登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
ガスガスの仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳 仙丈ヶ岳 甲斐駒ヶ岳(南アルプス)
img

記録したユーザー

Tatsu さん
  • 日程

    2019年7月8日(月)~2019年7月9日(火)

  • 利用した登山口

    北沢峠  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:芦安市営駐車場(無料 トイレ有)に駐車
    【往路】
    芦安から広河原行きのバス(1030円+200円[協力金]=1230円(協力金は通行の度))[1時間程度]
    広河原から北沢峠行きのバス(1000円)[30分程度]
    【復路】
    北沢峠から広河原行きのバス(1000円)[30分程度]
    広河原から乗合タクシー(1100円+200円[協力金]=1300円(協力金は通行の度))[45分程度]
    ※バス、タクシーともに時刻表を要確認

  • 天候

    1日目 曇一時晴  2日目 曇時々雨
    [2019年07月08日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
北沢峠(04:35)・・・五合目(大滝ノ頭)(06:03)[休憩 10分]・・・小仙丈ヶ岳(07:06)[休憩 9分]・・・仙丈ヶ岳(08:15)[休憩 10分]・・・仙丈小屋(08:50)[休憩 15分]・・・馬の背ヒュッテ(09:35)[休憩 25分]・・・藪沢小屋(10:10)・・・五合目(大滝ノ頭)(10:35)[休憩 15分]・・・北沢峠(11:46)

【2日目】
北沢峠(04:35)・・・双児山(06:15)[休憩 10分]・・・駒津峰(07:00)[休憩 10分]・・・甲斐駒ヶ岳(08:37)[休憩 13分]・・・駒津峰(09:55)[休憩 15分]・・・仙水峠(11:00)[休憩 10分]・・・仙水小屋(11:32)・・・長衛小屋(11:55)・・・北沢峠(12:05)

総距離 約16.9km 累積標高差 上り:約2,366m
下り:約2,366m
コースタイム 標準:14時間10分
自己:12時間19分
コースタイム倍率 0.87
特に危険な箇所なはい
甲斐駒ヶ岳では、標識やリボンが目印になる

40年くらい前には北沢峠に幕営して仙丈ヶ岳に登ったな~、などと考えていたらムラムラと行きたくなって、併せて甲斐駒ヶ岳もやっつけようと思い立ち、この梅雨の最中に行って参りました。
さすがにテント泊は厳しいので、これもやはり40年振りとなる山小屋泊です。

芦安の駐車場は第5までありましたが、バス停に一番近い第2駐車場に停めることができました。日曜日に山入りするせいか、広河原までの乗客は若い女性の二人組の3人だけでした。

広河原で30分程待ち、北沢峠行きのバスに乗車しましたが、広河原は北岳から下山してきたと思われる方々で溢れかえっていました。皆さんビショビショで。
北沢峠行きのバスには、そうした年配の三人組のご婦人と四人だけ。ご婦人方はそのままバスを乗り継ぎ、伊那方面へ向かったようです。

いよいよ、バス停の目の前にあるこもれび山荘へ足を踏み入れます。昔の雑魚寝の山小屋をイメージしていましたが、全く違いました。
なんか、小綺麗だし、スタッフも若い女性?山小屋に女の人なんか居たっけ?と思いながらも、システムを聞き、カーテンで仕切られたまるで個室のような部屋?でひとまず落ち着きます。

近くの花を楽しんだり、本を読んだりして静かな、とても贅沢な時間を過ごしました。やがて団体さんやその他のお客さんが戻ってきて、賑やかになり、食事を見てまたビックリ。スープ、パン、サラダ、副菜、主菜、ご飯、デザートと、盛り沢山です。カレーだと思ってたのに。

テーブルでは、ソロの若い男性と夫婦連れの四人が相席となり、それぞれの山の話に花が咲きました。こういうのも、たまにはいいな、と思う一時でした。

翌朝、4時に朝食をとり、仙丈ヶ岳へと向かいます。青空が覗き、ちょっぴり期待した天気でしたが、3時間後にはガスが・・・。
長衛小屋でテント泊をされた方と前後しながら歩みを進め、小仙丈ヶ岳の手前が少しきついと感じた登りでしたが、全体的には普通の山という感じでした。
森林限界を抜けると花が増えます。花の山というのでとっても期待していましたが、花の種類も量も少なく感じてしまいました。以前の印象が強かったせいかもしれません。
もちろん、細面のキバナノコマノツメを始め、ゴゼンタチバナ、ツマトリソウ、コケモモ、ショウジョウバカマ等々沢山の花々を堪能できてました。
小仙丈ヶ岳の先で雷鳥を見たとの話を後で聞き、うーん残念。見落してしまったのかどうかはわかりませんが、時間差にすると30分くらいの差で運不運が分かれてしまいました。

なお、馬ノ背ヒュッテから藪沢を下るルートは通行止でしたが、9日に復旧に入るとのはなしを耳にしましたので、事前に確認してください。

なんだか、あっという間の仙丈ヶ岳でした。

夜はまた、別の方々とテーブルを囲み、1時間半に渡って話込み楽しいひと時でした。

翌日の甲斐駒ヶ岳は曇り空でのスタートでしたが、1時間もすると雨模様となり、1人黙々と歩きます。双児山ルートはきついといわれているようでしたが、本当にキツかった。二日目ということと、雨ということを差し引いてもキツかったです。
双児山と駒津峰の二つのピークを登り、そして下り、また登る。そして、六万石を過ぎると(雨なので直登ルートは回避しました)白い砂が続きます。
やっとの思いで山頂に立ち、見渡す景色は雲ばかり。この日は寒くて早々に山頂を後にしました。

下りの六万石で、本日初めて人と会いました。馬ノ背ヒュッテのTシャツを着た若い女性です。小屋のスタッフの方でしょうか。雨具も着けずにスタスタと行きました。思わず、若い!と思った所に年を感じてしまいます。

甲斐駒ヶ岳は仙丈ヶ岳より花の種類が少な目ですが、こちらはこちらなりに楽しめました。花だけをいうならば、標高が下がった方が面白かった。

仙水峠のルートも歩き出はありました。登り返しが無い分楽なのかな?

雨は降っていなくても、ガスの中は湿度100%で雨具を手放せない一日でした。

疲労度からすると、初日に甲斐駒ヶ岳、翌日仙丈ヶ岳の方が良かったのかもしれません。

花はどちらの山もそれなりに楽しめました。眺望は残念ながらどちらも。結局、一番印象に残ったのは豊かな森でした。奥秩父とはまた違ったいい森でした。
今度は、素晴らしい眺望を楽しむためにリベンジしたいと思います。

登山中の画像
登山画像
北沢峠のこもれび山荘バス停前にあり、仙丈ヶ岳…
登山画像
北沢峠に咲いていたクリンソウ
登山画像
周辺の原生林
登山画像
周辺のユキザサ
登山画像
周辺のマイヅルソウ
登山画像
いよいよ仙丈ヶ岳に向かって進むと、開けたとこ…
登山画像
晴れ間に姿を見せた甲斐駒ヶ岳
登山画像
まずは小仙丈ヶ岳を目指します
登山画像
森林限界を越えると花が一気に増えましたイワカ…
登山画像
これも束の間、北岳と富士山
登山画像
ハクサンイチゲも満開でした
登山画像
ミネズオウ
登山画像
イワウメですかね沢山咲いてました
登山画像
アオノツガザクラ
登山画像
馬ノ背
登山画像
小仙丈ヶ岳の後ろに甲斐駒ヶ岳がそびえているはず
登山画像
ミヤマシオガマは咲き始め
登山画像
真っ白になりました
登山画像
オヤマノエンドウは山頂にしかありませんでした
登山画像
キバナシャクナゲ
登山画像
これもかな
登山画像
シラタマノキ(シロモノ)のようです。初です。
登山画像
仙丈小屋とカール
登山画像
馬ノ背ヒュッテ付近にもありました
登山画像
ハクサンチドリ
登山画像
シナノキンバイ
登山画像
ミネザクラ
登山画像
長雨のせいか、苔も良く育ってます
登山画像
豊かな森です
登山画像
今日は、甲斐駒ヶ岳に向かいます先ず初めのピー…
登山画像
次のピーク駒津峰
登山画像
ツガザクラ
登山画像
砂地に咲くハクサンイチゲ
登山画像
山頂です今日もひとりぽっち
登山画像
ガンコウラン
登山画像
こちらにもコマノツメ峠付近の林道沿いにもあり…
登山画像
タカネバラ
登山画像
仙水峠まで降りてきましたまるで賽の河原です
登山画像
それにしても、この原生林は深くて豊かです
登山画像
ベニバナイチヤクソウ長衛小屋の手前で見つけま…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

  • 甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    黒戸尾根通行可。雨のため注意。感染症対策で営業中(小屋泊、テント泊とも要予約。売店なし)
    20年07月09日(木)
    南御室小屋 ~鳳凰三山
    南御室小屋
    雨で山の神ゲートが閉鎖中です。今年は特に、無理な登山は避けるようにお願いします
    20年07月09日(木)
  • 南アルプス市 北岳山荘~北岳
    南アルプス市 北岳山荘
    北岳山荘は2020シーズンは営業を行いません。林道および登山道は利用できません
    20年07月02日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Tatsu さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月12日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。