなり危険な状態です。自分も他の方達も跨がって這いずりながら渡った。
・標高1100m付近を登っている時、山頂に向かって右側の沢から雪(雪庇?)崩れ落ちて、それが雪の塊となって、本谷の雪渓の上を転がり落ちてきた。大きさはバスケットボールから大型車の車輪ほどで、それは十数個でかなりの速度で落下してきた。自分も周囲の他の方達も、機敏に動いて雪の塊を交わして、大事に至らなかった。
・標高1350m付近を登っている時に、寸前に自分が通過した地点の崖が崩壊して、大きな落石となった。後で、後続のパーティーの方に尋ねたところ、落石のコース上には登山者がいなくて、事故とはならなかったとのこと。

登山中の画像
登山画像
芦別岳旧道コース登山口
登山画像
一本丸太橋
登山画像
ユーフレ小屋
登山画像
ゴルジュ
登山画像
ゴルジュを越えた地点から芦別岳を望む
登山画像
インデル
登山画像
標高1200m付近の本谷
登山画像
標高1200m付近、本谷下流を望む
登山画像
ご褒美のツクモグサ
登山画像
芦別岳山頂
登山画像
雲峰山から望む芦別岳山頂
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール、GPS機器、アウタージャケット、オーバーパンツ、アイゼン、ピッケル、ヘルメット
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

スピリットベアさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

スピリットベア さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年1月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?